http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1357650773/




--1月1日・須賀家--


京太郎「新年ねー、ついこの前清澄に入学したと思ったのにもうそんな時期なのか」

京太郎「去年は色々あったな。 高校入学して、和目当てで麻雀部入って、
中学からの付き合いだった咲の意外な一面を知って、優希のためにタコス作りの修行して、清澄が団体で全国制覇して……」

ピンポーン

京太郎「おっ、来たか」

京太郎(まっ、本当に色々あったけどやっぱり俺にとって一番のビッグニュースは……)ガチャッ

優希「あけましておめでとうだじぇ、京太郎!」

京太郎「あけましておめでとう、優希」


京太郎(須賀京太郎、16年の人生で初めて彼女が出来ました!ってところだな)

優希「どうだ京太郎、新年という事で着飾ってみたじぇ!」

京太郎「へぇ、振袖か。 お前にしては色気を出したじゃん、よく似合ってるぞ」

優希「お前にしてはってところが引っかかるが、褒められたのは悪い気がしないな!」

京太郎「それにしても、お前が着物の着付けなんて出来たとは意外だったな」

優希「なに言ってるのだ、私にそんなの出来るわけないじぇ」

京太郎「うん、だろうな。 わかってたよ、そんなの」

優希「いくらなんでもひどくないか!?」

京太郎「いや、だって着付けできる優希とかイメージ不可能だろ?」

優希「うっ……だからといって納得されるのも複雑だじぇ」

京太郎「まあ、お前の事をよくわかってるって事で1つ。 それより寒かっただろ、早く家に上がってくれ」

優希「むう……とりあえずお邪魔するじぇ」

京太郎「邪魔するなら帰れ」

優希「やっぱりひどい!?」

カピ「キュー」

優希「カピー、一年ぶりだじぇー!」

京太郎「お前昨日もいただろ」

優希「昨日は去年だから一年ぶりで合ってるじぇ!」

京太郎「んっ? 言われると確かにそうなのか? いや、でも、やっぱりなんかおかしいような……」

優希「まあまあ細かいことは置いとくじぇ、京太郎。 それより私はアレを所望する!」

京太郎「なんだよ、物欲しそうに手なんて出して……おい、お前まさか」

優希「うむ、優希ちゃんはお年玉が欲しいのだ!」

京太郎「同年齢にお年玉要求すんな、アホ」

優希「アホとはなんだ、アホとは! かわいい彼女にそんな事を言うなんて酷いわ、あなた……よよよ」

京太郎「まるで人を暴力亭主みたいに……わかったわかった、じゃあ手出せ」

優希「えっ?」

優希(まさか本当にくれるのか? 冗談だったんだけど、言ってみるもんだじぇ)

