まこ「ロン8000」

和「ロン12000」

咲「ツモ嶺上開花16000」

京太郎「………」

優希「また京太郎の飛びだじぇ」

まこ「しかも三連続振込で東三局でとはのう」

和「私の立直に対しても一発で無スジを切って振り込むし、他に切る牌があったでしょう?」

優希「まったく、どうしても打ちたいって言うから代わってやったのに」

咲「まっ、まあまあ皆、あまりきつく言ったら京ちゃんがかわいそうだよ」

咲「今日はちょっと調子が悪かっただけだよね?京ちゃん」

京太郎「…」

和「咲さん、そうやって甘やかしてばかりでは須賀君もいつまでたっても成長しませんよ」

まこ「そうじゃのう時には厳しい言葉も必要じゃろう」

優希「その通り!と言うわけでこの私が手本を見せてやるじぇ」

京太郎「…ちょっと買い出しに行ってくる」ガタッ

優希「って、おっおい!」

バタン

優希「行っちゃったじぇ」

「皆おつかれー」ガチャ

咲「竹井先輩お疲れ様です」

久「朝から頑張ってるわねー。はい差し入れよー」

まこ「わざわざすまんのう」

久「ただのジュースだけどね。ところで須賀君何かあったの?」

久「今擦れ違ったんだけどずいぶん元気なさそうだったんだけど」

咲「京ちゃん…やっぱりきつく言い過ぎたのかなぁ」

久「何かあったわけ?」

咲「ええ、実は…」

久「成程ねー、でもそれは和達が正しいと思うわよ」

咲「先輩まで」

久「まぁ聞きなさい、いい須賀君にはあなたみたいにやれ牌が見えるだの」

久「やれ嶺上開花ツモれるだの、そんな能力はないわけじゃない」

和「そんなオカルトありえません」キリッ

久「そんな須賀君が『負けたのは調子が悪かっただけ』なんて言ってたら一生上達しないわよ」

咲「それはそうですけど…」

久「とは言えそれに関しては私にも責任があるのよねぇ」

咲「えっ?」

久「須賀君は初心者なんだから本当なら部長の私が指導してあげなくちゃいけなかったんだけど」

久「全国制覇を優先させてそれが疎かになってたばかりか、雑用を押し付けてばかりだったじゃない?」

まこ「確かにのう、じゃがそれを言うならわしら全員の責任じゃ」

優希「犬がご主人様に尽くすのは当然だじぇ!」

和「優希…あなたが一番須賀君に用事を押し付けていたんですよ、少しは反省しなさい」

久「まぁそんなわけで須賀君には今まで迷惑をかけてきたし、私も部活を引退して暇になったことだし」

久「これからはお姉さんが手取り足取りやさ~しく教えてあげるとしましようか、色々とね。フフッ」

優希「じょ!!」

咲(…まさか竹井先輩、京ちゃんの事…、ううんそんなわけないよね、この間も女の人とデートしたって言ってたし)

咲(竹井先輩も京ちゃんが好きだなんて、そんなオカルトありえないよね)

京太郎(…今日も勝てなかった、これで20戦連続で最下位)

京太郎(そりゃあ俺は弱いさ、でも以前はここまで酷くはなかった、夏以降全然勝てなくなった)

京太郎(当然だよなみんなが合宿したりIHで全国の強豪と戦って成長している間、俺がやっていたのは雑用ばかり)

京太郎(これじゃあみんなから引き離されるにきまってるよなぁ)

京太郎(ハァ、麻雀部に入って雑用って、何やってんだろうなぁ俺)ドン!

