※豊音エイスリン加入前

シロ「ダルい」

京太郎(小瀬川先輩…結構無防備だからついつい目線が動いちゃうんだよなぁ…)

シロ「…」

京太郎(あ、また白いの見えた)

胡桃「シロサボらない!須賀君もなにボーッとしてるの!」

京太郎「は、はい!すいません!」

塞「やっぱ掃除は定期的にしないとダメだね。やることが多くなっちゃう」

胡桃「ほらシロも手伝う!」

シロ「…」

シロ「ねえ京太郎」

京太郎「はい?」

シロ「そんなに私のパンツ見るの楽しい?」

塞「えっ!?」

胡桃「んっ!?」

京太郎「…はい!?」

シロ「別に見てもいいんだけどダルいからちょっと控えてほし」

塞「シ、シロ!女の子が見てもいいとか言っちゃダメ!」

胡桃「須賀君…」ジロッ

京太郎「じ、事故です事故!ごめんなさい!」

胡桃「須賀君はこれから部活中は目隠し着用ね」

京太郎「何も見えなくなりますよ!?」

塞「というか私達は見られてないよね…?」

京太郎「み、見てませ」

シロ「この前ピンクのはいてた時見てたよね。胡桃は見られてないと思うけど」

京太郎「バレてた!?」

塞「嘘っ!?」

京太郎「い、いやあの…」

塞「…えっち」

京太郎「ううっ…」

胡桃「すーがーくーん!!」

京太郎「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい…」

カンッ