京太郎「ほらよ」ポンッ

優希「おぉ……なんなのだ、これは」

京太郎「五円玉九枚だ」

優希「おい、これは中途半端すぎるぞ京太郎!」

京太郎「お前にはそれで十分だからな」


優希「くうう、京太郎のケチめ。 だけどせっかくだからもらっておくじぇ」

京太郎「おーおー、お賽銭にでもしてくれ。 それより昼飯まだだろ? 初詣行く前に食べていけよ」

優希「いいのか?」

京太郎「なにも食わせないほど冷たくはないつもりなんだがな?」

優希「じゃあいただくじぇ!」

京太郎「わかった、ちょっと待っててくれよ」

----


優希「モグモグ……」

京太郎「こたつでおせちってのは日本人だからこその贅沢だよなあ」

優希「全くだじぇ。 最近は作るところも減ったし、買う方が多いって聞くけど」

京太郎「あー、確かに。 ちょっと前まで正月っておせちが当たり前みたいな感じだったのにな」

優希「家も結局買わなかったけど悩んでたみたいだじぇ。 えっと、確かグルー……」

京太郎「おいばかやめろ」

----


京太郎「さてと腹も膨れたし初詣行くか」

優希「おー、早く行こう京太郎!」

京太郎「おいおい、あんまりはしゃぐと裾がめくれて下着見えるぞー」

優希「えっ」

京太郎「んっ?」

優希「着物着る時は下着を着けないのが常識ってのどちゃんから聞いたじぇ。 だから今も下着は着けてないじょ」

京太郎「」




--神社--


ガヤガヤガヤガヤ……


京太郎「うわ、すごい人ごみだな」

優希「京太郎、なんでさっきから私にピッタリくっついて離れないんだ?」

京太郎「自分の胸に聞けよ」

優希「わからないから聞いてるんだじぇ」

京太郎「じゃあわからなくていいから、俺から離れるのだけはやめろよ?」

優希「それは任せろ! 離れたら京太郎が迷子になりそうだからな!」

京太郎「端から見たら間違いなく迷子に見えるのはお前だろ。 おっと、そろそろお賽銭の用意しとくか」

優希「お賽銭……えっとさっき京太郎からもらった五円玉を奮発して二枚入れようかな……」

「ワハハ、そういえば知ってるかー?」

優希「む? どこかで聞いたような声が……」

「えっ、何がです?」

「お参りの時のお賽銭は五円玉がいいのは有名だけど、数によって意味が違うんだぞー」

「そうなんすか?」

「ああ、五円玉はその名の通り『ご縁』を意味しているんだが数によって確かに意味は変わる。
例えば二枚なら重ね重ねご縁がありますように、三枚なら十分ご縁がありますように、みたいにな」

「へー、そんな事を知ってるなんて智美ちゃんすごいね!」


「ワハハ、実は私もゆみちんから教わったんだけどなー」

「さすが先輩、物知りっすね!」

「たいしたことじゃないさ。 ああ、そういえば五円玉二枚には縁が遠のくという意味もあるから気をつけた方がいいな」

優希「……」ピクッ

「……もう二枚入れちゃったぞ、ワハハ」

「か、蒲原先輩、私五円玉多めに持ってますから気を落とさずに……」

「そ、そうだよ! 昔から一緒なんだし私は智美ちゃんから簡単に縁は遠のかないから!」

「ワハハ、むっきーもかおりんも優しいなー」

「ふむ、じゃあ私は九枚入れるか」

「九枚にはどういう意味があるっすか?」

「始終ご縁がありますように、だな。 私達の縁は長いこと続いてほしい」

「もちろんっす! 私は先輩から一生離れないっすから!」

「……いや、みんなと、という意味だったんだがな?」


優希「……」

優希「……」

優希(五円玉九枚で始終ご縁がありますように……)

京太郎「えっと、あれ五円玉分けといたはずなんだけどな……」

優希(そういえば京太郎、この五円玉くれる時お賽銭にしろって……)

京太郎「おっ、あったあった。 ひーふーみー……よし、九枚あるな」

優希(つまり京太郎は……)

京太郎「よし、優希行くか」

優希「う、うん……」モジモジ

京太郎「……どうしたのお前」

優希「な、なんでもない!」

京太郎(……まさか五円玉九枚の理由がバレたのか?
いやいや、俺に教えてくれた咲も優希には黙ってるって言ってたし、それはないはず)

優希(私とずっと一緒にいたいなんて、京太郎もかわいいところがあるじぇ……)

京太郎「と、とりあえず邪魔になるからさっさとお参りするかー」

優希「そ、そうだな!」

チャリンチャリン、パンッパンッ


京太郎・優希「…………」

京太郎「……よし、戻るか」

優希「うん」

京太郎「なにを願ったんだ?」

優希「タコスを去年以上にいっぱい食べられますように、だじぇ!」

京太郎「お前のタコスへの情熱は本当にぶれないな」

優希「むっ、そう言う京太郎はなにを願ったんだ?」

京太郎「優希の胸が大きくなりますように」

優希「なぬっ!?」

京太郎「あっ、悪い。 そういえば願い事って人に言ったら叶わないんだったっけ」

優希「じょ!?」

京太郎「すまん、優希……俺が口を滑らせたばかりにお前は一生幼児体型……いてっ!?」

優希「…………」ポカッ、ポカッ、ポカッ

京太郎「あの優希さん、無言で殴るのは怖いから、ちょっと、地味に痛い、本当に痛いからやめ」

優希「…………」ポカポカポカポカッ

京太郎「あっ、馬鹿、あんまり暴れるな! はだけて色々見える、見えちゃうから! 人の話を聞け、おーい!」

----


優希「京太郎のバカバカバカ! もう大っ嫌いだじぇ!」

京太郎「悪かったって……タコスやるから機嫌直してくれよ」

優希「そういうタコスさえ与えておけば簡単に扱えると思ってるところが、ますます腹立たしいんだじょ!」

京太郎(タコスでも動かないとか相当怒ってんなこれ……さすがにやりすぎたか)

