穏乃「本当に結婚したんだね、私達」

京太郎「ああ」

穏乃「…後悔してる?」

京太郎「んなわけねーだろ」

穏乃「私、こんなにちんちくりんなんだよ?」

京太郎「そんなお前が好きなんだ…好きになっちまったんだ。しょうがねえだろ」

穏乃「…バカ」///


京太郎「…もう泣きやめよ」

穏乃「泣かずになんかいられないよっ。私、子供が産めないんだよ?」

京太郎「お前を喪うくらいなら、俺は子供なんて…」

穏乃「そんなのやだよ!」

京太郎「穏乃…」

穏乃「私と京太郎の間に、何も遺せるものがないだなんて。そんなのってないよ…あんまりだよ!」

「なら、私が代わりにやってあげる」

穏乃「憧…何でお前がこんな所に」

憧「決まってるでしょ?二人の事、助けに来たの」

京太郎「助けにって…憧、お前まさか」

憧「そのまさかよ。私、穏乃の代わりに子供を生むわ…二人の為だもの」

京太郎「…穏乃、お前はどうする」

穏乃「…私は…私は…」


憧「…この子は私の子よ」

穏乃「何言ってんだよ憧…ふざけるな!」

京太郎「憧…何でだよ」

憧「この子は私が産んだ子なの…私が、京太郎の精を受け取って産んだ子なの!だから!」

穏乃「そんな言い分か通るかっ!」

憧「なら、私にも子種を寄越してよ…!」

穏乃「…え?」

憧「私が…私が付き合うはずだったのに!姑息な嘘をついて、私から京太郎を奪っておいて何よ!その位はいいじゃない!」

憧「愛する人と…結ばれるくらい、許されてもいいじゃない……」