http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1373375600/





京太郎「俺も充電されたい」

咲「ね、ねぇ京ちゃん…」

京太郎「ん、なんだ?」

咲「その、ね?よかったら私が…その、座ってもいい…よ」カァァ

京太郎「お、おう……おう?」

咲「だから、その…充電……」モジモジ

京太郎「充電…あ、充電な」

咲「うん……」

京太郎(咲かぁ……咲なぁ……まぁ咲でもいいか)

京太郎「あ、じゃあどうぞ」ポンポン

咲「うん……」オズオズ




まこ「で、わしらはどうしてればいいんじゃ?」

久「まぁここは見に徹しましょうか」

和(帰っていいでしょうか)

タコス「タコスうまー」バクバク

ポスッ

京太郎「ん……」

咲「その、重くない?」

京太郎「ん?そんな軟じゃねぇよ」ナデナデ

咲「はぅ……///」

京太郎(なんか、こうしてると咲も結構可愛いな)

咲「ねぇ京ちゃん、腕回して」

京太郎「こうか?」ギュッ

咲「えへへ///」

京太郎「ん、もっと体重預けても大丈夫だぞ」

咲「うん♪」



グサッ

咲「え?」

京太郎「い…っつ……」

咲「え京ちゃん?え、大丈夫?」

京太郎「わからん、なんかエッジの効いた硬いものが鼻に刺さって…」

咲「京ちゃん!?鼻から血が…!!」

京太郎「え?」ボタボタ

久「ちょっと須賀君、大丈夫!?」

京太郎「え、はぁまぁなんか驚きのが勝ってて痛みは別に…」

咲「そんなことより止血!止血しないと!」ワタワタ

和「咲さん落ち着いてください!」

まこ「しかしなんでまたいきなりケガなんぞ」

タコス「じょ!?みみみみみんな、さ…咲ちゃんの前髪が」

みんな「え?」

和「そんな…」

まこ「咲の前髪が…」

久「血で濡れてる!?」

咲「ええええええええええ!?」




なんやかんやで2針縫いました



翌日

京太郎「あぁ~昨日は酷い目にあった」

京太郎(後になって痛み出したし)

咲「きょ、京ちゃん……」

京太郎「おお、咲。おはよ」

京太郎(ん?)

咲「うん。おはよう……」

京太郎「なんだ元気ねぇな。まだ昨日の事気にしてるのか?」

咲「だって……」

京太郎「言ったろ俺は気にしてないから。お前も気にすんなって」

咲「うん…」

咲「うん…」

京太郎「それより、さ。それ……」

咲「えと、あの…これ?」

京太郎「ああ、そのヘアピン」

咲「うん、また昨日みたいに誰かにケガさせちゃったらヤダし。変、かな?」

京太郎「いや、その…いいと思うぞ。うん」

咲「ホント!?」

京太郎「ああうん。可愛いと思うぞ」

京太郎(ああクソ。なんか昨日から咲が可愛く見えて仕方ない!)

咲「そっか…えへへ、そっか~///」テレテレ

京太郎「その、さ」

咲「うん?」

京太郎「またよかったらしてやるよその、充電」

咲「ええ!?ほ、ホント?」

京太郎「ああ。けど昨日みたいなのは勘弁だからその時はヘアピンしろよ」

咲「うん!えへへ、ねぇ京ちゃん」

京太郎「んあ?なんだ」

咲「大好き!」


カンッ!





優希「うー……」

京太郎「ん?どうした優希、今にも死にそうな顔して」

優希「タコスが食堂にもコンビニにもなかったんだじょ……いつものタコス屋は休みだし」

京太郎「そりゃまた運が悪いこって……」

優希「あああ、タコスタコスタコスー!この際タコのつくものならなんでもいいから補給しないと死んじゃうじぇー!」

京太郎「落ち着けって……」

優希「うるさい!京太郎に私のこの身が引き裂かれそうな切なさは……あれ?」

京太郎「なんだよ、人の顔じっと見て……」

優希「京太郎……」

京太郎「だからなんだよ」

優希「京太郎京太郎京太郎……」

京太郎「あのー、優希さん?」

優希「……こ、この際、背に腹は変えられないからしょうがないじぇ。いや、よく思いついた自分とほめてあげたい気分ではあるけどそれは決して京太郎に色々出来るのがうれしいわけじゃなくて……」ブツブツ

京太郎「なんか人の顔見てたと思ったらブツブツ言いだした……」

優希「京太郎!」

京太郎「お、おう!」

優希「ちょっとそこの椅子に座れ」

京太郎「は?なんでだ?」

優希「いいから座れ!」

京太郎「なんなんだよ、ったく……」ギシッ

優希「……」

京太郎「これでいいのか……っておい」

優希「ふむ、なかなかいい座り心地だじょ」

京太郎「お前、なんで人の膝の上に座ってんだよ」

優希「充電だじぇ」

京太郎「充電?最近流行ってるアレか?」

優希「そう、その充電だ!私はこれから京太郎からパワーを充電してもらうんだじぇ!」

京太郎「唐突すぎるわ!さっきまでタコスタコス言ってたのに、どういう流れになれば俺の膝の上に座る事になるんだよ!」

優希「ふっ、まだわからんのか小僧……しょうがない、説明してやろう!」

京太郎「なんでそんな上から目線なんだよ……」

優希「いいか、私はタコのつくもの全てが力になる」

京太郎「それは知ってる」

優希「そして京太郎、お前の名前を英語にするとどうなる?」

京太郎「俺の名前?KYOTAROUだけど……」

優希「つまりそういうことだじょ」

京太郎「いや、意味が分からん」

優希「だーかーらー!さっきのKYOTAROUからいくつか文字を抜いて並び替えると……」

京太郎「……まさか」

優希「そう、そこにはTAKO……タコが隠されているのだ!つまり京太郎、お前もまた私にタコパワーを補給出来る存在だったんだじぇ!」

京太郎「な、なんだってー!?」

優希「というわけでしばらくこうして充電させてもらうじぇ」

京太郎「なんか無理やりじゃねえか……?」

優希「気分の問題だから何にも無理やりではないじょ」

京太郎「まあそれでお前が満足するならいいけどさ……」

優希「えへへ、大満足だじぇ……」

京太郎「何がそんなにいいんだか……」

――数分後……

優希「んっ……」モゾモゾ

京太郎「……」

優希「なんだかすごく落ちつくじぇ……」モゾモゾ

京太郎「おい優希」

優希「なんだー……?」

京太郎「ちょっと、もぞもぞ動くのやめてくんないか……?」

優希「なんでー……?」

京太郎「いや、それは……」

京太郎(お前がもぞもぞ動く度に色々刺激がだな……って言えるかそんな事!)

優希「変な奴だな……別にちょっと動くくらい問題ないだろー」モゾモゾ

京太郎「っ……」

京太郎(ヤバい、ヤバいヤバいヤバいヤバい……このままだといくら相手がタコス娘の優希でもとんでもない事に……!)

優希「……あれ?京太郎、ポケットに何か入れてないか?」

京太郎(はい、既にアウトでしたー……ってどうすんだよこれぇ!?)

優希「なんかお尻に当たって変な気分だじぇ……」モゾモゾ

京太郎(だから動くのをやめろ!くっ、こうなったら……)

京太郎「……」ギュッ

優希「……ふぇ?」

京太郎(よ、よしこれで動きは止まるだろ……)

優希「う、あ、え、きょ、京太郎……!?」

京太郎(な、なんだ?優希の体温が急に高くなったような気が……)チラッ

優希「あ、う、や、やぁ……」

京太郎「……」

京太郎(なんでこいつ、こんなに顔真っ赤なんだ……やべ、なんかいつもと違って
しおらしいから可愛く見え……って俺は何考えてんだ!?相手はあの優希だぞ!)

優希「ダ、ダメ京太郎……私こんな事されたら……」

京太郎(こんな、タコス娘に……)

優希「色んなものが、溢れちゃう……」ウルウル

京太郎「……」プツン

優希「きょ、京太郎ぅ……」

京太郎(うん、無理。これは反則だわ、もうゴールするよ俺)

京太郎「優希……いいか?」

優希「うえっ!?あ、えっと……す、好きにしたらいいじぇ……」

京太郎「よし、じゃあ好きにさせてもらうわ」

優希「ううっ……」

久「はいそこまでー」

京太郎「ほわあっ!?」

優希「ひゃわあ!?」

久「いやー、あまりに二人の世界にいるからどうしようかと思ったわよ……
そういう事は周りに人がいないときにやってくれる二人共」

咲「きょ、京ちゃん……」

和「見ていて、すごく恥ずかしかったです……」

まこ「いい雰囲気をじゃまして悪いが、さすがにこれ以上は見逃せんわ」

京太郎「」

優希「」

京太郎(それから後は文字通り大変だった……)

京太郎(優希は泣き出すわ、俺は副会長と同類の烙印を押されるわ……あの日の事はなるべく思い出したくない)

京太郎(ちなみにその日優希は麻雀でトップを取りまくっていたので充電の成果はあったんだと思う……)

優希「きょ、京太郎……」クイッ

京太郎(だけどあれから充電には問題が二つある事がわかった……)

優希「きょ、今日もその……充電、してほしいじぇ」

京太郎(一つは優希が充電にハマってしまった事……
俺はあれからほぼ毎日充電を求められている。そして二つ目の問題は……)

京太郎「……」ギシッ

優希「!」

京太郎「……ほら、こいよ優希」

京太郎(俺もまた、優希を充電させる事にハマっちまったって事だ……)

カン!




阿知賀麻雀部

京太郎「Zzzz…」

バーン

玄「こんにちわー!……って、誰もいないのですか?」

トコトコ

玄「おや?」

京太郎「Zzzz…」

玄「もー京太郎君、こんなところで居眠りなんて風邪、引く…よ……」

玄「むむ」ジー

キョロキョロ

玄(これは、ももももしやチャンスなのでは!?)

玄(今は私と京太郎君以外誰もいない。当たり前だけど)

玄(当の京太郎君はぐっすりお寝むなのです)

玄(今なら誰にも、京太郎君にもバレずにキキキキキ、キス、とか……///)

玄(そうです!大体あんなにアピールしてるのにぜんぜん気付いてくれない京太郎君が悪いのです。
だからこれは当然の権利なのです)

スッ

京太郎「Zzzz…」

玄(///)

玄(こうして見るとやっぱり端正な顔立ち。あ、意外とまつ毛長い)

京太郎「……」

玄「……」

玄「きょ、今日のところ勘弁してあげるのです!京だけに」ズビシッ

玄「……っ///」カァァ

玄「しかしこのままと言うのはなかなか癪ですのだ。なにかないかな、なにか……」

玄(そういえば以前インターネットで充電なるものを見たことが)

玄「うーむ…」

イソイソ、チョコン

京太郎「ん…」

玄「!?」ビクンッ

京太郎「Zzzz…」

玄「お、起きてないよね?」

玄(ほっ……しかしこれは、なかなかの座り心地。流行るのも頷けますね)

京太郎「んんっ……」ギュゥッ

玄「はわわわわわっ!?」

玄(だだだ抱きしめられてしまったのです!?)

玄(あ、でもなんだろう。すごく落ち着く)ウトウト

玄(そういえば人の体温や鼓動のリズムは気持ちを落ち着ける効果があるとか以前テレビで…)ウツラウツラ

玄「いつか絶対振り向かせて見せるのです。だから今は、このままで……」スゥ…

京玄「Zzzz…」

ガチャ

宥「こんにちわ」

宥「まだ誰も来てないのかな?」キョロキョロ

トテトテ

宥「あれれ」

京玄「Zzzz…」

宥「2人とももっとあったかくしないと風邪引いちゃうよ?」

宥「う~ん……!」

宥「そうだ」ゴソゴソ

バーンッ!!

穏乃「こんにちわ!」

憧「ちょっとシズもうちょっと静かに開けなさいよ」

穏乃「シズだけに?」プププ

憧「うっさい」ポコッ

宥「あ、憧ちゃんに穏乃ちゃんこんにちわ~」

憧「やっほー宥姉、って宥姉だけ?」

宥「ん~ん、玄ちゃんと京太郎君もいるよ~」

穏乃「え?どこに……ってほうほうこれはこれは」ニヨニヨ

憧「はぁまったくこの2人は、部室でなにやってんのよ」

宥「ふふふ、あったか~い」

憧「あったかい通り越して暑苦しいってのまったく」パタパタ

穏乃「けど2人とも幸せそうだよ」

憧「で?宥姉はケータイ構えてなにしてたの?」

宥「え?ん~、ふふふナーイショ♪」

ガチャ

灼「こんにちわ」

3人「こんにちわ~」

京玄「Zzzz…」ギュゥゥ

灼「なにしてるの?」

穏乃「なに、ん、なんだろ?人間観察?」

憧「まどろっこしい2人の寝顔観察」

宥「あったか~い」

灼「……」ポリポリ

灼「なにやってんだか」

カンッ!






京太郎「全国で充電ってのが流行ってるらしい」

咲「どんなの?」

京太郎「誰かの膝の上に座ると充電される・・・らしい」

咲「充電されるとどうなるの?雷が呼べるとかコインを飛ばせるとか?」

京太郎「さあ」

咲「じゃあ試してみる?」

京太郎「ん」

京太郎「まあ、誰かが来るまでな」

咲「よいしょ」

咲「・・・・・・お、重くない?」

京太郎「いや全然。お前ちゃんとメシ喰ってるか?」

咲「食べてますー」(よかったぁ)

京太郎「・・・・・・」

咲「・・・・・・」

京太郎「どうだ、なんか充電されてる感覚あるか?」

咲「んー・・・」

咲「・・・特に何も。ただなんか安心するかも」

京太郎「そっか」

咲「あ、接触面が増えたら急速充電とか出来るかも。京ちゃん後ろから」

京太郎「ほいよ」ギュ

咲「ん。あったかい」

京太郎「これは充電じゃなくて暖房じゃないのか」

咲「地熱発電だよ」

京太郎「きつくないか?」

咲「大丈夫。むしろ強くぎゅうってされるとすごく落ち着くから」

京太郎「咲の髪、なんかいい匂いする」クンクン

咲「ぁっ、京ちゃんくすぐったいよ」

京太郎「咲っておしりとかふとももとかは結構肉付いてて柔らかいな」

咲「『は』って何!?『は』って!」

京太郎「・・・・・・」フンフンスンスン

咲「むー。無視するあっ、あはは、やめて、きゃ、やめてうなじくすぐったいよ」

咲「あっ!・・・・・・ぁ」

京太郎「どした?」

咲「ん・・・なんか、来たかも」

京太郎「おお充電か」

咲「うん。なんか知らないけどおなかの下のところが・・・」

京太郎「ビリビリする?」

咲「わかんない・・・でも熱くてなんか変な感じ」ハァハァ

京太郎「おい咲、なんか顔紅いぞ」

咲「充電・・・しすぎたのかな」

京太郎「なんてこった。一体どうすればいいんだ」

咲「どうしよう。私ボーイング787みたいに過充電で死んじゃうのかな」ハァハァ

京太郎「落ち着け咲、あれは韓国LGの防止装置の欠陥のせいだ。取り敢えず冷ますしか無い」

咲「ふーふーしてくれる?」

京太郎「いや全体的に冷まそう。上着を脱ぐんだ」

咲「うん」ヌギヌギ

京太郎「よしよし」

京太郎「ちなみに、おかしいところはこの辺か?」サワサワ

咲「あっ・・・もう少し、下」

京太郎「このへんか」ナデナデ

咲「んっ・・・うん・・・そこぉ・・・」モジモジ

京太郎「しかし久しぶりに見たけど咲の肌って綺麗だよなあ」

咲「そ、そう?えへへ」

京太郎「少しは冷まってきたか?」

咲「なんか・・・京ちゃんに撫でられて余計アツく・・・なってきたかも」

京太郎「なんだって」

京太郎「まずいな・・・風を当てて冷やすか。優希、すまんが窓を開けてくれ」

優希「・・・・・・」スタスタスタ

ガラッ

京太郎「サンキュ。どうだ咲、楽になったか?」ナデナデ

咲「ダメ・・・なんかキュンキュンして切ないよぉ・・・もっとぎゅってしてぇ・・・」

京太郎「あ、ああ。」ギュ~~

咲「んぅ・・・京ちゃぁん」スリスリ

京太郎「・・・」ゴクッ

京太郎「やばい、俺までなんか咲のが伝染ったかも」

咲「えっ」

京太郎「なんか、咲を感じてると体が熱くなって、喉がカラカラに・・・あ、和、そこのペットボトル取ってくれ」

和「・・・・・・」ポイッ

京太郎「サンキュ。・・・しまった、咲をギュってしてるせいで両腕がふさがってて飲めねぇ」

咲「あ、いいよわたしが飲ませてあげる・・・はい」キュキュポン

京太郎「おお。・・・ごく・・・ごく・・・ぷはぁ」

咲「もう、ちょっと零れてるよ・・・」ペロ ペロ

京太郎「ああ、スマン」

咲「ねぇ、京ちゃん。わたしも少し貰っていい?」

京太郎「あ、ああ。いいけど・・・」(それって・・・)

