http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1382268880/





優希「えっ」

咲「へっ?」

和「はい?」

まこ「ほぉ……」

久「ぷふっ!」

優希「……えっと、京太郎?」

京太郎「だからなんだよ優希」

優希「今変な事言わなかったか?」

京太郎「変って何が」

優希「いや、だから……私があなたって言ったらその」

京太郎「ああ、ハニーって言ったな」

優希「そ、それだじぇ、それ!な、なんでいきなりそんな事……」

京太郎「なんでって……」グッ

優希(か、顔近っ……!?)

京太郎「考えたんだよ。お前が俺をそこまで旦那扱いするなら俺もちゃんと応えてやらないといけないんじゃないかなってさ……」

優希「あ、あうあう……!」

咲「あわわわ、京ちゃんが壊れた……」

和「極端な気もしますが……ゆーき、よかったですね」

まこ「まさか京太郎がのぉ……」

久「くっ、ふふっ……!」プルプル

京太郎「優希、いやハニー……」

優希「わ、わわわわ……ダ、ダメー!」ドンッ!

京太郎「おわっ!?」ドサッ

優希「あっ、ご、ごめ……うううう……!」

京太郎「優希……」

優希「うわあああああああ!!」ダッ!

和「あっ、ゆーき!どこに行くんですか!?」

優希「今日はもう帰るじぇー!」

バタンッ!

京太郎「……行っちまったか。すいません、お騒がせしました」

まこ「いや、仲がいいんはええ事ではあるんじゃが、あれはちぃと一足飛びすぎやせんか……?」

久「ぷっ、くくっ……!」バンバン!

和「あの、部長はなんで笑いをこらえながらロッカーを叩いてるんですか……?」

咲「きょ、京ちゃんそれにしても大胆だったね……私ビックリしちゃったよ」

京太郎「いやー、つい悪ノリしちまった。まあ、だけどこれであいつも少しはおとなしくなるだろ。
いつもいつも人をからかってくる罰にはまだまだ足りないけどな!」

咲「えっ?」

和「ま、まさか須賀君……」

まこ「今んは全部……」

久「ふうっ、くくっ、ひっ……!」

京太郎「それにしてもさすが部長ですね!相談して正解でしたよ、本当に」

まこ「あんたの仕業かぁ!!」

久「だって、まさか本当に言うとは、ぷっ、思わないじゃない……あははははは!もうダメ、我慢できない……!」

京太郎「えっ、部長、まさか俺を騙したんですか!?」

咲「いや、普通に気付こうよ京ちゃん……」

和「たぶん、逆効果ですよあれ……」

京太郎「……ど、どうしよう」

咲「知らないよ」

和「責任はとってあげてくださいね」

まこ「まあ、諦めんさい」

久「ダメ、笑いすぎて、息できなっ……!」ブルブル

まこ「あんたはいつまで笑っとるんじゃ!」

――翌日

京太郎「どうしよう……」

京太郎(ああ言えば優希がおとなしくなるって言うからその通りにしたのに……)

京太郎「もしあれを優希が本気にしてて嘘だってバレたら……多めにタコス作らされるだけですむのか……?」

京太郎「うああ!マジでどうすりゃいいんだー!」

優希「あっ……」

京太郎(なっ、優希!?いつもならかち合わないのに何で今日に限って!)

優希「お、おはようだじぇ!」

京太郎「お、おう……」

優希「きょ、今日もいい天気だな!」

京太郎「そ、そうだな」

京太郎(曇ってるけどそれ言ったら絶対ろくな事にならないよな……)

優希「い、一緒に学校行くじぇ」モジモジ

京太郎「あ、ああ」

京太郎(確かにいつもよりはおとなしいけどよ……俺が望んでたのはこんな空気じゃないんだって!)

優希「な、なあ京太郎?」

京太郎「な、なんだよ」
優希「昨日は、その……ごめんだじょ」

京太郎「昨日……?」

優希「恥ずかしかったからって突き飛ばしたりして……」

京太郎「あ、あーあー、その事か」

優希「だ、だから……今日はちゃんと家を出る前に覚悟してきたじぇ!」

京太郎「覚悟って……」

優希「んっ」

京太郎「」

京太郎(あのー、優希さん?なんであなたは目を閉じて顔を上向きにしてるんでしょうか?)

