怜も参戦したようです

怜「いきなりやけど京ちゃんとはもうエッチしたんか?」

竜華「ほんまいきなりやな・・・」

怜「付き合ってから2月くらいやろ…みんなの京ちゃん掻っ攫った竜華には話す義務があるで!」

竜華「あんま話しとうないんやけどなぁ…」

怜「うちと竜華の仲やないか、誰にも言わんから・・・な?」

竜華「しかたないなぁ…正直もう結構してるんやで」

怜「おお・・・進んどるなぁ…」

竜華「京太郎くんは結構エッチな子やからよくしてるんやけどな」

竜華「よく朝起こしに行くんやけど・・・そのときは口で1回してあげてるやろ・・・」

怜「はっ?」


竜華「学校ではほとんどないんやけど…たまに我慢できなくて人気のないところとかで・・・」

竜華「そんでお互い親帰るのが遅いから…帰ってからも3回くらいするんよ」

怜(なんかとんでもないことになっとるで・・・)メゲルワ

竜華「週4くらいのペースかなぁ・・・」

怜「…休日はどうしてるん?」

竜華「お金があるときはたまにホテル行ったりするんやけど・・・」

竜華「そんなときはフリータイムで時間いっぱいエッチするんや♪」

竜華「お泊りのときは親にばれん様にするんやけど・・・これもまたスリルがあって・・・」

怜「もうええわっ!」


怜「なんや2人とも!エッチしかしとらんやないかっ!」

竜華「そんなこといで?この前も1日中デートしたし・・・」

怜「でも、最後はエッチしたんやろ?」

竜華「夜に人気のない公園でな・・・うちが魅力的で我慢できないって・・・」

怜(ネットで噂の福岡の変態女子高生カップルよりひどいんやないか?)

