照「唐突ですが問題です」

京太郎「本当に唐突ですね。なんですか?」

照「私は今とても怒っています。もうはらわたが煮えくりかえる思いです」

京太郎「それは大変だ」

照「その理由はどこぞの金髪ヤンキーが……」チラリ

京太郎「誰のことですか誰の」

照「私が大事にとっておいたドーナツを食べてしまったからです」

京太郎「さも自分のドーナツだったかのように言わないでください」

京太郎「あれは元々俺が買ってきたドーナツです」

照「そう、京ちゃんが買ってきた。それを善意で私にくれた。だから私のものになった」

照「だけどやっぱり惜しくなった京ちゃんは私が席を離れている間にさもしくもすべてを貪りつくした」

照「戻ってきてみれば無残にも食べ散らかされたドーナツの欠片とやってやったぜ!と言わんばかりの京ちゃんのしたり顔」

照「もし京ちゃんがこれをやられたら相手を許せる?」

京太郎「そ・も・そ・も!俺はメンバー全員分買ってきてたんですよ」

京太郎「みんなに配り終えた後、さぁ食べようと言ったところで早々に食べ終えた照さんが」

京太郎「『京ちゃんちょっと打とうか。負けたらそのドーナツもらうね』」

照「似てない」

京太郎「とかなんとか無理やり卓に着かせて俺のことを完膚なきまでに叩きのめし」

京太郎「打ちひしがれる俺から非情にもドーナツを強奪したんじゃないですか」

照「・・・」

照「さて、問題の続きですが」

京太郎「待たんかい」

照「こうしてまんまと私に復讐を果たし、悦に浸っている器の小さい金髪ヤンキーが・・・」

京太郎「・・・」ヒクヒク

照「・・・」

照「私を許してくれるためにはどうしたらいい?」

京太郎「・・・」

照「・・・」

京太郎「・・・・・・フゥ」

京太郎「照さん。今日、家に親いないんですよ」

照「・・・」

照「身体で払え、と?」プルプルプル

京太郎「違えよ」


京太郎「コホン。だから夕食は自分で何とかしなくちゃいけないんですけど」

京太郎「よかったら夕飯ご一緒しませんか?ほら、同じ釜の飯を食べたら何とやらとか言いますし」

照「それは・・・」

照「とてもいい案だと思う」ホッコリ

京太郎「・・・・・よし!そうと決まればさっさと部室の片づけ終わらせちゃいますね!」

照「うん・・・」

照「・・・ありがとう京ちゃん」











京太郎「あ、飯代は割り勘でお願いしますね」

照「甲斐性なし」



だめだぁポンコツ照を書こうとしたら池沼照になってしまったかん