桃子(つまんないっす……)

桃子(先輩は受験だから忙しそうだし、新部長たちも悪い人じゃないんっすけど)

桃子(……贅沢な悩みっすねー)ホワワ

ドンッ

桃子「っとと」グラッ

通行人「あ、すいませ……?」

通行人「おっかしーな、誰もいない」ハテ

桃子(痛ー…油断大敵しちゃったっすね)

桃子(中学の時に暇を持て余して人にぶつからない雑踏の歩き方はマスターした筈だったんすけど)

桃子(これが代償っすか……なーんて)

桃子(人にぶつかる程度なら軽過ぎる位っす)

桃子(誰にも気付かれないのはもう勘弁っすから……)

桃子(というか、何かおかしいような?)

桃子(やけに頭の回転が早くて)

桃子(これだけ考えてるのに中々倒れないし…)

桃子(!?)

桃子(ここ…道路…に、はみ出して…!!)

桃子(あ…)

桃子(もしかしてこれって、走馬灯って奴っすか――)


京太郎(無事に麻雀部も全国制覇を成し遂げ)

京太郎(引き継ぎも終わり早くも新生麻雀部として再スタートした)

京太郎(……)

京太郎(辞めようかなぁ、やっぱり)

京太郎(ぶっちゃけあいつら強すぎだし)

京太郎(軽い気持ちで入ったら結局俺以外が全員全国クラスで強くて、ガチ全国狙えるなんてなぁ)

京太郎(ねぇわ)

京太郎(正直ハギヨシさんの所で修行やってた方が性に合ってる気がする)

京太郎(ふむむ……ん?)

京太郎(前方に何か違和感が…石が勝手に動いた!?)

京太郎(いや、それはないか。だとしたら……鶴賀の東横さんとか?)

京太郎(ならば――心を静め全体を掌握………見えた)カッ!!

京太郎(つーかステルスぱねぇ、相当集中しないと見えないぞ…鼻血出そう)

京太郎(あ、ぶつか――やばい!)

京太郎「間に合え…!」

ガシッ!!

桃子(た、助かった…?)

京太郎「いつつ…あっぶねー」

桃子「ふあ……」

京太郎「あ、大丈夫か?うまく庇えたから怪我はないと思うんだけど」

桃子「怖かった…」

京太郎「え?」

桃子「怖かったっすよぉ!」ビエーッ

京太郎「うえ!?……あー、ほら、泣くなってば…」ナデナデ

桃子「でもっ、ううー…」グス

京太郎「か、可愛い子には笑顔が似合うんだからさ……ほら、な?」イケメンサワヤカスマイル

桃子「……」キュン

以上、カンッ