「大星淡です
うわーん!ラスボスのはずがカマセにされちゃったあ!!
ねえ!どうしてくれんのよ!!」
「須賀京太郎です え? いや… 俺にそんなこと言われても…」
「何よ、それ! こういう時は、”俺が慰めてやるぜ”
と言いながら、ベッドに連れ込もうとするんじゃないの?!」
「そ、そうなのか? 知らなくてごめん」
「何!こいつ!! すっげーむかつく!!
まさか、私なんか口説く価値すら無いってこと?!
盛大にフって、罵倒してやろうと思ったのにい!!」
「なんかすごい無茶苦茶言ってるけど
まあ、顔はレベル高いよおまえ でも、俺おっぱい厨だからさ」
「なんだとお!!
こんなモブ男に好みに合わないなんて言われちゃうなんて
これが… これが、カマセにされたキャラの運命なの…
くやしい! いよいよもって、くやしいいい!!!」

「しょうがない奴だな、そんなに言うなら布団につれてってやるよ、ほら」
「ふふん!やっと自分の立場が理解できたみたいだね!
だあああれが、あんたなんかと、百回誘ったって
相手してやらないわ、よ~~~~だ!!」
「わかった、わかった 百回はさすがに無理だけど
五回くらいならやってやるから」
「な?! 何いってんのよ!! それがフラれた男の態度なの?!
手を放せー!!」
「まったくうるさい奴だな ほら着いたぞ
たっぷりかわいがってあげるから」
「げっ! 何するんだ?! さわるな! ふ、ふく脱がすな…」
「おまえの制服、変わってるなあ
ワンピース型のセーラー服、前ボタン全開でなんとエロい
生意気だけど顔かわいいし、萌えてきた…」
「ひいっ! な、な、なめるな… やめろよぉ……」
「おまえ何年生?…ちっせえおっぱいべろべろ
へえ、俺と同学年じゃん…ふとももべろべろ
試合視てなかったのかって?
うん、視てなかった…おしり、べろべろべろん」
「う… う… おしっこ出るところなめられ… なんて屈辱ぅ…」
「よし、そんじゃあ同じ学年同士、ふか~く仲良くしようぜ」
「え? ちょっと… やだ! そんなの、おしつけ… う!ぅっ?!
つ!ぁ… いっ!…てえええ!!!」
「おお… すげえ、こりゃ…きちぃ…」
「いっ!たぃ いたいよぉ! ご、ごめん! ごめんなさひ!!
いっ! ぎいぃぃ…」
「おせえよ… ほら…ぜんぶ… はいっちまった…ぜ」
「うぅ… ぐるしぃ からだ…びりびり
いっ?! ぴぎぃ! いだっ! う、うごかない!…でへぇ!」
「く! もう…でちまう! んぉ!…お…」
「あっ! あうぅ…
おなかの中… どっくんどっくん… もっすごい…熱い…
テルー… 白糸台のみんな…
淡はここで… しんぢゃいます… さよおなら……」

気絶した淡はお尻と合わせて十回中出しされて、彼女の学校の宿舎前に
放置されましたとさ