京太郎「よ、よぉ、優希……タコス作ってきたけど、く、食うか?」

優希「どうしてこうなったんだじぇ……」

――数日前

優希「今日はまだ誰も来てないし……夫婦水入らずね、あなた」

京太郎「あなたじゃねえっつうの。いいから離れろ」

優希「もう、相変わらずつれないじぇ」

京太郎「あのなあ……つれないも何も俺とお前はそういう関係じゃないからな?」

優希「じゃあどういう関係だ!」

京太郎「どういうって……まあ、友達?男女で性別の違いがあるにしては仲がいいとは思うしな」


優希「……ふぅ、これだから京太郎はダメダメなんだじぇ」

京太郎「な、なんだよその言い草は!」

優希「いいか、京太郎。男女に友情は成立しないんだ!なんだかんだ言って所詮は男と女……
仲良くしている内にそんな雰囲気になってそのままっていうのはよくある話なんだじぇ!」

京太郎「へぇ……ちなみにそれ、どこで聞いた話だ?」

優希「ラジオですこやんとはやりんが言ってたじぇ」

京太郎「……なんかコメントしづらいぞ、その面子」

優希「まあ、確かに……ってそんな事はどうでもいい!とにかくそういう事だから私達は――」

京太郎「そうなると中学時代からつるんでた俺と咲は意識し合ってるわけか。そりゃ大変だ」

優希「……へっ?」

京太郎「まあ、確かに咲は胸はないけど家庭的な部分は俺の好みではあるし……
あれ、そう言われてみると咲って結構良くね?おぉ、確かに男女に友情は成立しないのかも……」

優希「ま、待て、待って!」

京太郎「なんだよ」

優希「な、何事も例外はあると思うんだじょ。だから京太郎と咲ちゃんは普通に友達だじぇ!
普段の咲ちゃんを見ても京太郎を意識してるとは到底思えないしな!」

京太郎「冗談だったのにそこまで強く言われるとさすがに傷つくぞ……」

優希「と、とにかく!京太郎と咲ちゃんの間には友情が成立する!それでこの話は終わりだ、終わり!」

京太郎「じゃあお前と俺にも友情が成立するって事で」

優希「うん、そうだな!」

京太郎「じゃあこの話はここまでって事で。俺、皆が来た時のためにお茶を用意してくるわ」

優希「いってらっしゃーい。あっ、私はタコスジュースな!」

京太郎「そんなのねえから!」

優希「ちぇー……あれ?」


京太郎「今日は高めのお茶葉でも使うか……」

優希「おい、こら京太郎!」

京太郎「なんだ、タコスジュースはないって言っただろ」

優希「そうじゃない!男女の友情云々に関して誤魔化してないではっきり答えろ!」

京太郎「だから俺とお前も咲と同じように例外って事でいいだろう」

優希「そんなに例外がコロコロ転がっててたまるか!」

京太郎「だったら友達ですらないのか?」

優希「なんでマイナス方向にいくんだじぇ!」

京太郎「じゃあどう答えたらいいんだよ……」

優希「うぐぐ……」

京太郎「もう無理すんなって。俺達が友達って事になんか問題があるわけでもないだろ」

優希「ぐぎぎ……」

優希(人の気も知らないでこのヘタレは……!)

京太郎「まあ、そんなにこだわる事でもないしな。それよりお前は何を飲むんだ?」

優希「……」

京太郎「優希?」

優希「京太郎、ちょっと耳を貸せ」

京太郎「は?なん……」

京太郎(待てよ?ここで一々口を出したらまたギャーギャー騒がれるような……
だったら少なくともここは従っといた方がいいか……)

京太郎「はいはい、なんですかお姫様」スッ

優希「……」ガシッ

京太郎「はっ?」

優希「おりゃあああ!!」グイッ!

京太郎「痛っ!?おい優希!お前人の腕を掴んだと思ったら引き倒すとかどういうつもりだよ!?」

優希「なあ京太郎」

京太郎「なんだよ!」

優希「お前は私達の関係を友達だと言ったな?」ズイッ

京太郎「それがどうしたんだよ……つうか乗るなよ!」

優希「だったらこんな事してもおふざけで流せるよな?」ガシッ

京太郎「えっ、お前、何をする気……」

優希「京太郎……」

京太郎「待て、待つんだ優希。わかった、タコスならいくらでも奢るから冷静に……」

優希「んっ……」チュッ

京太郎「!?!!?!?」

優希「んうっ……」

京太郎「!!!?!?!?」ジタバタジタバタ!!