京太郎「痛っ!すみません、よく前見てませんでした…って、ハギヨシさん!」

ハギヨシ「久しぶりですね京太郎君、こちらこそすみません怪我はありませんか?」

京太郎「いえ、軽くぶつかっただけですから…」

ハギヨシ「それは安心しました。ところで、元気がない様に見受けられますが何か悩み事がおありですか?」

京太郎「えっ、そっそれは…」ドキッ

ハギヨシ「今時間はありますか?私でよければ相談に乗りますが?」

京太郎「…そうですね、お願いしてもいいですか?」

ハギヨシ「もちろんですよ、近くにお勧めのお店があるのでそこで話を伺いましょう」

イラッシィマセー

ハギヨシ「アイスティーをお願いします」

京太郎「俺もアイスティーで」カシコマリマシター

ハギヨシ「さて、早速ですが一体どんな悩みがあるのですか?」

京太郎「はい、実はですね…」

ハギヨシ「成程、麻雀が…ですか」

京太郎「俺だって清澄麻雀部の一員なんです。このまま雑用ばかりやって皆において行かれるなんて嫌だ!」

京太郎「俺だって強くなりたい!和にだって咲にだって勝てるくらいに!その為ならなんでもやります!だから…」

ハギヨシ「んっ?今何でもするっていいました?」

京太郎「えっ、あっ、はい」

ハギヨシ「わかりました、京太郎君にそこまでの覚悟があると言うのでしたらこれを授けましょう」

京太郎「なんですかこれ?錠剤…薬ですか?」

ハギヨシ「それはですね…」

京太郎「麻雀が強くなる代わりにホモになる薬~~~~~!?」

ハギヨシ「シッ、声が大きいです!」

京太郎「すっすみません。でも…」

ハギヨシ「それは龍門渕の化学班が開発した秘薬です。服用した者の雀力を飛躍的に上昇させる魔法の薬なのです」

京太郎「嫌…でも…そんなもの…」

ハギヨシ「あるわけない、そう思いますよね?普通は。でも証拠ならありますよ」

京太郎「証拠?」

ハギヨシ「はい、私が証拠です。わたしはかつてこの薬を飲んだことがあります」

京太郎「えっ?そっそれじゃあハギヨシさんは…」

ハギヨシ「はい、ホモです」ニコッ

京太郎「」

ハギヨシ「そういうわけですから効果のほどは保証します。後は京太郎君次第です」

京太郎「でもホモになるのは…」

ハギヨシ「京太郎君の心配もわかります、私も初めはそうでした」

ハギヨシ「でもいざホモになったらホモであることなんて気にならなくなりますよ、だってホモですから」

京太郎「そういう問題じゃ…」

京太郎(いやっ、何を悩む必要がある須賀京太郎!こんなチャンスは二度とないんだ!)

京太郎(この機会を逃せば一生雑用係で終わってしまう、そんな人生でいいのか!)

