京太郎「初美先輩」

初美「なんですかー?」

京太郎「俺の膝の上に乗らないで下さい」

初美「えーいいじゃないですかー減るもんじゃなしにー」

京太郎「俺の理性がどんどんすり減ってんだよ…」ボソッ

初美「何か言いましたー?」

京太郎「いいえなんでも」


初美「……ところで、京太郎には彼女とかいるんですかー?」

京太郎「なんですか唐突に……いたらこんな事してませんよ」

初美「だったら、私と付き合ってみませんかー?」

京太郎「なんと!?」

初美「京太郎ー」くるっ

京太郎「は、はい!」

初美「好き…///」

京太郎「もう我慢できねぇ!」ガバッ

初美「やん…♪」ドサッ


続きは省略されました