優希「ぷはっ……むうっ、レモンの味なんかしないじゃないじぇ。はやりんめ、嘘をついたのか?」

京太郎「おま、おまままま……」

優希「もっとすればレモンの味がするようになるか?」グイッ

京太郎「は!?おい、待て、まさかまだする気……」

優希「んんっ……」チュッ

京太郎「!!!」

――数分後

優希「はあっ、はあっ……つい熱中してしまったじぇ」

京太郎「」チーン

優希「だけどやっぱりレモン味なんてしなかったじょ……何か間違ってるのか?」

京太郎「」ピクッ

優希「おぉ、そういえば……まだフレンチキスとやらを試してなかったな!」

京太郎「!?」ビクッ!

優希「ふふっ、待ってろよ京太郎……今からもっといいことを……」

ガチャッ

咲「こんにちはー」

和「こんにちは」

優希「あっ」

京太郎「……!」

咲「あれ、優希ちゃんと京ちゃん。そんなところで何してるの?」

優希「ええっと……ちょっとキ――」

京太郎「ちょっとプロレスやってただけだよ!
全く優希の奴ったらこれでマウントポジションは取ったとかはしゃいじまってまいったまいった!」

優希「えっ?」

咲「もう、ポットの近くで遊んでたら危ないよ?」

和「そもそも部室で何をしてるんですか……」

京太郎「あはははは!悪い悪い!じゃあ4人揃ったし麻雀しようぜ麻雀!」

優希「……」

――翌日

優希「むうっ、昨日はあれから京太郎と話せなかったじぇ」

優希(冷静になって考えてみると私とんでもない事をしていたような気もする……
いや、だけどあれくらいしないと京太郎みたいなヘタレには私の言いたい事は……)

京太郎「……」トボトボ

優希「あっ」

優希(噂をすればなんとやら……よし、とりあえず最初はいつも通りに……)

優希「京太郎ー!」

京太郎「っ!?」

優希「おはようだじぇ!」

京太郎「お、おう……」

優希「いやー、今日もいい天気だな!こんな日にはどこか遊びに行きたくなるじぇ!」

京太郎「そう、だな……」

優希(うー、見た感じいつも通りだじぇ。もう少し踏み込んでみれば京太郎が昨日の事をどう思ってるかわかるのか?)

京太郎「……」チラッ

優希「うーん……」

京太郎「……でだよ」ボソッ

優希「んっ?京太郎、今なんか言ったか?」

京太郎「……なんでもない」

優希「んー?」

優希(確かになんか言ってた気がしたんだけど……まあ、いい。とりあえずいってみるか!)

優希「いい天気だし、デートとかしてみたいじぇ」

京太郎「は……?」

優希「ふふん、一緒にどう?あ、な、た♪」ニコッ

京太郎「……」

優希「京太郎?」

京太郎「うっ、あっ……」カアア

優希「えっ」

優希(な、なんだなんだ!?京太郎、顔がすごく真っ赤になってるじぇ!)

優希「きょ、京太郎?」

京太郎「な、なんだ優希?」

優希「いや、その……顔赤いけど熱でもあるのか?」

京太郎「そ、そんな事はないぞ?」

優希「そうか……」

京太郎「し、心配してくれたのか?」

優希「ま、まあな」

京太郎「あ、ありがとうな……」

優希「う、うん」

京太郎「……」

優希「……」

優希(お、おかしいじょ。私達普段どんな事話してたっけ?意識してた事ないから、わ、わからない……)

京太郎「………ぐらい、いい…な?昨日は……」ブツブツ

優希(うああああ、どうすればいいんだじぇ!?)