京太郎「本当に悪かった! 俺に出来ることなら何でもするから許してくれ、頼む!」

優希「……本当に何でもするか?」

京太郎「ああ」

優希「……じゃあ、私とずっと一緒にいろ」

京太郎「えっ?」

優希「あっ……だ、だから、お正月の三日間は私のために時間を使えと言ってるのだ!」

京太郎「いや、俺はいいけど……本当にそんなんでいいのか?」

優希「いいから言ってるんだじぇ」

京太郎「……わかった、元々そのつもりだったしな」

優希「よし! なら許す!」

京太郎「ありがとうございます、お姫様。 じゃあそろそろ家に戻るか」

優希「帰る前におみくしでも引いてくじぇ」

京太郎「そうだな」

優希(思わずずっと一緒に~なんて言っちゃった。 これで願い事叶わなくなったりしてないかな……)

京太郎(別に正月限定にしなくてもいいと思うんだがな……まあ、本当の願い事は叶ったっぽいけど)

優希(照れくさいから願い事タコスについてにしちゃったけど、
きっと京太郎は私のそんな気持ちわかってないんだじぇ……よりによって願い事があれだったし)

京太郎(しかし俺もちょっと子供過ぎたな、優希の願い事が俺についてじゃなくて意地悪するとか小学生かっつーの)

優希(でも、もし京太郎の願い事が私と同じだったら言って叶わなくなっちゃってたかもしれないし、これでいいのか?)

京太郎(あー、でも言ってたら叶わないらしいし、優希の願い事が俺と同じじゃなくて助かったのか?)

京太郎・優希(隣の人とずっと一緒にいたいなんて願い事、自分しかしてないってのはちょっと寂しいけど)


1日目終了



--2日目--


京太郎「優希、餅焼けたぞ」

優希「ご苦労だじぇ」

京太郎「お前本気で餅をタコスに入れて食うの?」

優希「何事もチャレンジだからな!」

京太郎「まあ、お前がそれでいいならいいけど。 俺は磯部焼きにでもするか」

優希「むぐぐ……」

京太郎「ぷっ、お前噛み切れなくて伸びまくってるぞ」

優希「ええーい、笑うな、笑うな!」

京太郎「いやあ、なかなか微笑ましい光景だぞ? 小さな子供が悪戦苦闘してるみたいで」

優希「むきー!」

京太郎「くくっ……むぐっ?」

京太郎「あれ、上手く切れな……うわ、醤油たれた!? ティッシュティッシュ!」

優希「あっはっはっは! 人の事を散々笑った罰だじぇ!」

京太郎「うるせーやい! お前こそソースこぼしそうじゃないかよ!」

優希「じぇ!? き、京太郎、ティッシュを早くよこすんだじょ!」

京太郎「だああ! 今行くからちょっと落ち着け、おいこらカーペットにこぼれるからおとなしくしてろー!」


----


京太郎「な、なんとかセーフ……」

優希「一時はどうなることかと思ったじぇ……」

京太郎「この前新調したばかりのカーペットに染みなんてつけたら、洒落にならなかったな……」

優希「怒られるのを考えただけで寒気がするじょ」

京太郎「気をつけないとな……さっさと食って片しちまおうぜ」

優希「そうだな」ガンッ!

京太郎「あ、馬鹿! 言ったそばからこたつ揺らすな!」

優希「へ?」バシャッ

京太郎「」

優希「」

----

京太郎「すっげー怒られた……しかも俺だけ」

優希「身代わりご苦労!なーんて……」

京太郎「……」ジトー

優希「うっ……そ、そういえば咲ちゃんから聞いたんだけど」

京太郎「露骨に話題変えやがって……なんだよ?」

優希「今日ってひめ始めらしいじぇ」

京太郎「ぶうっ!?」

優希「わわっ!? 京太郎、汚いじぇ!」

京太郎「お前がいきなり変な事言うからだろうが!」

京太郎(つーか咲の奴、優希になんてこと教えてんだよ!)

優希「そんなに変な事か? 確かに変わってるとは思うけど」

京太郎「変というかあまり声を大にして言うことではないから。 とにかくこの話は終わ……」

優希「うーん、でも私は興味あるじょ」

京太郎「」

京太郎(なにこれ、俺誘われてんの? いや、そりゃいずれは
そういう事もするとは思ってたけど、こういうのはもうちょっと雰囲気とか大事にするものじゃないのか?)


