http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1364646357/




和「お疲れ様です。あ、まだ須賀君と咲さんだけですか?」

咲「ほら、和ちゃん来たよ」

和「はい?」

京太郎「あ……でも」

咲「今更何言ってるの」

和「あの、どうかしましたか?」

咲「あー、えっとね……どうする、京ちゃん? 私が言おうか?」

京太郎「……いや、ここはやっぱり俺が自分で言うべきだろう」

咲「うん、そうだね」

京太郎「あ、でもやっぱりもしもの時は頼む」

咲「はーい」

和「一体なんですか」

京太郎「あー、和、さん」

和「え? なんですか急にさん付けとか」

京太郎「実は……ですね。ちょっとお願いがありまして」

和「はあ」

京太郎「ぅぁ……あ……ええい!」

和「な、いきなり土下座とかどうしたんですか!」

京太郎「お願いします! おっぱいを見せてください!」

和「………………はい?」

京太郎「いきなりで本当に申し訳ないのですが、僕に! 僕におっぱいを! 見せてください!」

和「嫌ですよ! 嫌に決まってるじゃないですか! なんで私が須賀君に、
そ、その、おっぱ……お……胸を見せなければいけないんですか!」

咲「和ちゃん……混乱するのもしかたないけど、ここはどうか一つ」

和「ちょっと、なんで咲さんまで土下座なんて!」

咲「お願いします、京ちゃんにおっぱいを見せてあげてください」

咲「私が頭なんて下げても意味が無いのは分かってる……でも」

咲「京ちゃんが。どうしてもおっぱいが見たいって言ってるの」

咲「だから……ね? ほんの少しの時間でもいいから、和ちゃんのその大きなおっぱいを見せてあげてくれないかな」

京太郎「お願いします! お願いします!」

和「ちょ、何言ってるんですか咲さん」

京太郎「お願いします! お願いします!」

和「須賀君は少し黙っててください!」

和「あの……一体どうして須賀君は急にこんな事を」

咲「………………急じゃあ、ないよ」

和「はい?」

咲「和ちゃんだって気付いてたでしょ? 京ちゃんがいつも和ちゃんのおっぱいを見つめていたこと」

和「それは……まああれだけ見られていれば嫌でも気付きますけど」

咲「京ちゃんは……もう、制服の上からだけじゃ我慢できなくなっちゃったんだって」

和「だからって嫌ですよ、私。須賀君にむ、胸を見せるだなんて」

咲「……そう。うん。そうだよね」

和「分かっていただけましたか」

和「ま、まあ須賀君は、その、なかなか気配りも出来ますし料理も上手ですし、顔も整っていますので」

和「む、胸は彼女が出来てからいくらでも見せてもらえばいいじゃないですか」

和「って、一体なんで制服を脱ごうとしているんですか咲さぁぁぁぁぁん!」

咲「え? だって和ちゃんがおっぱい見せたくないって言うから……仕方ないから私が代わりに見せるしか」

和「どんな理論の飛躍ですか! 大体須賀君はそれでもいいんですか!」

京太郎「おっぱいが……見たいんです……!」

京太郎「どうしても……! どうしても見たいんです……!」

咲「ほら、血の涙まで流してる」

和「」

咲「ほら京ちゃん、和ちゃんは嫌がってるから……あっちで私のおっぱい見て我慢してね?」

京太郎「うう……はい……」

和「ちょっ! ちょっと待ってください!」

咲「ん? どうしたの?」

和「……せます」

咲「何?」

和「む、胸を……須賀君に見せます……ですから、咲さんが犠牲になることはありません!」

咲「聞いた、京ちゃん!? よかったね!」

京太郎「いよっしゃああああああああ!!」

和「あ、あの、それでですね」

咲「うん! 何かな!」

和「さ、流石に須賀君と二人きりでその……む、胸を見せることには抵抗がありますので」

咲「大丈夫! 分かってるよ和ちゃん! 私も一緒に居るから安心してね!」

和「あ、ありがとうございます」

京太郎「やった……! やった……!」

和「え、っと……」

咲「大丈夫だよ和ちゃん! ドアに鍵かけたから! さ、どうぞ!」

京太郎「やったぞ……俺はついに……」

和「は、はい。それでは……」

和は顔を赤らめながら背中に手をまわす。
いくら覚悟したとはいえ、いきなり男子生徒である京太郎の前で制服を脱ぐことに抵抗があるのだろう。
ぷちり、とした音をたてブラジャーのホックが外されると、和のその大きな胸がたぷんと揺れる。
京太郎がおお……と小さく歓声をあげるのも無理はない。
和がするすると制服の裾からブラジャーを引き出すと、いつの間にかそばに来ていた咲がそれを受け取る。
咲はそのブラジャーを見て一体何を思うのだろうか。
可愛い? 自分の付けているものと形が違う? それとも単に重量の違いに愕然とする?
否。
断じて否。
咲はその時、ブラジャーなど見ていなかった。
そう。制服越しにはっきりと見えるのどかの胸の先端を凝視していたのだ。
それは勿論京太郎もである。