咲「やったー」(京ちゃんと・・・)

咲&京太郎(間接キス///)

京太郎「咲のふともも おしり マジ柔らけぇ」

咲「セクハラだよっ」

京太郎「いやらしい意味は全然ないぞ。単に褒めてるだけだ」モミモミ

咲「んっ・・・あっ・・・京ちゃっ、ん、あのね・・・」

京太郎「ん?」クンクンスハスハ

咲「充電の、仕方、分かったかも・・・ひぅっ」

京太郎「ほう。一体どうやって充電」ナデナデナデモミモミ

咲「その、ね?京ちゃんの電極が・・・充電したがってて・・・さっきから当たってるの・・・」

京太郎「そういうことか!俺が電源で咲がコンセントだったのか」ハッ

咲「んっ・・・充電・・・する?」モジモジ

京太郎「しかしコンセントカバーが・・・」

咲「京ちゃんになら、カバー外されてもいいよ・・・」

京太郎「俺のプラグが咲のコンセントに会うかな?」

咲「大丈夫だよ、最近のコンセントは変換プラグで簡単に形状を合わせられるんだから」

咲「・・・京ちゃんの規格に合わせて///」ドキドキ

京太郎「さ、」

まこ「おいおどれらいい加減にせいよ・・・」ピクピク

久「・・・・・・」ビキビキ

京太郎「なっ!染谷先輩に部長に優希に和まで!いつの間に!」

咲「えっ!?キャー!」バサバサ

咲「あの、ち、違うんです」

京太郎「そう!これはあくまで充電であってコンセントにプラグが・・・」

久「そういうのは部室じゃなくて、自室かホテルかカラオケボックスかネカフェか山奥でやってもらえないかしら」

優希「もしくは爆発しろだじぇ」

和「というか半荘2回も終わったのに、ずっと気付いてなかったんですか」

まこ「麻雀せんなら帰れや」

咲&京太郎「すいませんでしたー」ピュー

バタン

まこ「チッ 塩撒いとけ!塩!」

優希「うりゃー」パッパッ

和「優希、それは砂糖です」

久「いいでしょ、当分砂糖はいらないわ」

カン






淡「キョータロー! キョータロー!」

京太郎「なんざんしょ」

淡「充電するわよ充電!!」

京太郎「……充電?」

淡「ほら! 宮守女子のちみっこい子がやってるアレ!」

京太郎「ナチュラルに失礼なやつだなお前は」

京太郎「にしても……あれかぁ」

淡「いいでしょ! ただ膝に座るだけなんだから! ねっ?」

京太郎「んまぁ、座るだけなら」

淡「よしきた! じゃあそこ座って! 早く!」グイッ

京太郎「うおおぉ」

淡「~♪」ピトーッ

京太郎「おい」

淡「~♪ ~♪」ピトーッ

京太郎「おいコラ淡」

淡「んー? なーにー?」

京太郎「俺の思ってる充電はただ膝に座るだけのイメージだったんだが」

淡「? 何いってんの? 座ってんじゃん」

京太郎「いや、違くてコレ、どう見たって対面座位……」

淡「うるっさいなぁキョータローはぁ。 アンタは黙ってこうしてればいいの!」

京太郎「す、すんません」

淡「よろしい。 ……あ、それと腕をもうちょっと回してくんない?」

京太郎「こうか」ギュッ

淡「そーそー。 ……ん~♪ 落ち着くー……」ギュー

京太郎「………」

京太郎「……淡」

淡「ん~? なによぅ」ギューッ

京太郎「もうそろそろ……いいか?」

淡「えー。 あともうちょっとー」ギュウッ

京太郎「いや、頼むから……ちょっと……」

淡「いーやっ」ギュッ

京太郎「……流石にそろそろやめようぜ……なぁ」

淡「あっコラッ! 腕がちょっと離れてるわよ! ちゃんとギュッとする!」グイッ

京太郎「わかった、後でいくらでもやってやるからとりあえず今は離れようホントにマズイからマジで」

淡「なによさっきから……」クルッ



照「……」

菫「……」

亦野「……」

尭深「……」

淡「あれま」

京太郎「あーあ……」


尭深「淡……須賀くん、嫌がってる」

淡「なーに言ってるんですか渋谷先輩。 キョータローが私とハグできて嫌がるわけないじゃないですかー」

亦野「昼間っから見せつけやがって……」プルプル

淡「あれぇ~? 亦野先輩、もしかして羨ましかったりしてますぅ~?」

亦野「こっ……こっの……!」


菫「須賀。お前がこの部に入る前、アレほど不純異性交遊は厳罰だと言ったよな?」

京太郎「弘世先輩、これは違うんです。何かの間違いなんです。こんなことするつもり無かったんです。ホントに」

照「……」

京太郎「て、照さん……。 こ、これはその、淡の奴がちょっと」

照「…………」ズイッ

京太郎「ひぃっ」

―それから数日して


菫「おい須賀。私の番だというのに、40秒も遅れてるぞ」

京太郎「す、すいません。 亦野先輩がどうしてもっていうから……」

菫「全く……まぁいいだろう。 それよりほら、座れ」

京太郎「あ、はい」スッ

菫「すぅぅぅぅぅぅ、はぁぁぁぁぁぁ……」

菫「……よしっ。 で、では……いくぞっ」

京太郎「はい」


ギュッ


菫「んっ……♪」

京太郎「……」


―交代制で皆と充電するようになりましたとさ。

―おしまい。





穏乃「ね、ね、ね。京太郎、私にも充電――」

京太郎「駄目です」

穏乃「なんで!?」

京太郎「よし。順序立てて説明しよう。俺が座るだろ?」

穏乃「うん、京太郎が座る」

京太郎「お前が俺の膝の上に座るだろ?」

穏乃「うんうん、座る座る」

京太郎「お前はパンツはいてないだろ?」

穏乃「……?」

京太郎「え、何で『パンツってなにー?』みたいな顔してんのアナタ
バカでしょう!」

穏乃「いや、ちゃんと履いてるよ?」

京太郎「うっそぉ!?」

穏乃「ただ心が汚れた人には見えないだけで」

京太郎「やだ、アタイ心汚れてる……」

穏乃「大丈夫。そんな汚れちまった京太郎が好きだから」

京太郎「穏乃……お前いい奴だなぁ……いや違う! 見えてない
以上、履いてないと見なさざるを得ない!」

穏乃「ふぅん。でもいいの?」

京太郎「いいって、何が」

穏乃「(ひそひそ)やわらかいよ?」

京太郎「……」

京太郎「…………」

京太郎「………………ど、どうぞ」

穏乃「えへへー、京太郎のどすけべー」

カン





胡桃「硬い。痛い。駄目駄目だね」

京太郎「……勝手に座っといてなんつー言い草ですか」

白望「きょーたろーで充電したら良いじゃん。ダルいし」

胡桃「わっかんないかな~。あのね?須賀くんのは変に筋肉があった硬いの」

胡桃「だからシロみたいに『包まれてるなー』って感じがしないわけ」ペラペラ

白望「ふーん」チラッ

京太郎「伊達に小瀬川先輩を運搬してませんからね」

胡桃「でね、緊張してるのかわかんないけど力が入り過ぎてて座り心地が最悪なの」ペラペラ

白望「へー」ヨジヨジ

京太郎「ふぁっ!?ちょっ!まっ!」

胡桃「たまには食わず嫌いしないでシロ以外で充電してみたけどこのザマだよ」


胡桃「まあ充電の先駆者から言わせて貰うと、もっとリラックスしてくれたら及第点かな」フンス


白望「お…おお……ダルくない」チョコン

京太郎「小瀬川さん。早く降りて。肉挟まって痛い痛い痛い」ペシペシ

白望「やだ。我慢して」コロコロ

京太郎「あんまり暴れな……はぁ。もういいや」

白望「私のダルシウム(仮)がそっちに行ったみたい」

京太郎「なんだそれ………どうでも良いけど」


胡桃「人の話を聞けーっ!!」

白望「聞いてるから続けて」

京太郎「……だるぅ」

カンッ!







春「………」ポリポリ

京太郎「………」

春「………」ポリポリ

京太郎「なあ……滝見さん」

春「滝見じゃなくて春」

京太郎「あ、はい。で春さんや。いい加減周りの目が厳しいッス」



初美「……」ジーッ

霞「………」パリッ モシャモシャ

巴「……」ズズッ

小蒔「か、霞ちゃん?まだ目を瞑ってないといけませんか?」オロオロ


春「ふーん」ポリポリ

京太郎「流すなよおい」

春「京太郎も試してみれば分かる」ポリポリ

京太郎「何をだよ!適当言ってんじゃねえ!!」

春「座椅子のくせにうるさい」

京太郎「今なんつった春!座椅子だぁ?!」

春「居間でテレビ見ながら、おやつ食べながら座ってるものの名前はだいたい座椅子って相場は決まってる」ポリポリ

京太郎「お前が勝手に座って来たんだろーがっ」

春「細かいことは気にしない。モテないよ?」

京太郎「随分と都合の良い言葉だなそれ……」

春「………さて、もう一袋」ビリリッ

京太郎「さぁんふくろめぇっ!!?」




小蒔「まだだめですか?」キョトン

カンッ!






怜「京太郎の膝枕は気持ちええなぁ」

京太郎「男の膝枕なんてそんないいもんスかね?」

怜「ええよぉ、ちょっと固めやけどこれはこれで落ち着くわ」

京太郎「まぁ気に入っていただければ幸いです」

怜「ぐへへ、兄ちゃん良い膝の皿してますなぁ」ナデナデ

京太郎「一生涯で膝の皿褒められたのは後にも先にも1回きりですよ」

怜「ん……」モゾモゾ

京太郎「どうかしました?」

怜「ん、ちょっと……ふぅ」ポスッ

怜「膝枕もええけど、この充電てのもええね」

京太郎「ああなんか今流行ってるらしいですね充電」

怜「あああ~京太郎の生命力が五臓六腑に染み込んで来るわ~」

京太郎「ちょ、怖いこと言わないでくださいよ」

怜「あはは。けど、元気になれそうてのはホントやで?」

京太郎「まったく」ナデナデ

怜「それ良いなぁ。落ち着くわ」

京太郎「ホントはきちんと病院で診てもらってほしいんですけどね」

怜「病院はやーや」

京太郎「またそんな子供みたいな」

怜「科学万能も善し悪しや。ウチは病院の最新機器で身体検査されて注射打ったり
薬飲まされるんより京太郎の膝の上にいる方がよくなる気ぃするわ」

怜「まぁプラシーボ効果って奴やな」

京太郎「そんなもんですか」

怜「そんなもんや」

京太郎「ちなみにプラシーボ効果でも薬を飲むケースはありますよ」

怜「うっさい、そんな指摘はいらん」

京太郎「はいはい」ナデナデ

怜「ん~気持ちええね。対局の時もこうしてもらおかな」

京太郎「謹んでお断りします」

怜「ケチ」

京太郎「清水谷先輩に睨まれるの俺なんですからね!」

怜「そんなん気にせんでええやん」

京太郎「嫌ですよ!先輩に怜さんを甘やかすなって釘刺されてんですから」

怜「いやいやこれは違うんよ、別に甘えとるんやなくてこの状態やと負担無く三巡先も見れる気がするんよ?」

京太郎「それは嘘ですね」

怜「嘘やないですぅ。大体狙って嶺上やら海底やらを狙って和了れる人間や右手に竜巻付けとる人間とかいるんよ?」

怜「なんでもありやろこの世界観なら。水道ひねればカルピス出て来てもおかしないで」

京太郎「いやでもですね、なんてーかその……恥ずかしいじゃないですか」

怜「…………ヘタレ」ボソッ

京太郎「ぐふっ!」

怜「しゃーない。なら2人きりの時だけで勘弁したるわ」

怜「それなら、いいやろ?」

京太郎「……」クスッ

京太郎「ええ、いくらでも」



カン!







桃子「………」スススッ チョコン

京太郎(あれ…なんか暖かいような重い……いや、そんなに重くないか。とにかくそんな感じが)

桃子「………」モゾモゾ

京太郎(んんっ?なんか柔らかいものが……いやいや気のせい………なのか?)

桃子「………」ゴソゴソ

京太郎(………つーかこの気配からして)



桃子「………良いっスねこれ」

京太郎「―っ!?東横やっぱお前かよ!」

桃子「あー、ひょっとして見失ってたんスか?薄情な男っスね~」

京太郎「それはその、悪い。ボーッとしてた」

桃子「じゃあお仕置きとしてこのままでいるっスよ?」

京太郎「構わないけど……加治木さんに見られても良いのか?」

桃子「ん~。まあバレたらバレたでその時に考えるっス」

京太郎「んな大雑把な……」

桃子「ま、ステルス全開のモモに死角は無いってことっスよ」ニコッ


京太郎「うーん。確かに俺も声聞くまでは自信持てなかったしな……」

桃子「……もしかして気付いてたんスか?」

京太郎「ん?まあな。朧げながらってところか」

京太郎「声が聞こえなかったら自信は持ててなかったよ」

桃子「へぇ……」

桃子(最初から看破されてたかぁ…)

京太郎「ま、何に感化されたかは知らねぇけど、加治木さんを怒らせないようにしろよな」

桃子「分かってるっスよ。流石にそんなヘマはやらかさないっス!」

京太郎「そうかいそうかい」


桃子(なんかこう、悔しいっスねぇ)

桃子「……次は完璧なステルスを披露してやるっスよ……フフ」ボソッ

京太郎「……??」ブルッ

カンッ!







京太郎「俺が女の子に座って充電したいのに最近女の子に座られてばかりの気がするな…

   いや、別にそれが悪いことじゃないけど」

京太郎「つっても俺を座らせてくれる様な子なんて知り合いにいないしなぁ。

   そもそも男の俺を上に座らせるのは重いだろうし申し訳ないというか」

京太郎「どっかに俺を受け止めてくれる様な女の子はいないもんかねぇ…ん?」

カピ「……」チョコーン

京太郎「…おい、カピー。そこ俺の椅子だからどいてくれ」

カピ「……」チョコーン

京太郎「ほら、どきなって。座れないから」グイグイ

カピ「(グイグイ)」イヤイヤー

京太郎「なに踏ん張ってるんだよ。そんなにその椅子気に入ったのか?」

カピ「……」ジー

京太郎「……?」

カピ「……」ジー

京太郎「………」

カピ「……」ジー

京太郎「……座れってか?」

カピ「(`・ω・´)」

京太郎「………」

京太郎「…気持ちだけ受け取っとくわ。ありがとなカピー」ナデナデ

カピ「(´・ω・`)」

純「おーい、清澄の」

京太郎「へ?なんすか?」

純「まぁ、いいからこっちこいよ」ポンポン

京太郎「膝上?えっと……」

グイッ

京太郎「うわっ」ポフンッ

純「おー、かたいな、流石男子」サワサワ

京太郎「ちょ、や、やめてください」

純「衣なんて身体中ぷにぷにだからな、はははははっ」

カン






京太郎「……えっと、今回実況を務めます須賀です。そしてこちらが」

理沙「野依理沙!」プンスコ

京太郎「暴れないでください」

理沙「……快適快適!」

京太郎「んなこと言われましても…。と言いますかなんで膝の上に?」

理沙「充電!流行ってる!」ブラブラ

京太郎「あぁそうですか。あとあんまり足バタバタさせないで貰えます?」

理沙「ごめんね!!」プンプン

京太郎「いえ別に謝らなくても……」

京太郎「ってそもそも野依プロの分も椅子が用意されてるんですからそっちに―― 理沙「断るっ!!」

京太郎「ええぇぇ……」


カンッ!





久「須賀くん、ちょっと買い出しに…」

京太郎「すいません部長。今カピーが充電中で動けないんです」

カピ「(ーωー)zzz 」

京太郎「こいつこうなるとテコでも動かないから…」

久「む…まぁそれなら仕方ないわね。たまには私が行くわ」

久(なんで部室にカピバラが…?)

カン






優希「おい京太郎ー!

  今日はこの美少女優希ちゃんを特別に充電させてやるじぇー!」

京太郎「スマン、先約があってムリだ」

カピ「(´ω`)」ネムネム

優希「むっ…おいカピー!そこは私の席だじぇー!早く私に代われー!!」グイグイ

京太郎「やめろっての!もうすぐ寝そうな所なんだから!」

カピ「……(^ω^#)」

ガブ

優希「ぎょえええええええ!?」

京太郎「あーあ言わんこっちゃねぇ…こいつ寝起きすごい悪いんだから」

優希「うぐぐぐ…ちきしょー!覚えてろだじぇー!!」ドタタター

カン






京太郎「俺・・・ハギヨシさんに充電して欲しいです!」

ハギヨシ「いいですよ、京太郎くん」

ハギヨシ「来てください」

京太郎「はい///」

ハギヨシ「手を前に回してもいいですか?」

京太郎「はい///」

カン






京太郎「……」ボケー

照「……」モシャモシャ

京太郎「照さん」

照「なに?」モシャモシャ

京太郎「なんで俺の膝に座ってんの?」

照「咲と喧嘩したから」

京太郎「それさっき聞きましたよ」

照「?」モシャモシャ

京太郎「おい、食うのやめろ」

照「……」シュン

京太郎「拗ねてもダメです」

照「……京ちゃん」

京太郎「なんすか?」

照「慰めて?」ビリビリ

京太郎「さり気無く次のお菓子開けてんじゃねぇよ」

照「京ちゃんは咲の味方なの?」

京太郎「少なくとも今の照さんの味方はし辛いですね」

照「いじわる」サクサク

京太郎「あんたが咲のプリン食っちまったのが原因なんだろ!?」

照「冷蔵庫に入ってたから食べただけ」

京太郎「3個1パック物ならともかく1カップいくらのプリンにその理屈は通じないですね」

照「むぅ…」サクサク

京太郎「まぁ擁護は出来ませんけど口添えくらいはしてあげますから一緒に謝りに行きましょう」

照「うん。けど今はその為のパワーを京ちゃんから充電中」

京太郎「なんだそりゃ」

バンッ!

