淡「きょーたろー、背中流してあげよっか?」

京太郎「だが断る」

淡「なんだとー! 淡ちゃんの申し出を断るとは何様だー!」

京太郎「断られたくないならまずその手に持った亀の子タワシを手の届かない場所に置け!」

淡「大丈夫大丈夫、きょーたろーはタワシなんかに負けたりしないよ」

京太郎「んなわけあるかあああああああ!! 背中がズッタズタになるっつーの!」

淡「もー、ワガママだねきょーたろーは」

京太郎「つーかそれ以前にだ」

淡「ん?」

京太郎「何当然の如く入って来てんだ出ていけええええええええええええ!!」



カンッ