http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1357522981






麻雀部.部室

和「ん、んん……じゅぶっ……」ジュップジュップ
和「んぅ……っ、むぎゅ……」チュパチュパ

京太郎「っ、いいぞ。和の口マンコ、あったかくてぬるぬるして最高に気持ちいい……!」
京太郎「ああ、出すぞ和!全部飲むんだ!」ドビュル!

和「……んむぅ!?」ビクッ

ドビュルルドビュ…ドプ…!
ドクッ…ドクッ…!
グチャッ……!

和「っ、……ん、ごく、……じゅる」
和「あくぅ……、むぅ、」ゴクン

京太郎「咲のお口も大分良かったけど和のも新鮮で悪くないなぁ」ドプドプ

和「……っ、ごく、ん。げほっ……」
和「この下衆っ……。なんで咲さんはこんな人と……!」


京太郎「咲の処女を奪わない代わりに自分好きにして下さい!って言ったのは和だろ?」
京太郎「俺は本当に咲のことを会いしてるし、咲も俺のことを愛してくれてるし……」
京太郎「そこに横槍入れて来た、誰かさんのほうがよっぽど下衆だと思うけどなぁ?」

和「っ、わかってます……。そんなこと……」
和「でも、私は……っ、むぐぅ!?」グイッ

京太郎「あっ、また出るから、使わせてもらうな?」ドビュルルドビュ
和「~~っっ、んん、ぅう……!」ポロポロ


翌日.部室

ガチャ

京太郎「おはようございます!」

咲「あっ、京ちゃん!おはよう!」とてとて
久「おはよう、須賀くん。ふふ、咲ってばまるでご主人様に久しぶりにあった子犬みたいね」
まこ「全く同感じゃ。頼むからイチャつくなら部室の外でやっとくれ」けらけら

優希「…………っ」
和「…………」

咲「べ、別にイチャイチャしてるわけじゃないです!」
咲「ただ最近二人の時間が取れないから……あ、部長何笑ってるんですか!?」

京太郎「はは。まあまあ、落ち着けって咲」ナデナデ
咲「むぅ……!また子供扱いして……」

京太郎(やっぱりこいつ、可愛いよな。顔が、じゃなくて中身が健気で)
京太郎(……俺の性欲を無理矢理ぶつけて汚してみたいけど、それ以上に好きなんだよなぁ)
京太郎(それに比べて……)

和「……」ギリッ
和「咲さん、そろそろ雀卓に着いて部活を始めましょう」
和「須賀くんはどうせ余るので部室の機材の点検をお願いしますね」

京太郎(この女……)


咲「の、和ちゃん。そんな言い方……」

京太郎「いや、いいよ。丁度機材切らしてたから買い物にいってくる」
優希「じゃ、じゃあ私も一緒に……」

京太郎「ただ一人じゃキツイから和もついてきてくれるか?」
和「……」ビクッ
京太郎「いいよな?和?」にや
和「わ、わかりました……」

優希「………」
まこ「おお、最近二人で買い物が多いのぉ」
咲「…………」

久「まあ、気をつけて行ってらっしゃいな」
京太郎「はい、行ってきます」
和「…………」

ガチャ


男子トイレ.個室

京太郎「和も本当に懲りないよなぁ?あんな態度取ったらこうなるってわかってただろ?」ムニュムニュ
和「……っ、あなたが咲さんに近づかなければいいんです!」ビクッ

京太郎「あのさぁ、俺と咲は恋人なんだからあれぐらい普通だよ?
京太郎「こうやって咲の胸を弄くったりするのも恋人なら普通なんだよ」クリクリ

和「あっ、ん……!このっ……」ビクッ
和(こんな、男子トイレなんて汚いところで……私……)ギリッ

京太郎「ほら、手を便座につけてお尻突き出して」
京太郎「尻コキって一度やってみたかったんだよな」ボロンッ

和「ひっ……!?」


京太郎「スカートも下着も邪魔だから全部下ろして、っと」ズリ
和「いやぁ!やめてください!離して……!」

京太郎「こんなとこで大声出して、気付かれたら和も困るだろ?」
和「っ、……ぅ、……!」ビクッ
京太郎「和のこの尻肉の谷間でしごくだけなんだから我慢できるだろ」モミモミ
和「さわらないで……っ!」

