http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1362238426/



    久「……」

    京太郎「ほ、本当なんですか部長……」

    久「……残念だけど、ね」

    京太郎「そんな……」

    京太郎「すいません、俺が居ながら……」

    久「須賀君のせいじゃあないわ」

    久「それに部長の私の責任でもある」

    京太郎「部長」

    久「と、いうわけで悪いんだけど……」

    京太郎「はい!」





    京太郎「今すぐ迷子になった咲を探しに行ってきます!」





    久「よろしくね、龍門渕の執事さんにも協力してもらってるから、2人で連絡しあってちょうだい」

    京太郎「行ってきまーす」

    優希「気を付けてなー」

    京太郎「おう」ガチャ

    バタン

    京太郎「(まさか東京でも迷子になるとは……)」

    京太郎「(変な人に着いていったりしてるんじゃないだろうな)」

    京太郎「……」

    京太郎「やべぇな、早く見つけてやらないと」トトト

    京太郎「(あんまり遠くには行ってないと思いたいんだけど…)」

    京太郎「って、あれ?」

    照「……」スタスタ

    京太郎「(見憶えのある髪型発見!)」

    京太郎「おーい、咲ー!」

    照「……」

    京太郎「咲ー!」

    照「?」クルッ

    京太郎「探したんだぞ、いやー早めに見つかって良かっ……」

    京太郎「……」

    照「……」

    京太郎「……すいません、人違いでした」カァァ

    照「(照れてる)」

    照「君、ちょっといいかな」

    京太郎「えっ」

    京太郎「すいません、本当反省しますんで……」ペコペコ

    照「いや、そうじゃなく…」

    プルルルルル

    京太郎「……」

    京太郎「すいません、俺です」

    照「出ていいよ」

    京太郎「失礼します」ガチャ

    京太郎「もしもし、須賀です」

    京太郎「どうしたんですか、ハギヨシさん」

    京太郎「え、見つかった? 本当ですか?」

    照「……」

    京太郎「ありがとうございます! ありがとうございます!」ペコペコ

    照「(電話越しにすごい頭下げてる……)」

    京太郎「いや、本当に迷惑をかけてすいません」ペコペコ

    京太郎「ああ、はい……分かりました」

    京太郎「それじゃ、本当にありがとうございました」ペコ

    京太郎「……」ガチャ

    京太郎「……」ツーツー

    京太郎「いやー、すいません。人前で話し込んじゃって…」ワハハ

    照「君」

    京太郎「はい?」

    照「なんかサラリーマンみたいだね」

    京太郎「?」

    京太郎「それで、さっき何か言いかけてましたけど……」

    照「うん」

    京太郎「何か用が…」

    照「あれ」

    京太郎「?」

    照「あそこに見える……」

    京太郎「ああ、国際フォーラムですか」

    照「うん」

    京太郎「あれがどうかしたんですか?」

    照「……」チラ

    京太郎「?」

    照「君、行きたいんじゃないかなって」

    京太郎「……」

    京太郎「は?」

    京太郎「いや、確かに行きたいというか……帰りますけど」

    照「一緒してあげよう」

    京太郎「いや、いいですって」

    照「……」

    京太郎「さっきは本当にすいませんでした」

    京太郎「じゃ、俺はこれで」スタスタ

    照「……」

    京太郎「……」スタスタ

    照「……」

    京太郎「……」チラッ

    照「……」ポツーン

    京太郎「あのー、何してるんですか」

    照「何も……」

    京太郎「国際フォーラム行くんじゃ…」

    照「いや、着いてくるなって言われたから」

    照「視界から消えるまで待っていようかな、と」

    京太郎「……」

    京太郎「(めんどくせぇ!)」

    京太郎「すいません、いや…」

