京太郎「…なあモモ。俺達…別れないか?」

モモ「いいっすよ?」

京太郎「…ずいぶんあっさりしてるんだな」

モモ「予測してはいたっすからね…京さんは私が好きなんじゃなく、私に必要とされてるから付き合ってるってこと」

京太郎「そんなこと…」

モモ「無いって言えないっすよね?」

京太郎「…」

モモ「誰かに見つけて欲しい私と誰かに必要とされたい京さん…上手くいくと思ったのになぁ…」

京太郎「…ごめん」

モモ「いいっすよ別に。これからも会ってさえくれれば」

京太郎「それは」「ダメって言わないで欲しいっす」

モモ「京さんには必要としてくれる人はいっぱいいるっすけど…私には京さんしかいないんすから」

京太郎「でも…いや、わかった。これまでごめんな、モモ…」

モモ「こういう時はむしろありがとうって言ってほしいっすけどねー」

京太郎「ああ…ごめ、いや…ありがとう」

モモ「どういたしまして…それじゃ、さよならっす」

京太郎「ああ…」

ガチャ…バタン

モモ「…」

モモ「あー…別れちゃった、すねぇ…」

モモ「まあ…多分、また戻ってくるっすけど」

モモ「おっぱいさんやリンシャンさんを振り切って私のところにきたのは何でだったのか…」

モモ「気づいてくれるっすかねー?」ゴロン

カンッ