http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1360776420/




久「中途半端な時間に起きちゃって暇ねぇ」


久「……まぁたまには飴もあげないとね」


Prrrrrrrrrrr


久「もしもし須賀君?今時間あるかしら?」

京「ふわ……ぶ、部長?今何時だと思って……」

久「あら?じゃあ今は無理ってこと?折角夜のデートに誘おうと思ったのに」

京「よ、夜のデート!!!い、今すぐ行きます!!!」

久「わお……急に元気になっちゃって……じゃあ部室で待ってるわね」

京「はい!!!すぐ行きますお願いします!!!」

久「じゃあ私も部室に行きますか…………」

久「……」

久「でもこれだけじゃあ、ありきたりよねぇ」

久「もう少し何か変化というか、スパイスが欲しいわ 」

久「そうだ、どうせなら優希と須賀君をくっつけてみましょうか」

久「いやー、私って愛の宣教師よねー……ということで」


Prrrrrrrrr


久「もしもし、優希?今ちょっと時間いいかしら?」

優「ぶ、部長?今タコスチョコ作っててるから手短にしてほしいじぇ」

久「もしかして須賀君にあげるのかしら?それなら美味しい話があるんだけど……」

優「美味しい話?タコスの話か?」

久「そうじゃなくて…………今ね、かくかしかじか~なのよ」

優「きょ、京太郎が……部室に?///」

久「ええ……彼、責任感が強いから既成事実作っちゃえばイチコロよ♪」

優「…………きっと、良い結果を報告するじぇ!!!ありがとう部長!!!」

久「ふむふむ、優希を呼んだのはいいけど放置すると私が暇なのよね」


部室


久「というわけで部室に来たわけだけど……あら須賀くん」

京「ぶ、部長!!!今日はデートのお誘いありがとうございます!!!」

京「俺、部長にただの雑用としか思われてないんじゃないかと思ってて……」

京「部長は、ちゃんと俺のことを人間扱いしてくれるんですねっ……!!!」

久(あれ?なんか物凄い低次元で感謝されているような……なんか納得いかないわね)

久「……こほん、感動してる所悪いけど、まずはちょっと頼みごとがあるのよね」

京「いいですよ、何ですか?」

久「衣類を全て脱いでロッカーに入ってくれる?」

京「いいですけど……なんでまた?」

久「ちょっと裸を見せるのは恥ずかしくて……///ねぇ、ダメかしら?///」

京「……はい!!!部長、先に入ってますね!!!」


ファサファサ、ガチャン


久(ふう、ちょろいわね……さて、これで準備は整ったから後は……)


たったったったった


優「きょ、京太郎……いるのか?///」

久「ちょうどいい所にきてくれたわね」

優「へ?なんで部長が……?」

久「しーっ、あんまり大きな声は出さないでね?」

久「今ね、あのロッカーの中に裸の須賀くんがいるわ」

優「は、はだか……///」

久「ええ、そして今すっごく欲求不満だと思うの」

久「こういう時って、誰かが楽にしてあげるべきじゃないかしら?」

優「………///」こくっ

久「だから……」

京(部長まだかなぁ……………)



久「だからね……私が見本を見せるわ」

優「え?見本って……」

久「そのままの意味よ、隙間から覗いててね?」

優「え?え?」


ロッカー


久「須賀くん、お待たせ……///」

京「全然待ってません!!!俺、も、もう我慢できなくて……っ!!!」

久「あれ?まだロッカーに入っただけよ?それなのに……ふふっ」

京「す、すみません、で、でも部長の匂いだけでもう……!!!」

久「落ち着いて?今、ちゃんと手で抜いてあげるから……♪」

京「……っ!!!ぶ、部長……!!!今出したばっかで……!!!」

優(そんな……そんな……きょ、京太郎と、部長が……)カタカタカタカタ

京「……っ!!!はぁ、はぁ、部長……あ、ま、また連続で……うっ!!!」

久「ふふふ、須賀くんどうしたの?そんなによがっちゃって」くすくす

京「ぶ、ぶちょ、うが……やめてくれな、いから……っ!!!」

久「あら?止めて欲しいのかしら?じゃあ止めるわね」

京「あ……」

久「ほら止めたわよ?見ててあげるから自分でしたらどう?」

京「あ、あの…………ごめんなさい、続けてください……」

久「よくできました♪……じゃあ素直な須賀くんにご褒b」


ガチャン!!!


優「京太郎!!!部長!!!ちょ、ちょっと待つじぇ!!!!!」

京「ゆ、優希!?なんでここに!?」

久(あれま、ちょっとおふざけが過ぎたかしら?)

優「ぶ、部長に、呼ばれたんだじぇ……京太郎が来るからって……」

京「え?ど、どういうことですか、部長?一体何がなんだか……?」

久「えっと、話と単純なようで説明しづらくて……」

久(さてさて、なーんか面倒なことになりそうよねぇ)

久「えっとね……あ、雨降って地固まるってやつ?」

優「ど、どういう意味か説明しろ京太郎!!!」

京「あー……なるほど、なんか分かりました……」

久(このままだと劣勢かもしれない……マコを援軍に呼びましょう)

優「で、飴振って時価溜まるていうのはどういう意味だじぇ?」

京「雨降って地固まるだよ、意味はそのままで意味で……」

久(……今ならメールできるわね、よし)

久(本文:助けて!!!今暴漢に終われてて、部室に逃げ込んでるの!!!toまこ)

久(うん、まこならきっと何とか……)

京「……と、こういうことだ、わかったか優希?」

優「う、うん……///」

久「あっちも終わったみたいね……」

優「あ、あの!!!さ、さっきは怒って悪かったじぇ……」

久「へ?な、何で謝るの?」

久(……さすがに想定外だわ)