――清澄高校

優希「うー……」

優希(結局ギクシャクしたままだったじぇ……)

「片岡さーん」

優希「じょ?」

「お客さんだよー」

優希「客って……あっ」

京太郎「よ、よぉ」

優希「京太郎、どうしたんだ?」

京太郎「こ、これ渡そうと思ってさ」スッ

優希「タコス……作ってきてくれたのか?」

京太郎「く、口に合うかわからないけどな。良かったら受け取ってくれよ」

優希「うむ、ありがたくもらっとくじぇ」

京太郎「じゃ、じゃあまた部活でな!」タタタッ

優希「あっ、京太郎!」

優希「はあ……」

優希(なんなんだ、京太郎の奴……いつもならわざわざ教室にまでなんか来ないのに)

「わざわざ手作りのタコス持ってきてくれるなんて片岡さん愛されてるねー」

優希「なっ!?きょ、京太郎はそんなんじゃ……」

「あんなに顔真っ赤だったし意識してるのバレバレだったけどなー」

優希「……」

優希(確かに様子は変だじぇ……だけど、まさか、昨日の事だけで京太郎がそんな……)

優希「だとしたら……」

「片岡さん?」

優希「ううっ……」カアア

「……はいはい、ごちそうさま」

――

優希(それから数日経っても、京太郎の様子は全く変わらなかった)

京太郎「な、なあ優希、なんかしてほしい事とか困った事ないか?」

優希「えっ、いや、特に……」

京太郎「そ、そうか……」

優希「あ、ああ!そういえばちょっと喉が渇いたかも……」

京太郎「本当か!?待ってろ、今飲み物入れるから!」

優希「う、うん……」


久「ねぇ、あれどうしたの?須賀君がまるで甲斐甲斐しく部活の想い人の世話を焼くマネージャーみたいになってるんだけど」

咲「私にもよく……」

和「ゆーきもすごく戸惑ってますね……」

まこ「京太郎相手に戸惑う優希とか珍しいもん見たわ」

優希(ある時は……)

京太郎「優希」

優希「あっ、京太郎……」

京太郎「これ……」

優希「えっ、これお弁当か?」

京太郎「いつもいつもタコスばっかりってのもあれだしな……ちょっと頑張ってみた」

優希「ちょっとって……」

優希(手、絆創膏だらけなのに何言ってるんだじぇ……)

京太郎「ま、まずかったら残してくれていいからな!じゃあまた後でな!」

優希「……」パカッ

優希(このお弁当、私の好きな物とかタコのつく物ばっかりだじぇ……)

優希「京太郎……」

京太郎「じゃあまた部活で……」タタタッ

優希「はあ……」

和「あの、大丈夫ですかゆーき?」

優希「あっ、のどちゃん……私はどうすればいいんだじぇ」

和「そもそも須賀君がどうしてああなったのかわからないので何を言ったらいいのか……何かあったんですか?」

優希「実は……」

――少女事情説明中

優希「……というわけなんだじょ」

和「」

優希「のどちゃん?」

和「まさかゆーきがここまでお馬鹿さんだったなんて……」

優希「そ、それはあんまりだじぇ!」

和「あんまりどころか生ぬるいくらいです!ゆーき、あなたのした事は下手をすれば犯罪ですよ!?」

優希「ううっ……」

和「とは言ったものの、須賀君が問題にしていないどころかああして
ゆーきに尽くしだした事を考えると、意識させるのは上手くいったといえるんじゃないでしょうか?」

優希「ううー、だけど私は京太郎に尽くしてほしいわけじゃないじぇ」

優希(私はただ……)

