マホ「須賀先輩! ポッキーゲームしましょう!」

京太郎「」ブフォッ

京太郎「……急になんだマホ。麻雀のしすぎで疲れたのか?」フキフキ

マホ「クラスの友達が今日はポッキー&プリッツの日だと言ってたのです!」

京太郎「ああ、そういう……それでなんでポッキーゲームなんだ」

マホ「マホ、ポッキーゲームやったことないのです。どんなゲームなのか気になります」

京太郎(内容知らないのかよ……)

京太郎「友達には聞いてみたのか?」

マホ「それが、みんなどうしてか教えてくれないのです……」ショボーン

京太郎(……ああ、マホだもんなぁ)

マホ「でも須賀先輩ならきっと教えてくれるって言われたのです!」

京太郎(ってオイィィィィィィイ!!)

京太郎(なんだ!? 羞恥プレイか!? まさか外で誰かが監視してんのか!?)

マホ「というわけで須賀先輩! マホにポッキーゲームを教えてほしいのです!」キラキラ

京太郎(純粋な瞳ィ! なんだこれ! マジで俺が説明せにゃならんのか!?)

マホ「……駄目ですか?」

京太郎(くっ……不安げに上目遣いで見てくるとか反則だろ……なんて時代だ!)※関係ない

京太郎「仕方ないな、教えてやるよ」

マホ「やった! 須賀先輩大好きなのです!」ギュウッ

京太郎「」ドキッ

京太郎(──っは!?)

京太郎(待て待て待て、俺はロリコンじゃない俺はロリコンじゃない俺はロリコンじゃない……落ち着け須賀ホーン)

京太郎「じゃ、じゃあ説明するぞ」

マホ「はい!」

京太郎「まずポッキーを一本用意する」

マホ「はい」

京太郎「……で、一人がそれをくわえて」

マホ「ふむふむ」

京太郎「もう一人が反対側をくわえる」

マホ「なるほど」

京太郎「それで、お互いくわえたポッキーを折らないように食べていくわけだ」

マホ「むむむ、難しいのです」

マホ「……」

マホ「あれ? それってどうなったら終わりなのです?」

京太郎「そりゃポッキーが折れるかなくなったらだ」

マホ「なるほどー」

マホ「……」

マホ「!?」ボンッ!!

京太郎(あ、爆発した)

マホ「あわ、あわわわわわっ、そっ、それそれそれってキキキキキキ!?」ワタワタ

京太郎「うん、まあ、そういうことだな……」

マホ「──きゅぅ」パタリ

京太郎「うわっおいマホ!? しっかりしろー!!」



実技まで行かなかった。カンッ