…これは夢か?

    「須賀君…私は、あなたの事が」

    夢でないというのなら、こんなに嬉しい事はない。

    「私、あなたでないとダメなんです」

    決して、届かないと思っていた。

    「あなたがいたからこそ、私はあそこで勝ち残れたんです」

    この想いは、決して叶いはしないと思っていた。

    「だからこれは…ほんのお礼」

    たとえ…和の言葉が嘘だとしても、俺に彼女を拒むことなど出来はしない。

    「須賀君…いえ、京太郎君。どうか、どうか私を受け入れてください」

    拒もうとさえ思わない。思えない。

    そんな俺の罪を、咲の奴は赦してくれるだろうか。

    この薄汚い男の浅ましさも、何も言わずに黙って受け入れてくれるだろうか。



    私の想いは、あの人に告げられぬまま終わりを迎えた。

    「あなたが好きです」

    せめてその一言だけでも、伝えられてさえいれば。

    そう思わずにはいられない。後悔せずにはいられない。

    この愛は…もうどこにも向かいはしないのだ。

    愛はもどかしさへと変わり、そして憎しみとなった。

    あの二人が、憎い。憎くて憎くて、たまらない。

    憎しみで人が殺せたら、とはよく言ったものだ。

    恋に破れるまでは、単なるありきたりな言葉としか思えなかったのに。

    …けれど流石に、殺してしまうだなんてことは恐ろしくてとても出来なかった。

    ―――だからこそ決めたのだ。二人の愛を、私の手で終わらせてしまおうと。

    この行き場のない想いのはけ口として、犠牲になってもらおうと。

    …一人だけみじめだなんて、嫌なの。

    私だけじゃ、この苦しみには堪えられない。

    だから、三人で分け合いましょう。三人で愛を、分かち合いましょう。

    そうすれば…きっともう、誰も分かたれたりはしないから。