京太郎「それじゃあ挟むな?」ピトッ
和「あ、熱……いやぁ……!」


京太郎「いいなこれ。和はお尻も柔らかいんだな。癖になりそうだ!」ズリズリ
和「うっ、……ぐすっ……」

和(汚いっ……汚いっ。お尻で乱暴に扱かれて、あれがドクドク脈打って、火傷しそう……)
和(っ、変な汁も出て来てる……、ぬるぬるしたのお尻に染み込んで……!」

京太郎「おおう、腰が勝手に動く……!」パンパン
和「!やめて……そんな音立てないでくださいっ……!」


京太郎「もう出そうだっ!どこにぶっかけるか悩むなぁ」パンパン
和「ひぐぅ……っ、最低っ。最低です……!」ズリズリ

京太郎「和、背中も綺麗だなぁ」ナデナデ
和「!っ、変な所触らないで……」ビクッ

京太郎「あ、いいこと思いついた」
京太郎「このまま出すぞ、和!うぐぅ」ドクッドクッ!

和「っ、……あ、ああ……!」ビクッ

ドビュ!…ドプドプ!
ビュルル…ビチャッ !


和「あ、ひぐぅ、熱っ、……ああ、気持ち悪い、気持ち悪い……」ビクッビクッ

京太郎「っ、はは。お尻俺の精液で覆われて見えなくなっちまったな」ビクッ
京太郎「背中も凄いことになってる。結構固形なのが出たし、一回風呂に入ったぐらいじゃ臭いが取れないだろうなぁ」ドクッドクッ

和「っ、このっ、他人事みたいに……誰のせいでこんなこと……」ギリ
和「こんな汚いの、早く拭かないと臭いが……、部室に帰れなく…」

京太郎「拭かなくていいよ?和は今日その精液だらけのまま部活を続けてもらうからさ」
和「えっ……」ゾク




麻雀部.部室

ガチャ

久「あら、遅かったわね。二人共?」
咲「ホントだよ……。心配したんだから」

京太郎「いやぁ、和が売り物のペンギンの人形に夢中になっちゃって。引き離すのに時間がかかりましたよ」
和「……ッ、……」ヌチャ

咲「和ちゃん、ホント?珍しいね?」
和「は、はい。須賀くん、口止めしたのにホントに口が軽いですね……!」ギリッ

和(このっ……、精液を下着の中に溜めて履かせるなんて……!)
和(頭がおかしくなりそうです……っ、こんな気持ち悪い。アソコに須賀くんのが入って……っ)ヌチャ

京太郎「次は和が存分に打たせてもらえよ」
京太郎「ほら、座って座って」ずい

和「は、はい……」ビクッ
和「~~っ、……!」グチャッ



麻雀部.部室.放課後

京太郎「昨日は楽しかったな、和?」
京太郎「あのバレるかバレないかのスリルが堪らないよな、っ……」ビクッ

和「知り……ません!そんなことより、さっさと出して下さい!」シコシコ
京太郎「和の手、柔らかくて気持ちいいぞ。それに手慣れてきてる」ズリズリ

和「こんなの……慣れるわけないでしょうっ」ゾワゾワ
和「さっさと……終わらせたいだけです……!」ズリズリ

京太郎「……そうだなぁ。それじゃあお望みどおりに、出すぞっ!」グイッ
和「えっ、……」

ドビュ…!ドビュルルドビュ!
ビクッ!ドクッ…ドクッドクッ!