咲「お姉ちゃん!やっぱり京ちゃんのとこにいた」

照「さ、咲……!?」ビクビク

京太郎(ビビり過ぎだろ。それでいいのかチャンプ)

咲「お姉ちゃん、もう私怒ってないから帰ろう?京ちゃんに迷惑かけちゃダメだよ」

照「ううん。私も悪かった次からはちゃんと断ってから食べるようにする」

京太郎「食うのをやめろ」

咲「うん。これで仲直りだね!」ニコッ

照「うん」コクコク

咲「ところでお姉ちゃん」

照「うん?」




咲「なんで京ちゃんの膝の上に座ってるのかな?」ゴゴゴゴゴッ

照「とても座り心地がいい咲も試してみて」

咲「え!?」

咲「えええええ!?でで、でもでもそんな……恥ずかしいよ///」カァァ

照「大丈夫、京ちゃんは優しくしてくれる。特に咲には」

咲「そうかな?そっかなー」テレテレ

咲「じゃ、じゃあ失礼して」イソイソ

照「次、も1回私ね」

咲「うん。そしたらまた代わってね」

京太郎「いや帰れよポンコツ姉妹」

咲照「えー」

カン!







京太郎「充電…?」

洋榎「小耳に挟んだんやけどな。最近流行ってるらしいで~」

京太郎「はぁ」

洋榎「やっぱり流行りモンはおさえておきたいやん?」

京太郎「洋榎さんらしいですね」

洋榎「せやからウチらも充電やってみぃひん?」



京太郎「遠慮します」キッパリ



洋榎「な、なんやて!?」ガガーン

京太郎「だって洋榎さんの思いつきっていつもロクな結果になりませんし」

洋榎「なっ!? 京太郎はウチと充電するのがイヤなんかっ!」

京太郎「そもそも充電って何なんです? 俺、聞いたことないんすけど」

洋榎「京太郎は遅れとるなー。ええか、充電っちゅうのは…」

京太郎「…」

洋榎「ウチもよう知らん」

京太郎「へ!?」

洋榎「いや、二人でやるらしいんやけど…ウチも小耳に挟んだ程度やから」ドヤァ

京太郎「いや、ドヤ顔されても…」

洋榎「でも流行りモンのトレンドやで? やっとかな損やろ!」

京太郎「別に俺とやらなくても…」

洋榎「せやからものは試しの実験台や! 京太郎にはピッタリやろ?」

京太郎「嫌ですって!! その『実験台』のせいで今までどれだけ酷い目に」

洋榎「そんなこと言わんとさぁ~。京ちゃん、おねがいやから~♪」

京太郎「嫌です」キッパリ

洋榎「こんなに頼んでも?」

京太郎「ええ」キッパリ




洋榎「ふーん…」

洋榎「京太郎もずいぶん偉くなったもんやのー」

洋榎「今まで親身に麻雀教えたったのになー。なんや裏切られた気分やわー」

京太郎「…」

洋榎「麻雀弱かった京太郎がそこそこ強くなったのもウチのおかげやろー」

洋榎「言うこと聞いてくれてもバチあたらんやろに…京太郎は恩知らずやなー」

京太郎「…」

洋榎「あーあ、ケチな京太郎はウチと充電してくれへんのかー。あーあ、ツライわぁー」シクシク



京太郎「もうっ!! わかりました!! やりますよ!! 充電しますから!!」



洋榎「よっしゃ! じゃ、さっそく充電やってみよか!! まずは情報収集や!!」ケロッ

京太郎「ほんと、現金なんだから…」

京太郎「で…充電について情報を集めた結果」

洋榎「相手のヒザの上に座るだけ…なんやの、これ。これが流行りなん?」

京太郎「いや、俺に言われても…でも充電ってそれだけの事みたいですよ」

洋榎「なんでこんなモンが流行ってんのやろ…わからんなー」

京太郎「じゃ、一応やっておきますか」ポンポン

洋榎「んっ? どないしたん、ヒザなんか叩いて」

京太郎「いや、充電ですよ。やっておかないと損なんでしょ?」オイデオイデ

洋榎「ウチが京太郎のヒザに座るん?」

京太郎「まぁ体格からいったらそうなるんじゃないすか?」

洋榎「そらそうなるわな…」

洋榎「…」




洋榎「ええーーっ!! ウチが、ウチが京太郎のヒザの上に座るんかっ!!?」

洋榎(ちょ、ちょっと待ちぃな! ウチが座るんか!? いや、座るんやけども!!)

洋榎(座る、ちゅう事は、つまり、ウチのおしりが、京太郎の…っ…///)

洋榎(いやいや、アカンアカン!! その、小さい子供ならともかく、この年頃やったら色々マズイやん!!)

洋榎(第一ウチはスカートやで!? ヒ、ヒザの上に乗ったら感触とかでわかってまうやん!!)

洋榎(ジーンズに履き替えて…いや、アカン。それでも大きさがわかってまうぅ…////)



京太郎「? どうしたんです?」

洋榎「ちょ、ちょい待ち!! 今考え中やから!!」



洋榎(どうしたらええんや…言い出しっぺはウチやけど、こんなん恥ずかしすぎるやん…////)カオマッカ

洋榎(京太郎は京太郎でのほほんとしとるし! 事の重大性わかってるんか!?)

洋榎(ハッ! まさか、京太郎。ウチのおしりに興味津々なんじゃ…)


洋榎「…」ジーッ

京太郎「…?」

洋榎(キレイな顔やけど…よく見たら目つきがやらしい。スケベや)

洋榎(やっぱりウチのおしりが狙いかっ! 頭の中はスケベな事ばっかり考えとったんや!)

洋榎(いままで可愛い弟分やと思っとったけど…ほんまは性欲の塊のケダモノやったんやな…)


洋榎「…」


洋榎(…。いや、でも京太郎も年頃やし。そういう考えばっかりになってまうのも仕方ないかも…)

洋榎(…。てゆうか、ウチの事を、その、そういう対象で見てたなんて…そんなん考慮してへんよっ////)テレテレ

京太郎「洋榎さん!」

洋榎「ひゃい!?」

京太郎「充電するんですか? しないんですか?」

洋榎「だから考え中やって! もうちょい待ちぃ!」

京太郎「そう言ってもう15分もボーッとして! 興味がなくなったんならやめときますか?」

洋榎「…」


洋榎「……」


洋榎「………」


洋榎「いや、やる。女は度胸じゃ!や、やったるわ////」

京太郎「そうすか。じゃ、さっさとやっちゃって下さいね」

洋榎「すーはー。すーはー。すぅーーーっ、はぁーーーーっ」

京太郎「…。その、やっぱりやめときます? なんか抵抗あるみたいですし」

洋榎「いや、大丈夫や…。うん、よしっ! いくで京太郎っ!!」

京太郎「はい、どうぞ」

洋榎(よっしゃ、イメージ通り動くんやで洋榎!)

洋榎(サッと座ってすぐ立つ。サッと座ってすぐ立つ。サッと座ってすぐ立つ!!)

洋榎(サッと座る。それですぐ立つ。それで終わり。それで終わり)

洋榎(サッと京太郎のヒザに…京太郎の上に…座る)

洋榎(座る…腰を下ろす…京太郎の…)

洋榎(ウチが上で…腰を下ろして…京太郎の…立つ…たつ…)

洋榎(///////)

洋榎(ああぁ~~ッ!! アカン、アカンって//// なんかやらしいイメージが入ってもーたっ!!)ブンブンッ

京太郎「あのー…洋榎さん?」



洋榎「もっかい最初からや! もっかい深呼吸からやり直しや!!」

京太郎「はぁ…」ゲンナリ



結局深呼吸しかできなかったネキでした


カンッ!







エイス「ジュ…充電?」

塞「そ。京太郎という名の椅子に座るの」

白望「ダルいときに使うといいわけよ」

豊音「あたしもちょー好きだよー。京太郎くんのじゅーでん」

胡桃「豊音がやると京太郎が潰れそうになってるけどね…」

塞「部でまだやってないのエイスリンだけでしょ?やってもらいなよ」

エイス「エ…アノ…」

白望「仕方ないな。今日はエイスリンに充電譲るか。ダルいけど」

胡桃「あんたはいつもしてるでしょーが!たまには私も充電…」

塞「おやおや、胡桃ちゃんは寂しがり屋さんなのかなぁ?」

胡桃「う…うるさいそこ!」

豊音「そういえば京太郎くん遅いねー」

塞「まぁ、そろそろ来るだろ。掃除当番かなんかじゃない?」

エイス「…………」

…………………10分後

京太郎「遅れました!すみません掃除当番で…」

塞「案の定…だね」

豊音「さぁ京太郎くん。まずは座って座ってー」

京太郎「??今日は小瀬川先輩じゃないんですか?」

豊音「今日はエイスリンさんの初体験なんだよー」

胡桃「豊音、その言い方はちょっと…」

塞「まぁまぁ、今日はシロも同意してるし、とりあえず座りなよ」

白望「やっぱダルい…」

京太郎「え…はいわかりました」

塞「ほーら!エイスリン!隠れてないで出ておいでー!」

エイス「…………」チラッ

豊音「ほらほらー京太郎くんは準備できてるよー」

エイス「…………」

胡桃「はい、座って座って」

エイス「…………」ストッ

京太郎(そういえばエイスリン先輩は初めてだな…)

京太郎(綺麗な髪だなー肌も白いしお人形さんみたいだ)

京太郎(ちょっと撫でてもいいかな…)ナデナデ

エイス「!!」ビクンッ!

京太郎「ごめんなさい!嫌でしたか?」

エイス「イヤじゃナイ…ケド…」

京太郎「じゃあせっかくなんで髪の毛整えておきますね」

エイス「…………」コクン

塞(おい、なんだあのエイスリンのしおらしさは)ヒソヒソ

豊音(肌が白いから真っ赤になってるのがすぐわかるねー)ヒソヒソ

白望(ダルい……)

胡桃(まさかエイスリンも京太郎を狙って…)

塞(ライバルが…増えちゃったかな…)

豊音(今度は私が京太郎くんを充電してもいいかもー)

京太郎「はい、終わりましたよ」

エイス「ア…アリガト……」

京太郎「またいつでも言ってくださいね」

京太郎「もっとも、いつもは小瀬川先輩がいるんですけど」

エイス「じゃあ……」

エイス「Once again OK?」

塞豊胡「「「こらー!次は私だー!!!!!」」」ガタガタガタッ!

白望(ダルいから帰るか……)

カンッ!






京太郎「頼む和、充電させてくれ!」

和「いいですよ」ニコッ

京太郎「えっ……マジで」

和「はい、大マジです」

京太郎「……咲の盗撮写真とか全然用意してないぞ?」

和「構いません」

京太郎「和……ありがとう!」

和「では、こちらの椅子に座ってください」

京太郎「この椅子か」ヨッコイショ

京太郎「ん?何かこの椅子おかしくね?無駄にゴムひもやヘルメットとかついてるし」

和「須賀くん、それちゃんとつけてくださいね。従わなかったら――」

京太郎「わ、わかった。ちゃんとつけるから約束は守ってくれよな!」

和「はい」

京太郎(和のやつもマニアックだな。ヘルメットまで用意するとかどんなプレイを想像してんだよ)

ガシッ

京太郎「おっし、準備OKだぜ!」

和「では、いきますよ……!」

京太郎「おう!いつでもこい!!」

和「ポチッとな」

ビリビリビリビリ!!

京太郎「ぎゃあああああああああああああ!!」

和「……須賀君、電気椅子で充電は十分出来ましたか?」ニコッ

おわり






京太郎「本当にやるんですか…?」

洋榎「当たり前や! 充電の一つや二つササッとできんようじゃ主将はつとまらへんでぇー!」

京太郎(全然関係ないような…)

洋榎「よっしゃ、ほなそのままじっとしとるんやで?いっくでー」

たたたたっ

京太郎「別に助走は…って、ちょっと!!」

ぽすんっ

洋榎「よっしゃ座れたで! さぁ充電開始や!」

京太郎「…////」

洋榎「あれ? どないしたん?」

京太郎「その…この体勢まずくないすか…」

洋榎「まずいって、何が…」


ムカイアワセータイメンザイー


洋榎「あっ…////」

京太郎「ヒザの上に座るだけで、向かい合う必要はなかったんじゃ…」

洋榎「じゅ、充電中止やっ!! 降りるから動かんといてやっ!!////」クイクイッ

京太郎「あっ、あのっ!! す、すり寄らないでっ!!」モゾモゾ

洋榎「アホウ!そ、そっちがクネクネしたら降りられへんやろ!? いいからそのまま」


ツンッ


京太郎「あっ////」
洋榎「んっ////」



洋榎(い、今あたったのは、アレか? アレやんな!? うわ…////うわわわわわっ/////)アワワ

京太郎(今の感触は…////い、いかんっ!意識をそっちに持っていったら!!)アワワ

京太郎(賢者モードに切り替えねば……えーと、一盃口。タンヤオ。平和。他に役は…)

洋榎「あっ…」ヘナッ


とすんっ


京太郎「!?」

京太郎「ちょ、なんでこのタイミングで腰を下ろすんですかっ!? 今本当にマズイんですって!!」

洋榎「ご、ごめん…せやけど…なんか力が抜けてもて…」クタッ

京太郎「もたれかからないでーーっ!! 四暗刻! 三暗刻! 対々和!」アワワワワ

洋榎「あんっ///う、うごかんといてぇ…後生やからぁ…////」ウルウル

京太郎「!!」ドキッ

洋榎「おちつくまで…ちょっとまってぇ…」

京太郎「は、はいっ!!」

洋榎「んんっ…」ピクッ

京太郎「うっ…」

洋榎「あっ…はぁ…」プルプル

京太郎「…」

洋榎「…」

京太郎「…」

洋榎「…」

洋榎「ご、ごめんな?」

京太郎「えっ」

洋榎「こ、こんな事するつもりじゃなかってん…こんな…こんな事は」ウルウル

京太郎「洋榎さん…」

洋榎「流行ってるって聞いて…いやらしい事考えてたんとちゃうねんで?」

京太郎「そ、そうですよね!」

洋榎「向かい合わせで座る気なんかなかったんや…ホンマやで?」

京太郎「わかってますって!! その辺はちゃんとわかってますからっ!!」アセアセ

洋榎「うちを…疑ってる? い、いやらしい女やと…疑ってるん?」ポロポロ

京太郎「!!」



京太郎「俺が、俺が洋榎さんを疑うはずないでしょう!!」

京太郎「これは事故です! 誰も悪くない!! 事故だったんです!!」

京太郎「洋榎さんは面白そうだから充電を試してみた!」

京太郎「そしてちょっと張り切りすぎて…コホン、こうなった!」

京太郎「俺にも、もちろん洋榎さんにもやましい気持ちなんかなかった! だから…ただの事故なんです!」

京太郎「こんな事故をいやらしいと思う奴はいませんっ! そう思う奴の方がいやらしいんです!!」

京太郎「洋榎さんは全然いやらしくありませんっ! 俺が保証します! だから…その、泣かないで下さい!!」


京太郎「以上っ!!」


洋榎「…」ポカン

京太郎「…」

洋榎「…」

京太郎「…」

洋榎「おおきに、京太郎…」

京太郎「ど、どういたしまして…」

洋榎「なんや京太郎の顔見てたらアホらしなってきたわ」クスクス

京太郎「は、はぁ…」

洋榎「こんなお遊びでキョドってたら話にならんわ。どんだけウブやねんって! なぁ?」

京太郎「で、では、そろそろ降りてもらえたら…大丈夫ですか?」

洋榎「もう大丈夫や。京太郎のおかげでクールダウンできたしな」

京太郎「はは…正直、ちょっと名残惜しいですけどね」

洋榎「アホ言ぃな、こんなトコ絹恵にでも見られようもんなら」



おねぇちゃーん アイス買ってきたで~



洋榎「!!」

京太郎「!!」

洋榎「ど、どないしよ!! 絹恵が帰ってきてもうたっ!!」ジタバタ

京太郎「お、落ち着いて! ゆっくり降りて…ちょ、こっちを押さないで!!」ジタバタ

ばったーんっ!!


