きょうたろう「ぼくおおきくなったらかすみおねえちゃんとけっこんするー!」

かすみ「うーん、きょうたろうくんはなんかたいぷじゃないわねぇ」

きょうたろう「たいぷってー?」

かすみ「えーと、すきじゃないってこと。かな?」

きょうたろう「ーーー」グスッ

かすみ「ちょ、ちょっとなかないでよ!」

ぎゅうっ。なでなで。

かすみ「ごめんねきょうたろうくん」

きょうたろう「ねぇ、かすみおねえちゃん・・・」


      • ぼくがかすみおねえちゃんのこのみになったら、けっこんしてくれる?---


ガバッ!


京太郎「あー、くそなつい夢みた」

春「どしたの?」

京太郎「」

春「?」

京太郎「いや、なんで俺の布団のなかにいるんだよ」

春「?いちゃだめ?」

京太郎「じゃなくて、お前が俺の布団で俺の隣で俺に抱きついて寝てることの理由を求めてるんだよ」

春「・・・夜に目が覚めて、お手洗いにいって」

京太郎「ふんふん」

春「帰り道に京太郎の部屋が目に入って」

京太郎「この辺りでもう雲行きがあやしいけど、続けて」

春「むらむらした」

京太郎「ちょっとなにいってるかわかんない」

春「正確には、京太郎の寝顔を見てむらむらした」

京太郎「なに発情されてますか」

春「姫様なら顔を真っ赤にして気絶するレベル」

京太郎「あーこまちゃん耐性ないしなぁ」

春「衝動のままに襲わなかった私をほめて」

京太郎「あー、よしよし?」


なでなで。なでなで。

春「くるしゅうない」

京太郎「そりゃよござんした」

春「ところで京太郎」

京太郎「んー?」

春「襲わないの?」

京太郎「襲わねぇよ」


京太郎「ということがあったよ」

霞「全くもう・・・春ちゃんったら」

京太郎「・・・」

霞「?どうしたの京太郎くん」

京太郎「んにゃ、なんでもない」

霞「???」

京太郎「(昔のことなんて、そりゃ忘れてっか。霞からすりゃ、俺なんかいいとこ手のかかる
弟みたいなもんだろうし)」

京太郎「んじゃ、昼飯用意してくるな」

霞「あ、私もいっしょにいこうかしら」

京太郎「いーよ。霞はこまっちゃんの世話焼いてろよ」

霞「・・・」


てくてくてく。




霞「・・・鈍感」

ぷくぅ。


カンッ!