番外編【メンバーとお昼ごはん】



~怜side~


怜「須賀君。一緒にお弁当たべよーや」

京太郎「いいっすね。たまには。じゃあ部室でいいですか?」

怜「昼休みな。楽しみに待ってるでー」


………
……


京太郎「実は今日のは自信作でして」

怜「自分で作っとるん!?須賀君はポイント高いなぁ」

怜「ほな一口」パクッ

京太郎「あ!園城寺先輩!」

怜「………………」

怜「ちょ…美味しいやん…。アカンわ…これアカンわ」モグモグ

京太郎「ちょ…ちょっと園城寺先輩!?」


すっからかん


怜「須賀君…私のお嫁に来てええで。大歓迎や」

京太郎「…それなら先輩が嫁に来てくださいよ」

怜「~っ!す…須賀君は冗談返すんが上手いなぁ…」///


怜「と…とりあえず全部食べてしもうて悪かったわ…。これ私のお弁当」

京太郎「あー…。頂けるならいただきます」

怜「ほな。口開けてーな。あーん」

京太郎「え?」

怜「正直一回やって見たかったんや。…アカン?」

京太郎(涙目で言われたらノーとは言えないじゃないですか!)

京太郎「だ…ダメじゃないですけど…」

怜「ほな。あーん」

京太郎「あ…えっと…あ…あーん」パクッ




京太郎「…な…なんというか…」

怜「…な…なんか…思っとったより…恥ずいなぁ…」///



fin!


~セーラside~


セーラ「京太郎ー。一緒に飯食おー」

京太郎「セーラ先輩は良いんですか?」

セーラ「?ええに決まっとるやん。何かあんの?」

京太郎「いや…特にないですけど…」


<ワタシノセーラセンパイガトラレタ…
<ワタシノプリンスガー


京太郎(セーラ先輩…ファンが多いのか…?)


………
……


セーラ「やっぱたこ焼きやな!」

京太郎「美味しいですね。このたこ焼き」

セーラ「ホンマいくらでもいけるわー」ホフホフ

京太郎「せ…先輩…!?そんながっつくと危ないですよ!?」

セーラ「…!~~~!」

京太郎「ちょっ!?セーラ先輩!?」

セーラ「みふ!みふ!」

たこ焼き屋(…どうやらカップル専用の激辛たこ焼きがあたったようやな…!リア充爆発せえや!)

京太郎「水ですね!どうぞ!」

セーラ「んぐっ」ゴクゴク

セーラ「辛っ!?なんやこのたこ焼き…。あ、京太郎。水返すわ」

京太郎「あ。じゃあ俺も飲みます」ゴクゴク

セーラ「………あ」///

京太郎「?どうかしました?」

セーラ「な…何でもない!」

セーラ(か…間接…キス…やんなぁ…)///

京太郎「…?」

京太郎「とりあえず…口直しに普通のたこ焼きをどうぞ」スッ

セーラ「あ…おおきに…」///

セーラ(ってこれ京太郎が使っとった楊枝やんか…)///

京太郎「セ…セーラ先輩?顔赤いですけど大丈夫ですか?」

セーラ「だ…大丈夫や!大丈夫!」

京太郎「?…まぁでも美味しかったですね!また行きましょう!」

セーラ「ま…また!?…せ…せやな…」///


fin!


~浩子side~


船久保「と。言うわけで」

京太郎「はい」

船久保「さっそく作りましょか」

京太郎(まさか美味しいたこ焼き講座が始まるとは…)

船久保「?どうしたんいきなり黙って」

京太郎「船久保先輩って意外にエプロン似合いますね…」

船久保「一言余計ですわ。…まぁでも一応嬉しいですわ…おおきに」


………
……


京太郎「出来た!」

船久保「ほな。冷める前に食べましょか」

京太郎「あー。やっぱり船久保先輩が作ったヤツは美味しいですね…。まだ勝てそうにはないっす…」

船久保「須賀君のも美味しいですよ。これならどこに嫁に行っても平気ですね」

京太郎「せめて婿にしといてくださいよ」

京太郎「というか船久保先輩こそ完璧じゃないっすか。料理上手くて。男は大喜びですよ」

船久保「須賀君は…さ…さらっと…凄いこと…いいますね…」///

京太郎「?俺なんか変なこと言いました?」

船久保「な…なんでもないです…!」///

船久保(なんか…モヤモヤする…。家に帰ったら分析してみましょ…。ホンマなんでしょこれ…?)

