ハギヨシ「…よもや、これほどとは」

    京太郎「……」

    ハギヨシ「須賀君、どうかお気を確かに」

    京太郎「俺はいつだって正気ですよ…ハギヨシさん」

    ハギヨシ「あなたを魔物にしてしまったのは私の責任。是が非でも止めさせていただきます」

    京太郎「やれるものなら!」



    風と共に去り逝くがいい…ロン、裸単騎大四喜(サウザンド・ウインド)!



    ハギヨシ「…かはっ!」

    京太郎「ありがとうございました。あなたが居なければ、俺はこの高みに至れなかった」

    ハギヨシ「そ、それは…高みなどではありません…あなたが至ったのは…む、むこうぶちの…」

    京太郎「それならそれでいい。俺は人を超えた存在に慣れたのですから」

    ハギヨシ「魔物をも超え、魔を支配した人間…魔人。私が…私があなたを、そのようなものにしてしまった」

    ハギヨシ「その在り方は…あなたの望んだ仲間達との栄光とは程遠いものです」

    ハギヨシ「魔人である限り…孤独からは、永遠に逃れられない…それでも、あっ、あなたは」

    京太郎「…誰も必要ない」

    ハギヨシ「!」

    京太郎「自分は、むこうぶちですから」

    ハギヨシ「…す、須賀、君…」ドサッ

    ハギヨシ(須賀君…衣様…そして透華お嬢様、申し訳…ございません…私は、ここまでのようです)



    ハギヨシを屠った京太郎は、その後も数多の有望な雀士と戦った。

    ただひたすら強さだけを追い求めて。

    その圧倒的な雀力は、対峙した雀士全てに敗北と死を与えた。

    常人では対峙することすらかなわず、激しい出血の後死に至った。

    …京太郎は元々、麻雀部に貢献したくてハギヨシに師事していた。

    ハギヨシはその一環として、彼に麻雀の技術を施したのである。

    京太郎の、皆ともっと一緒に麻雀を楽しみたいという望みに応えて。

    咲「…京ちゃん」

    京太郎「果たしてここまで来たか」

    咲「ねえ、元に戻ってよ…帰ってみんなと一緒に麻雀しようよ」

    京太郎「……」

    咲「お願いだから」

    京太郎「…そんなの、聞ける訳がないだろう?」ニタァ

    咲「どうしてっ!」

    京太郎「俺はもっと強い奴と麻雀を打ちたくて…その結果、多くの命を奪ってきた!」

    京太郎「今更止められる訳がないだろ…麻雀って、こんなに愉しいんだからさあ!」

    咲「い、嫌…嫌ぁ!」フルフル

    京太郎「嫌な訳がないだろう、咲?お前だって、麻雀で誰かの懐から勝利を奪ってきただろう!」

    咲「あ、ああ…」ポロポロ

    京太郎「麻雀はっ!奪い合うだけのものだっ!相手の何もかもを奪い尽くして、楽しむものだっ!」

    京太郎「俺を止めたければ…俺の全てをお前が奪ってみろ!」

    咲「うっ…うわああああああああっ!」ゴッ

    京太郎「そうだ…それでいい!咲、麻雀って愉しいよな…一緒に愉しもうぜ!」ゴッ


    咲-Saki- ムダヅモ編 episode of side-K