京太郎「…わかりました、その薬、もらいます!」

ハギヨシ「さすがです、それでこそ私が見込んだ方だ。それでは…どうぞ」スッ

京太郎「では…いただきますっ!」ゴックン

京太郎「………………」

京太郎「………………」

京太郎「っ!?こっ、これは!?」

ハギヨシ「どうですか?京太郎君」

京太郎「力が…体の奥底からとてつもない力が湧き上がってくる!!」

ハギヨシ「それが雀力です。今京太郎君の体内でまさしく無限ともいえる雀力が生み出されているのです」

京太郎「これが雀力…ハギヨシさんありがとうございます!この力があればきっと咲にだって勝てます!」ギュッ

ハギヨシ「礼にはおよびませんよ。京太郎君の力になれたことは私にとっても喜びですから」

ハギヨシ「それよりもあなたには行かねばならない場所があるはずです。会計は私が済ませておきますから」

京太郎「ハギヨシさん…このお礼は必ずします」ダッ

ハギヨシ「頑張ってください、京太郎君…」

京太郎「たのもーーーーーーうっ!!」バタンッ

咲「わっ!びっくりしたー、急にドア開けないでよ京ちゃん…」

京太郎「竹井先輩も来ていたんですね」

久「おかえりなさい、今皆であなたの事を話していてね…」

京太郎「フッちょうどいい、全員俺と勝負だ!」

和「はい?」

優希「いきなり何言ってるんだじぇこのバカ犬は?」

京太郎「黙れタコス!」

優希「タッ、タコスぅ~!?」

京太郎「俺は生まれ変わったのだ!もはや貴様らに融資するだけの機械ではない!俺は麻雀の神となったのだ!」

京太郎「そう、地獄の底から蘇った神、ヘルゴッド京太郎と呼べ!」

優希「ダサッ!」

まこ「ヘルゴッドって…語呂悪すぎじゃろ…」

咲「ヘルカイザーとかの方がかっこいいですよね」

和「これが今はやりの中二病というものなんでしょうか?」

京太郎「フッそんな口が利けるのも今のうちだけだ。さあ咲!まずは貴様からだ!」

咲「わっ私?打つのはかまわないけど…」

優希「咲ちゃん私もやるじぇ!誰がご主人様か…もう一度躾け直してやる!」

久「しかたないわねぇ…それじゃぁあと一人は和が入ってくれる?」

和「いいんですか?須賀君このままで?」

久「何があったかはしらないけど、随分と自信があるようだし…一回くらい相手してあげても罰はあたんないでしょ」

和「まぁ…そう言われるのでしたら…」

京太郎「決まったな、それでは勝負開始だ!」

東一局 ドラ南 東・優希25000 南・京太郎25000 西・和25000 北・咲25000

優希「ダブルリーチだじぇ!!」④

まこ(親のダブリー、待ちは…)


三四(五)222567①①⑨⑨


まこ(モロ引っ掛けの①⑨のシャボ待ち)

久(それに対して須賀君の手牌は…)

二四七八八3445②⑨東南 ①


久(一発で当たり牌つかまされるとはねぇ、スジの①切り、真っ直ぐ言ったとしても⑨でズドンね)

京太郎「…」 東

久(東!?)

和(親リーの一発目に生牌の東ですか)

和(どんな手が入っているのかは知りませんがそんな打牌をしていては何時までたっても初心者のままですよ)

二順目

優希「ツモ!6000オール!」


三四(五)222567①①⑨⑨ ⑨ 裏ドラ7


京太郎(………)フッ

久(笑った!?やはりあの東切りは待ちを見抜いてのものなの…?)

東一局 二本場 ドラ② 東・優希49300 南・京太郎16900 西・和16900 北・咲16900

和「リーチ」④

優希「ポン!」

京太郎(和のリーチに優希も中と④鳴いて聴牌か。優希は安手だがこれ以上連荘はさせられないしここは…)⑤

和「ロン。8300」


五六七5(5)678③④⑤⑥⑦ ⑤


優希「こらーバカ犬―!まーた一発でそんな牌切って!おかげで私の親が流れちゃったじゃないかー!」

京太郎「親が流れたんならこっちはOKじゃねーか。それに…これで自力で親を持ってきたしな」

優希「なにが自力だ、全く…」ブツブツ

和(配牌が良くなるとでも言いたいんでしょうか、全くバカバカしい)

久(今の⑤は⑤⑥⑦からの抜き打ち…完全に待ちを読みきっている!)

東二局 ドラ2 東・京太郎8600 南・和25200 西・咲16900 北・優希49300

一巡目

京太郎 八八九123②③⑨東東東北中

久(ダブ東暗刻の二向聴)

まこ(まさか自力云々は関係ないじゃろうが、親満ぼぼ確定の好配牌)

京太郎「…」九

久(一打目からチャンタの消える九打ち!?)

五順目

京太郎「リーチ」②

八八2233③③⑨⑨東東北

まこ(あの配牌が五順でチートイドラドラにっ!)

久(須賀君の捨て牌は九1中東②の北の地獄待ち…これは読めないっ!)

和「…」北

京太郎「ロン、18000!」

優希「のわっ!のどちゃんが京太郎に振り込んだじぇ!」

和「…五順目の字牌地獄待ちなんて読みようがありませんから」

四順目

京太郎 二二九九九779北北北白白 二

まこ(あっありえん!今度は四順目のツモりスーアン聴牌じゃとっ!)

久(今までの須賀君とは違う…これが…この力がヘルゴッド京太郎なの!?)

京太郎(張ったか、思えば役満を和了るのはこれが初めてだな。人生初の役満ツモで華麗に勝利といくか)

京太郎「見ろ!これがヘルゴッド京太郎の真の力だ!リーチ!」9

咲「カン」

京太郎(咲!?)

