~市役所~

    穏乃「ねぇ京太郎……どうしても、駄目なの?」ウルウル

    京太郎「それはもう何度も話し合って決めたことだ、そうだろ穏乃」

    穏乃「グスッ、でも、でもぉ」

    京太郎「いいからほら、早くこれ出すぞ、憧も待ってるし」つ離婚届

    穏乃「……憧」

    京太郎「俺だって本当は辛いんだ、でも仕方ないだろ?そういうことになっちまったんだから」

    京太郎「俺達の夫婦生活は、今日でおしまいだ」

    穏乃「うっ、うう~~っ」ダキッ

    穏乃「行かないで京太郎、行かないで!」

    穏乃「憧の所に行っちゃ、ヤダ」

    京太郎「っつ……参ったな……」ポリポリ

    穏乃「お願い、捨てないで京太郎ぉ……」

    京太郎「……穏乃」

    憧「ちょっと待ったー!」

    京太郎「いっ!?あ、憧!」

    憧「家に来るのが遅いからもしかしてと思ったら……シズ!観念してそれを早く出しなさい!」

    憧「『次は私の番』なんだから!」

    穏乃「なんだよ!憧だって去年は散々渋ったんだし、もう少しくらいいいでしょ!」

    憧「後十分で役所が閉まるのにもう少しも何も無いでしょ!」

    ワーワーギャーギャー

    京太郎(……高校時代に三人で付き合うって決めて、仲のいいまま社会人になって)

    京太郎(そのまま皆で暮らすのかと思ったら「やっぱり夫婦にはなりたい」ってことで
       一年交代でそれぞれの家で俺が暮らすことになったのは……まあいいけど)

    京太郎「本当に何度も書類出す必要あるのかなぁ……役所の人の視線がキツイ」

    京太郎「ま、でも」

    憧「い・い・か・ら・出・し・な・さ・いー!」グググ

    穏乃「い・や・だー!」グググ

    京太郎「二人の為なら、何てことはないか!」

    京太郎「二人共ー、愛してるからなー!」

    ――その後この光景が阿知賀の風物詩になること、
     須賀京太郎が『世界一結婚と離婚を繰り返した男』、『世界一同じ女性と結婚と離婚をした男』として
     ギネスで語られることとなることを、彼はまだ知らない

    カンッ