京太郎「なあ穏乃」

穏乃「なにー?」

京太郎「いくら寒くてもこの体勢はどうかと思うんだが」

穏乃「えー? でもあったかいよ?」

京太郎「そりゃ俺もあったかいが……」

京太郎「お前を足の間に座らせて二人でコタツに入るとか、憧に知られたら俺の寿命が削られるわ(物理的に)」

穏乃「じゃあ憧にもしてあげよう!」

京太郎「より悪いほうに転がる気がするんですがそれは」

穏乃「ん~」モゾモゾ

京太郎「ちょ、こっち向くな!」

穏乃「やーだー」ギューッ

京太郎「待ておいこの体勢は色々と不味い!」

穏乃「んー、京太郎の匂いがするー」スゥー…

京太郎「嗅いでんじゃねええええええ!!」



オチも続きもない