哩「今日はポッキーの日らしかけんポッキーば買うてきたばい」

京太郎「ああ、そういえばそうでしたね。哩さん、せっかくだからポッキーゲームしてみませんか?」

哩「ポッキーゲーム?なんそい?」

京太郎「二人向き合って一本のポッキーの端々をくわえ、食べていきます。そして先にポッキーを折ってしまった方が負けといったゲームです」

哩「?よう分からん。まあ、やってみりゃ分かるか」

京太郎「分かりました。ではポッキーをくわえて下さい」

哩「ん」かぷっ

京太郎「ではいきますよ!(かぷっ)スハーホー!(スタートー!)」ポリポリ

哩「なっ!?(そういう事かー!!)」

京太郎「……」ポリポリ

哩「(ちょっ!?食うスピードの速か!うわ顔が近付いてくる!顔が!顔が!)」チュッ

京太郎「……引き分けですね…///」

哩「……!!?////」

京太郎「それにしても哩さん、全然食べてないじゃないですか!もう一回です!」

哩「いやいや、ちょい待て!ちょい待て!なんやこいは!?」

京太郎「はい?」

哩「なん!?ポッキーゲームってこがんゲームや!?」

京太郎「ええ、そうですよ」

哩「いや、こらちょっと恥ずかしかばい。もう止めようで」

京太郎「えぇー!?俺、もっと哩さんとキス……ポッキーゲームしたいのにー」

哩「分かった!分かったけん、ちと目ば瞑れ!」

京太郎「はい…」

哩「(チュッ)こいでこんゲームは終わりな……///」

京太郎「へへへ、分かりました!ありがとうございます!」

哩「ま、まあ?また暇のあったら、その……してもよかぞ?///」

京太郎「やったー!」

哩「暇のあったらぞ!……そいじゃポッキーば普通に食おうか」

京太郎「はい!」


カンッ