    京太郎「そんなつもりじゃなかったんですけど……」

    照「……」

    照「一緒してあげようか?」

    京太郎「……」

    京太郎「あの、もしかしてなんですけど」

    照「うん」

    京太郎「迷子ですか」

    照「……」

    照「違う」

    京太郎「(間が空いた……)」

    京太郎「ここから建物見えてるんですけど」

    照「見えてるね」

    京太郎「……」

    照「……」

    京太郎「……」

    照「行こうと思えばなんとか行ける」

    京太郎「そんなに苦労することですかね?」

    照「ここらへん道が複雑だから…」

    京太郎「ちょっと関係無い話なんですけど」

    照「何?」

    京太郎「あの、その制服」

    京太郎「もしかして白糸台高校の制服じゃ」

    照「そうだよ」

    京太郎「地元じゃないんですか」

    照「……」

    照「私の出身は長野」バーン

    京太郎「長野から通ってるんですか?」

    照「違う」

    京太郎「じゃあどこから」

    照「……」

    照「なんでいじめるの……」

    京太郎「すいません、なんか加虐心を煽られちゃって……」

    京太郎「本当すぐっスよ、歩いて10分かかかるかどうか」

    照「分かってる」

    照「ただ、私が行こうとすると30分はかかる」

    京太郎「……」

    照「……」

    京太郎「知り合いにもいるんですよ」

    京太郎「よく迷子になるやつが」

    照「へえ」

    京太郎「なんで何度も同じ場所で迷子になるんですかね?」

    照「道が悪い!」シャキーン

    京太郎「……」

    照「……」

    京太郎「地図要りますか、大会パンフレットの」

    照「いや、いらない」

    京太郎「部員の皆も探してるんじゃないですか?」

    照「多分、100人は探し回ってると思う」

    京太郎「なんだそれ」

    京太郎「……」

    京太郎「何年生ですか?」

    照「3年」

    京太郎「もしかして、名字は宮永…」

    照「照」

    京太郎「やっぱり!」

    照「?」

    京太郎「もしかして、咲のお姉さんじゃないですか!?」

    照「……」

    照「案内ありがと」ダッ

    京太郎「ちょ、いきなりどこへ」

    照「着いてこないでね」タタタ

    京太郎「いいですけどー!」

    京太郎「そっち逆方向ですよー!」

    照「……」タタタ

    照「(走り出した手前、止まれない)」

    京太郎「(とか思ってるんだろうなぁ)」

    京太郎「ったく、仕方ねぇな!」ダッ

    …
    ……

    淡「あ、テルー!やっと見つ…」

    京太郎「……」タタタ

    照「……」タタタ

    淡「て、テルーが…」

    淡「知らない男に追われてる!」ダッ

    淡「テルー!」

    照「はぁ…はぁ……淡?」ピタ

    京太郎「急に止まった!」ピタ

    京太郎「帰りは別で構わないんで、せめて正しい方向に…」

    淡「テルー!」ドドド

    京太郎「ん?」

    淡「とうっ!」ヒュッ

    京太郎「いきなりキック!?」

    京太郎「危なっ!」ヒラ

    スカ

    淡「避けるな変態!」

    京太郎「変態じゃねえ!」

    京太郎「部員ですか!? 止めて下さいよ!」

    照「……」

    照「……」ニコ

    京太郎「(さっきの事根に持ってる!)」

    京太郎「(こういうところそっくりだな、ホント)」

    淡「さぁ!」

    京太郎「ん?」

    淡「どこからでもかかってこーい!!」

    京太郎「……」

    京太郎「お前、アホだろ…」

    淡「なんですとぅ!?」プスコ

    京太郎「いや、なんで戦おうとしてんだよ?」

    淡「悪い人から私がテルーを守る!」

    照「……はぁ、はぁ」

    京太郎「……」

    照「はぁ……淡…はぁ、はぁ、この人は悪い人、じゃない…はぁ」

    京太郎「(なんだ、説明してくれるのか)」