ガチャ


絹恵「お姉ちゃん? なんやえらい音したけど、なんかあった…」

洋榎「」

京太郎「」

絹恵「ん…」


キジョウイー


絹恵「…」

洋榎「ち、ちがうんや。これは…その、じゅ、充電の事故で…////」アワワ

京太郎「そうっ!! 充電の事故なんですっ!! 俺たちに何もやましい事は!!」アワワ

絹恵「へー、そうなん。そうやって馬乗りになるのが…?」

洋榎「だからこれも事故やねんて!! その、ホンマにホンマのっ!!////」フルフル

絹恵「…ごゆっくり」


バタンッ



洋榎「充電の、充電の事故なんやっ!! 絹恵~~~っ!! 悪いのは充電なんやぁ~~~~っ!!!」



それから愛宕家では充電は禁句となりましたとさ
カンッ!







ガチャ

咲「こんにちわー」

シーン…

咲「あれ?誰もいない?」

ガタガタ、チリーン…

咲「音?ベランダから…」

?「ふぃー!こんなもんかな」

咲「京ちゃん?」

京太郎「ん?おお咲か」

咲「こんなとこでなにしてるの?」

京太郎「おう!今日は暑いからな、これだ」

咲「椅子と…水のはったタライ?」

京太郎「おう、これをな」

チャプン

京太郎「腰掛けて脚を突っ込んで。あー冷たくて気持ちいい」

咲「ああー!良いなぁ」

京太郎「おお、これはなかなか涼しくていいな」

咲「京ちゃん!私も私も!」

京太郎「んあ?自分で椅子もってこいよ」

咲「えーそれくらいやってよう」

京太郎「やだね。この暑いのにそんな肉体労働やってられっか」

咲「むーじゃあこうだ!」

ストン

咲「あはは冷たーい」チャプチャプ

京太郎「おい」

咲「なに?京ちゃん」

京太郎「なんで俺の膝に座ってるんだよ」

咲「なかなか良い座り心地ですね?」

京太郎「感想じゃなくて理由を伺ってるんですがね?」

咲「ダメ?」

京太郎「ダメって言うか、単純に重…いってぇ!?」

咲「もう!デリカシーが無いよ!」ツネツネ

京太郎「わかったから太ももを抓るな!すげー痛いんだよ!」

咲「もう!」プンプン

京太郎「たくよー、おおいて」サスサス

咲「京ちゃんが悪いんだからね!」

京太郎「いや、どう考えても勝手に人の上に乗っかってきたお前の方が…」

咲「なに?」ゴッ

京太郎「いえなんでもないです」

咲「よろしい」

咲「う~ん。充電充電」

京太郎「充電?」

咲「うん。なんか最近流行ってるんだって」

京太郎「ふ~ん」

チリーン

咲「風鈴付けたんだ」

京太郎「ああ、暑いからな」

咲「もうすぐ夏だもんねー」

京太郎「紅茶飲むか?」

咲「飲むー!」

京太郎「あいよ」

トクトク

咲「……」コクコク

咲「冷たくて美味しー!」

京太郎「紅茶のカップがなんで口が開いてるか知ってるか?」

咲「ん~さぁ?」

京太郎「まぁ簡単に言うと冷めやすいようになんだが、紅茶ってのは淹れるとき少し熱めに淹れるんだ」

咲「熱めに淹れたのに冷めやすくするの?」

京太郎「ああ、んで紅茶をカップに注いでから考え事をしたり読書をしたりおしゃべりをして
調度良い温度になってから飲む。そのために少し熱めに淹れるんだとさ」

咲「ふ~ん。じゃあ紅茶が冷めるまで一緒におしゃべりでもしよっか」

京太郎「もう冷めてるって言うか冷えてるけどな」

咲京「あははは」

咲「京ちゃんって意外とゴツゴツしてるね」

京太郎「え?バカにしてるの?」

咲「そうじゃなくてもっとヒョロヒョロなイメージあったから」

咲「手も私よりおっきいね」スリスリ

京太郎「これでも中学時代はサッカー部だったんだぜ」

咲「そう言えば」

京太郎「たまに試合とか見に来てくれてただろ」

咲「えー?それはどうだったっけ」

京太郎「それに最近とある文化系部活でやたら身体を使い込んでるからな」

京太郎「体力面ならそこらの運動部の平部員には負けないつもりだぞ」

京太郎(あれ?顔から汗以外のものが噴出してきた)

咲「どうしたの?」

京太郎「お前、精神攻撃とかやめろよ」メソメソ

咲「ええ~私~!?今のは京ちゃんの自爆だと思うけどなぁ」

京太郎「いや、今のは俺の繊細な心を抉った咲が悪い」

咲「そんなの理不尽だよ!」プンスカ

咲「ってわわわっ!?」グラッ

京太郎「危ね!」ダキッ

咲「わわわ」ワタワタ

京太郎「ふぅーおい暴れるなよ落っこちたらどうすんだよ」

咲「う、うん……ごめん。ありがと」ドキドキ

京太郎「おう」

咲「……」ギュッ

京太郎「……」

咲「あ、暑いね」

京太郎「そりゃ、こんだけくっついてればな。水もだいぶ温くなってきたし」

咲「うん、そだね……」

京太郎「……」

咲「……」

京太郎「咲はさ」

咲「うん」

京太郎「麻雀、楽しいか?」

咲「どうしたの?急に」

京太郎「いや、なんとなく」

咲「楽しいよ。ちょっと前まではもう麻雀なんて打たないって思ってたけど」

咲「今はすっごく楽しい」

京太郎「そっか」

咲「……京ちゃんは」

咲「京ちゃんは、楽しく…ないの?」

京太郎「……」

京太郎「俺さ。ずっと自分は咲より上だって思っててさ」

咲「上?」

京太郎「いや、上って言うかお前ってなんかポケポケしてるから俺が面倒みて世話焼いてやんないと~とか勝手に思っててさ」

咲「うん」

京太郎「お前を部活に誘ったのもぶっちゃけただ素人仲間が欲しかっただけでさ」

咲「うん」

京太郎「そしたら、お前はとんでもなく麻雀強くて」

咲「裏切られた気持ちになった?」

京太郎「ってか、なんか俺だけ置いていかれたみたいな気持ちになってた」

京太郎「女子は県大会優勝。一方男子は初戦敗退」

京太郎「なんか様になんねーよなーって」

咲「……」

京太郎「だからさ、だから……部活辞めようかな~なんて」

咲「……」

チリーン

京太郎「止めないのか?」

咲「止めてほしいの?」

京太郎「いや、別に……」

咲「京ちゃんはさ、麻雀は好き?」

京太郎「どうかな。始めた頃よりはまぁ好きだと思う」

咲「けど、最近はあんまり卓に着かないよね」

京太郎「それは、今はみんなが大事な時期だから、俺なんかよりみんなが優先して練習した方が良いって思うから」

咲「それが不満なの?」

京太郎「不満って言うか、このまま雑用だけやってて良いのかなって…」

咲「私は、京ちゃんのそういうところ好きだよ」

京太郎「は?いや、はぁ?」カァァ

咲「みんなの為にって、けど今のままでいいやって思わない。京ちゃんのそういうところすごく買ってるってこと」

京太郎「あ、ああ。そういうことね」

咲「それは私だけじゃなくて部内みんなが思ってることだよ。京ちゃんのいないところで部長とかたまに話してるもん」

咲「照れくさいから誰も口に出さないけど」

京太郎「そ、そうなん?」

咲「うん。あ、だからこれは内緒ね?みんなの前では知らん振りしてあげて」

京太郎「お、おう」

咲「さっきの話だけどさ」

京太郎「さっき?」

咲「部活辞めるの、止めないのかって話」

京太郎「ああ、うん」

咲「もちろん止めるよ。むしろ京ちゃんが部活辞めるなら私も一緒に辞める」

京太郎「なんじゃそりゃ。じゃあお前、全国大会とか照さんの事とかはどうするんだよ」

咲「うん。全部台無しになっちゃうね」

京太郎「なんか俺、遠回しに脅迫されてる?」

咲「うん。だから絶対辞めちゃダメだよ」

京太郎「まぁいいよ。ちょっと迷ってただけだし、それに咲には俺が付いててやらないとな」ナデナデ

咲「ふふふ、うん」ニコニコ

チリーン

咲「ん、いい風だね」

京太郎「ああ」

咲「あの日」

京太郎「うん?」

咲「京ちゃんが麻雀部に誘ってくれた日」

京太郎「……」

咲「私は適当に日々を送って、適当に京ちゃんとバカやってそれで適当に高校を卒業して適当に大学とか行くのかなって」

咲「そんな風に私の青春は特に彩りもなく流れてくのかなって思ってた。お姉ちゃんともこのまま会わないままで」

京太郎「そっか」

咲「うん。けどそんな私に京ちゃんが彩りをくれた」

咲「あの日、京ちゃんに手を引かれてくぐった部室の扉。あの瞬間から私の物語が動き出したの」

咲「だから京ちゃんには見ててほしい。ずっと、私の側で」

京太郎「…………」

咲「…………なんてね」

咲「ちゃ、ちゃっと臭かったかな///」テレテレ

京太郎「う~ん。照れ隠しをしなかったら決まってたかもな」

咲「も、もう!うるさいよ京ちゃんは!///」バシバシ

京太郎「痛い痛い!?」

京太郎「なぁ咲」

咲「うん?」

京太郎「たまにで良いからさ、麻雀の練習付き合ってくれな」

咲「たまにじゃなくて良いよ。いつだって練習相手になってあげる」

京太郎「良いのか?けど俺弱っちぃぞ」

咲「じゃあ強くなってよ」

京太郎「簡単に言うなって」

咲「強くなれるよ。京ちゃんが望めばいくらだって強くなれるから」

咲「だから、もっと強くなって。もっともっとカッコよくなって」

咲「早く私にプロポーズしてね」

咲「ずっと、待ってるから」

京太郎「は?いや、お前」

ガチャ

ヨーシキョウモウツジェー!
ユーキチョットサワガシスギデスヨ
ヤレヤレ、ゲンキジャノウ
サキトスガクンハモウキテルノカシラ?

咲「あ!みんな来たよ」ピョン

京太郎「あ、おい待てって!お前今」

咲「ほらほら京ちゃん早く打とう!」グイグイ

京太郎「引っ張るなっていや、じゃなくて今なんて」

咲「ねぇ京ちゃん」

京太郎「お、おう。なんだ?」

咲「麻雀って楽しいね!」

チリーン

カン!






宥「……」ホッコリ

京太郎「……」ダラダラ

宥「ほふ……」ホッコリ

京太郎「……」ダラダラダラダラ

ガチャッ

玄「ただーい、うわっなにやってるのお姉ちゃん」

宥「えへへ……充電……♪」ホッコリ

玄「充電ですとな」

宥「好きな人の膝の上に乗ってるとキュンッってくるんだって……」

玄「ほほぉ」

宥「だから……ね……///」ギュウ

京太郎「…………」ダラダラダラダラダラダラ

玄「なるほどなるほどー」

玄「じゃあ私も! 京太郎くーん!」ガバッ


京太郎「 」

カン








京太郎(とうとうこの日が来た……!)

京太郎(俺が風越に入ったのも)

京太郎(雑用という名の奴隷の身に甘んじていたのも)

京太郎(今まで池田先輩の充電に付き合ってきたのも、今日という日のため)

京太郎(そう……)

美穂子「ごめんなさい須賀くん、お待たせして」

京太郎(福路先輩ぃいいいいいい!!)

京太郎「いえ、俺も今来たばかりですよ」キリッ

美穂子「そんな……もう日も暮れてるわよ。気をつかってくれなくてもいいのに」

京太郎「ははは、いいんですよ」

京太郎「福路先輩のためであれば、いくらでも待たせてもらいます」キリリッ

美穂子「じゃあ……お願いするわね」

美穂子「私は恥ずかしいのだけど……」

美穂子「充電……///」

京太郎(ひょおおおおおおおおおおおおお!!)

京太郎「充電ですか……。ちょっと恥ずかしいですね」

京太郎(ついにこの時が……!)

京太郎(生きてて……生きててよかったっ……!!)

京太郎「さあどうぞ、俺の太もも、あっためておきましたよ」キリリリリリッ

美穂子「ええ、今来るはずだからもう少し待っててもらえる?」

京太郎「はいっ……! へっ?」

美穂子「あの子も充電は初めてだから緊張してるんじゃないかしら」

美穂子「私はいつもそばで見てるけど、恥ずかしく感じてしまうから///」

京太郎「もうすぐって、福路先輩が充電をするんじゃ……?」

美穂子「えっ? 私じゃないわ」

京太郎「えっ、はっ? じゃあ誰が……」

ガチャッ

深堀「失礼します」


京太郎「」

美穂子「須賀くん、深堀さんが来たわ」

京太郎「」

美穂子「華奈がいつも須賀くんにやってもらってるのを見て、深堀さんは羨ましいって呟いていたのよ」

美穂子「でも勇気が湧かなかったのね、深堀さん。今まで言い出すことができなかったの」

深堀「正直、須賀くんに迷惑をかけるんじゃないかって思って……///」

美穂子「ううん、大丈夫よ深堀さん。あなたに必要なのは一歩を踏み出す勇気」

美穂子「それは人生においてとても重要なものなの。あなたは今日それを手に入れることができたわ」

美穂子「これからもそのことを忘れずにがんばってね、深堀さん」ニコッ

深堀「キャプテン……! ありがとうございます……!!」

京太郎「」

美穂子「じゃあ須賀くん、あとはよろしくお願いするわね」バタン

深堀「その……よろしくお願いします」

京太郎「」

深堀「す、須賀くん……?」

京太郎「」

深堀(これって、座っていいってことなのかな……?)

深堀「じゃあ、失礼して」

京太郎「」






京太郎「」

カン






京太郎「なあ……最近、充電ってのが流行ってるみたいなんだ」

京太郎「なにやら充電すると麻雀の腕が上がったり、他にもいろんな効果があるらしくて、だな」

京太郎「どうやるのかって?それはな、まず膝の上に乗ってもらって」

京太郎「い、いや、違うって!けしてそういうことを考えてるわけじゃ――……」

京太郎「……スマン、ちょっと考えてたかもしれない」

京太郎「い、いや、でもだな」

京太郎「俺は、お前とだから、お前だから充電したいんだ!」

京太郎「わかって……くれるか……?」

京太郎「!そうか……!じゃあ、ちょっとおとなしくしててくれよ」

京太郎「……よっ……と」

京太郎「ほら充電、ってな。いろいろ流れこんでくるだろ?」

京太郎「……ったく、言わせんなよ……」

京太郎「――……あ、愛、とかだな」

京太郎「わ、笑うんじゃねーよ!もうしてやんねーぞ!ったく……」

京太郎「こ、こら!動くなって!変なところ入っちまうだろ!」

京太郎「ったく、おとなしそうなフリして、ちょっと気を抜くと暴れやがる」

京太郎「……まぁ、そんなところも好きになっちまったんだけどな……」

京太郎「……なんでもねーよーだ!」




牌「……」

カン







衣「ハギヨシ! ハギヨーシ!」

ハギヨシ「おや衣様。どうされました?」

衣「うむ!そこに鎮座しろ!」

ハギヨシ「御意」スッ

衣「んっしょ……っと」

ポフッ

ハギヨシ「……衣様。これは?」

衣「じゅーでん、というらしい!」

ハギヨシ「はぁ……充電……」

衣「こうしてると衣はとても心地が良い。 だからじゅーでん!」

ハギヨシ「ふむ」

衣「えへへー」ニコニコ

ハギヨシ「……」

ハギヨシ「私の膝でよければ、いつでもお貸ししますよ。衣様」

衣「わーい!」

カン






哩「これが充電か…」

京太郎「すわり心地はどうです?」

哩「今んとこは文句なかよ、しばらくこのままでよか?」

京太郎「ええ、軽いからいくらでも大丈夫ですよ」

哩「期待しちょるよ?」

京太郎「なにをですか?」

~数分後~

哩「・・・なぁ」

京太郎「なんですか?」

哩「なんでなんもせん!」

京太郎「はっ?」

哩「せっかく膝に座っちょるんやから後ろから手だすんが普通たい!」

哩「胸鷲づかみにされたりスカートの中に手入れられていじられるん期待しちょたのに…」

哩「こんために今日ば下着付けてきてないちゅうのに…ばってん、これじゃあ台無しったい!」

哩「こんヘタレ!」

京太郎(だめだこの人・・・)

京太郎「なら遠慮なく…」

哩「んっ…//」

京太郎(あー胸も一応掴める位はあるんだな…)

哩「そんな服ん上がらやなく…直接でよかよ?」

京太郎「これがいいんですか…?」

哩「んっ…気持ちよか…ばってん、下もして欲しか…//」

京太郎「……」

哩「んんっ!しょこ気持ちよかよ…」

京太郎(ぐっちゃりだな…指入れてみるか)

哩「ああっ…中に入ってきちょる…」

京太郎「1本でもきついですね…動かすのも大変ですよ?」

哩「けんど…えらい激しくしてから欲しか//」

京太郎「ならこっちで充電しましょうか…」

哩「おっきかね…//一気に…」

哩「んふっ…全部入ったと?」

京太郎「ええ…動いていいですか?」

哩「もちろんたい…おもいっきりお願い//」

京太郎「いっぱい充電してあげますね?」



わかめ「そろそろか…キングクリムゾン!!」


 
哩「京太郎が充電してくれたおかげでお腹がいっぱいたい…」

京太郎「ちゃんと充電できたみたいですね…」

哩「ばってん、こん充電もすぐになくなっちゃう…やけん」

京太郎「だから?」

哩「明日も充電お願いしてよか?」

京太郎「…もちろんいいですよ」

哩「京太郎すいとーよ、ずっと一緒やけん//」

カン







姫子「京太郎!部長に充電したって聞いたけん、ほんとか!?」

京太郎「ええ…しましたけど?」

姫子「ずるか!うちにもしてほしか!」

京太郎「なら姫子先輩もやりますか?」

姫子「もちろんたい…ただ…」

京太郎「ただ?」

姫子「充電ってなんなん?」

京太郎「充電は…」

京太郎「…ってことです」

姫子「つまりうちが京太郎の膝に座るちゅう…//」

京太郎「そういうことですね」

姫子(うわぁ…これは恥ずかしか…//)

京太郎「さあどうぞ」ポン

姫子「えっと…失礼しますぅ」

京太郎(顔真っ赤にしてるな…かわいい)

姫子(うわぁ…京太郎がこげん近くに…//)

姫子(なんかどきどきして落ち着かんね…)モゾモゾ

京太郎(ちょっ!そんなにおしり動かされたら息子が…)ムクッ

姫子「なんかがおしりに…あっ//」

京太郎「」

姫子(これうちのせいで…流石に恥ずかしか…//)

姫子(京太郎なら悪い気はせんけど…まだ少しはやか)

姫子「ああありがとねっ!そっ、そろそろ部活始まるけん…わっ!」コケッ

京太郎「あっ、あわてて立つか…!!」

姫子「うぅ…痛かった、どげんし…ああっ!」

京太郎(姫子先輩が転んだときスカートがめくれて…黒か!)