優「その、ぶ、部長なりに私と京太郎の事、応援してくれてたってわかったから……」

京「まあちょっと悪趣味というか意地が悪いとは思いましたけど……」

久「……!そ、そうなのよー、二人とも中々くっつかないからこうでもするしかないかなーって、あ、あはは」

久「ちょっと荒療治だったかも知れないけど、効果抜群だったしょ?」

京「そりゃもう……抜群どころじゃなかったですよ……」

優「まぁ、京太郎と付き合うことになったし、今日のところは勘弁してやるじぇ!!!」

久「付き合う……ってえ?さっきそんな話してたの!?」

京「ええ、なんか窘めてるうちに告白されちゃって……」

優「おう!!!まぁ私が告白すれば京太郎なんかイチコロだじぇ!!!」

京「はいはい……じゃあ、俺は優希家まで送るんで、今日はありがとうございました」


ガチャ、バタン


久「お、おしあわせにー………」

久「ふう、まぁこういうのは結果オーライでいいわよね……はぁ、手洗わなくちゃ」


シャーーシャーーシャーー


久「後は部室掃除しないとね……まぁたまには自分でやるのもいいわよね」

久(優希は須賀くんと付き合うことになったんだし、須賀くんも気持ちよかったみたいだし……)

久「いやー、部員を一気に二人も幸せにするなんて私って部長の鑑よね!!!」

久「そう思ったら気分も晴れてきたわ、深夜なのにこんなに目の前が明るい……」

久「…………明るい?」

ピカッ!!!!


「大人しくしろ!!!お前は完全に包囲されている!!!」

「速やかに人質のの少女を開放するんだ!!!」


久「え?え?どういうこと?…………もしかして、まこ!!!」


咲「まさか部長が人質にされるなんて……」

和「大丈夫でしょうか……」

まこ(はぁ……知り合い、特に連絡したのは失敗じゃった……)

咲「でも、早く通報できて良かったね……」

和「ええ、あの部長が暴漢というくらいですから、とんでもない輩に違いありません」

久「えらく間違った誤解をされている!?」

久(やばいやばい、これって大問題になりかねない……どうしようどうしよう)

久「まこに連絡したからこんな事になったんだろうし……咲は寝てるだろうし……」

久「あとは和か……嫌な予感しかしないけど」



「よし、あと十分で突入するぞ!!!」

「狙撃班の準備、整いました!!!」



久「……時間もないみたいだしそう贅沢も言ってられないわね……よし」

久「マコにGAMEOVERってメールしましょう」

久「ゲーム終了……つまり全てお遊びでした、それもこれで終わりですってメッセージ」

久「まこにならきっと伝わるはず……っ!!!」



まこ「お、久からメールが……!?」

まこ(本文:GAME OVERfrom久)

まこ(もしかして……このメールを送ったのは犯人!?)

まこ「早速警察に知らせんと……」



「なに?犯人からメール?……これは……人質を殺したというメッセージ……!!!」

「予定繰上げ!!!直ちに全部隊突入せよ!!!」


久「あはは、なんか武装警察?が突入してきた……あはは、はは、はあ…・・・終わった」

久(と……諦めたら終わり、気持ちをリセットして……)

久「まず私は人質っぽく振舞いましょう」

久「……服を乱して、ロッカーに入って……うん」

久「犯人は適当にでっち上げて、逃げたってことにすれば……あれ、結構いけそうじゃない」

久「あとで須賀くんと優希に口止めして置かないとね」

久「よし、じゃあロッカーに隠れましょうか」


ガチャ、バタン!!!


「突入!!!」「異常なし!!!」「こちらも異常なし!!!」

「隠れているかもしれない!!!」「細心の注意を払え!!!」

「あのロッカーから生体反応有り!!!」「まだ撃つな、人質かもしれない!!!」

「人質発見しました!!!」「人質は無事です!!!」

「人質救出!!!」「目標は未だ発見できず、逃亡の恐れ有り!!!」

「人質搬送します!!!」「気を緩めるな!!!もう大丈夫です、さあこちらへ」


久「ハ、ハイ…………」

久(怯えてるふりをして……口止めはどうしようかしら)

久(体調不良ってことにして病院にいくのが一番早いかしら……)

久「うぐっ……す、すみません……体調が……かはっ」


「!!!人質の容態が優れない、至急病院に搬送する!!!」

「目標発見できません!!!」「こちらも発見できません!!!」「捜索範囲を拡大します!!!」


久(よし、これでいけるわよね……うん)

病院


久「かはっ……うぅ……ぐぐぅ……」

久(よかった、検査が終わったら電話できそう……うん、いけるいける)


「すみません、鑑識の者ですが……今大丈夫ですか?」


久「……は、はい……うぷっ……」

久(鑑識?なんでまた……?)


「実は貴女が入れられていたロッカーから精液が検出されまして……」

久「あ」

「貴女の体にも付着していないか調べさせてもらいますね」

久(だ、大丈夫、手は洗ったし……うん、大丈夫大丈夫)

「辛かったでしょうけど、きっと犯人を見つけますからね」

久(その心遣いが辛い……!!!)

「ありがとうございます、爪の間から検出できました……これで犯人が貴女を襲ったと立証できます」

久(違うから違うから!!!で、でも今更そんな事言えないし……)


ガチャ、バタン


久「ごめんね、須賀くん……貴方、最高の雑用係だったわ」



――――部長が口止めした後、DNAのサンプルを採取する為に毛髪を提供した京太郎が逮捕されるのはまた別のお話



カン!!!