咲「ツモ。嶺上開花8000」ドッ

四四24東東東西西西 9999 3

京太郎(9は生牌、咲の事を考えれば当然の7切り。それを役満に目がくらみ9切りとは…俺もまだまだだな…それにしても)

京太郎「今の俺から直撃をとるとはさすがは俺が唯一認めた相手。それでこそ倒しがいがあるというものだ」

咲「…」

和(どうでもいいですけど先ほど私も須賀君から和了ったんですけどね)

東三局東・和7200 南・咲25900 西・優希49300 北・京太郎17600

京太郎「ツモ。1000・2000」

南三局 三本場 ドラ八 東・和24200 南・咲22000 西・優希24300 北・京太郎29500

優希(東場は断トツトップだったのに3位と100点差の2位に。なにより京太郎がトップなのが許せないじぇ!)

京太郎(ここにきて和が3着浮上か。だがそれよりもラス転落の咲…。来るならここか!)

咲「カン」中中中中

京太郎(来たか!)

咲「カン」②②②②

咲「ツモ。嶺上開花1600・2900」

34567白白 ②②②② 中中中中 2

京太郎(捲られたか…)

オーラス ドラ三 東・咲28100 南・優希22700 西・京太郎27900 北・和21300

まこ(トップは咲、わずか200点差で京太郎が2着。西入はないから1000点でトップ終了…その局面で!)


七七七八八八144777⑤ 4


まこ(またしても四暗刻…しかも単騎待ち!)

久(しかし今は役満なんていらない局面。32000点の単騎待ちより1000点の両面待ちの方が遥かに価値はある)

久(はたして和了れるの?その四暗刻!)

和「…」七

京太郎「カン!」

咲「!?」

まこ(スッタンを捨ててダイミンカンじゃとっ!)

久(確かにスッタンなんていらない状況ならツモを増やすダイミンカンはありだけど…咲じゃあるまいしそうそう嶺上なんて…)

京太郎「…」 四

久(さすがにね)

咲「………」

和(ダイミンカン…咲さんの真似でもしてるのでしょうか) ⑥

咲「!?」

咲(今の⑥はツモ切り…京ちゃんのカンが無ければ私はあの⑥を暗カン。そして嶺上の四で…)


五六22①②③⑥⑥⑥⑦⑧⑨


咲(和了っていた!)

咲(まさか京ちゃんのカンは和了る為じゃなく私の和了り牌を食い取るために…)

咲(あの⑥はカン出来ない。もう王牌に四七は無い、鳴けば役なしになる。自力でツモるしかない…)