和「あ、……何で、雀卓に出したんですか……!?」
京太郎「和が綺麗にしてもらうからいいんだよ」



和「んちゅ……くぅ……!」チュパ
和「なんで……舐めて、綺麗にしなくちゃ……っ!」ペロッ

京太郎「明日も咲達が使う雀卓なんだからしっかり掃除しないと」
京太郎「和の綺麗な舌でしっかり舐め取らないとな?」ニヤ

和「……こんなの、余計汚く、……ちゅぷ」ペロペロ
和「最低……の、んちゅ、下衆です……!」ヌチャ

京太郎「改めて見ると、凄い図だな。アイドル当然の美少女が雀卓に舌を這わせて精液舐め取ってるなんて」
京太郎「もっと見たいから、さらに追加するか」ギンギン

和「!……っ、もう、いやぁ……!」ペロッ


翌日.麻雀部.部室

咲「……ねえ、京ちゃん?」
咲「最近、和ちゃんの様子がおかしいんだけど……何か知ってる?」

京太郎「心当たりはないなぁ。でも何で俺に聞いたんだ?」

咲「その、結構二人が一緒にいる所みるから……」
咲「前より仲良くなったんだなって……」

京太郎「咲……」ギュウ
咲「京ちゃん、ごめんね?私、めんどくさいよね……?」ギュウ

京太郎「そんなことねぇって!咲は俺の大切な彼女なんだから、これぐらい……」
京太郎「むしろ俺の方が咲を不安にさせちまって……ごめんな」

咲「京ちゃん……ふふ、えいっ」チュー
京太郎「わっ、咲……ん」



咲「うん、元気もらったからもう大丈夫だよ!」
京太郎「こんなことで元気になるんなら毎日やってやるよ!」ナデナデ

咲「あっ、それと京ちゃんにお願いがあるんだけどいいかな」
京太郎「ん?なんでも言え言え!」

咲「ふふっ、それじゃあ。はいお弁当!」
咲「あんまり美味しくないかもだけど、和ちゃんに渡しておいてくれる?」

京太郎「…………」

咲「私から渡してもいいんだけど、最近避けられてる気がするから……」
咲「和ちゃんに早く元気になって欲しいから作ったんだ!京ちゃんから渡しておいてくれるかな?」

京太郎「……ん、わかった。それにしても咲は和が大好きなんだな!」
京太郎「ちょっと彼氏として妬けちまうぜ!?うりうり!」ぐしぐし

咲「あはは、ぐしぐし止めてよぉ!」



学校.中庭

和「……なんなんですか?こんな所に呼び出して」
和「私はあなたと違って忙しいので……性欲を発散したいんなら壁にでも掛けておいて下さい」

京太郎「いつにも増してきっついなぁ。昨日のことそんなに怒ってるのかよ」
京太郎「携帯に動画として残ってるから、後で和に送ってやるよ」

和「なっ!?今すぐ消して下さい!」
和「あんなの万が一漏洩したら…….」ゾワッ

京太郎「別にそんな酷いことするつもりは今はないって」
京太郎「まあ和の態度次第だろうけどな」

和「……っ、この卑怯者……」ギリ
和「今度は、何をすればいいんですか……!?」

京太郎「そうだなぁ。ここに咲が和の為に作って来たお弁当があるんだけど」
和「えっ、咲さんが私に……!」






和「んぐぅ、じゅぼっ……ん」ジュップジュップ
和「んん、……ちゅぷ……!」チュパチュパ

京太郎「舌がザラザラしてっ……和が息するたびに吐息も……」ビクッ
京太郎「唇も柔らかいし、……和のお口は俺専用のオナホだな」グイッ
京太郎「これなら大量にトッピングできるな。咲の手作りお弁当に……」

和「っ、んんぅ……」ウルウル
和「んぐぅ、ん、んにゅ……」ジュップジュップ

和(……酷い、酷い!せっかく咲さんが私の為に作って来てくれたのに……!)
和(こんな人の精液で……汚されて、それを私が……食べることに……!)