和「あ、あの……やっぱり制服も脱がないと……だめ、ですよね?」

咲「勿論だよ! そうだよね、京ちゃん!」

京太郎「はい!」

和「う……うう」

咲「上手くいってよかったね、京ちゃん」

京太郎「ああ、咲のおかげだ」

咲「それにしてもすごかったね、和ちゃんのおっぱい」

京太郎「ああ……やはり多少重力に負けて垂れぎみではあったものの、素晴らしいものをおもちであったな」

咲「で、次はどこにしようか」

京太郎「そうだな……ううむ」

京太郎「鶴賀でどうだろうか」

咲「鶴賀? ああ、妹尾さん? 確かにあの人なら土下座したら見せてくれそうだね」

京太郎「だろ? 確か清澄の応援に東京まで来てくれてたはずだよな」

咲「うん」

咲「こんにちはー」

加治木「おや、宮永じゃないか。どうしたんだ、こんな所まで」

咲「今日はちょっとお願いがありまして」

加治木「お願い? まあいい。こんなところで立ち話もなんだから入るといい」

咲「おじゃまします」

加治木「それで、一体どんな頼みごとだ? 麻雀の練習なら別に来て貰わなくとも連絡をもらえればこちらから」

咲「あ、今日は麻雀関係ではないので」

加治木「?」

京太郎「あ、それよりこれ、お土産です」

加治木「ありがとう。……あー、たしか須賀君、だったな」

京太郎「名前を覚えていてもらえたとは恐縮です」

咲「それで、あの」

加治木「ああ」

咲「妹尾さん、いらっしゃいますか?」

加治木「妹尾? 妹尾に何か用事だったのか……しかし参ったな」

京太郎「どうしたんです?」

加治木「妹尾は今、津山と一緒に蒲原に付き合ってドライブの最中だ」

咲(ど、どうしよう京ちゃん!)

京太郎(待て、まだ慌てる時間じゃ無い)

京太郎(確か、まだ鶴賀にはすばらしいものをお持ちな方がいらっしゃるはずだ)

京太郎「そうだったんですか……まあこちらもアポなしでしたのでしかたありませんよね」

京太郎「あ、お土産ケーキなんで、是非早いうちに」

加治木「すまない、なら早めに頂くとしよう。モモ、お前も」

モモ「はいっす」

加治木「ふむ……これはなかなか」

モモ「美味しいっすね、先輩!」

咲(なるほど! 確かに東横さんもなかなかのものを!)

京太郎(だろう!? そして頼み込むなら今がチャンスだ)