京太郎「…」

咲「………」 1

京太郎「ロン」


八八八1444777 七七七七 1


京太郎「トイトイ三暗刻…8000。俺の勝ちだな、咲!」

咲「あっ…///」キュン

優希「ぬおぉぉぉぉぉぉぉ!きょきょ京太郎がトップだとぉぉぉぉぉ!」

京太郎「へへーん、どーだ見たか俺様の実力を」

優希「なっ…まぐれで一回勝っただけで調子になるなー!」

和「優希、そんな言い方は失礼ですよ」

優希「ぐぬぬ…」

京太郎「やーいやーい、怒られてやんの」

和「須賀君もです。麻雀はどんなに強い人でも負けることがある…逆に言えばどんなに弱い人でも勝つことがあるんです」

和「まぐれやたまたまなんて言う気はありませんが、半荘一回勝っただけで調子に乗ってはいけませんよ」

京太郎「うっ、わかってるよそんなの…」

和「とはいえ今日の須賀君の打ち筋がいつもと違った事は認めますが…」

咲「…っか…よ…」

和「咲さん?」

咲「もう一回勝負だよ!京ちゃん!」バァンッ

京太郎「どわっ、卓を叩くな卓を」

咲「もっかいだよ!きょっ京ちゃんに負けたままでなんか終われないんだからっ!」

優希「そう通り!勝ち逃げなんて許さないじぇ!」

和「そうですね。須賀君が本当に強くなったのかどうか、もう少しやってみないとわかりませんからね」

まこ「ちょっと待たんかい、次はわしらの番じゃろ」

久「そうよ、後ろであんな闘牌見せられて黙ってらんないわよ。久しぶりに血が騒ぐわ」

久「と言うわけで2抜け3抜けで私、まこ、須賀君、咲で行くわよー」

京太郎「いいですよ。まとめて相手をしてあげますよ」

咲「つっ次は負けないんだから!」

まこ「それじゃあ今日はこの辺にしようかのう」

全員「お疲れ様でした!」

和「それにしてもあれから半荘5回やって須賀君のオールトップですか…」

優希「こんなオカルトありえないじぇ…」

京太郎(これも全部ハギヨシさんのおかげだ。何かお礼をしなきゃな)

京太郎(よしっ、明日は日曜だし龍門渕まで行って直接お礼をしに行こう!)

京太郎(何をあげたら喜んでくれるかなあ、ハギヨシさん…)

久「そうね、さすがはヘルゴッドってとこかしらねぇ」

京太郎「うっ、そっそろそろヘルゴッドはやめてくれたら嬉しいんですけど…」

久「なによぉ、呼べって言ったのは自分でしょ」

京太郎「あの時は何と言うか自分でも意味不明な位ハイテンションでして…」

京太郎「落ち着いたら恥ずかしいと言うかそもそもダサいと言うか…」

京太郎「とにかくヘルゴッドは忘れてください!お願いします」

優希「フフーンしかたない。これからはきちんと犬と呼んでやろう」

京太郎「犬はやめろっ!」

和「はぁ、わがままですねえ、まったく」

まこ「こらこら遊んでないで早ようせんか、鍵かけるぞ」

京太郎「あっ、すみませーん…って咲?」

咲「…」

まこ「ん?どうかしたんか咲」

咲「すみません…先に帰っててもらえますか?鍵は私がかけておきますから…」

京太郎「どうしたんだ?気分でも悪いのか」

咲「…」

京太郎「おい、さ…」

優希「おいバカ犬!さっさとこっちに来い!」グイッ

京太郎「なっなんだよ腕引っ張るなよ!」

まこ「それじゃあわしらは先に帰るけん、戸締りはしっかり頼んだぞ」

咲「…」

京太郎「おい優希いいかげん腕離せよ!咲が心配じゃねぇのかよ!」

優希「だからお前はバカ犬なんだじぇ!咲ちゃんの気持ちがわからないのか!」

京太郎「はぁ?気持ち?」

優希「いいか咲ちゃんと言えば泣く子も黙るIHチャンピオンだ!」

優希「それがお前みたいな犬に負けたとあれば咲ちゃんのプライドはズタズタだじぇ」

京太郎「なんだよそれ…」

優希「とにかく!咲ちゃんは今一人になりたんだ」

優希「ここはその気持ちを汲んでそっとしておいてあげるのが友情と言うものなんだじぇ」

京太郎(咲…)



咲(今日の京ちゃん…かっこよかったなぁ…)ポー

咲(ううん!もちろんいつもかっこよくて、やさしくて、気が利いて、料理も得意で…)

咲(これで麻雀まで強くっちゃったら私…あっ!いけない…)

咲「勃って来ちゃった…///」ムクムクッ

咲「ハァ、ハァ、京ちゃん…京ちゃん…」シコシコ

咲「だっ駄目だよぉ…私…男の子なのに…」シコシコ

咲「京ちゃんで…オッ…オナニーなんて…」シコシコ

咲「京ちゃん…京ちゃん…」シコシコ

咲「イクッ!イッちゃうよぉ!京ちゃん…京ちゃぁぁぁぁぁぁん」シコシコシコシコ

京太郎「咲、大丈夫か?」ガチャ

咲「えっ?」

京太郎「えっ?」

咲「…」

京太郎「…」

咲「………うっ」ドピュッ

京太郎「…」

咲「…うっうっ…」ジワッ

咲「びえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇん!!」

京太郎「!?」

咲「ふえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっぇぇぇぇん!!」

京太郎「なっ泣くな咲!ほら落ち着けって!」

咲「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!」

京太郎「ようやく泣き止んだか…」

咲「うん…ごめんね京ちゃん…」

京太郎「いやぁそれはいいんだが…その…あれだな…お前って…」

咲「うん…男…だよ…」

京太郎「まじかよぉ、いっいつからなんだ?」

咲「いつからって…生まれた時からだよぉ…」

京太郎「そっ、そりゃそうだよな、じゃあなんで女のふりしてたんだ?」

咲「それがね…宮永家に生まれた男は女として生きなければならないという厳しい掟があるの」

京太郎(なにその適当に考えた設定…)