姫子「うわっ!見たかっ!?」

姫子(今日はエッチな下着やったのに…はっ、恥ずかしか…//)

京太郎「…許してくれます?」

姫子「…た……でん……して…ら…」

京太郎「えっ?」

姫子「また充電してくれたら許してあげんこともなかっ////」

カン







灼「さて…今日もはるちゃんと部活…」

~部室前~

<ネエオネガイイチドデイイカラ?

灼(はるちゃんだ…誰かと話してる?)

<デモキョウシガセイトニッテ・・・

<ソンナノカンケイナイヨ

<ワカリマシタヨ

灼「京太郎の声・・・これってまさか!」

~灼イメージ~

京太郎「そんなダメですよ…俺たちは生徒と教師です」

晴絵「そんなの関係ないよ…だって京太郎のこと…」

京太郎「先生…わかりました」

晴絵「さあ…私のここに京太郎のリー棒を・・・」

------------------------------------------

灼「そんなのだめっ!」

灼「はるちゃん!そんなの駄目!捕まっちゃ・・・」ガラッ

晴絵「おっ!灼はやいねぇ・・・」on京太郎

京太郎「あっ、灼先輩おはようございます!」

灼「…何してるの?」

晴絵「これ?最近流行の充電ってやつ」

京太郎「いやだって言ってるのに無理やり強引にやらされました・・・」

晴絵「いいじゃない一度だけなんだし、こんな美人を膝に乗せてるんだしさっ!」

灼「よかったぁ・・・」ヘナヘナ

晴絵「んっ?どうしたの?」

灼「私はてっきり2人がエッ・・・いやなんでもない…」

晴絵「ふーん…そっかぁ、ねえ京太郎?」ニヤニヤ

京太郎「なんです?」

晴絵「今日はこのままで部活やろうか」ニヤニヤ

灼「そんなのだめっ!」

晴絵「ふふっ…冗談だよ、その代わりに・・・」

灼「??」

灼「うぅ…//」on京太郎

晴絵「いいねぇ…充電されて顔真っ赤にしちゃってかわいいなぁ!」

京太郎「ほんとですね」ナデナデ

灼「もう・・・からかわないでっ!」マッカ

晴絵「今日はこのまま部活やる?」

京太郎「ええ!ぜひともそうしましょう!」ナデナデ

灼「もうっ!2人ともっ!!」

京太郎&晴絵『ははっ!灼(先輩)はかわいいなぁ!』

カン







健夜「あの京太郎くん?」

京太郎「はいはい。」

健夜「実は折り入って頼みたい事があるんだけど……」

京太郎「なんですか?」

健夜「その……充電してもらって、いいかな?」モジモジ

京太郎「? コンセントならそこに……」

健夜「あ、そっちじゃなくて……その……」

健夜「宮守の選手がやってた膝の上に座るやつ、です……」カァ

京太郎「(顔すっげー真っ赤……)いいですよ?」

健夜「え!? ほんと!?」

京太郎「どうぞどうぞ、俺の硬い体でよければ。」

健夜「じゃあ失礼して……」チョコン

京太郎「(遠慮気味だなぁ……)あの、もうちょい深く座っても大丈夫ですよ。」

健夜「え……そ、それじゃあ……」ススス……

京太郎(おおう……大人の女性の感触ってこんな感じなのか……)ドキドキ

健夜「その、重くない……?」ドキドキ

京太郎「軽いですよ、全然。」

健夜「そう……」ソワソワ

京太郎「やっぱり座り心地悪いですか?」

健夜「う、ううん、そんなことないよ!」

健夜「むしろもうちょっとこうしていたいくらいで……」カァ

京太郎「そ、そうですか……」カァ

京太郎(大人なのにかわいいとか卑怯だろ!)

恒子「……むふふ。」ニヤニヤニヤニヤ

健夜「こ、こーこちゃん!?」

恒子「いや~すこやん、いい絵が撮れてたよ!」

健夜「え!? え!? もしかしてずっとビデオ撮ってたの!?」

恒子「もち! すこやんがお願いするところから全部!」

恒子「ちなみに生(放送)の全国(ネット)だから。」

健夜・京太郎「ぎゃ~!?」

カン







咏「きょーたろー…またあのババア(すこやん)にいじめられたぁ…」グスッ

京太郎「あーはいはい、泣かないでくださいねぇ…」ナデナデ

咏「きょーたろーいつもの充電!」

京太郎「わかりました…どうぞ!」

咏「んっ…ありがとねぃ」ポスッ

京太郎「まったくあの人は強いですねぇ…」

咏「あのババア京太郎取れなかったからって私ばっか狙うんだよ…知らんけど…」

京太郎「そんなことばっかしてるから婚期遅れるんですけどね~」ナデナデ

咏「きょーたろー、ギュッとして…」

京太郎「今日はいつも以上に甘えん坊ですね」ギュッ

咏「次こそあのババア泣かせてやるために京太郎のエネルギーもらってるのさ…知らんけど…」

京太郎「なんでそんなにあの人にこだわるんです?」

咏「意地があるんだよ…女の子のね…」

京太郎「そうですか…」

咏(あいつに勝ってから…京太郎に告白して結婚するんだ…それが私の意地…)

咏「それまで離さないいでくれよっ…きょーたろー!」

カン






京太郎「…」

史織「~♪」

史織「下地取ってぇ」

京太郎「へいへい」スッ

花子「なんだ?最近の鏡台は椅子が化粧品取ってくれるのか」ケラケラ

京太郎「椅子じゃなく人ですけどね」

史織「座り心地がぁいいんですよぉ」

史織「次はぁファンデ~」

京太郎「史織のが近いと思うんだが…」グググ

史織「きゃっ…」

花子「おい須賀ぁ、何史織に抱きついてんだよ」

京太郎「い、いや今のはファンデーション取ろうとして…」

史織「おっぱい揉まれましたぁ」オロロン

花子「須賀ぁ…」ゴゴゴ

京太郎「ノーウェイノーウェイ!」

史織「あと下も触られました」

京太郎「ねーよ!」

花子「罰としてお前には今日から宇津木の玉座になってもらうからな」

史織「鏡台の椅子も兼用よぉ」

京太郎「そんな殺生な…」


花子「玉座用意した玉座」

玉子「おお…余の新しい椅子か」

史織「連れてきましたぁ~」

京太郎「ドユコト?」

玉子「じゃ早速」チョコン

京太郎(あ、柔らかい…)

玉子「な…なんだこれは…」ゴゴゴゴ

史織「地震ん~?」オロオロ

花子「あ?どーしたんだよオイ」

玉子「力が…漲ってくる…!」ズズズズ

なんと玉子が…!?
充電してキングスライムになった

玉子スライム「よきに~」

花子「おい宇津木!?」

史織「充電の力ってすごい~」

カン





貴子「オイ、須賀ァ! こっち来い」

京太郎「は、はい!」

貴子「こん中入れ。ほら、早く」

京太郎「あー。またですか」

貴子「う、うるさいな。ほら、早く入れ」

京太郎「はいはい……どうぞ」ギシッ

貴子「京太郎っ♪」ポスッ

京太郎「はぁ~もー、誰にも見られてないですよね?」

貴子「さっきちゃんと確認した。ほら京太郎、手! 手!」

京太郎「はいはい。あとでちゃんと髪型直して下さいよ」ナデナデ

貴子「んー」

京太郎「……で、今日はどうしたんですか?」ナデナデ

貴子「……みんなが私をいじめる」

京太郎「いじめ? まさか」ナデナデ

貴子「本当だ。私のことを鬼だとかヒス女だとか言ってたんだ」

京太郎「良くある陰口ですよ。大丈夫、伝わってる人には伝わってますから」

貴子「手、止まってる」

京太郎「はいはい。……いつもお疲れ様です」ナデナデ

貴子「うん、ありがとう……ごめん、いつもいつも」

京太郎「良いんですよ、頑張ってる貴子さんが好きです。いくらでも俺で充電して下さい」ナデナデ

貴子「んー。ふふっ」

貴子「須賀ァ! 何でいきなり真ん中切ってんだ!」ピシャーン!

京太郎「すみません!」

「あーまたコーチの雷落ちてる」

「はぁ。よくあんなに落とせるもんだ」

カン






船Q「では第一回、千里山高校最高の充電は誰だ大会を始めるでー」

泉「まずは選手の入場ですっ!」

船Q「千里山高校部長でその胸と膝は絶品っっ清水谷竜華っっ!!」

竜華「…えっと、よろしくおねがいします?」

泉「続いて高身長イケメン()とみんなの人気者!須賀京太郎ですっ!」

京太郎「おい…()は余計だ…」

船Q「この2人には最近流行してる充電をしてもらいどっちのほうが気持ちがいいか試させてもらいますっ!」

泉「続いて審査員の商会に移りますよー」

セーラ「審査員は千里山高校のエース、自称膝枕ソムリエの園城寺怜やでー」

怜「はいはーい、よろしゅーなー」

船Q「園城寺先輩がこの2人の充電をテイスティングしてどっちがより心地よいか判定してもらいますぅ」

セーラ「じゃあ怜に評価のポイントを聞いとくでー」

怜「膝枕と同じで充電も太ももの感触が重要だけどそれだけじゃない…座ったときの包まれてる感じや…他に…」

泉「はい!長くなりそうですけど時間もないのでとっととテイスティングお願いします!」

怜「しゃーないなぁ…じゃあまず京太郎からな」

京太郎「…あっ、わかりました」

怜「ふむふむ…これはこれは・・・」ポスッ

セーラ「どんな感じや?」

怜「まず・・・やっぱり男の子で日頃から鍛えられてるのもあってか太ももが少し硬い…これはマイナスやな…」

船Q「おおっと!いきなり辛口な評価が飛び出したっ!」

怜「でも身長もあるし結構ええ体しとるから包まれとる感じがしるのはええなぁ・・・」

京太郎「恥ずかしいですね…」

怜「でも…ここで後ろから抱きしめたりしたらもっと安心感あってポイント高かったんやけどなぁ…まあ京太郎へたれやし…」

セーラ「んー全体的にはあんまええ評価やなさそうやな?」

泉「それでは園城寺先輩っ!得点のほうをお願いしますっ!」

怜「膝の硬さや撫でたり何もしてくへんとこマイナスして…10点満点だとして6点やね・・・」

船Q「おおっ…これは須賀選手としては少々厳しいやろか…」

泉「でも勝負は終わってみるまでわかりませんよ?」

セーラ「次は竜華の番やでー」

竜華「んっ…怜おいでっ…」ペシペシ

怜「ほないくでぇ…」

怜「おおっ!さすがは竜華や…太ももの柔らかさが段違いや…このおしりにフィットする低反発な太ももがなんとも…」ムチッ

船Q「清水谷部長はやはり強いっ、いきなり高評価やで!」

京太郎「でも言ってることはほぼセクハラですよね…」

怜「そして何も言わずとも抱きしめて頭を撫でてくれる…竜華の母性がひしひしと伝わってきて甘えたくなるわ…」

竜華「まったく…なに言っとるんや…」ナデナデ

セーラ「あーやっぱ竜華にはかなわへんかぁ…」

泉「それでは審査員の園城寺先輩に結果を発表してもらいます!」

怜「2人とも違って…甲乙つけがたいんやけど…勝者は…」

怜「京太郎やなっ!」

泉「えっ?」

セーラ「はっ?」

船Q「おおっと…あれだけ絶賛しとった清水谷部長が負けた…?」

泉「これは意外な結末ですねぇ…」

竜華「なんでやっ怜っ!うちのどこが悪かったんやっ!」

怜「たしかに竜華の充電はすばらしかった…太もももなでなでも…」

怜「だが…しかし…まるで…全然・・・」

怜「その胸がでかすぎて…まるで落ち着けないんやっ…」

竜華「」

怜「そんなでかいもん背中に当たってたら…女として負けて惨めな気持ちになるんや…」小~大

船Q「あー確かにそうですわなぁ…」小

セーラ「まあ竜華やし…」小

泉「少し分けて欲しいですわ・・・」小

京太郎「俺としてはむしろそれがいいから充電してもらいたいですねっ!」ハアハア

怜「京太郎は変態さんやねぇ…」

船Q「とりあえず第1回大会は須賀の優勝に決定ですね」

泉「それでは園城寺先輩から優勝商品の膝枕券(竜華)10回分をプレゼントですっ!」

怜「貴重なもんやから大事に使うんやで?」

京太郎「ありがとうございますっ!」

竜華「こ……ん…」

セーラ「んっ?どうしたん?」

竜華「こんなん納得できるかああぁあぁぁあぁっっ!!」

カン!






京太郎「充電……ですか?」

智美「そうそう。なんか流行ってるらしいぞー」ワハハ

睦月「流行るってのはどういう意味です?」

智美「そのままの意味でだぞ」

睦月「だからそれをお聞きしているんですが……」

ゆみ「文脈からすると人が行う行為のようだが……」

京太郎「優希の奴がタコス食って充電するようなものですか?」

智美「違う違う。もっと即物的な感じだぞ」ワハハ

ゆみ「そこまで言ったのだからもったいぶるな智美」

智美「そーだなー。口で言うよりやってみた方がおm……手っ取り早いと思うぞ」ワハハ

智美「とりあえずやってみたい人は挙手しろー」

ガッ





ゆみ「なっ!?」

京太郎「先輩っ……ってモモ!?」

桃子「私と加治木先輩がこの中だと最もふさわしいと思うっす!絶対っす!連打開始っす!」

睦月「お前は何を言っているんだ」

智美「却下ー」ワハハ

桃子「な、なんでっす!?」ハァハァ

智美「お前のその豊満な胸に聞いてみるがいいぞ」ワハハ

桃子「どういう意味っすか!!」グフフ....