優希「……」プルプル

京太郎「えっと、あの優希……」

優希「ま、まだなのか京太郎ぅ……こうしてるのすごい恥ずかしいんだじぇ……」

京太郎(そんな事言われても、さすがに冗談でキスしちゃうのは……)

優希「ううー……昨日はそっちからしようとしたくせに……」

京太郎「そ、それはだな……!」

京太郎(やばい、何がやばいかはよくわからんけどとにかくやばい!このままだと間違いなく流される!)

優希「京太郎ぅ……」ウルウル

京太郎(優希の事は嫌いじゃないけど、それはあくまで友達としてであって
そういう目で見たことはないし、いや、確かに今の優希はけっこう可愛……ってだからそういう事考えたら流されるっつうの!)

優希「こ、このヘタレ……もういい、私からやってやる!」グイッ!

京太郎「えっ、ちょっと待て優……!」


咲「京ちゃん、優希ちゃんおはよー!」

京太郎「おわっ!」

優希「あっ……!」

咲「あれ、もしかしてお邪魔だったかな……?」

京太郎(そんな事ない、そんな事はないぞ咲!グッジョブだ、マジ助かった!)

優希「……」

京太郎「あー、優希。俺が言えた義理じゃないけどこう人の目もあるわけだし、もう少し落ち着こうぜ、な?」

優希「……わかったじぇ」

京太郎「ほっ……」

京太郎(なんとか危機は脱したか)

優希「先、行ってるじぇ」パタパタ

京太郎「おぉ、また後でなー」

咲「京ちゃん……」

京太郎「うっ、そんな目で見るなよ」

咲「女の子の心を弄んだ京ちゃんにそんな情けは無用だよ」

京太郎「俺だってまさかこんな事になるなんて思わなかったんだよ……」

咲「早く全部言えばいいのに。今ならまだ優希ちゃんの傷は浅くてすむんだよ?」

京太郎「それはそうかもしれないけどさ……」

咲「だいたいなんであんな事したの?」

京太郎「……俺はただ優希が変にからかってこなくなればそれでよかったんだよ。まさかあいつがあんな……」

咲「でもあの反応でわかったでしょ。あれは優希ちゃんなりのアピールだったんだって」

京太郎「だから困ってるんだろ……」

咲「言っておくけど私は話は聞いても助けないからね。全部京ちゃんがまいた種なんだから自分でなんとかしなよ」

京太郎「わかってるよ……」

――清澄高校・下駄箱

京太郎「んっ……?」

京太郎(なんだこれ、袋が……)

京太郎「タコス……」

咲「どうしたの京ちゃん」

京太郎「下駄箱にタコスの入った袋があった……」カサッ

咲「あっ、何か落ちたよ」

京太郎「メモか……何々」

〔朝渡せなかったから私が心をこめて作ったタコスはここに入れておく!
お昼休みになったら屋上に集合だからな!絶対に来るんだぞ! 優希より〕

京太郎「……」

咲「愛されてるね」

京太郎「あいつ……」

咲「ちゃんと行ってあげなよ?私は和ちゃんとお昼にするから」

京太郎「……」

――お昼休み・屋上

京太郎「はあ……よし」

ギィィ

優希「こっちだじぇー!」

京太郎「んな大きな声出さなくても聞こえてるっつうの……」

京太郎(でも朝に比べたら落ち着いてるみたいだな)

優希「ふふん、ちゃんと私からのプレゼントは受け取ったみたいだな京太郎!」

京太郎「そりゃさすがに気付くって。ああ、そうだ……ほら」

優希「タコス?」

京太郎「一応俺も作ってきたからさ」

京太郎(まあ、お詫びって意味が大きいんだけど……)

優希「あ、ありがとうな!」

京太郎「お互い様だろ。それより早く食べようぜ」

優希「そうだな!」

京太郎「……」モグモグ

優希「……」チラッ

京太郎「……」モグモグ

京太郎(うーん、やっぱりタコスに関してはまだまだ優希には遠く及ばないな。どうすりゃこんなに美味く作れるんだか……んっ?)