京太郎「しかしたこ焼き美味しいなぁ…」モグモグ

船久保「…と…とりあえず口周りのソースを拭いたほうがいいですね…」スッ

京太郎「あ。すいません」

船久保「全く…。手のかかる後輩ですね」

京太郎「す…すいません。あ。ハンカチ…洗って返しますね」

船久保「おおきにー」

船久保(な…なんなんでしょ…?これで話すことが増えたとか…考えてる…?…ホンマになんなんでしょ…)///



fin!

~泉side~


二条「須賀君。買い出しついてきてくれません?」

京太郎「おう。荷物持ちなら任せろー」

二条「ほな。ちょっと遠いですけど頑張りましょ」


………
……


二条「…買い出しは終わりですね」

京太郎「思ってたよりは軽かった…ただ思ってたより歩いた…そんな感じ」

二条「あはは…。丁度良い時間ですしどこかでお昼にしましょ」

京太郎「いいっすね」グゥ

二条「…………………」

京太郎「…………………」

二条「…ほな。早く行きましょうか」

京太郎「…すいません」


………
……


二条「二人でファミレスってのも…なんかアレですね」

京太郎「まぁ近かったですし安いですし」

二条「ほな。ウチはこれで」

京太郎「俺はこれとこれかな」


………
……


二条「やっぱり須賀君もそう思います?」

京太郎「やっぱり部長はどこか抜けてるからなぁ…」

二条「あとセーラ先輩もしっかりしてほしいですよね」

京太郎「あはは。しっかし二条さんはしっかり者だよな」

二条「そうですか?普通やと思いますけど」

京太郎「いいお嫁さんになれると思うぞ」

二条「な…なにゆーてますのん…!」///


………
……


京太郎「…御馳走様でした」

二条「御馳走様でした」

京太郎「安いわりにしっかり食べた感じだー」ノビー

二条「あ。須賀君。口元なんかついてます。動かんといてください」フキフキ

京太郎「あ…。ありがとう二条さん」

京太郎「って二条さんも付いてるし」

二条「えっ!?ホンマですか!?」

京太郎「動かないでくださいね」フキフキ

二条「………………」///

京太郎「………………」///

二人(なんか凄いことをしてしまった気がする…!)

二条「い…行きましょか…」///

京太郎「そう…ですね…」



fin!


~竜華side~


竜華「話は聞いたで須賀君!」ババーン!

京太郎「いきなりなんですか部長…」

竜華「怜が『須賀君の料理はアカン。アカンよ竜華』って言っとったんや!負けへんで!」

京太郎「何がですか!?」

竜華「というわけで今日のお昼。須賀君。一緒に食べるで!部室きてーな!」


………
……


京太郎「部長ー?」ガチャ

竜華「あ、須賀君きてもーたかぁ…。まぁええか。丁度焼けたし」

京太郎「部長…?」

竜華「ふぅ…やっと終わった」スタスタ

京太郎「!?」

京太郎(…エプロン+ポニテ…!部長は似合い過ぎてヤバイ!)

京太郎(それだけでも並大抵の男子は喜ぶ…!加えて…)





京太郎(あのおもち!小さくなく大きすぎない…まさに理想のおもち…!それも合わさって…つまりヤバい!)

京太郎(まぁ…俺的には和ぐらいあるのが理想的だけどな…。…だが中々良いおもち!)



竜華「須賀君よくわからんけど戻ってきーや?」



………
……


竜華「というわけで須賀君のお弁当いっただっきまーす!」

京太郎「あれ!?じゃあ俺はどうすれば!?」

竜華「私のお弁当食べてええでー。あ、この唐揚げ美味しい」パクパク

京太郎(…ええでー。って言われても…ホントにいいのか…?)

京太郎(…腹の虫には勝てないな)モグモグ

竜華「この玉子焼きも美味しいなぁ…」モグモグ

京太郎「…全部が美味しくて何も言えないっす」パクパク


………
……


竜華「御馳走様ー」

京太郎「こちらこそ御馳走様でした」

竜華「んー。これなら怜が胃袋つかまれるのも納得…。…!」

京太郎「どうしました?」

竜華「胃袋掴まれるって想像したら怖ない?」

京太郎「あはは…」

竜華「あ。食後用にクッキー焼いてあるで。食べよ」

京太郎「あ。いただきます」

竜華「今日はいつもよりうまく出来た感じがするでー」

京太郎「丁度いい控え目な甘さ…美味しいです」

竜華「良かったー。不評やったらどないしようかと…。…なんかこうしてると新婚さんみたいやな」

京太郎「そうですねー」

竜華「………………」

京太郎「………………」

竜華「…………………」

竜華「……あ…あわわわわ!」///

京太郎「ぶ…部長?」

竜華「…ま…ま…」///

竜華「ま…まだ早いで須賀君!」ビシッ! ///

京太郎「え?何がですか!?」



fin!