咲「ごめんね京ちゃん…今までずっと騙してて」

京太郎「べっ別に謝んなくていいよ。そりゃびっくりしたけど…俺とお前の仲だろ」

京太郎「男かと女とか関係ねーよ。だから、そんな事気にすんなよ」

咲「京ちゃん…」ジワッ

咲「…あのね京ちゃん。実はもう一つ京ちゃんに内緒にしてたことがあるんだ」

京太郎「ん?まだ何かあんのか?今更何言われても驚かないし、言ってみろよ」

咲「それじゃあ言うよ…あのね…私…私…」

咲「京ちゃんが好きなの!!」

京太郎「はいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!?」

咲「好きなの!始めてあった時からずっと…ずっと京ちゃんが大好きなの!!」

京太郎(さっ咲が俺の事を好き!?そんな事考えたことなかったが…)

咲「京ちゃん…」ウルウル

京太郎(かわいい!今まで咲の事かわいいなんて思った事一度もなかったのに…)

京太郎(いやっ落ち着け須賀京太郎。相手は男だ!ホモじゃあるまいし男相手にかわいいなんて…)

京太郎(…あっ、ホモだった)

京太郎(なんだ、なんの問題も無いじゃないか)

咲「…ごめんなさい…京ちゃん…」グスッ

京太郎「咲?」

咲「男にっ…告白なんかされたって…気持ち悪いだけだよね…」

京太郎「おっおいなに勝手に話進めてるんだよ!」

咲「えっ?」

京太郎「俺も!俺もお前が好きだ!!」

咲「なっ何言ってるの京ちゃん。私…男なんだよ…」

京太郎「心配するな!俺はホモだ!!」ドンッ

咲「はいっ?あの…もう一回言ってもらってもいいかな」

京太郎「俺はホモだ!!」ドンッ

咲「」

京太郎「嘘だと思うか?なら証拠を見せてやる!」ガバッ

咲「きゃぁぁぁぁ!いきなりズボン下してなにやってるの!」

京太郎「目をそらすな咲ぃ!これを見ろ!」ビキィビキィ

咲「ふえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

咲(京ちゃんのおおおおちんちん…あんなにおっきくなってる…)

咲(てゆーかおっきすぎるよぉ!私のおちんちんよりすっと大きい…)

京太郎「わかったか咲。これがお前を好きだという何よりの証拠だ」

咲「京ちゃん…ホントに…本当に私でいいの…?」

京太郎「もちろんだ。咲、愛してるぞ」

咲「京ちゃん…んっ…んっ…んちゅっ…はぁ…」





京太郎「咲!中で出すぞ!」 パンパンドピュッ

咲「京ちゃん!私もイッちゃうよぉぉぉぉ!」ドピュドピュ



京太郎(結局部室で朝までやってしまった。今日も部活があるから皆が来るまでに後片付けしないとな)