怜「てか竜華もよく体もつなぁ…うちなら確実に病院いきやわ…あっ、産婦人科やないで?」

竜華「べつにうまくないで?」

怜「しょぼーん・・・」

竜華「大好きな京太郎くんが求めてるならって感じかな・・・けどすこしきついときあるんよね…」

怜「…ならうちにええ考えがあるで?」





京太郎「出します…竜華の中にっ!!」

竜華「んあぁっ!はよ精液ちょうだいっ!!」

京太郎「うっ…ふぅ…」

竜華「あっ・・・今日もたっぷりやね・・・」

京太郎「でもまだ収まんないです・・・」

竜華「すこし疲れたなぁ・・・でもまだまだしたいんよね?」

京太郎「正直このまま終わりはきついです…」

竜華「仕方ないなぁ・・・出番やでー」

怜「はいはーい」ガチャ

京太郎「~~っっっ!!」


京太郎「なっ・・・なんでクローゼットから怜さんが・・・」

竜華「うちが呼んだんよ?」

怜「竜華が京ちゃんの性欲に少しついていけなくてな・・・だからうちも京ちゃんの性処理してあげるで」

竜華「まあそういうことや」

京太郎「いいんですか?」

竜華「怜ならええかなって・・・けど本妻はうちやからな?」

怜「うちも京ちゃん大好きやから…」

京太郎「怜さん・・・」

怜「とりあえず竜華の代わりに続きしようや・・・」


怜「とりあえず…竜華として汚れたおちんちんきれいにしたるな?」

怜「んちゅ・・・ぴちゅ・・・れろっ・・・」

竜華「そうや…おちんちんに舌からませて舐めとるんや・・・」

怜「じゅっ・・・じゅるっ・・・」

京太郎「うおおっ・・・」

竜華「ちゃんと残ってるの全部吸い取ってあげるんやで?」

怜「んっ…じゅるるっっっっ!!」

京太郎「いいですよ・・・気もちいぃっ!」

怜「んぱぁ・・・これでおちんちん完全復活やな・・・おっきぃ・・・」


怜「ほら…元気になったんなら・・・はよ入れてや?」クパァ

怜「さっきから2人がしてるの見てお預けされてたから…もうぐちゃぐちゃやで…」

竜華「怜も初めてやから優しくしてあげるんよ?」

京太郎「わかりました…」

怜「一気に来てええで…痛いのは慣れてるからな…」

京太郎「いきますよ?」ズンッ

怜「あっ・・・ぎだあぁぁっ!!」

竜華「京太郎くんのおちんちん全部はいっとるで…これで怜も京太郎くんのものや…」

怜「あ゛っ・・・あ゛あ゛っ・・・」


京太郎「大丈夫ですか?」

怜「うぅっ…でもそんな痛いもんでもないんやね・・・これなら激しくしてもええで?」

京太郎「なら遠慮しないでっ!」

怜「ひっ・・・きたぁ…深いでっ・・・」

竜華「怜がエッチな顔しとる…」

怜「京ちゃん…うちの体気持ちええか・・・?」

京太郎「ええ・・・とてもっ・・・」

怜「よかったぁ・・・うちでも京ちゃん満足させてあげれるんやな・・・」

京太郎「はっ・・・はっ・・・」ズッ

怜「んあっ・・・はんっ・・・あっ・・・」

竜華「ちょっといたずらしたろ・・・はむっ・・・」

怜「やぁ・・・竜華ぁっ・・・胸やめっ・・・」

竜華「ぷはっ・・・怜って着痩せするタイプなんやね・・・あむっ・・・」


竜華「んちゅ・・・ぺろっ・・・ちゅ・・・」

怜「ふぁあぁあぁっ…」

京太郎「2人とも…すっごいエッチですよ・・・」ズッズン

怜「だって・・・あっ・・・京ちゃんとしてるんやもん・・・」

竜華「んむっ・・・うちをこんなんしたんは京太郎くんのおちんちんやろぉ・・・」

京太郎「くっ・・・怜さん・・・竜華よりきついです・・・」

怜「京ちゃんのが…おっきいだけやっ・・・」

京太郎「うおぉっ・・・怜ぃ!」ズンズン

怜「んああっ・・・奥あたってるううぅっっ!!」

京太郎「そろそろ…限界ですっ!」

怜「うちもっ・・・らめっ・・・」

竜華「2人のイクとこちゃんと見てあげるからな・・・」


京太郎「あっ・・・があぁっっ!!」ピュル

怜「きてりゅうぅぅうっっ!!」

竜華「あはっ・・・京太郎くんの玉がぎゅんぎゅん収縮してぇ・・・怜に精子おくっとるよぉ・・・」

京太郎「ふぅ・・・」ヌポッ

怜「あっ…精子溢れとるぅ…」

竜華「もったいないなぁ…れろっ…」

怜「ひゃぁっ!?」

竜華「ちゅ・・・ちゅるるっ・・・んっ…ごちそうさまですっ」

怜「はぁ・・・はぁ・・・セックスって思ったより疲れるなぁ・・・」

竜華「じゃあ今度はうちの番やなぁ・・・」クパァ


竜華「もう回復したから激しくてええで?」

京太郎「うおおっ!!」

竜華「あんっ・・・がっつきすぎやっ…」

京太郎「竜華がエロいから仕方ないんだよっ!」

怜「せやなぁ…この胸とかエロすぎやで・・・あむっ・・・」

竜華「んあっ・・・ときぃ・・・」

怜「お返しやで・・・んちゅ…ぐちゅ・・・れろっ…」

京太郎「ぐっ…竜華っ!」パンパン

竜華「んひぃぃっ・・・おっぱいもおまんこも気持ちよすぎぃぃっっ!!」

怜「ふふっ・・・きれいやで・・・竜華」


京太郎「ぐっ・・・ああっ・・・」

京太郎「だめだっ…イクぞっっ竜華ぁ!!」ビュルッ

竜華「はあぁぁあぁっんっ!!」

怜「おお・・・すごいなぁ・・・」

竜華「ふぁぁ…熱いぃ・・・また京太郎くんの精子でおなかいっぱいやぁ・・・」

怜「うちのときもこんなんやったんか・・・どうりでお腹があったかいわけや・・・」サスサス

竜華「んっ・・・何度も出してるのにぜんぜん量減らないなぁ・・・」

怜「京ちゃんとのエッチってこんなええもんなんやね・・・」

竜華「そうやろ?病み付きになるのもわかるやろ?」

怜「たしかに毎日でもしとうなるな・・・」


怜「だけどようこんなに精液出せるなぁ・・・」

京太郎「あは・・・あはは・・・」

竜華「でも、まだあんなにがちがちやで?」

怜「まったく絶倫やな・・・まあうちも満足してへんけどな」

竜華「ほらぁ・・・彼女のぐちゅぐちゅおまんこにもう一回中出ししてぇ・・・」クパァ

怜「そんなんより愛人のきつきつまんこで気持ちよくならんか?」クパァ

京太郎「・・・ゴクリ」ギンギン

竜華「まだまだ時間も体力もあるやろ?」

怜「満足するまでうちらの体味わってたっぷり精液だしてくれな?」

竜華&怜『さあ、おちんちんちょうだいっ・・・』

カン!