咲「お邪魔しまーす…」

京太郎「おーう。咲、座っててくれ」

咲「急に呼び出して…どうかしたの京ちゃん?」

京太郎「俺…気づいたんだ…。このままじゃダメだって…。だから咲!俺の特訓に付き合ってくれ!」

咲(京ちゃん…本気なんだね…。麻雀を強くなろうと…。なら…私も手伝わなくちゃ!)

咲「わかったよ京ちゃん!…じゃあ私は何をすればいいかな?後ろでサポートすればいいかな?」

京太郎「いやそれは狭いし邪魔だからやめてくれ」

咲「」

京太郎「とりあえず今は座ってるだけでいいぞ」

咲「え?え?」

………
……

咲(なんだ…。特訓って料理のか…まぁ京ちゃんらしいと言えば京ちゃんらしいか)

京太郎「とりあえず食べてくれ咲。その後に改善点を頼む」

咲「うん。わかった。いただきます京ちゃん」パクッ

咲「…………………」モグモグ

咲「…京ちゃんらしい味だね…うん」

京太郎「美味しくないならハッキリ言ってくれ…」

その後…

京太郎「これならどうだ!?」

咲「あ…美味しい!美味しいよ京ちゃん!」

京太郎「や…やった!ついにやったんだ!ありがとよ咲!」ダキッ

咲「おめでとう京ちゃん!やったね!」ダキッ

………
……


京太郎「というわけなんです」

怜「…………」

竜華「…………」

セーラ「…………」

二条「…………」

船久保「…………」

みんな(…なんでやろ?…凄くムカムカする…)

怜「とりあえず須賀君。次の機会があったらウチが付き合うで」

竜華「あっ!怜ずるい!ウチも!ウチも!」

セーラ「オレも食べるでー」

船久保「研究のしがいはありそうですね」

二条「先輩方は止まりませんから…押さえるためにウチも行きます」

船久保「ほほぅ下級生が偉いもんですね」

二条「あっスミマセン!」アワアワ

fin!




長野勢番外編


【和】


優希「ツモ!8000オールの三本場は8300オールだじぇ!」

久「調子が上がってきたわねー優希」

まこ「本調子じゃの」

優希「いつまでも気にしてはいられないからな!京太郎にもう一度会うためにも強くなって全国にいくんだじぇ!」

咲「優希ちゃん!頑張ろうねっ!」

優希「おう!」

和「…………はぁ…」タメイキ

優希「む…?のどちゃんどうしたんだじょ?」

和「あ…いえ。なんでもないですよ優希。気にしないでください」

優希「そうかー。わかったじょ」

和「………………」


………
……


のどホーム


ボスッ


和「ふー…。お風呂上がりにベットに倒れこむといい感じに疲れが抜けていく気がしますね…。ね?エトペン」

和(それにしても……なんなんでしょうか…?)

和(須賀君が転校してしまってから…なんとなく虚しいといいますか…寂しいといいますか…)

和(…何か足りないみたいな感じがしますね…)

和(須賀君のことを思い出すと……)

和「………はぁ」

和(…なんなんでしょう…ホントに)

和「…!」

和(恋…!?私が…?須賀君に…?)

和(…いえ…そんなオカルトはあり得ませんね…多分)

和(…なんなんでしょうか…ホントに…。…そうだ須賀君にメールでも送ってみましょうか…)

和(…少しだけ…少しだけ。…返信が待ち遠しいですね…)


fin!




【久】


久「んー。どうもしっくり来ないわねぇ…」

まこ「なんじゃいきなり…」

久「いやね?須賀君が転校して、こうして自分達で買い出しに来てるじゃない?」

まこ「こう考えると買い出し全部押し付けてたんじゃのう…悪いことをし」

久「で。それはいいのよ」

まこ「いいんか」

久「なーんか部室に足りない感じがするのよねー…。
  正直私が学生義会長の仕事を終えて部室に行くとみんながいるのが当たり前だったから…」

久(…そう。でも須賀君は一人前へと進んでいるのよね…。私たちも後ろばっかり見てはいられないわよね)


………
……


久「…ふぅー疲れたぁー…ってあれ?」ガチャ

久「あら久々に部室に一人ねぇ…」

久「…そういえば最後の記念写真…部室に飾ってなかったっけ」

久「……これでよし。」

久(…須賀君…いつかは戻って来るのかしら…)

久(…そう考えると…早くその時が来ないかと…思ってしまうわねー)

久(でも…実際その確率は低いわよねー…)

久「…………はぁ」

久(……でも…)

久(私…ここぞって時ほど悪い待ちの方がよき決まる気がするのよねー)

久(だから待たせて貰うわよ。須賀君。どんなに悪い待ちでもね)



久(……………あ)

久(…そういえば私は住所知ってるのよね…)

久(…………たまには…自分から行くのも…いいかしらね?)



fin!