優希「龍門淵あたりに頼めばなんとか出来るかもしれないし」

京太郎「はい!?」

京太郎(なに言い出してんだよこいつ! 龍門淵ってまさかハギヨシさんとか……気持ちぐらいしか勝てる要素がないぞ、おい!)


優希「どうせなら京太郎も一緒にやろうじぇ!」

京太郎「ほわぁ!?」

京太郎(いやいやいや、そんな腐った女の子達が喜ぶような展開いらないから! つーか本当に何を言ってるの優希の奴!?)

優希「よし、そうと決まれば早速連絡するじぇ!」

京太郎「そんなのダメに決まってんだろう!」

優希「えっ」

京太郎「姫始めに興味があるのは百歩譲ってまだいい。 だけど龍門淵に頼むってなに、仮にも彼氏の前で浮気宣言か!?」

優希「えっ、えっ?」

京太郎「さらにその次の俺も一緒にとかもうわかんねー、全然わかんねー! 浮気推奨してんの?
それともあれか、俺にお前と一緒にハギヨシさん辺りに抱かれろと?
どんなプレイだよそれ! 姫始めなら俺が付き合ってやるからそんな事言うなよ!
つーか男同士だと殿始めになっちまうだろうがぁぁぁっ!!」

優希「」

京太郎「はあはあ……」

優希「京太郎……何を言ってるんだ?」

京太郎「俺が聞きてぇよ……お前姫始めの意味わかってんのか?」

優希「もちろん!