京太郎「蒲原先輩、あとあんまそういうこと大声で言わないでいただけますか……」

桃子「なっ!何想像してんすか!」バシーン

京太郎「痛ぇ!なんで俺が叩かれんの!?」

佳織「ちょ、ちょっと落ち着いてみんな……」

智美「んー、個人的には佳織あたりが充電似合いそうなんだがなー」ワハハ

佳織「ふぇ!?」

智美「けど面白くな……かわいそうだからここは須賀とユミちんでやってもらうぞー」ワハハ

京太郎「今はっきり本音出かけましたよね!?」

ゆみ「というか人事権は結局お前にあるのか……なんかもう突っ込むのも疲れたから早くしろ」

智美「わかった。じゃあ須賀こっち。おい、そこに座れ」ワハハ

京太郎「なんで名前聞いてきそうな言い方するんですか……これでいいですか?」スッ

智美「よろしい。そしてユミちん、そこに座れ」ワハハ

ゆみ「そことは、どこだ?」

智美「そこ」ピシッ

京太郎「えっ」

ゆみ「智美……お前、その流行ってるってどこから聞いてきたんだ?」

智美「そんな怪訝な目をされても困るぞー。本当に女子高生の間で流行ってるらしいんだから」ワハハ

睦月「それって、女同士でやるとかそういうものなのでは……」

佳織「だとしても問題のある気もするけど……」ソワソワ

京太郎「それはそれとして、ますます俺を使う必要がないような……ってかモモは?」

智美「ロッカーに閉じ込めた」ワハハ

ンンンーン!! ドンドン

睦月「いつの間に……」

京太郎「その笑顔は今は恐ろしいです」

ゆみ「ともかく、そんな不純なことはおいそれとやるものじゃないだろう。周りがどうあれ、だ」

智美「まったく、ユミちんはお堅いなぁ。本当はやってみたいくせに」

ゆみ「なっ!?」

智美「私が知らないわけがないだろ?家には結構なファンシーグzz」

ゆみ「言うなぁぁぁぁぁ!!」ガバッ

京太郎「そうなんですか。でも、そんな加治木先輩も女の子らしくて可愛いと思いますけど」

ゆみ「ぐっ……うぁ」

睦月(相変わらずしれっと言うなあこのジゴロは……)

智美「じゃあこうしよう。私が京太郎で充電したらユミちんも充電する」ワハハ

ゆみ「そんなあからさまにそっち有利な交渉に乗ると思うか」

智美「なんでそう思うんだー?」

ゆみ「お前はそう言う事に抵抗なさそうだからな。簡単な事だろう」

智美「ユミちんは乙女だなー。でも本当にそれだけかー?」ワハハ チラッ

京太郎「……?」

ゆみ「――っ!!きょ、今日は失礼する!!」バタバタ

智美「……ちょーっと、からかいすぎたかな?」ワハハ

京太郎「それにしても、なんだってこんな……」

智美「お前らがいつまで経っても進展しないから発破をかけてやろうと思っただけだぞ?」ワハハ

京太郎「……それは」

睦月「いささか、やり方が露骨すぎた気もしますが」

佳織「行ってあげなよ、京太郎君?」

京太郎「――はい」

智美「あっ、そうそう」

京太郎「何です?」

智美「話が済んだら感想頼む。それまでモモ開放しないから」ワハハ

ドンドンドンドン!!

京太郎「あなた本当に恐ろしい人ですね!?わかりましたよ、ああもう!」ダッ

智美「ファイトだぞー」ワハハ

ゆみ「……はぁ」

ゆみ「智美のやつめ……後でとっちめてやらねば」

ゆみ「しかし……」トクン



京太郎「先輩!」ダカダカダカ

ゆみ「須賀!?どうして」

京太郎「どうもこうもありませんよ、先輩を追いかけろって言われまして」ハァハァ

ゆみ「……君一人でか。まったく、人が悪いな智美も」

京太郎「違う意味で、よくよくいい人だと思いますけどね」

ゆみ「……どういう意味なのか、聞いてもいいだろうか」

京太郎「……その、先輩」

京太郎「あんなどさくさの後ですいませんが……先輩を充電させてもらえませんか」

ゆみ「……勝手にしてくれ」

京太郎「先輩」

ゆみ「気にするな。私も勝手にさせてもらうからな」

京太郎「それじゃ、さっそくですが……」スッ

ゆみ「放課後で人目がないとはいえ、こんな後者の階段というのは、ちと恥ずかしいな」

京太郎「嫌ならいいですけど……それでも」

ゆみ「……良い目だ。それじゃあ……・失礼させてもらうぞ」スッ...

京太郎「うっ……」

ゆみ「んっ……」

京太郎「……先輩の体、柔らかいです」

ゆみ「君こそ、ヘラヘラしてるように見えて逞しい体してるじゃないか」

京太郎「先輩……」

・ ・ ・ ・ ・ ・

ゆみ「……ふぅ。堪能させてもらったよ」

京太郎「俺こそ、先輩に充電してもらった気分ですよ」

ゆみ「"ゆみ"、だ。"京太郎"」

京太郎「は、はい。ゆみ……先輩」

ゆみ「……ふっ」

京太郎「さて、智美先輩に連絡しておかないと」 ペタペタ

プルルルルル

智美『ほーい、どうだったー』ワハハ

京太郎「おかげさまで。お心遣い感謝します」

智美『それなら何よりだぞー、こっちも楽しめたし……あっ』

京太郎「楽しめた……?」

ゆみ「……京太郎、お前のポケットちょっと探らせてもらっていいか」ゴソゴソ

京太郎「あっ……その、ゆみ先輩……」

智美『なんだーまたおっぱじめたのかー?』ワハハ

京太郎「ま、またって……"また"?」


ゆみ「……よくわかったよ智美。君にはちょーっとばかしきついお灸が必要だと」ゴトッ

京太郎(と……盗聴器!?いつの間に……というかさっきの一連の話とかも……うわあああ!?)

智美『そ、それじゃモモは解放しておくからあとは二人でごゆっくり……なっ』ガシッ

睦月『大人しく裁きを受けましょう先輩』

ゆみ「睦月は話がわかって助かるな。じゃあ行こうか、京太郎」ニコォッ

京太郎「は、はい……っ!!」

そのゆみのかつてない程の笑顔の底から振り撒かれる果てしない圧力のプレッシャーは、
モモを除く全員を凍え凍りつかせるほどの怜悧さだったという。



カン





ゆみ「ふーむ、充電ねぇ」

智美「最近流行らしいぞ-」

ゆみ「流行は分かったが、具体的にどういうことをするんだ?」

智美「簡単だぞ、座っている相手の膝に座ることだ」

ゆみ「……相手の、膝に座る……だと」

智美「そうだぞー、いつもゆみちんと桃子がやってるようなことだなー」

桃子「そういうことっす! つまり私とゆみ先輩は知らず知らずのうちに流行を先取りしていたんすよ。てやっ」ポスン

ゆみ「うわっっと。そ、そうか。これが充電……これが、流行しているのか……」チラッチラッ

智美「……んー? ゆみちん、顔を赤くして、だぁれを見ているのかなー?」

京太郎「……?」

ゆみ「だ、誰でもない! ほら、桃子もどいて、早く部活動をしよう」

桃子「えぇ、はいっす。……へぇ、ゆみ先輩……アイツを……ふーん……」

・・・・
・・


ゆみ「ふー、今日はここまでにしようか」

智美「あー疲れたぞー、おーい須賀君、お茶はあるかな?」

京太郎「お疲れ様です。用意しときましたよ」

智美「有り難う、気が利くな-。ついでに充電も頼む」

ゆみ「!」  桃子「……」

京太郎「え、マジすか」

智美「折角だし、マジだぞー。ワハハ、なんだ緊張してるのか-?」

京太郎「そりゃまぁ。え、というか、本当にするんですか?」

智美「怖じ気づくんじゃないぞー、ほら、下手に意識するから恥ずかしいんだ。物は試し、ちゃっちゃとやるぞー」ワハハ

京太郎「うぅ……はいどうぞ」

智美「ではお邪魔して……ワハハ、流石に硬いなー」

京太郎「すみませんね……」

智美「……でも、うん。悪くないぞー。硬くて……包まれて……」

女の身体は柔らかい。それは当然智美であっても変わらず、対して男の硬さといったら無骨も良いところだった。
そのくせでかくて、女の身体を簡単にすっぽりくるんでしまう。
ただ膝の上にて乗っているだけなのに、智美はふと男と女の身体についての真理を、一片だけ掴んだような気がした。
女の身体が柔らかくなければ……男の硬さを受け入れてあげられないじゃないか……。

ゆみ「おい。おい蒲原」

智美「…………」

ゆみ「蒲原!」

智美「うぇっへぇぁ! 何だ!? ゆみちん」

ゆみ「いつまでそうしてるつもりだ。須賀君も困ってるだろう」

智美「え、あ、あぁ、そうだな、すまないなー京太郎君」オリル

京太郎「え? いや別に、お気になさらず」

ゆみ「(京太郎君……?)……で、どうだった蒲原、須賀君の充電は」

智美「……うーん、やっぱあんまりだなー、かおりんの方が心地良いかもなー。……あんま、オススメしない、かも」ワハハ

ゆみ「ほう……。でも、まぁ、私は思い返せばいつも充電している方だ。
たまには私だって充電される側でも良いはずだ。な、須賀君?」

京太郎「マジすか」

ゆみ「……い、嫌なら、別に……」

桃子「そーっすよ、何なら私がやってもいいっすよ!」

ゆみ「桃子じゃあ潰れてしまいそうだしなぁ」

京太郎「はぁ。蒲原部長もあんまりお気に召さないようでしたけど、それでも良ければ……」

智美「う……」

ゆみ「いいさ。たまには。では、重いだろうけど失礼」ポスン

桃子「……」ギリィ

京太郎「部長もそうでしたけど、軽いもんですよ。気にしないで下さい」

ゆみ「そ、そうか……いやしかしこれは……なるほど……」

京太郎「……どうですか?」

ゆみ「う、うーん……な、ななな、何か足りない、なぁ。そそそそそうだ、
す、しゅが君、うぁ頭を、ん撫でて、くれないか、か?」ドキドキ

桃子「……マジで何言ってるんですか先輩……」ポソ

京太郎「うぇ? ま、まぁおやすいご用で」ナデナデ

ゆみ「あっ……ふぁあ」

ゆみの背は高いが、京太郎の背はそれ以上だ。膝に座ってなお京太郎と頭の位置が同じくらいになる。
いつも律儀で責任感の強いゆみは甘えられることはあっても甘えたり頼りにすることは殆どない。
こうして膝に座ることがひとえに甘えることになるとは言えないが、擬似的な行為であることに変わりなく、
更に言えば男性の力強さに身体を預け、頭を撫でられるという行為は失せかけた童心を満たす。
そして何より、女性性の蕾をそっと開かせる陶酔感をもたらす……。

ゆみ「あぁ、きょ、京太郎くぅん……!」

京太郎「どうしたんですか、加治木先輩!?」

智美「はいはーい、それまで! さ、ゆみちん降りるんだ。これ以上は迷惑になるぞー」

ゆみ「そんな……」

桃子「そっすよ、ゆみ先輩。さ、離れましょ離れましょ」グイッ

ゆみ「うわっ、引っ張るな桃子!」

京太郎「……ふぅ。んで、どうでした?」

智美(まぁ……)

桃子(聞かなくても分かるっすね……悔しいけど)

ゆみ「うーん、何とも言えない、なぁ。こういうのはきっと何度か繰り返して分かるもの、じゃないかな」

桃子(そうくるっすか)

智美「言われてみればそうかもなー。ワハハ、じゃあ次があればまたよろしくな、京太郎君」

桃子(先輩二人を手篭めにするなんて……)

京太郎「次ってあるんですかねぇ、あはは。まぁ、俺も貴重な体験でしたよ」

ゆみ「別に貴重じゃなくても良いが」ボソ

桃子(許せないっす!)

桃子「須賀!」

京太郎「はいぃ!? 何なんでしょうか東横さん?」

桃子「私も充電するっす!」

智ゆ(……)

京太郎「どうしたんだいきなり」

桃子「私の充電力と須賀の充電力。どっちが上か決めるっすよ!」

ゆみ「私に聞けば良いんじゃないか?」

ゆみ(まぁ、京太郎君の方が嬉しいけど……)

ゆみ「桃子の方が良いな。京太郎君はやっぱり硬い(そこが良いんだけど)」

桃子「呼び方が名前になっててそれは白々しいっすよ先輩! ともかく! 私を座らせるっす!」

京太郎「それで気が済むんなら、どうぞ」

桃子「失礼するっす!」ポスン

桃子「……うーん」モゾ

桃子「うーん、これは、うーん」モゾモゾ

京太郎(うっ……やっぱ東横さんの身体は、やっばいなぁ。抑えろ、抑えろ俺)

桃子「なんというか、うーん」クイックイッモゾ

それは何とも言えない感覚だった。今まで桃子が経験したことのない感覚感触。どこを触っても沈み込む女の感触ではなく。
どこを触っても硬く弾き返す男の感触。少し身じろぎする度に別種の反応を得て、新鮮だった。
元々影が薄く、他者とのコミュニケーションに飢え、また経験が少ない桃子にとって、
豈図らんやこれが初めてのまともな男性経験であった。

そうやって細かく身体を動かしているのも、男の身体を丹念に探り、
その反応を学ぼうという雌の本能が突き動かしているものだとは、
本人はおろか誰も気付いていないだろう……。

桃子(な、なんか変な感じっす)モゾモゾ

桃子(ずっとこうしなきゃと言うかこうしたいというか)クイッサワ...

京太郎「……っ!」

桃子(あ……ここをこうすると、ふふ、ぴくりって動いたぁ)グイックリッ

智ゆ「桃子ストーーーーーップ!!!」ドーン!

桃子「わぁっ!!」

京太郎「んぎゃあ!」

智美「やり過ぎだぞ桃子ー!」

ゆみ「おま、いくらなんでも、おま、目の前で、何を……!」

桃子「へっ? 何を……て……わ、私……!」

先ほどまで自分が京太郎に何をしていたか思い出して、火が付いたように赤面する桃子。

桃子「ち、違うんすよ……む、無意識だったんす-!」ダダダッ

ゆみ「あ、逃げた!」

智美「……あれ……消えた様子がないぞ……」

ゆみ「何、本当か……?」

智美「本当だぞー。ほらあそこ、玄関から走っていく桃子が見える」

ゆみ「速いなアイツ! っと、本当だ……どうして……いや、まさか……」

ゆみが何やら考えていると、桃子のクラスメイトだろうか、
走る桃子を見て手を振っている。ここだけ見ても異常だ、桃子にしては。

ゆみ(京太郎君の充電が……桃子に何か、足した、のか?)

だとすれば、ゆみの中に何かやりきれない悲哀のような嫉妬のような感情がわき起こる。
ただでさえ桃子と京太郎は同学年で三年間付き合えるというのに。
こんな絆めいた現象まで起きてしまっては。
勝ち目が、ないじゃないか。

ゆみ(それでもまぁいいさ。分の悪い勝負とは思わない。私にだってまだまだチャンスはあるんだ、じっくりゆっくりいくとしよう)


智美(いいなー桃子。そういうのかー。……でも、諦めきれないなぁ)

智美は思わず自らの下腹部を撫で続けていた。あの京太郎の硬さ。自分自身の柔らかさ。
この二つの符号に意味があるのだろうか。あるのだろう。でなければ男と女の二つがこの世に存在しないわけがない。
ただ、智美思うことは……

智美(京太郎君。京太郎君で、確かめたい……)

桃子(嘘っす。嘘っす嘘っす! どうして、どうしてこんな……)

桃子は不可思議な充足感に満ちていた。この世にしっかりと足を付けて立っているような、
全ての存在から自分の全てを肯定されているような、万能感に近い超感

覚。
虫が飛び、葉が揺れ、車は避け、道行く人が自分を見ている。世界に受け入れられているような、そんな幻視。
京太郎から流れ込んでくる何かが、桃子の陰影をくっきり浮かび上がらせていくような。
それはもうどうしようもなかった。どうしようもなく、桃子を新しくしていった。だから、もう、

桃子(戻れない。満ち足りすぎてて、京太郎君が頭から離れていかない……)

気軽な充電行為が思わぬ効果を発揮してしまった鶴賀学園、その明日はどこへ向かう!?

カン






京太郎「本当に充電いいんですか…重いですよ?」

雅枝「ええって…子供がそんな気を使わんでええで、麻雀がんばったご褒美なんやからな」

京太郎「では遠慮なく…」on雅枝

雅枝「よしよし…ぎゅってしたるからな…」ムニュ

京太郎(ふぉおぉおぉぉぉっっ!俺の背中に監督のすばらなおもちがっ!)

雅枝「顔真っ赤にして…初心かわええなぁ…」

京太郎(まずい煩悩のせいで息子が…寝ているんだ…)

雅枝(んーちょっといたずらしてやろか?)

雅枝「ふーっ…」

京太郎「ふぁ…なっ!何を!」

雅枝「ははっ!ちょっと息吹きかけただけなのにええ反応やなぁ」

京太郎「からかわないでくださいっ!」

雅枝「気に入らなかったんか?ならこれはどうや?」ハムッ

京太郎「んっ…ちょっと…耳は…」

雅枝「ふぁんや…ふぃふぃよわひんか?(なんや…耳弱いんか?)」レロッ

京太郎「あっ…舌いれな…くっ…」

雅枝「はむっ…んちゅ…ぷはっ!」

京太郎「はぁ…はぁ…」

雅枝(息荒くして…いじめたくなるやないか…なら…)

雅枝「れろっ…ちゅっ…」

京太郎「ちょっ…首をな…舐め…て」

雅枝(んーちょっと汗でとるなぁ…きれいにしたるか…)

雅枝「ぺろっ…じゅるるっ!」

京太郎「ふおぉぉっ!!」

雅枝(そして最後に首筋に…)

雅枝「ちゅっ…じゅうぅぅうぅっ!!」

雅枝(キスマーク付けたろっと♪)

京太郎「んあっ…そっ、そんなにしたら痕残って…」

雅枝「ふふっ…ばれたら大変やな?」

京太郎「もっ…もう十分ご褒美もらいましたしそろそろ…」

雅枝「んー、まだ最後のご褒美残っとるんやけどなぁ?」

京太郎「…なんですか?」

雅枝「さっきからこんな大きくして…苦しいやろ?」ニギッ

KYO<やあ!

京太郎(息子よおぉおぉっ!)