和「確かに尽くすと言っても最近の須賀君は少々やり過ぎな気もしますね……わかりました」

優希「のどちゃん、何かいいアイデアを思いついたのか?」

和「まずは須賀君の気持ちを確かめたいですね……咲さんに協力を要請しましょう」



――部室

咲「京ちゃん」

京太郎「んっ、なんだ咲か」ジュー

咲「なんだは酷いよ……というか何してるの?」

京太郎「タコス作ってるんだよ」

咲「わざわざ調理器具持ち込んできたの?」

京太郎「家で作るとどうしても出来たては食べさせられないからな……やっぱり食べてもらうからには出来たてがいいだろ?」

咲「……ねぇ、京ちゃん、どうしちゃったの?」

京太郎「どうしたって?」

咲「最近の京ちゃん、まるで優希ちゃん専属のマネージャーみたいになってるよね?
あんなにぶつくさ言ってたのに今じゃ自分から優希ちゃんの世話焼こうとするし」

京太郎「まあ、な」

咲「優希ちゃんと、何かあったの?」

京太郎「……なあ、咲」

咲「なに?」

京太郎「男女の友情って成立すると思うか?」

咲「それは、成立するんじゃないかな?だって私達が実際そうだし」

京太郎「そうだよな……俺もこの前までそう思ってた」

咲「今は違うの?」

京太郎「いや、咲とは成立すると思ってるぜ?お前はいい友達だってな」

咲「うん」

京太郎「だけど、あいつに関しては正直わからなくなった」

咲「優希ちゃんの事?」

京太郎「……あいつさ、泣いてたんだ」

咲「えっ?」

京太郎「人を引き倒して、無理やりキスなんかしやがって、口じゃ余裕ぶってたくせに……
いざやったら泣いちゃっててさ。キスされて混乱してたはずなのにそれだけは妙に印象に残った」

咲「……」

京太郎「驚かないんだな」

咲「えっ、あっ……!」

京太郎「わかってる。大方俺の様子を探るように頼まれたんだろ?」

咲「……ごめん」

京太郎「謝るなよ。俺もちょっと空回りしてた気がするから誰かに吐き出したかったしな」

咲「……」

京太郎「話の続きだけどさ、そんなあいつは当然普段俺をからかってくるあいつとは全然違って見えて……
月並みな表現で言えば」スタスタ

咲「あっ、京ちゃん、そのロッカーには……」

バンッ

京太郎「――お前の事ばっかり考えるようになっちまったよ、優希」

優希「あ」

京太郎「なあ、どうしてくれんだよ優希。最近じゃ寝ても覚めてもお前の事ばっかなんだぜ?」

優希「ご、ごめ……」

京太郎「俺は謝ってほしいわけじゃない」

優希「うっ……」

京太郎「お前ときたらあんな事したわりにはあんまり変わった様子見せてくれないしよ……
正直お前の気持ちが全くわからなかった」

優希「……」

京太郎「下手を打って嫌われたくないから普段以上に世話焼いたけど、それが正しいのかなんてわかるわけないし」

京太郎「だけど俺もう嫌なんだわ。こんな気まずい空気でいるのは」グイッ

優希「京太郎……」

京太郎「嫌なら、ひっぱたいてでも何でもいいから止めてくれよ?」

優希「……やっぱり京太郎はダメダメだじぇ」

京太郎「な、なんでだよ!?」

優希「嫌なら、そもそもあんな事してないじぇ」

京太郎「……」

優希「だろ?」

京太郎「そりゃあ、そうだ」

チュッ

優希「んっ……あれ?」

京太郎「どうした?」

優希「レモンの味がするじぇ……」

京太郎「ああ、さっきまでレモン味の飴なめてたからだな」

優希「……いや、違うじぇ」

京太郎「違う?」

優希「きっとこれが、私達のファーストキスなんだじょ。この前みたいな1人でやってるようなのとは違う本当の……」

京太郎「……似合わないな」

優希「どうせ私はそういうの似合わないじぇ……」

京太郎「だけど、嫌いじゃないぜそういうお前も」チュッ

優希「あうっ……」

京太郎「優希、この前の話だけどさ」

優希「話?」

京太郎「男女の友情云々の話」

優希「ああ……」

京太郎「少なくとも、お前とは友情で済ませそうにないわ……こんな事してて今更だけど、俺とつき合ってくれるか?」チュッ

優希「はうっ!よ、よろしくな京太郎……」チュッ


咲「……私、どうしたらいいんだろう」

和(いざという時のために隣のロッカーに控えてましたけど……私、ゆーきに忘れられていませんか?)



――ラジオ局

恒子「――というわけで、すこやん、はやりんの持論のおかげで
好きな子と付き合えるようになりました!ありがとうございました!」

健夜「……」

はやり「……」

恒子「はい、ラジオネームタコス大好きっ子さんと彼女大好きっ子さんのお二人からいただいたお便りでしたー!
いやー、さすがすこやんに瑞原プロ。悩める若人の恋の悩みを解決するなんて!」

健夜「……」

はやり「……」

恒子「あっ、ちなみにすこやんは今日お誕生日だったね。おめでとうすこやん!」

健夜「私、何か悪い事したっけ……?」

はやり「長野県の……よし、覚えたよその名前☆」

カン!