由子「京太郎ー」

京太郎「あれ先輩、どうしました?」

由子「お弁当作ったから一緒に食べるのよー」

京太郎「俺の分まで作ってくれたんですか!?ありがとうございます!」

由子「彼女なんだからこれぐらいはするのよー」

由子「京太郎の方が料理上手いから内心複雑やけど」

京太郎「先輩の手料理の方が百倍美味しいですって!」ガツガツ

由子「京太郎急いで食べてるからご飯粒ついてるのよー。ほら…」

チュ

京太郎「せ、先輩!?」

由子「ふふ…大好きなのよー京太郎」

カンッ