雅枝「隠してたみたいやけどばればれやったで?」クスッ

京太郎「でもこれは…」

雅枝「大丈夫やで…これも"ご褒美"やから…ちゃんと満足させたるからな?」ジジジ

京太郎「……」ドキドキ

雅枝「うちの技術見せてやるで…覚悟しいや?」

雅枝「ほら…これはどうや?」シュッシュッ

京太郎「うわっ…指が…すごっ…」

雅枝「指で全体をやさしくされるの気持ちええやろ?先っぽから汁出てきたで…」ニチュ

雅枝「あと…ここばっかでもあれやから…」

京太郎「ああっ…乳首までっ!」

雅枝「右ではおち○ちん扱かれて、左では乳首をいじられて…充電だと顔見れないのが残念やわ」クスッ

京太郎「あへっ…はっ…んあっ…」

雅枝「どうやら話を聞く余裕もないみたいやな…」

雅枝「なら…一気にいくで?」

京太郎「うわああっ…そんなっ…激しいっ!」

雅枝「我慢しないで出してええんよ…まあ我慢できるとは思わへんけどなぁ…」クスッ

京太郎「あっ…あっ…うわああぁぁあぁっっ!!」ビュッビュッ

雅枝「おっ…ぎょうさん出したなぁ…手が京太郎のでべたべたやな…」ネチャッ

京太郎「」

雅枝「んっ…れろっ…手に付いた京太郎の…濃くておいしいで…はむっ…」ジュルッ

京太郎「」

京太郎「よし…後始末もおしまいです!」

雅枝「ご褒美はどうやった?うれしかったか?」

京太郎「すごく気持ちよかったです…」

雅枝「なあ…もしまた麻雀がんばったら…」

京太郎「……」ドキドキ

雅枝「さっきよりもっとすごい充電したるから…がんばるんやで?」

京太郎「はいっ!」

カン!





佳織「ううぅ……」

京太郎「元気出してくださいよ妹尾先輩」

佳織「だって今日もまたチョンボしちゃったんだよぉ?」ウルウル

京太郎「まああれは俺でもやっちゃいそうでしたからね……3334の高め四暗刻で2が出て4が出たんですものね」

佳織「どうしてわたしってこうダメダメなのかなぁ……」ションボリ

京太郎(随分しょげちゃってるなぁ……どうしたもんか)

京太郎「んー……そうだ、そういえば……いや、でもなぁ……」

佳織「……んぅ?どうしたの京太郎くん?」

京太郎「うわっ!な、なんでしたか!?」

佳織「いや、隣でなんだか考え込んでるみたいだったから、どうしたのかなぁって」

京太郎「え……その、えっと」

佳織「なになに?」ズイッ

京太郎(近い近い!)ドキドキ

京太郎「あの……妹尾先輩、俺に、じゅ……充電されてみませんか?」

妹尾「……ふぇ?」

妹尾「充電って……今うわさになってる、あの?」

京太郎「あの……です」

妹尾「え……ええええええ!?」

京太郎「あ、う、す、すいませんすいません!」

京太郎「妹尾先輩に元気出してほしいからってこんな……」

佳織「……わたしのために?」

京太郎「そ、そうです!そりゃちょっとは思う所はありましたけれども!男の子ですし!」ブンブン

佳織「……くすっ。京太郎くんったら、本当に素直だよね」

京太郎「先輩……」

佳織「うん。京太郎くんだったら充電してもらってもいいかなっ」ニコッ

京太郎「!」

京太郎着席

京太郎「じゃ、じゃあ、どうぞ……!」

佳織「ふふっ。ふつつかものですが」チョコン

京太郎「う……うぁぁぁっ……!」

佳織「ふぇっ!?だ、大丈夫京太郎くん!?」

京太郎「いや……その、先輩の体が柔らかすぎて……」

佳織「そ、そうかな。ありがと」カァァ

佳織「でも、京太郎くんの体もあったかくて気持ちいいよ。ちょっと硬いけどね」

京太郎「ぐっ……あ、ありがとうございます……(お、落ち着け俺の欲望!)」

京太郎「も、もう終わりにしますね!」ガッ バッ

佳織「ひゃあっ! もう、びっくりするよ京太郎くん」

京太郎「す、すみません。あれ以上あのままでいたらもう自信がなかったので……」

佳織「そ……そうなんだ」

京太郎「その……元気、出ましたか?」

佳織「うん!すごくエネルギーもらったよ!」

京太郎「妹尾先輩は先輩のペースで頑張ればいいんですよ。俺も頑張りますから、お互いがんばりましょう」

佳織「うん。ありがと。……その、京太郎くん」

京太郎「何です?」

佳織「落ち込んだら、また充電させてもらっても……いいかなっ?」ドキドキ

京太郎「は……はい!もちろん!いつでも!」

佳織「やったぁ!えへへへへー」

京太郎「///」


カンっ







京太郎「……」カリカリ

淡「ねーキョータローねーねー」

京太郎「……」カリカリ

淡「ねーキョータローってばー」ネーネー

ゴソゴソ、ヨジヨジ、ポスン

京太郎「ちょっと」

淡「んー?なにキョータロー」

京太郎「なんでそんな無理くり膝の上登って来てんの」

淡「嬉しいでしょ?私みたいな可愛い娘にこんなに引っ付かれて」

京太郎「素晴らしく邪魔。後、自分で可愛いとか言うな」

淡「むぅー良いから私に構えー!」プンプン

京太郎「はいはい」ギュッ

淡「にゅふふー」ニコニコ

京太郎「拗ねたり笑ったり、忙しい奴」

京太郎「拗ねたり笑ったり、忙しい奴」

淡「ところでさっきから何してたの?」

京太郎「ん?勉強だよ、もうすぐ期末考査だろ。ってかお前は勉強良いのかよ」

淡「私ってば特待生なんだよねー!まぁ高校100年生にして麻雀部の大将を務める私には関係ないのだ」

京太郎「ふ~ん」

京太郎(特待生ってそんなもんなのか?まぁ後で泣きを見るのはこいつだし別にいいか)

淡「だからねーキョータロー勉強なんてやめてイチャイチャしよーよー」

京太郎「はいはい」

淡「お菓子ー」

京太郎「ポッキーで良いか?」ガサガサ

淡「うん!」ポキポキ

京太郎「……」ナデナデサラサラ

淡「キョータローって頭撫でるの好きなの?」

京太郎「ん?いや別に…なんとなく手持ち無沙汰だったからってだけだけど」

京太郎「ああ、でも淡の髪に触るのはなんか好きかも。サラサラだし綺麗な金色だし」

淡「ホント!?えへへ、ありがと」ニコニコ

淡「私もね、前までは別にって感じだったんだけど今は自分の髪、すごい好きなんだ」

京太郎「ふぅん。なんで?」

淡「だってキョータローとお揃いの色だもん」

京太郎「!……ふ~ん、そういう事言われるとなんかご褒美でも上げてくなるな」

淡「あ、じゃももっとどんどん言おうか!?」

京太郎「調子に乗るな」ペシペシ

淡「はう」

京太郎「ん、ちょっと場所変えていい」

淡「場所?」

京太郎「この椅子硬くて腰が痛いからあっちのソファーに移りたい」

淡「しょーがないなー」

ボスッ

ポスッ

京太郎「……」

淡「……」

京太郎「あ、もうそこに座るのは固定なんだね」

淡「うん!あ、……もしかしてイヤ、だった…まさか重い!?」

京太郎「いやぜんぜん。ってか軽過ぎちゃんとメシ食ってんのか?」

京太郎「野菜ばっか食ってるからそんななんだよ。たまには肉も食いに行くぞ」

淡「なになにデートのお誘い!?」

京太郎「ぐ、お前はまたそういう」

淡「あはは、照れてるキョータロー可愛い」ケラケラ

淡「でも、あんまり誰にでもほいほいそういうこと言っちゃダメだよ」

淡「勘違いしちゃう娘とかいるからね」

京太郎「俺が?ないない。まぁそういう願望はあるけどな」

淡「むぅキョータローはもっと自分の事を把握するべきだと思うな」

京太郎「って言われてもなぁ」

淡「私を裏切っちゃダメだからね」

京太郎「もし裏切ったら?」

淡「熱海でキョータローのこと蹴り飛ばすから」

京太郎「金色夜叉かよ!しかも俺が蹴られる方かよ」

淡「そうだよ、だから絶対捨てちゃイヤだよ」

京太郎「これをもし俺達の金髪と掛けてたのだとしたら淡はなかなかのやり手だな」

淡「うっさい」ゴス

京太郎「あだ!?つ~おい頭突きはやめろ」

淡「知らないもーん」

淡「あーキョータローニウムが充電されるー」

京太郎「そういえば前から聞きたかったんだけどさ」

淡「なに?」

京太郎「渋谷先輩ってなんで対局中も常にお茶飲んでんの?」

淡「あれ?あれはね、私もよくは知らないんだけどせーこ先輩曰く”ギャグ”らしいよ」

京太郎「ギャグでいつもお茶飲んでんのか」

京太郎(こんどそれとなく聞いてみよう)

淡「私もキョータローに聞いていい?」

京太郎「うん?」

淡「キョータローってなんでいつも私に構ってくれるの?」

京太郎「そんなもんお前が絡んでくるからだろ」

淡「そうだけど、そうじゃなくてさ」

京太郎「ネタばらしすると弘世先輩からそう言われてんだよ。淡の面倒を見ろってな」

淡「そうなの!?」

京太郎「そして今日も俺は淡のわがままに付き合っていくと」

淡「ふ、ふ~ん。そうなんだ……」シューン

京太郎「なにしょげてんだよ高校100年生」

淡「別にしょげてないもん」ツーン

京太郎「なんだその態度は」ナデナデナデナデ

淡「もー気安く髪撫でんなー!」

京太郎「本当は?」

淡「もっと撫でろこのやろー!」

京太郎「やっぱお前は笑ってるほうが可愛いわ」

淡「可愛っ!?も、もう!そんなんじゃ誤魔化されないからね!」

淡「キョータローは私といるのイヤじゃない?」

京太郎「楽しくなかったら誰がお前みたいな鬱陶しい女の相手なんかするか」

淡「む~キョータローはツンツンするかデレるかどっちかにしてよ!」

京太郎「……」グニグニ

淡「ひゃめろーほっへひにひにひゅるなー!」

京太郎「うん、もちもちしてていい触り心地だ」

淡「もー」

京太郎「そういうお前はなんでいつも俺に絡んでくるんだよ」

淡「…………教えない」

京太郎「いや、いやいやいやこの流れは言おうよ」

淡「そんなの良いじゃん!キョータローは黙って私に絡まれてれば良いんだ!」

京太郎「なんて身勝手」

淡「身勝手でいいもーん。だって私高校100年生だもん。ガンダムで言うとレグナントだもん」

京太郎「ちなみ俺は?」

淡「ヅダ」

京太郎「ヅダ!?」

淡「ちなみに2番機ね」

京太郎「2番機!?」

京太郎「そういえばなんで誰も部室来ないの?」

淡「え?だってテスト前だもん部活は一時休止じゃん」

京太郎「は?俺それ聞いてないんだけど」

淡「そうだっけ?あれ~キョータローに伝えておくようにってスミレが……あれ?」

京太郎「おい」

淡「……」

京太郎「こっち見なさい」

淡「やだ」

京太郎「怒らないから」

淡「ウソだもん。怒るもん」

京太郎「怒ってなぇよ別に」

淡「ホントぅ?」

京太郎「ホントホント」

京太郎「まぁたまにはこうやって2人でのんびりするのも良いかな」

淡「///」プイッ

京太郎「なにその可愛い反応」

淡「もーさっきから可愛い可愛い言うなーキョータローのアホ!///」

京太郎「お前にだけは言われたくない!このアホ能天気女」

淡「私だっていっつも能天気ってわけじゃないもん!」

京太郎「え?そうなんすか?」

淡「そうだよ!ホントは不安なことでいっぱいだもん」

淡「もうこの際だから言うけど特待生とか1年で大将とか、すっごい不安でだからいつもバカな振りして強がってるだけだもん」

淡「それに、それに本当は今だって」

京太郎「……」ギュゥゥ

淡「ねぇキョータロ。キョータロはホントはもう気付いてるよね?あんなにいっぱい好き好きオーラ出してるんだもん」

京太郎「淡こそ、気付いてるんだろう」

淡「気付いてるよ。けどそれは私がそう思ってるだけで本当はそうじゃないかもしれない」

淡「いくら麻雀が強くたって私だってただの女の子だもん。王子様が迎えに来てくれるのずっと待ってるんだよ」

淡「なのにキョータローなにも言ってくれないじゃん。頭撫でてくれて抱きしめてくれて、
それはそれですごく嬉しいけどそれだけじゃ足りないよ」

淡「ねぇなにか言」

京太郎「好きだよ」

淡「キョー、タロ……」

京太郎「好きだ、淡」

京太郎「不安にさせて悪かった。淡なら言わなくてもわかってるって勝手に自己完結して流してた。身勝手なのは俺の方だ」

京太郎「これからちゃんと言うよ」

京太郎「好きだ淡。俺と付き合おう」

淡「うん、うん……私も大好き」ポロポロ

京太郎「泣くなよ。淡は笑ってるほうがよく似合う」

淡「う、嬉し泣きってのもあるの!とにかく今は顔見ちゃダメ!」

京太郎「はいはい」

淡「あの、さ」

京太郎「うい?」

淡「これで私たち、その、ここここ恋人…だよね?///」

京太郎「なんだ急にしおらしくなったなったな」ニヤニヤ

淡「ううう///」

京太郎「そうだな、これで俺達正式に恋び…………うん。まぁ、それだな」

淡「……」ニヤニヤ

京太郎「チョップ」チョップ

淡「あう」

淡「うう~彼氏からからDVを受けています。由々しき事態です」

京太郎「いやこれはあれだスキンシップだ」

淡「キョータローはそういう過激なのが好きなの。ちょっと困っちゃうな」

京太郎「鬱陶しい」

淡「本当は?」

京太郎「まぁそこも含めて好きだよ」

京太郎「ってかいい加減帰らないか?部活ないのにいつまで残ってるのもダメだろ」

淡「おー帰ろう帰ろう!放課後デートだ」

京太郎「寄り道することはすでに決定事項なんだな」

淡「イヤ?」

京太郎「いえいえ、お付き合いさせていただきますよお姫様」

淡「うむ!苦しゅうない」

京太郎「ったく」ナデナデ

淡「えへへ、ねえキョータロー」

京太郎「うん?」

淡「大好き!!」


カン!






恭子「」カタカタカタカタカタカタカタカタカタカタ

洋榎「まずいなぁ…恭子のカタカタが収まらん…」

由子「まずいのよー、このままだと決勝にも影響がでちゃうのよー」

漫「このままでも…デコに落書きされなくてすむので…」

絹恵「なんか直す方法ないんですか?」

郁乃「こんなときは…いくのんにおまかせあれ!」

京太郎「いやな予感しかしないんですけど…」

洋榎「せやな…」

郁乃「もう、みんなひどいなぁ…いくのん泣いてまうよ?」

洋榎「うっさいわ!なんか方法があるんならはよせんかっ!」

絹恵「お姉ちゃんそんな言い方…」

郁乃「とりあえず京太郎くんはそこのソファーに座っといてな~」

京太郎「??わかりました…」

郁乃「漫ちゃん末原ちゃんの右側ちょっと持ってな?」

漫「わかりました…(何する気なんだろ?)」

恭子「」カタカタカタカタカタカタカタカタカタカタ

郁乃「そして末原ちゃんを京太郎君の膝に座らせる」ヨッコイショ

漫「ちょっと重いかった…」ムネナイノニ

郁乃「そして京太郎君は末原ちゃんを軽く抱きしめてな、変な所触ったら去勢するで?」

京太郎「…わかりました」

由子「けどこれに何の意味が?」

絹恵「これって最近流行ってる充電ですよね?」

洋榎「こんなんで直るわけ…」

郁乃「…それはどうかな?」

恭子「」カタカタカタカタカタカタカタカタ

漫「あれ?」

恭子「」カタカタカタカタカタカタ

由子「カタカタがおさっまってきてるのよー!」

恭子「」カタカタカタカタ

洋榎「そんなあほな…なんかの間違いやろ…」

絹恵「でも、目に見えてどんどん収まっていくで!」

恭子「」カタカタ

郁乃「ふふっ!」ドヤァ

恭子「…あれ?ここって?」パチクリ

京太郎「目が覚めましたか?」

恭子「ちょっ!なんでうちは京太郎に充電されとるん//」

洋榎「宮永にやられていつものカタカタがおきたんや…」

絹恵「ほんま大変でしたよ?」

恭子「ああ…迷惑かけたな…」

京太郎「大丈夫ですか?」ナデナデ

恭子「んっ…もう大丈夫や…//」

洋榎&絹恵(うらやましいっ!)ギリッ

由子(あの2人荒れてきたのよー)

郁乃「末原ちゃん宮永はどうやった?」

恭子「確かに強かったです…でも…」

漫「でも?」

恭子「京太郎分をたっぷり補給しましたから…現在の私は宮永照にだって勝てる!!」

京太郎(あっ…これだめなやつだ…)

翌日の決勝では自信満々に出て行った恭子が今まで以上に咲さんにおもちゃにされて今までにないくらいカタカタしたそうな…

カン!





