穏乃「京太郎ー! 一緒に入ろう!!」ガラッ!!

京太郎「は!? ちょ、おまっ前を隠せ前を!!」

穏乃「えー? いいじゃんどうせお風呂入るんだし」

京太郎「目に毒なんだよ!!」

穏乃「仕方ないなぁ」マキマキ

穏乃「これでいいよね」

京太郎「おぅ……」

穏乃「ねえねえ京太郎、髪洗って!」

京太郎「またかよ……そろそろ自分で出来るようにだな」

穏乃「だって京太郎にしてもらうの気持ちいいんだもん」

京太郎「……しょうがねえな。ほらそこ座れ」

穏乃「うん!」

京太郎「一回濡らすぞ」

ザバァー

穏乃「うひゃー! あったか~い!」

京太郎「そりゃお湯だからな。そのまま目ぇ閉じてろよ」

穏乃「うん!」

ワシャワシャワシャワシャ

穏乃「んぁー……ぉー……んひひ」

京太郎(しまった、追い出すタイミング見失った……)

ワシャワシャワシャワシャ



ワシャワシャワシャカンッ