京太郎「一さん。一さん」

一「ん。なに?京太郎くん」

京太郎「俺一さんの影響で最近手品に凝ってるんですよ」

一「へー。じゃあ何か見せてみてよ」

京太郎「いいですよ。見ててください?この耳が~……でっかくなっちゃった!」

一「……しょーもな」

京太郎「これは手厳しい」

一「どうせぐらいならこれぐらいやってほしいよ……」チュ

京太郎「んむ?ちゅ……ハム……チュパ……ちゅる…ぷはぁ…な、なにするんですか!///」ムクリ

一「ふふふ。京太郎くんのここがぁでっかくなっちゃったね?」


カンッ