霞「あらあら…充電して欲しいなんて甘えん坊さんね」クスクス

京太郎「じゃあいきますよ…わっ!」ボヨン

霞「んっ?どうしたの?」

京太郎「いやなんでも…もう一度…ちょっ!」ボヨーン

霞「…なんでさっきからちゃんと座らないの?」

京太郎「霞さんの胸の大きさと弾力が強すぎて座ろうとしても弾き飛ばされます…」

霞「…」

京太郎「…霞さん?」

霞「京太郎くんに充電もできないこんな胸なんていらないわよっ!」ウワーン

京太郎「霞さん待って!泣かないでくださいよっ!」メッチャユレテル…

京太郎に充電できずしばらくの間落ち込んでいた霞であった

カン!







塞「京太郎、待った?」

京太郎「いや、そんなに待ってないですよ。

ところで、なんでわざわざ空き教室なんかで充電するんですか?

やましいことじゃあるまいし、他の人みたいに部室でやったらいいと思うんですが」

塞「……邪魔されたくないからよ」

京太郎「え、何か言いました?」

塞「ううん、なんでもないなんでもない。……じゃあ、始めよっか」

京太郎「は、はい……どうぞ」

塞「じゃ、じゃあいくね?……んしょ」

京太郎「う、あ……(えっ、なにこの感触ヤバすぎ!)」

塞「はふ……」

京太郎「す、すいません!一回立ってもらっていいすかっ!」

塞「ん?いいよ」

京太郎(この人のお尻、すっげーエロい……こんなの我慢できる訳ないだろ)

塞「……もう大丈夫かな?」

京太郎「(ああもう、どうにでもなれ)いいですよ、座ってください」

塞「んしょっと」

京太郎「ああっ……!」

塞「やっぱり私、重かったかなー。ごめんね」

京太郎「そんなことないです!ただ……」

塞「ただ?」

京太郎「なんつーか、その……塞さんの身体の感触がヤバくて、理性が……」

塞「なんだ、そんなことだったの」

京太郎「なんだって何ですか。こっちは必死で耐えてるのに」

塞「ねえ京太郎?いいこと教えてあげようか」

京太郎「えっ、な、なんですか」

塞「ここ空き教室だよ?二人っきりだよ?だぁれも見てないよ?……我慢しなくても、いいんじゃない」

京太郎「だ、だめですって、こんな……」

塞「ほらほら、欲望を解放しちゃいなよ~」

京太郎「ああもう!そんなに誘惑されたら我慢するのも馬鹿らしくなるじゃないですか!」

塞「だから言ってるじゃん。我慢しなくてもいいって。ほら、好きなとこ触っていいよ」

京太郎「えっ……」

塞「何とぼけてんの。京太郎がおっぱい星人なの、知ってるんだからね……はやく」

京太郎「あ、あぁ……やわらけぇ」

塞「んっ……す、素直になればいいのっ、ひゃ!?」

京太郎「この太ももとかやらしいと思ってたんすよ……すべすべしてます」

塞「ちょ、ちょっと、あんまり根元の方はマズいよ」

京太郎「だって散々誘惑して理性をめちゃくちゃにしたのは塞さんじゃないですか」

塞「そ、それはそうだけどっ、なんか、その、硬いのも当ってるしっ」

京太郎「これですか?当ててんすよ」

塞「そ、そんなっ……んあぅ!ほ、本気になっちゃったの!?」

京太郎「塞さんが悪いんですからね。こんなエロい体して誘ってくるから」

塞「はぁ、はぁ……京太郎、きょーたろー……」

京太郎「汗かいてきましたね……興奮してるんですか」

塞「ああっ、舐めないで、そんなっ!」

京太郎「塞さん」

塞「んんっ……だめ、だめなのに」

京太郎「すっげーエロい顔してますよ」

塞「だって、こんなにされたら、ねえ……」

京太郎「塞さん……あの、俺もう限界です」

塞「そう、私も……と言いたいところだけど」

パチンッ

胡桃「それ以上は不純異性交遊だから!」

豊音「学校でしちゃだめだよー」

エイスリン「ダメダヨー」

白望「……充電はほどほどに」



京太郎「……は?えっ?」

塞「万が一二人とも抑えが効かなくなった時のために潜んでいてもらったの」

京太郎「えー、なんですかそれ……じゃあ二人きりじゃなかったじゃないですかー」

豊音「二人ともえっちかったから、見てて興奮しちゃったよー」

エイスリン「スゴクアダルトダッタ///」

白望「大体塞も誘いすぎ……」

塞「いやー、誘いに乗る京太郎が可愛くて、つい……」

胡桃「やりすぎよくない!」

塞「ねえ京太郎(もし、あの時誰もいなかったら)」

京太郎「なんですか」

塞「今度は本当に二人っきりでしよっか(多分、雰囲気に流されてあのまま……)」

京太郎「えっ……」

塞「冗談よ、冗談」

京太郎「もー、おちょくらないでくださいよ」


カン







インハイ会場
京太郎「えー、部長から頼まれたのはアイスクリームとお菓子と…」

ドンッ

京太郎「っと、すみません」

照「いや、こちらもよそ見をしていた。…あなたはお菓子好き?」

京太郎「うん、大好きさ☆」

照「ほっほ、そうかね」


ダヴァン「あなたが宮永照ですね?」

照「君たちは?」

ダヴァン「ご同行願います」


優希「犬~!どこほっつきあるいてるんだじぇ!試合が始まっちゃうじぇ!」

京太郎「優希、先に言っててくれ」

豊音「京太郎くん、京太郎くーん、居るー?」

京太郎「ん、ハイハイ、ここに居ますよー」

豊音「ねーねー、充電しようよ、充電ー!」

京太郎「え゙っ、あれですか……?」

豊音「そうだよー!みんなやってるから、私もやってみたくてー」

京太郎「い、いや、でもあれは女の子同士でやるから意味があるのであって……」

豊音「だめ、かなー……?」

京太郎「うっ……」

----

豊音「ふふ、じゅーでん、じゅーでん!」

京太郎(涙目には勝てなかったよ……)

京太郎「というか、何で俺が抱きすくめられる側なんですか!」

豊音「へ?ダメだったー?」

京太郎「いや、ダメってわけじゃないですけど……。その、男としてのあれがですね……」

京太郎(背中が!背中が!幸せだけど辛い!)

豊音「?……よくわかんないけど、私はこっちのほうがいいかなー」

豊音「こうやってぎゅってしてるとねー、なんだかぽかぽかしてきて、とっても気持ちいいんだよー」」

京太郎「で、でもですね、こちらにも体裁というものが」

豊音「んー……、京太郎は気持ちよくない、かな?」

京太郎「気持ちいいですっ!」

京太郎(くっ、持ってくれ俺の理性……)

豊音「ふふ、良かったよー」

豊音「ん、あふう……」

京太郎「ひゃっ!?」

豊音「わっ……、ど、どうしたのー?」

京太郎「い、いえ、何でも」

京太郎(か、顔を首に埋められると、は、鼻息が……)

豊音「そ、そっか。良かったよー」

豊音「……んん、ぽかぽか……」

京太郎(だ、誰か助けて……)


-----

胡桃「……何、してんの?」

塞「しー、今いいところだから……」


カン!







菫「もうみんな帰ったようだな……うん?」

京太郎「……」スゥスゥ

菫「須賀じゃないか。もう日も落ちようというのにご苦労なことだ」

京太郎「……」

菫「……しかし、こうしてみるとやはり後輩って感じがするな。顔つきもまだ幼いし……」

菫「……いかんいかん、私は一体何を考えているんだ」

菫「……そういえば、今は何やら充電なる行為が流行っているらしいが」

菫「相手の膝に座る……か。私には到底似合わない行為だが」

菫(なればこそ、今は狙い撃つ為に用意された機会なのかもしれない――)

京太郎「……」ムニャムニャ

菫「だらしない寝顔をしおって全く――よし」ドキドキ

菫「……っ!」スイッ

京太郎「……?」zzz

菫(い、今……須賀の膝の上に乗っているのか)

菫(なんというか――座り心地が特段良い訳ではないのに不思議と心が安らぐ。包まれているようだ)

菫(ここが部室の中というのもこの胸の高鳴りに拍車を掛けているのだろうか)ドキドキ

京太郎「……ふぁ……?」

菫「……あ」

京・菫「うわあ(きゃ)ぁぁぁぁぁ!!」

京太郎「す、菫先輩!?」ドキドキ

菫「う……す、すまない、須賀……!他に言葉が見つからん……」

京太郎「い、いや!柔らかくていい匂いがしてむしろ――」

菫「なななななな、何を言い出すんだ須賀!!」ブンブン

京太郎「落ち着いてください先輩!急に上で暴れたりなんかしたら――」

ガタガタッ ガシャーン

菫「……」←押し倒した

京太郎「……」←押し倒された

京太郎(うわわわわっ、胸っ、胸の感触が!それに顔が首元に――!)

菫「あわわわわわあわてあわあわわわ」

京太郎「菫さーん!落ち着いてください」(菫のテンパり方を見て逆に冷静になった)

菫「す、すすすまないないない」

京太郎「どっかの王様みたいな喋り方になってますよ!?ほら深呼吸してください!」

菫「すぅー……はぁー……」

京太郎(やべえこれだけでも理性が飛びそう)

菫「……本当にすまなかった」

京太郎「落ち着いていただけたなら何よりですよ」

菫「……」

京太郎「……」

菫「どうして――とは聞かないんだな」

京太郎「俺から催促するようなことじゃありませんでしょうから。聞いてほしいのなら伺いますが」

京太郎「菫さんも日ごろの雑務でお疲れだったんでしょうし」

菫「……はぁ。君は妙に気遣いのできる癖に、変な所で鈍感なんだな」

京太郎「……そういうことにしといてください」

菫「私とて、白馬の王子様に憧れたいと思う時ぐらいある」

菫「一人で雑務を請け負って眠りについている王子様ならなおさら、な」

京太郎「菫さんの王子様というには何枚か格が落ちる気もしますが」

菫「まさか。この白糸台広しと言えど、照と淡を御せるのなど君ぐらいしかいない」

菫「それに、君は案外慕われているらしいしな。色んな女子に」

京太郎「……そこまで言われたら、自惚れたくなってしまうんですけど」

菫「ああ、そうするがいいさ。そして私を甘えさせてくれ。今だけでいい」

京太郎「――かしこまりました、お姫様」



カン







胡桃「んーんー!」ピョンピョン

京太郎「なにしてんですか胡桃先輩」

胡桃「ああ、ちょっと須賀君この上のファイル取ってもらっていい?」

京太郎「これですか?」ヒョイ

胡桃「須賀君は大きいから良いけど、こんな高いところに置いといたら他の人とか取れないでしょう」

京太郎「他の人って……」

京太郎(先輩以外の人はみんな一応届くんだけどな)

胡桃「なにその目は」

京太郎「いやぁ、届かないのは単純に先輩の身長の所為じゃ」

胡桃「うるさいよ、そこ!先輩に身長の話しない!」ドゴッ

京太郎「ぐっふぅ!?」

胡桃「身長の事指摘するってそれ子供扱いだからね」

胡桃「こっちは中身で勝負だってのにどいつもこいつも外見で判断して!」ブツブツ

京太郎「ぐ、いやでも大きい小さい言い出したのは先輩の方…」

胡桃「なに?」ニッコリ

京太郎「いえ!なんでもないですサー!」

胡桃「よろしい。じゃあ罰ゲームね」

京太郎「え?」

胡桃「はいそこ、椅子、シッダウン!」

京太郎「あ、はい」ストン

胡桃「よいしょ」ポフ

胡桃「う~ん、充電充電……」ポワー

京太郎(あ、咲いてる)

胡桃「1日1回これやらないと落ち着かなくなっちゃった」

京太郎「甘えん坊ですね胡桃さんは」ギュゥゥ

胡桃「こらー子供扱いするなー」

京太郎「そんなふやけた顔で言われても迫力無いですよ」

京太郎「ん…」スリスリ

胡桃「ちょ、ちょっと首筋…くすぐったいって///」

京太郎「2人だけだし良いでしょう」

胡桃「でも」

京太郎「嫌ならやめます」

胡桃「いじわる」プィ

京太郎「俺は今の先輩が好きですよ」

胡桃「まぁ…須賀君がそこまで言うなら…小さくても良い。いや、私が別に特別小さいわけじゃにけど」

京太郎「先輩は可愛いなぁ!」



カン!




京太郎「……憩さん」

憩「んー?どうしたん?」ニコニコ

京太郎「いや、どうしたはこっちの台詞なんですが……」

京太郎「何故俺の膝に乗ってらっしゃるのでしょうか?」

憩「京太郎君は充電って知っとる?」

京太郎「そりゃまぁ。携帯とかのバッテリーに電気を貯める事ですよね?」

憩「つまりそう言う事や」ニコニコ

京太郎「……さっぱり分かりません」

憩「えー察しが悪いなぁ」

憩「ええ?つまりウチがバッテリー、京太郎君がコンセント。つまりこの体勢が充電って言う事ですよーぅ」

京太郎「はぁ……。でも何を充電してるんです?」

憩「それはもちろん……その京太郎君分と言うか愛と言うか///」ゴニョゴニョ

京太郎「なるほど……だったらもっと良い急速充電の仕方が有りますよ?」

憩「えっ?」



京太郎「まずこうやって対面にして」クルッ

憩「ちょっ!これは流石に///」

京太郎「こうすればお互いに顔も見れて更に充電出来ますよ」

憩「せ、せやけどこれは恥ずかしいというか///」

京太郎「おまけにこうすれば充電率100%に――」スッ

憩「えっ?」



チュッ



京太郎「――ぷはぁ。どうですか?憩さん。充電できました?」

憩「……京太郎君のアホ。こんな事したらもっと充電したくなるやんか///」

京太郎「じゃあやりましょうか。朝までゆっくりと、ね?」

憩「……///」コクン



カン!



久「須賀君、充電頼めないかしら?」

京太郎「かしこまりです!」


(1)まず(部長が)髪をお下げにします

(2)ロッカーに入ります

(3)約10分経過します


久「……ふぅ。きょ……須賀君。とても良く充電できたわ。またよろしく」スッキリ

京太郎「合点承知です!」


和「……あれ、一体何やってるんでしょう」

まこ「世の中、知らなくてもいいこともあるじゃけぇな」


カン(チャン待ち)





咲「ねぇ京ちゃん」

京太郎「ん?なんだ?」

咲「そうやって後ろから抱きしめられると本が読みにくいんだけど」

京太郎「えー良いじゃん」

咲「と言うか私が充電するからってこの体勢になったのに、全然充電出来ないよ」

京太郎「充電って言ったって俺の膝で本を読むだけだろ?と言うかそんなの普通に読めば良いじゃん」

咲「分からないかなー。京ちゃんの膝の上で読むから良いんだよ?」

京太郎「そっかー」ギュッ

咲「そっかっで何で更に抱きしめるの!?」

京太郎「咲が俺から充電するように、俺もこうして咲から充電してるのだ」

京太郎「あ、いや俺は充電させられる側だから発電か?」

咲「そんな違いはどうでも良いよっ!はーなーしーてー」ジタバタ

京太郎「はーなーしーまーせーん」ギュッ

咲「はぁはぁ……ううっ。全然振りほどけないよ……」

京太郎「ははははは。咲が俺に勝とうなんて100年早いわ」

咲「100年経ったら私お婆ちゃんだよ……ってか生きてるのかすら怪しいけど」

京太郎「大丈夫だっての」

咲「へっ?」

京太郎「100年経っても俺がお前を充電してやるからさ」

咲「えっ!?そ、それってつまり……///」

京太郎「あーまぁそう言う訳だから俺は今は発電させもらおう」ギュッ

咲「……もう!仕方ないなぁ」



久「ねぇあれどう思う?」

まこ「とりあえず部室ではやらせんほうがええと思う」チラッ

和「……」ギリギリ

優希「タ、タコスで充電しないと」フラーッ


カン!


---
--
-



透華「従者と充電するならわたくしにも通すのが筋というものでしょう!」

京太郎「どういう意味かわかりかねるんですけど……それじゃあお座りください」

透華「良い心がけですわね」ポフッ

透華「こ……これは」

京太郎「?」

透華「きゅ、及第点は差し上げますわ。ですがまだまだわたくしの満足には程遠いですわ」

透華「ですからもっと場数を踏みにわたくしの元へまたいらっしゃい!」

京太郎(充電の場数ってどういう事だろう……)


---
--
-


ハギヨシ「さあ、最後は私ですよ京太郎君」

京太郎「ハギヨシさん……待っていましたよこの時を」

ハギヨシ「さぁ、私にその身の全てを委ねて」

京太郎「あっ…対面なんて///」

ハギヨシ「んっふ、京太郎君の顔がこんなに近くに」

京太郎「こ、こんな…最初から飛ばしすぎですよぉ」

ハギヨシ「いいじゃないですか。残り少ない時間を濃厚に過ごしたいんです」

京太郎「ハギヨシさん///」