優希「……」ジー

京太郎「どうした優希?」

優希「えっ、あっ!?な、なんでもない!」

京太郎「なんでもないって事はないだろ。そんなに見てきてるんだから何か言いたい事があるんだろ?」

優希「うっ……それじゃあ、ちょっと聞くけど……美味しいか?」

京太郎「はっ?」

優希「だから!私が作ってきたそのタコス、美味しいかって聞いてるんだじょ!」

京太郎「いや、まあ……美味いけど」

優希「ほ、本当か!?」

京太郎「こんな事で嘘ついたってしょうがないだろうが」

優希「そ、そっか……なら、いいんだじぇ」

京太郎「正直俺が作ったのより全然美味いと思うしな。俺もまだまだ修行が足りないって事か」

優希「えっ」

京太郎「んっ?」

優希「それは、言いすぎだと思うじょ。私は京太郎の作ったこのタコスの方が美味しいと思うし……」

京太郎「いや、それはないだろ。優希の作ったタコスの方が美味しいって」

優希「いいや、タコスに関しては私の意見の方が正しい!京太郎の作ったタコスの方が美味しい!」

京太郎「おいおい、謙遜も過ぎたら嫌みだぞ?」

優希「それはこっちのセリフだじぇ!」

京太郎「だったら今俺が食ってるお前が作ったタコス食ってみろよ!それならわかるだろ!」

優希「おぉ、望むところだ!ほら口を開け京太郎!」

京太郎「んぐっ……」

優希「もがっ……」

京太郎「……」モグモグ

優希「……」モグモグ

京太郎「……」モグモグ

優希「……」モグモグ

京太郎(……あれ、なんだこの状況。なんで俺達お互いに持ってたタコス相手に食べさせてるんだ?)

優希(あ、あああああ!はか、図らずも食べさせっこをしてしまったじぇ……!)

京太郎(つうか、これって……)

優希(しかもしかも、かかかん、かん、間接キスまで、しちゃってる……)

京太郎(あっ、優希の奴顔がどんどん赤くなって……)

優希(ど、どうしようどうしようどうしよう!今さら食べるのはやめられないし、
なんだかずっとこうしていたい気もするし……ああ!もう調子狂いすぎておかしくなりそうだじぇ……)

京太郎(おいおい、そんな目するなよ。まるで俺がいじめてるみたいじゃないか……
だけど不思議だな、なんかもう少しでいいからこうしてたい気分だ……)

京太郎「……」モグモグ

優希「……」モグモグ

京太郎「……」

優希「……」

京太郎(結局全部食っちまったよ……どうしようこれ)

優希(うあああ、京太郎の顔、まともに見られないじぇ……)

京太郎「……優希」

優希「じょ!?な、ななななんでしょうか!?」

京太郎「なんだその似合わない敬語は……いや、そのどうだった?」

優希「ど、どうだったって……は、恥ずかしかったじぇ」

京太郎「そうじゃなくて!元々どっちのタコスが美味いか決めるために食べさせあいしてたんだろ……」

優希「……あっ」

優希(わ、忘れてたじぇ……な、なんて言ったらいいんだ……あれ?)

京太郎「やっぱり忘れてたか……まあ、ぶっちゃけ俺もそれどころじゃなかったしな……」

優希(京太郎の口元にソース……)スッ

京太郎「しょうがない、今日のところはひとまず引き分けって事で手を――」

優希「ん……」ペロッ

京太郎「……」

優希「あ」

京太郎「優希、おま……」

優希「あ、あああああ……!」

京太郎「おい優希どこに……」

優希「うわあああああああああ!!」

バァン!パタパタパタパタ……

京太郎「……」

京太郎(また逃げやがった……いや、あいつがしなきゃむしろ逃げてたの俺か?)

京太郎「ああ、くそっ……反則だろ、あれは……」

咲「きょ、京ちゃん、何かあったの!?今優希ちゃんがすごいスピードで走っていったんだけど……」

京太郎「咲……俺、俺……」

咲「京ちゃん?」

京太郎「――このままじゃ、優希に落とされるかもしれない……」

咲「……心配して損したよ」

優希「うあああああああああ!!」

優希(やっちゃった、やっちゃったやっちゃった!京太郎から
何もしてこない限りああいう事はこっちからしてやらないって朝決めたのに!)

和「ゆ、ゆーき!?こら、廊下は走ったら……」

優希「……」キキィィ!!

和「ゆーき……?」

優希「のどちゃーん!」ガバッ

和「ど、どうかしたんですか?」

優希「嬉しいのに、こんな日が来るの夢だったのに!京太郎と両想いになったら違う意味で苦しくなっちゃったじぇ……!」

和「それは、また……」

優希「いつもみたいに振る舞おうって思ってるのに、
どうしても抑えが効かないんだ……ぐすっ、私どうしたらいいの、のどちゃん……」

和「そうですね、どうしたものでしょうか……」ナデナデ

優希「ひっく、ひっく……」

――部室

まこ「は?」

久「だーかーらー、あの2人近々くっつくって言ったのよ」

まこ「あんなぁ……いくら自分が言うた事の責任取りたくないっちゅうてもそれはないじゃろうが」

久「あら、むしろ私の方が不思議だわ」

まこ「何がじゃ」

久「まこはどうしてあの2人が結ばれないって思うのかが」

まこ「そんなん、優希に対するいつもの京太郎の態度を見てれば……」

久「逆よ逆」

まこ「逆ぅ?」

久「須賀君みたいなタイプはね、ガンガン来られるとつい退いちゃって、
弱さを見せた子はとことん甘やかす傾向にあるのよ。前にあの子が妄想してるの聞いた事あるけど、
おとなしすぎて男子としてはどうなのって思ったくらいだもの」