咲「あの、妹尾さんがいらっしゃらなくて残念ですが、妹尾さんの代わりに東横さんにお願いしてもよろしいでしょうか」

モモ「はい? 何っすか?」

京太郎「お願いします!」

加治木「な、何故いきなり土下座を!」

京太郎「東横さん! おっぱいを! おっぱいを見せてください!」

加治木「な、ななな」

モモ「いきなり何を言ってるっすかあああああ!」

モモ「嫌っす! 私の胸は、ていうか私の全部は先輩のものっす!」

モモ「いくら土下座されようと見せないっすよ!」

京太郎「そこをなんとか……!」

モモ「だ、大体清澄にはおっぱいさんがいるじゃないっすか! そっちに見せてもらえばいいっす!」

京太郎「お願いします、お願いします!」

加治木「み、宮永! 須賀君はいきなり何を言っているんだ!」

加治木「なんでモモのお、おっぱいを見たいだなどと」

加治木「そ、それにモモも言っているが清澄には原村がいるじゃないか! 原村でいいだろう!?」

咲「……同じ部活でそんなこと……できるわけないじゃないですか」

加治木「何!?」

咲「いきなり京ちゃんが土下座しておっぱいを見せてくれるよう頼んだとして、それ以降部活の雰囲気は……」

加治木「だからと言って他校のだな、私達にそれを頼むのもお門違いと言うか」

咲「加治木さん達も言っていますけど、うちには和ちゃんがいます」

咲「それはそれは大きなおっぱいです」

咲「ですが」

咲「そんなものを毎日見て、京ちゃんはもう、我慢できなくなってしまったんです」

咲「お願いします……京ちゃんに東横さんのおっぱいを見せてあげてくださいませんか」

加治木「だがしかし……」

京太郎「お願いします! お願いします!」

モモ「ええいしつこいっす! 先輩、もうこいつら追い出すっすよ!」

加治木「う、うむ」

咲「ケーキ」

加治木「!?」

咲「おいしかった、ですか? おいしかったですよね? それはもうお高いケーキでしたもの」

加治木「宮永……?」

咲「いえ、いいんです。私達はただ遊びに来て、そしてお土産のケーキを置いて行った。そういうことですから」

咲「京ちゃん、ほら立って」

京太郎「お願いしま……咲?」

咲「やっぱりこんなお願い無茶だったんだよ……ね?」

モモ「やっとわかったっすか!」

咲「あ、さっき買ったケーキのレシートが」

モモ「!?」

加治木(な……なんて値段だ)

加治木「み、宮永……もうすこしゆっくりして行っても」

咲「え? ですがご迷惑じゃ」

加治木「いや、いいんだ……それに須賀君」

京太郎「はい?」

加治木「その、だな……モモの物とは流石にサイズが違うが、わ、私の胸で我慢してもらえないだろうか」

モモ「先輩!?」

加治木(仕方ないだろう、モモも見ただろうあの値段!)

モモ(でも……!)

加治木(私が須賀君に胸を見せることでいいなら、それで)

咲「どうする? 京ちゃん、加治木さんのおっぱいでいい?」

京太郎「……………………」

加治木「…………」

モモ「…………」

京太郎「お願いします!」

加治木「な、なら今から脱」

京太郎「おっぱいを見せてください、東横さん!」

加治木「」

加治木「な、なあ須賀君、私じゃやはり駄目か……?」

京太郎「お願いします、お願いします!」

モモ「こいつ……っ! 先輩の好意を……!」

咲「まあまあ加治木さん。ちょっといいですか?」

加治木「あ、ああ」

咲(東横さんが顔を真っ赤にしておっぱい出してる所、見たくないですか?)

加治木(!?)

咲(以前合宿で一緒にお風呂に入った時思いましたが、東横さんいつも加治木さんにべったりですよね)

加治木(あ、ああ)

咲(東横さん……加治木さんの前であまり恥じらったりしないんじゃないですか?)

加治木(そんなことは)

咲(ない、かもしれませんね。ですが、今回はまた別ですよ)

咲(加治木さんの眼の前で、他校の男子生徒におっぱいを見せる……その屈辱と恥ずかしさの入り混じった東横さんの顔)

咲(見たいと思いませんか)