【船Qが海でおもち格差にどう思っていたか独白】



<デハオジャマシタノデスヨー
<…サヨナラ ポリポリ


船久保「ご縁があればまたいつかー」フリフリ

船久保「…………」

船久保「…………はぁ…なんかどっと疲れた…」

船久保「……海は楽しかったですけど…須賀君と言ったら永水の人と仲良く遊んでるし、先輩と一緒に遊んでるし…」

船久保「あ、でも追いかけっこはしましたね」

船久保「…にしてもなんやアレ…!永水…!なんやあの胸!詰めとんのか!?」

船久保「何食べたらああなんねん!鶏飯とかか!?」

船久保「それでスク水とかどんだけアピールすんねん!…あ…渡したのウチか」

船久保「……ウチだって頑張ってるのになぁ…ちゃんと栄養とってるし…牛乳とか…あと腕立てとか…」

船久保「……なのに…」ストン

船久保「ううう………」

船久保「……石戸さんとか…半分ぐらい分けてーな…。…肩凝るやろ?辛いやろ?必要ないと思うんやろ?」

船久保「…やっぱり須賀君も…大きいほうが…」

船久保「……………」

船久保「…………あれ?」

船久保「なんでウチ須賀君の評価なんて気にしてるんでしょ?」


fin!




【小蒔がフランクフルトをくわえるだけ】


小蒔「え?フランクフルトをくわえるんですか?」

京太郎「買ってきましたからどうぞ召し上がってください」

小蒔「はむっ…んっ…むぅ…」

小蒔「んっ…ぷはっ。…ま…マスタードでちょっと辛いです…でも美味しいですね」

小蒔「あむっ…んっ…はぁ…んむっ…」

小蒔「んっ…んっ…じゅる…うむ…ちゅっ…あむっ」




【竜華との突き合い】


京太郎「い…行きますよ…部長…」

竜華「ウ…ウチは準備出来とるよ…いつでも…ええから…」

京太郎「も…もし失敗して…痛かったら言ってくださいね…」ズンッ

竜華「ウ…ウチ…初めてやから…ようわからんけど…い…痛く…しないで…?」

京太郎(うわ…!すげぇ…まとわりついてくる…)ズンッ ズンッ

竜華「す…須賀君は…辛くない?」

京太郎「辛いどころか…ちょっと楽しいですよ」

竜華「良かった…あ、ちょ…ちょっと待ってーな。同じところばかりやから…位置変えさせてーな」

竜華「んっ…」

竜華「こ…これで大丈夫やで…」

京太郎「…つ…続けますよ…!」ズンッ

………
……

竜華「すっ…須賀君…!もっとぉ…もっとぉ!」

京太郎「はぁ…はぁ…はぁ…」ズンッ ズンッ

京太郎「ふふふ…部長。自分でオモチを捏ねて…どうです?柔らかいですか?」

竜華「すごいっ…すごい柔らかいっ…」

竜華「もう…アカン…須賀君…待ちきれへん…もっと!もっと突いてぇ!」

京太郎「くぅっ!」ズンズンズンッ

竜華「あぁ…凄い…凄いぃ…」

京太郎「部長…俺も…俺も…もう…耐えきれません…っ!」

竜華「ええよっ…ウチのことは気にせんで…須賀君のっ…す…好きに…して?」ニコッ

京太郎「…っ!」

京太郎「行きますっ!はぁ…はぁ…はぁ…!」ズンッズンッズンッ

京太郎「…くっ!」

竜華「あっ…あああああぁぁぁ!」

………
……

京太郎「いやーまさか餅つきがこんなに疲れるとは思ってなかったです」

竜華「餅つきって大変なんやなぁ…」

京太郎「ぶ…部長。最後の最後で部長の手に当たってしまって…すいませんでした…。痛くなかったですか?」

竜華「真芯はズレてたのと丁度オモチがクッションにやってな?あんま痛くないんよ」

竜華「さーて。部室に運んでみんなで食べよか」

京太郎「もうお腹がへって…耐えきれませんよ…」グー