まこ「……そんで?」

久「一方の優希は自分のペースを崩されるとすごく弱いのに意地っ張りなものだから
それを見せようとしない。まるで東場みたいに自分のペースが続くとやりすぎなくらいガンガンいけるのに、
一度崩れるとまず同じように出来なくなるしね」

まこ「ふむ……」

久「須賀君はガンガン来る優希しか知らないし、優希は弱さを見せたくないから
それでしか須賀君へアピールが出来ない……このやり方じゃ高校卒業まで頑張っても付き合えるかどうか……
だからまずそこを壊させてもらったわ」

まこ「なるほどのう……」

久「でもまさかここまでスムーズに進むとは思わなかったわ。もしかしたら須賀君も案外憎からず思ってたのかも」

まこ「なぁ、なんでそこまでしたんじゃ?」

久「へっ?」

まこ「確かにあいつらは大事な後輩じゃが……あんたがそこまでする必要が本当にあったんか?」

久「……ねぇ、まこ」

まこ「んっ?」

久「不思議に思わなかった?なんでインターミドルチャンプの和がこんな麻雀部のないところに来たのか」

まこ「そういえばそうじゃな……」

久「優希が行くから」

まこ「は?」

久「親友である優希が清澄に行くから、一緒に来たんですって。
つまり和をこの麻雀部に導いたのは優希だと言っても過言じゃないわ」

まこ「……まさか、あんたぁ」

久「そして咲を麻雀部に連れてきたのは須賀君……これは、私なりの恩返しなの。
最後の最後、私に最高の夢を見せてくれたあの子達へのね」

まこ「そう、か……部長」

久「なにかしら?」

まこ「あんたは本当に……食えん女じゃ」

久「ふふっ、今さらじゃない?そんなのまこはよく知ってるでしょう」

――放課後

京太郎「はあ……」

京太郎(調子狂いっぱなしだなあ……いつもみたいに騒がしくしてるなら俺もいつもみたいに返せるのに)

咲「京ちゃん?部活行かないの?」

京太郎「んっ、ああ……今行く」

京太郎(おとなしいあいつってあんなに小さくて、ちょっと乱暴にしたら壊れちまいそうで……それに……)

咲「あっ、京ちゃん前!」

京太郎「えっ……うわっ!?」

優希「きゃうっ!?」

京太郎「あっ、優希……」

優希「京太郎……」

和「ゆーき、大丈夫ですか!?」

優希「あっ、うん、だ、大丈夫だじぇ……あいたっ!?」

咲「優希ちゃん、大丈夫!?」

優希「あはは、ちょっと痛いかも……」

京太郎「わ、悪い!ほら、保健室行こうぜ!」

優希「えっ……」

京太郎「なにしてんだ、早く背中に乗れって!」

優希「う、うん……」

京太郎「ちゃんと掴まったか?よし、行くぞ!」

優希「きゃっ……!」

京太郎「あっ、痛かったか?」

優希「ちょ、ちょっとビックリしただけだじぇ……」

京太郎「無理はしなくていいからな?痛かったらすぐに言えよ」スタスタ

優希「わ、わかったじぇ……」


咲「……置いてかれちゃったね」

和「ですね……部長達には、2人は早退だと言っておきましょうか」

咲「そうだね」

京太郎「……」

優希「……」

京太郎(うーん、まさか部室から追い返されるとは思わなかった……みんな揃ってニヤニヤしてるし……)

優希(京太郎の背中大きいな……なんか安心するじぇ……)スリスリ

京太郎「……」

京太郎(ところでなんで優希は人の背中に頬擦りしてんだろう……正直くすぐったいんだが)

優希「京太郎……」スリスリ

京太郎(……でも嫌ではないんだよなあ。はあ、本当に俺数日どころか今日中に落ちちまいそうだ……)