加治木「!!!!」

京太郎「お願いします! お願いします!」

モモ「ええい! このこのっ!」

加治木「なあ、モモ」

モモ「先輩こいつを追い出すの手伝っ」

加治木「そこまでお願いされてるんだ……少しおっぱいを見せるくらいいいんじゃないかな」

モモ「」

京太郎「東横さんのおっぱいもなかなか良かったな」

咲「そうだね。まさか」

京太郎「乳首までもステルスだとはな」

咲「巨乳の人には多いって聞くけど、ねえ」

咲「そう言えば京ちゃんは陥没乳首でもよかったの?」

京太郎「ああ……確かに陥没乳首の魅力は乳首をたたせてこそだが……」

咲「今回は見るだけだしね。どうしても刺激できないと難しいよね」

京太郎「だが、あの東横さんの真っ赤な恥じらい顔を見たらそんなことは小さなことだと思えたからな」

咲「だよねー。すっごく可愛かったよね」

京太郎「うむ」

咲「それじゃあ次はどうする? 龍門淵の沢村さんもなかなかだったと思うけど」

京太郎「あそこはアカン」

咲「え?」

京太郎「アカン」

京太郎「ハギヨシさんに素敵滅法されたくなければ近づかない方がいい」

咲「あ……うん」

京太郎「それよりあそこはどうだ?」

咲「! なるほど! なら今回は前もって連絡しておいた方がいいよね!」

京太郎「頼むぞー咲」

咲「と言う事でこんにちは姫松高校のみなさん」

京太郎「どうもー」

漫「あ、あの、これは一体」

絹恵「どういうことですか?」

恭子「ごめん……ごめんなあ……」

漫「ちょ、なんで手錠なんかするんですか!」

絹恵「お姉ちゃん!? 悪ふざけは」

洋榎「せ、せやかて……なあ」

京太郎「はいはーい、さっさと準備していただけますかー」

漫「末原先輩!?」

恭子「アカン……宮永に逆らったらあかんのや……堪忍やで漫ちゃん」

絹恵「お姉ちゃん何してんの?」

洋榎「絹……インハイで原村のペンギン蹴っっぽったやん?」

絹恵「ああ……うん」

洋榎「あれなあ、ごっつ高いぬいぐるみだったらしいんや……」

絹恵「え……?」

洋榎「これが許してもらう条件やって言われて……」

咲「あ、写真など撮影はしませんから安心してくださいね」

咲「じゃあ京ちゃん」

京太郎「あ、ちょっと待て。一応形だけでも頭下げとかないと」

京太郎「てなわけで今からお二方のおっぱい、見せて頂きますね」

ぺっこりん

漫「何がそういうわけやあああ!! 嫌や嫌や嫌やああああああ! 末原先輩放してくださいいいいいいい!!!」

恭子「ごめんなあ漫ちゃんごめんなあ……」

絹恵「…………」

洋榎「絹……お姉ちゃんがついとるから……」

絹恵「…………うん」

京太郎「ありがとうな、咲。咲が居てくれなかったらこんなにスムーズにおっぱい見せてもらえなかったぜ」

咲「えへへ……しかしすごかったね、上重さんのロケット」

京太郎「だな。重力にあそこまで逆らっていながらおっぱいとしての柔らかさを兼ね備えているとは」

咲「触ってないのになに言ってるの、もう」

京太郎「見た感じだって。あのおっぱい揉める人が羨ましいぜまったく」

京太郎「愛宕の妹さんの方はあれだな、あの大きさに対して少し乳輪が小さめな気がしたな」

咲「でも乳首自体は普通だったね」

京太郎「うむ。あれもいいものであった」

咲「それで、次はどうする? 宮守でも行く?」

京太郎「ああ……いや、あそこは臼沢さんの腰のラインはすばらしいが、おっぱいとなるとなあ」

京太郎「それよりやっぱりあそこ行こうぜ」

咲「永水、だね!」

京太郎「お願いします、おっぱいを! おっぱいを見せてください!」

霞「どうぞ」

初美「いやーん、ですよー」

京太郎「」

初美「あれ? どうしましたー? もしかして見とれちゃってますー?」

京太郎「」

春「黒糖、食べる?」

咲「あ、ありがとうございます」

京太郎「……う」

初美「はい?」

京太郎「……がう」

咲「あ、美味しい」

春「竹井さんにもお土産持って行って」

咲「あ、はい」

京太郎「違う! 俺が求めているのは! 薄墨さんの胸じゃない!」

京太郎「神代さんの圧倒的存在感を持つ! 石戸さんの他者を寄せ付けないほどの重量感を持つ!」

京太郎「おっぱいなんだああああああああ!!!!!」

初美「失礼な子ですねー」

霞「あらあら」

京太郎「それに薄墨さんの乳首チラは県予選の映像から大量にキャプってありますので」

初美「あうう……流石に照れますねー」

京太郎「お願いします! 神代さんと石戸さんのおっぱいを見せてください!」

霞「ええと……それだけ額に小石が食いこむほどお願いされてるのになんなんだけど」

巴「何してるんですかー、もう時間ですよー」

小蒔「宮守のみなさんが待ってますよー」

初美「これから宮守の人達と海水浴なのでー」

春「それじゃあ」

京太郎「ちくしょおおおおおおおおお!!!」

咲「何してるの京ちゃん……ついて行って宮守の人達のおっぱいも見せてもらえばよかったのに」

京太郎「あのなあ、咲」

咲「何?」

京太郎「しつこい男は嫌われるだろう?」

咲「何をいまさら」

京太郎「さーて次は阿知g」

咲「ああ、阿知賀は駄目だよ? 和ちゃんの幼馴染がいるらしいし」

京太郎「マジか……なら白糸台だな」

咲「新道寺は?」

京太郎「お前分かってて聞いてるだろ……あそこはおっぱい担当いないだろうが」

咲「うん……でも白糸台はちょっと……」

京太郎「ん? どうして……ってそうか」

京太郎「白糸台にお前のお姉さんいるんだったな……」

咲「うん」

京太郎「さすがにそれは気まずいな。せめて咲とお姉さんが仲直りした後なら行きやすかったかもしれないけど」

咲「ごめんね京ちゃん」

京太郎「まあいいさ。今日はありがとうな、咲。こんな俺の我儘を手伝ってもらっちゃって」

咲「ううん、別にいいよ」

京太郎「何かお礼しないとなあ」

咲「それなら今日鶴賀の人達に持って行ったケーキ奢ってもらおうかな」

京太郎「了解です、姫」

咲「あはは、なんか懐かしいね、それ」

京太郎「だな。ははは」

京太郎「それでだな……咲」

咲「何、京ちゃん?」

京太郎「咲のおっぱいを! 俺に! 見せてください!」









咲「嫌」




おわり