咲「うーん…むにゃむにゃ…」

京太郎「おっ、咲目が覚めたか?」

咲「ふえっ、京ちゃん?なんで私の部屋に…って!なななななななんで裸なの!?」

咲「てゆーか私も裸じゃない!京ちゃんのバカッ!エッチ!ヘンタイ!こっち見ないで!」

京太郎「なに寝ぼけてんだよ。昨日の事忘れたのかよ?」

咲「昨日の事って…あっ」カァ

京太郎「思い出したか?」

咲「うっうん、ちょっと恥ずかしいけど…えへへ」

咲「私達…その…こっ…恋人になったん…だよね…?」

京太郎「…ああ、これからはずっと一緒だ。愛してるぞ咲」ギュッ

咲「京ちゃん…うれしい…。ずっと、ずっと一緒だよ」




咲「ツモ!嶺上開花4000オール」

京太郎「ぐはぁっ!トップ捲られたかぁ」

咲「へへーんだ。京ちゃんの分際で私に勝とうなんて百年早いんだよー」

京太郎「何言ってんだ、これで今日の成績は五分五分になっただけじゃねぇか」

優希「また咲ちゃんと京太郎の1位、2位で終了だじぇ」

久「仮にも全国優勝した私たちがこうも相手にならないとはねぇ…」

まこ「咲はもちろん、京太郎の実力も本物のようじゃのう」

和「そうですね。それにしても…」チラッ

京太郎「調子に乗ってんのはお前の方だろーが。うりゃうりゃ」イチャコライチャコラ

咲「やだー、やめてよぅ髪の毛くしゃくしゃしないでぇ」キャッキャッウフフ

和「何と言うか…」

まこ「あの二人…」

優希「随分と…」

久「仲がいいわね…」

京太郎「あっ、やっぱりわかります?」

咲「えへへ」

和「はいぃ?えっと…それはどういう意味…ですか?」

咲「えっとね、実は私達…」

京太郎「付き合う事になりました」

優希「えっ…?」

久「ええぇっ!?」

まこ「なんじゃとっ!?」

和「」

京太郎「ちょっ、皆してそんなに驚かないで下さいよ」

咲「そうですよ。そんなに意外ですか?」

久「ごめんなさい、そう言うわけじゃないんだけど…いきなりだったから…」

まこ「じゃがなんにしろめでたい話じゃ。皆でお祝いしてやらんとな、ははっ…」

優希「そうだな…二人ともおめでとう…だじぇ…」

和「そんな…」

京太郎「おうサンキュー。よーしもう遅いし最後に半荘一回やって終わりにしましょうか」

咲「そうだね。次こそ京ちゃんをラスにしてあげないとね」

和「そんなオカルト…」

京太郎「言ったなー。お前こそ覚悟しろよー」

咲「それじゃあ行っくよー京ちゃん」

京太郎「おう!」

和「そんなオカルト…ありえませーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!!」


その夜の原村邸

和「うっ…うっ…ありえません…」

和「咲さんと須賀君が恋人同士になるなんて…」

和「そんなオカルトありえません…ぐすっ」

和「須賀君…須賀君…」シコシコ

和「うっ…うっ…どうして…どうして咲さんなんですか…」シコシコ

和「あなたは胸の大きな女性が好きじゃなかったんですか…」シコシコ

和「それなのにどうして…私じゃなく、咲さんなんですか…」シコシコ

和「ハァハァ…須賀君…須賀君!…」ドピュ

和「ふふっ…なにを馬鹿な事を言ってるんでしょう…」

和「須賀君が好きなのは胸の大きな『女性』」

和「私みたいに馬鹿みたいに胸の大きい『男』じゃないですよね…」

和「うっ…うっ…須賀君、須賀君…」シコシコ

優希「ハァハァ…京太郎…京太郎!」シコシコドピュッ

優希「なんで…なんで私は女に生まれなかったんだじぇ…」

優希「そうすれば…私も咲ちゃんみたいに…京太郎と…」

優希「うえっ…ひっく…京太郎…京太郎…」シコシコ

まこ「ハァハァ…京太郎…京太郎!」シコシコドピュッ

まこ「ふぅ、それにしても京太郎と咲がのう…」

まこ(悔しいが意外どころかお似合いじゃからのう)

まこ(もしわしが女じゃったとしても、とても敵う相手じゃないか…)

まこ「京太郎…京太郎…」シコシコ

久「須賀君…須賀君!」シコシコ

久「須賀君、貴方が好きなの…」シコシコ

久「貴方を忘れるために何人もの女と寝たけど…忘れられない」シコシコ

久「貴方が好きなの、貴方じゃないと駄目なの…」シコシコ

久「ハァハァ…須賀君…須賀君」シコシコドピュ

久「あきらめ…きれないわね…」



その後、なんやかんやで全員男なのがばれて京太郎のホモハーレムが完成しましたとさ

めでたしめでたし

カン