優希(京太郎、なんか考え込んでるけど今何考えてるんだ?私の事だったりしたら嬉しいんだけど……まさかな)

京太郎「着いたぜ優希、降りられるか?」

優希「よっと……ちょっと腕貸してほしいじぇ」

京太郎「これでいいか?」

優希「問題ない、じぇ……っとと」

京太郎「あんまり無茶はするなよ?今日はおとなしく安静にしておけ」

優希「わかってるじぇ」

京太郎「じゃあ俺帰るわ。また明日……ああ、朝迎えに来るから準備はちゃんとしとけよ」

優希「行きもおんぶで行くのか?」

京太郎「そのつもりだけど……問題あるか?」

優希「んーん、ちょっとした確認だじぇ」

京太郎「そうか、じゃあ今度こそまた明日な」

優希「おー、気をつけてなー」

京太郎「はいはい……」

優希「……あっ!やっぱり待て京太郎!」

京太郎「ん?」

優希「忘れ物だじぇ」

京太郎「忘れ物?何か忘れたっけか?」

優希「とっても大切なものをな」

京太郎「なんだ?荷物はちゃんと――」

.





優希「――好きだじぇ、京太郎!」





.

京太郎「……」

優希「あははは、そういえばこれ言ってなかったし言われてなかったなと思ってな……
京太郎はヘタレだから私からこうして言ってやったじぇ!」

京太郎(ああ……)

優希「ほ、本当ならこういうのは京太郎から言わないといけないんだじぇ!」

京太郎(俺、間違ってたわ)

優希「い、いつまで黙ってるんだ……こういう時はそっちも返すのが筋ってものだと思うじょ!」

京太郎(俺は……)

優希「……きょ、京太郎?なんで無視するんだ?もしかして私の事、好きじゃなかったのか?昨日のも全部冗談とか――」

京太郎「優希」グイッ

優希「んっ……!?」

京太郎(――俺はとっくに落ちてたみたいだ。この普段は騒がしいくせに、
同時にどうしようもないくらい弱々しくて可愛いタコス娘に)

――翌日・部室

咲「……」

和「……」

まこ「……」

久「……」

優希「ねぇねぇ、あなたー」

京太郎「なんだよ優希」

優希「むっ、一昨日みたいにハニーって返してくれないのか?」

京太郎「勘弁してくれ。やっぱりあんなの俺らしくなさすぎる」

優希「私はあんな京太郎も嫌いじゃなかったけどなー……本心からだったらもっとよかったけど」

京太郎「だからそれは悪かったって!今はその、本気なんだからいいだろ別に」

優希「んー……まあ、許してやろう!今こうして甘やかしてくれるしな!」

京太郎「それはそれは、ありがとうございます……」

優希「うむ、苦しゅうない!」

久「……ねぇ」

まこ「なんじゃ」

久「あの騒ぎがあったのいつだったかしら」

和「一昨日です」

久「そうよね、そのはずよね」

咲「はい……」

久「1日で様変わりし過ぎだと思うのは私の気のせいかしら?」

まこ「……それはおそらくあのバカップル以外みんな思っとる事じゃろうな」

咲「京ちゃん、すごくデレデレしてますね」

和「ゆーきもです……」

優希「あっ、そうだ京太郎」

京太郎「どうした?」

優希「昨日どっちのタコスが美味しいか決めようとしたよな?」

京太郎「そういえばそうだったな」

優希「私、あれの答えがわかったんだじぇ!」

京太郎「へぇ、そりゃ気になるな。どんな答えだったんだ?」

優希「それはな……私にとって一番美味しいのは京太郎のタコスで、
京太郎にとって一番美味しいのは私のタコスだったんだじぇ!」

京太郎「ほう、その心は?」

優希「大好きな人の手料理が一番だって事だじぇ!」

京太郎「なるほど、そういう事だったのか!さすが優希!」ナデナデ、ワシャワシャ

優希「うー、くすぐったいじぇー」

京太郎「んな事言っても嬉しいくせに」

優希「バレたか」

京太郎「バレバレだ」

優希「あははは!」

京太郎「はははは!」

まこ「……なあ」

久「……」

咲「……」

和「……」

まこ「いつになったら、部活始められるんじゃろうなあ……」

久「……なんか、ごめんなさい」

咲「私もすいません……」

和「……はあ」

優希「京太郎!」

京太郎「なんだー?」

優希「だーい好きだじぇ!」

京太郎「……俺も大好きだ優希」

優希「えへへ、これからもよろしくな!あ・な・た♪」


――カン!