京太郎「んあ、出るぞ!和!」ビクッビクッ
和「ぷはっ……やめて……私が飲みますからっ……お弁当は汚さないで……!」

ドプ…ドプドプ…!
ビュルルドビュ…!
ドクッ…ドプビュクッ!
ビュル!ビュクッ! … グチャッ

和「いやぁ……咲さんのお弁当……」
和「ごめんなさい……ごめんなさい」ポロポロ


京太郎「ああ、とんでもなくいっぱい出たな」ドプドプ
京太郎「ほら、和。咲が和の為に一生懸命作ったんだからもちろん食べれるよな?」

和「っう、ぐすっ、は……い」
和「咲さんのお弁当、食べ……ます」ヌチャ

和「んむぅ、もぎゅ……ぐちゅ」モグモグ
和「ん、あむ、……うぇ、もぐぅ」モグモグ

京太郎「ほら、おかずもどんどん食べろよ?」グイッ
和「むぎゅ、……っ、!押し付けないで……むぐぅう」モグ

和(口の中でおかずと精液が混ざって……ぐちゅぐちゅで……噛む度感触が……)
和(咀嚼する度に頭がおかしくなりそう……咲さん)



和「ん、ぐちゅ……もぐぅ」ポロポロ
京太郎「泣くほど嬉しいのか、和。しっかりごっくんして味わえよ?」

和「ひぐぅ……、むにゅ、くちゅ」モグモグ
和「あ、う、……ぬちゃ、ごく……ん!」

京太郎「おー、よくあんなの飲み込めたな。そんなに気に入ったか?」
京太郎「まだ半分以上残ってるからな。全部食べるまで頑張ろうな」ナデナデ

和「あぁ、……咲さん、んぐ、もぐぅ」モグモグ



翌日.教室

咲「あ、京ちゃんおはよう!」

京太郎「お、咲!和から洗った弁当箱預かってるぞ!」
京太郎「きっちり全部食べて美味しかった、って伝えて欲しいって言ってたよ」

咲「ホント!?よかったぁ」
京太郎「ああ、部活の時にでも話し掛けてみな。多分いつも通り接してくれると思うぜ!」

咲「そっか!ありがとう京ちゃん!」
咲「部活の時が楽しみになってきたよ!」

京太郎「ああ、俺もだよ。咲!」ニヤ




麻雀部.部室.放課後

和「…………」
京太郎「和、どうかしたのか?今日は咲と一緒に楽しそうに麻雀打ってたじゃないか」

和「……あなたと二人きりになるのが不快なだけです」
京太郎「……はは、本当に正直だよな。和は」

京太郎「昨日はあんなに素直にお弁当食べてたのになぁ?」

和「!っ、あれは須賀くんが脅す様な真似するからでしょう!?」
和「あなた……まさか咲さんにまであんな真似させてるんじゃないでしょうね!?」

京太郎「するわけないだろ?そりゃさせたいと思ったことは何度もあるけど」
京太郎「咲との付き合いにそういうのは入れたくないんだよ。嫌われたくないからさ」

和「……私には嫌われてもいい、ってことですか」
京太郎「まあな、でも昔は俺の、和のこと好きだったんだぜ?」



和「えっ……?」

京太郎「まあ、和は顔が整ってるし、スタイルいいからさ。そういう時期もあった」
京太郎「ああ、そうだ。和、そのまま動くなよ」ボロンッ

和「なっ、いきなり目の前で変なの出さないで下さい!」ビクッ
和「ちょっ、やだ……そんなので顔を擦らないで!」ズリ

京太郎「和、顔は可愛いからなぁ。ちょっと顔コキさせてもらおうかな」ズリズリ
京太郎「頬もやわらかいし、和の全身がエロいよな」ゴシゴシ

和「っ、やめて!私の顔をモノみたいに……!」
和「ひっ、ぬるぬるしたの染み付けないでぇ……」ヌルヌル


京太郎「すげぇな、この感触は癖になりそうだ」ズリズリ
京太郎「頬もおでこも髪も、気持ちいいぞ!」ゴシゴシ

京太郎「和、顔全体にぶっかけるからな……!」

和「!っ、……、もう、……」
和「好きに……してください……」グスッ

京太郎「 ああ、出すぞ!和!」ドクッドクッ
和「っ、……~~、っ……!」グチャッ

ドビュ…!ドビュルルドビュ!
ビクッ!ドクッ…ドクッドクッ!

