久「ねえ須賀君」

京太郎「部長、なんですか?」

久「須賀君って好きな人とかいないの?」

京太郎「はっ?…いやあどうでしょうね」

久「んもぅ、はぐらかさないで教えてよ。いいでしょ、私と貴方の仲だもの」

京太郎「(誤魔化せないか)分かりました、じゃあ言います。好きな人はいますよ。これで満足ですか?」

久「あ、やっぱりいるのね!それで、誰なの?貴方の好きな人」

京太郎「それ以上はちょっと……」

久「いいじゃない教えてくれたって。言いふらしたりとかしないから、ね?」

京太郎「すいません勘弁して下さい」

まこ「あんさん、京太郎も嫌がっとるし、その辺で止めんさいよ」

咲「私もちょっと気になるけど、皆の前では言いたくないよね」

和「そうですよ部長。わざわざこんなところで聞かなくても……」

久「何よー、気にする事ないじゃない。いいから教えなさいよー」

京太郎「…じゃあ部長は好きな人いないんですか?教えてくれたら考えますよ」

久「んー、私?私は皆が好きよ。勿論須賀君もね。さ、教えたんだから言いなさい」

京太郎「じゃあ俺も皆が好きです」

久「私が聞きたいのは須賀君が付き合ってみたいと思う女の子の事よ。その答えじゃ駄目ね」

優希「京太郎、部長の質問はいいからタコス買ってこい!」

京太郎「お、おう!(助かった!ありがとう優……)」

久「(ガシッ)逃げちゃ駄目よ!早く行きたいなら質問に答えなさい」

京太郎「放して下さいよ!何の権限があってそんな事!」

久「部長権限よ。分かったら答えなさい」


京太郎「(プチッ)……なせよ」

久「えっ?」

京太郎「放せっつってんだよ!いい加減にしろよこのクソ野郎!!」

久「え…?須賀…君?」

京太郎「言いたくないって言ってんだろうがよ!いい加減しつこいんだよ!」

久「あの、須賀君…ごめ…」

京太郎「俺に好きな人がいようがいまいが関係ねーだろ!なんでそんなに聞いてくんだよ!」

久「それは、その……興味があって…」

京太郎「はあっ!?興味がある?馬鹿じゃねーの」

久「ひど、そんな言わなくても……」

京太郎「知るかよ!あー、やる気なくしたわ。今日はもう帰ります。さいなら!」ガチャッバタン

咲「京ちゃん!すみません、私も帰らせてもらいます!それでは」ガチャッバタン

優希「私もやる気削がれたじぇ。私も帰る」ガチャッバタン

和牛「これじゃ部活になりませんね。帰ります」ガチャッバタン

久「………」

まこ「はぁ、何やっとんじゃ全く……」

久「まこ……」

まこ「あん?」

久「もう死にたい……」

まこ「いやいや」

久「好きだったのに……どうしよう………もうやだ……」ぐすっ

まこ「泣くなや、みっともない」

久「だって……だってぇ……」ポロポロ

ガチャッ

久「!?」

京太郎「反省、しましたか?」

久「すがぐぅ~~ん!!」だきっ

京太郎「どうしたんですか、部長らしくもない」

久「だってぇ!だってぇぇ!!」ぐすっぐすっ

京太郎「それと……さっきはすいません。俺も言い過ぎました」

久「うぅん、そんな事ない……私が全部悪かったわ」ひっく

京太郎「……部長、さっきの質問ですけど」

久「もういいわ、言いたくないんでしょう?」

京太郎「いえ、今は言いたいです。部長、俺は部長が、竹井久さんが好きです」ぎゅう

久「はっ?…えっ?私の事嫌いじゃないの?」

京太郎「嫌いなわけないじゃないですか。それで、俺で良ければ付き合って下さい!」

久「い、いいの…?こんな私で本当にいいの…?」

京太郎「そんな貴女だから良いんです」

久「………嬉しい…」ぎゅっ

京太郎「えっ?」

久「あのね、須賀君……私も君が……好き。こんな私で良ければ、付き合って下さい」

京太郎「……はい、喜んで」


まこ「イチャつくのは二人きりの時にせぇよ」

カンッ