初めて馬に乗る日の事だじぇ!」

京太郎「はい?」

優希「咲ちゃんが昔読んだ小説にあったらしいじょ。 1月2日は飛馬(ひめ)始め、初めて馬に乗る日だって」

京太郎「」

優希「他にも初めてご飯を食べるとか、初めて火を使うとかあるらしいけど……私は馬に乗るってところに興味がわいたのだ!」

京太郎「」

優希「龍門淵はお金持ちだからな、きっと馬だっているはずだじぇ!」

京太郎「そうか……そうだろうな……龍門淵なら馬の一頭や百頭いるだろうな……あはは」

優希「まあ京太郎が馬に乗るのが怖いというならしょうがない、今年は諦めるじょ」

京太郎「気を使ってくれてありがとうございます……」

優希「気にするな! 愛しあう者の気持ちを考えるのは当然の事だ!」

京太郎「……」

優希「京太郎?」

京太郎「ちょっと電話してくるわ」

優希「あ、うん、いってらっしゃいだじぇ」

パタンッ

優希「うー……何も反応がないとちょっと恥ずかしいじぇ」

優希「そういえば……殿始めってなんなんだ?」


京太郎「……ふふふ、諸悪の根元に鉄槌は下さないとなあ、咲ぃ……」

咲『私、関係ないよね!? 勝手に勘違いした京ちゃんが悪……』

京太郎「問答無用……今から竹井先輩含めた麻雀部全員にお前の中学時代の恥ずかしい秘密をメールしてやる……!」

咲『ちょっと、京ちゃんやめてー!!』

2日目終了




--3日目--


京太郎「うーん……ここは捨てるならこの牌か?」カチカチ

優希「なんだか微妙な気もするじぇ、オーラスで親なんだから慎重にいったほうがいいじょ」

京太郎「だよなあ……じゃあこれで」カチッ

優希「通った!」

京太郎「よし、このままいけば満貫、ツモでも二位からトップになれる!」

優希「いけ、京太郎!」

京太郎「おうよ!」ツモ

優希「あっ」

京太郎「うげぇ!? や、役満ツモ……親被りで一気にハコかよー!」

優希「京太郎は相変わらず運もダメダメだな!」

京太郎「自覚してるから言わないでくれよ……とほほ」

優希「でも、最近京太郎が振り込んでるとこあんまり見てない気がするんだじょ」

京太郎「……えっ、そうか?」

優希「うん、確実に腕は上がってると思うじぇ」

京太郎「あんまし実感わかないな……でも優希がそう言うなら素直に信じるよ。 麻雀に関してはお前の方が経験もあるし」

優希「まっ、私が教えてるんだから成長して当然なんだけどな!」

京太郎「ははは、そりゃ心強いこって……よし、もう半荘やるとしますか!」

優希「今度こそ狙うはトップだじぇ!」

京太郎「もちろんだ!」

----


京太郎「……」カチッ

優希「……」

京太郎「ここは……」

優希「そこはだな……」

京太郎「これか?」カチッ

優希「そうだじぇ」

京太郎「よし、通った……これで待ちが広がったぞ」

優希「まだ河に京太郎の待ち牌は一枚しか出てない……十分可能性はあるじぇ!」

京太郎「……」カチッ

優希「……」ドキドキ

京太郎「……!」カチッ

優希「……! 京太郎!」

京太郎「わかってる、ロン!」

優希「ドラも乗って三倍満……ラスから一気に大逆転だじぇ!」

京太郎「いよっしゃあ!」

優希「よくやったな、京太郎! 教え子が成長して私も鼻が高いじょ!」

京太郎「おぉ、ありがとうな優希! お前のおかげで俺も強くなってるみたいだ!」ギュッ

優希「うえっ!?///」

京太郎「すっげー嬉しいぜ……本当にありがとうな」ナデナデ

優希「あっ、うっ……」

京太郎「もう優希先生様々だなー」ナデナデ

優希「う、うむ……ぞ、存分に感謝するがいいぞ!」

京太郎「へへ、もちろんだ。 なあ優希、お礼もしたいしなんか欲しいものとかないか?」

優希「欲しいもの……」

京太郎「そうだ、何でもいいぜ? 今の俺は気分がいいし、それこそタコス一年分とかでも受け入れるかもしれないぞ?」

優希「……物じゃなくてもいいのか?」

京太郎「んっ? ああ、いいぜ」

優希「じゃあ……」ギュッ

京太郎「優希?」

優希「もう少しだけこうやってギュッとしていてほしい……」

京太郎「……それでいいのか?」

優希「……出来れば頭も撫でてほしいじぇ」

京太郎「……まったく、一昨日の時といい本当に俺も得するようなお願いしかしないな、優希は」ナデナデ

優希「別にいいじゃないか……なんでもって言ったのは京太郎なんだから」

京太郎「そうなんだけどな、いつも俺まで得してていいのかなーとは考えちまうんだよ」

優希「……」

京太郎「あはは、これこそわがままなのはわかってんだけどな」

優希「なら、京太郎の要望に応えてもう1つリクエストするじぇ」

京太郎「へっ?」

優希「--今日、京太郎の家に泊めてほしい」


3日目終了

--1月7日・清澄高校--


京太郎「……でな、こいつときたら俺が親からOKもらってからベッタリくっついて離れないんだよ。 もうしょうがないよな本当に……」

優希「えへへ///」

和「あの、須賀君」

京太郎「んっ、どうした?」

和「確かに、最近ゆーきとどうですかと聞いたのは私なのですが……」

咲「中学からの友達がバカップルになってた時ってどこに相談すればいいんだっけ? お姉ちゃんでいいのかな?」

和「ああ、咲さんが現実逃避を……」

京太郎「おいおい、ちょっと待て! 人をバカップル呼ばわりするのはいくらなんでも失礼だろ! なあ優希?」

優希「んん……なんか言ったか京太郎?」

和「だいたいゆーきはどうして須賀君の膝に座ってるんですか!?」

優希「充電だじぇ」

咲「充電……つまり京ちゃんと優希ちゃんが繋が……」

和「咲さん、それ以上はいけません!」

京太郎「優希がインターハイで戦った宮守高校の人に教えてもらったんだってよ」

優希「京太郎とタコスで充電してから麻雀するといつも以上に調子がいいのだ!」

咲「次に和ちゃんは『そんなオカルトありえません』って言う」

和「そんなオカルトありえませ……はっ!?」

京太郎「それより話を続けてもいいか?」

和「まだ続けるんですか!?」

優希「のどちゃんから聞いてきたからしょうがないじょ」

咲「うん、しょうがないよね」

和「咲さんまで!」

京太郎「えーっと、どこまで話したっけかな」

優希「泊まりを許可してもらってからだじぇ」

京太郎「ああ、そうだったな。 それでだな優希の奴が……」

咲「あははは、ほら和ちゃん、一緒に京ちゃんの惚気を楽しもうよ!」

和「……咲さんは楽しいんですか?」

咲「……」プイッ

和「ちょっと咲さん、目をそらさないで答えてください! 咲さんってば!」

優希「あ……京太郎が私の中に満たされて……」

和「ゆーきもそれ以上はダメですからね!」

京太郎「でだ、そこで俺が優希に……」

和「須賀君は人の話を聞いて……ああ、もう誰でもいいから助けてください!」


カン!