和「っ、あぁ、うぁ……!」グチャッ

和(熱い肉棒が、私の顔でどくんどくん脈打ってる)
和(私の顔……須賀くんので覆われてるっ……)ヌチャ

京太郎「うわぁ。和の顔、ザーメンまみれで糸絡まりまくってるな」
京太郎「せっかくだから和、写真とっておくな?」カシャカシャ

和「っ、!や、やめてください、こんなの取らないで……!」ポロポロ



京太郎「これ……咲や優希にでも送ったら凄いことになりそうだな」
和「……やめて、咲さんには、それだけはやめてください……!」ビクッビクッ

京太郎「ん、優希ならいいってことか?じゃあ送ろ」ピロン
和「ああ、!?いやぁああああ!何でぇ!?」

京太郎「じ、冗談だって!さすがに送ってねえよ!」

和「!……っ、ああ、よかった……ホントに……」
和「……もう、そんな悪質冗談やめてください!」
和「人の心を弄んで……っ、本当に最低ですね、須賀くんは……!」

京太郎「…………」ムラ




京太郎「和、そろそろいいよな?」
京太郎「咲の処女を奪わないって条件は今の所は満たしてるんだ」

和「だ、だからその代わりに私がこうやって……」
和「ち、ちょっと、何ですか?」ビクッ

京太郎「だから和ので我慢するよ」グイッ
京太郎「もちろん断らないよな?」

和「っ、……、ぅ……」ポロポロ
和「はい……」






京太郎「後ろから犯したいから、尻コキの時みたいな態勢になってくれ」
和「……わかり、ました」グイッ

京太郎「ほら、和。お尻を振って強請ってみてくれ」
京太郎「咲の代わりにしてあげてるんだからそれぐらいできるよな」

和「……っ、……須賀くんの、熱いの、を……」フリフリ
和「……はやく、……ぐすっ、私の中に、入れて……くださいっ」フリフリ
和「私の、処女……もらってください……!」ポロポロ

京太郎「わかった。入れるからな……!」グイッ
和「ああ、熱い……やだぁ……こんなこと……やっぱり……」

京太郎「……っ」グチャッ
和「っ、あ……!いやぁ……!」ビクッ


京太郎「和の中、熱くて、締まる……!」
京太郎「和、俺の好きなように腰振るからな……!」パンパン

和「あっ、あっ、……やめて、ああ……」パンパン
和「私を……おもちゃに、しないで……!」ビクッビクッ

和(私、犯されてる……須賀くんに……後ろから犬みたいに……)
和(咲さんの為……いつか、咲さんも私と……)

京太郎「和、和……!」パンパン
京太郎「中に、いっぱい出してやるからな……!」

和「!……ああ、やめ、て……それは駄目、!」
和「中だけは……許して……っ!妊娠は……いや……!」ビクッビクッ

京太郎「もう、無理だ……っ」
京太郎「ああ、くぅ……!」ドクッ…ドクッ

グチャッグポッ…ドクッ!
ドビュル…ドプドプ…
ブピッ…グポッ… !

和「…………っ、……」ビクッビクッ





和「あっ、ひぐぅ、……もう、やめて……」パンパン
和「本当に……これ以上は……あぅ!?」パンパン

京太郎「和も、自分から腰動かしてるだろ!」
京太郎「うぅ、また中で、出すぞ。三回目だ!」グイッ
和「……やめて、……やめて、くださ……あぁ……」ドプドプ

ビュクッ!…ビュクッドピュッ!
ドプドビュルルドビュ!

和「あ、はぁ……くぅ……中で溢れて……」
和「さき、さん……んん、ぅ」ビクッビクッ



京太郎「よかったよ、和」
京太郎「ちょっとだけお前のことを好きな頃に戻れた」チュ


京太郎「でもやっぱり咲が俺の嫁だけどな」



おわり


この後は優希に二人の情事を見られて、京太郎が脅され優希と関係をもったり
感づいた部長に諭されるも相手にせず、部長が一肌脱いだり
宮永繋がりでテルーと普通に親しくなって夜の関係をもってしまったり
テルーと京太郎を諭そうとした菫さんが二人に食われて泣き寝入りしたり
遂に咲さんに知られ、病んだ咲さんに刺されて病院送りにされて京太郎が改心して皆に土下座して謝りにまわったり
咲と京太郎が幸せな結婚生活をしたりしておわりです