    京太郎「(ていうか、息切れすごいな)」

    淡「え?」

    淡「えーと、じゃあなんなの?」

    京太郎「息、整えてからで大丈夫ですよ」

    照「はぁ、はぁ……うん」

    照「ふぅ」

    京太郎「……」

    淡「……」

    照「この人は、意地悪な人」

    京太郎「状況が複雑になるんで、そういう答えはやめて下さい!」


    …
    ……

    淡「ふーん、じゃあキョータローはテルーを案内してくれてたんだ」

    京太郎「さっきから何度も言ってんだろ……」

    照「違う、同行させてあげてた」

    淡「え、えぇ…」

    淡「んーと、つまり?」

    京太郎「説明がややこしくなるから、一々茶々入れないで下さい」

    照「……」ズーン

    淡「む!」カチン

    淡「キョータロー、ちょっと先輩に対して礼儀がなってないよ!」

    京太郎「お前だってタメ口じゃねえか」

    淡「私はいいの!」

    京太郎「(面倒くさ……)」

    京太郎「大体なんだよキョータローって」

    京太郎「金太郎みたいなイントネーションで呼びやがって」

    照「ぷっ」

    京太郎「……」

    淡「……」

    照「……」

    淡「それは置いといて…」

    淡「本当はしつこくナンパでもしてたんじゃないの?」

    京太郎「だぁーっ!」

    京太郎「だから、違うっての!!」

    淡「ほんとにー?」ジトー

    京太郎「まず、俺はC以下には興味無ぇんだよ!」

    淡「な!」ストーン

    照「……」ストーン

    淡「テルー、失礼すぎるよ! このセクハラ野郎!」

    照「……」ストーン

    京太郎「お前こそ初対面の俺に蹴りいれてきやがって!」

    京太郎「脳みそが胸以上に何も入ってないんじゃねえか?」

    淡「……」カチーン

    淡「あったまきた!!」ガサガサ

    京太郎「は?」

    淡「……」ババーン

    京太郎「グルグルキャンディ?」

    淡「レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロ」

    京太郎「な……」

    京太郎「(こいつ、急に何を……)」

    淡「ふぅー」

    京太郎「……」

    京太郎「ま、まさか…」

    淡「……」ニヤリ

    淡「アメちゃん喰らえ!」

    京太郎「や…」

    京太郎「やめろォオオオオッ!!」

    ベチャッ

    …
    ……

    久「で、悔しいから仕返しをしてやりたい…と」

    京太郎「はい」

    京太郎「常識的に考えて酷いと思いませんか!?」

    京太郎「顔面ですよ! 顔面!」

    京太郎「その後、俺がショックでどれだけの間その場を動けなかったか……」

    久「まぁ、間接キスされたと思えば……」

    京太郎「部長は飲みかけのコーラぶっかけられて間接キスだ、ラッキーって喜べるんですか!?」

    久「それは無理ね、私が悪かったわ」

    京太郎「分かって貰えましたか」

    久「(ご丁寧にラップに包んでそのアメまで持ってきて……)」

    久「そのアメを持ってくることに抵抗は無かったの?」

    京太郎「いや、もちろんありましたよ」

    京太郎「あのチビせんべいが舐めた涎付きのこの上なく汚いアメですからね、嫌に決まってますよ」

    久「(チビせんべいって……)」

    京太郎「ほら、見て下さい」

    久「ん?」

    京太郎「未だに鳥肌が!」

    久「いい! 見せなくていいから!」

    久「その……」

    久「包んであるラップはどうしたの?」

    京太郎「ああ、これですか」

    京太郎「いや、東京って凄いですよね!」

    京太郎「まさかラップを街中で配ってるなんて」

    久「普通、男子高生はそんなの貰ってこないと思うけどね」

    京太郎「そうですかね?」

    久「うん」

    久「(私は多分貰ってくるけど)」

    久「あと、一応聞いておくけど…」

    京太郎「はい?」

    久「なんで、真っ先に私のところに?」

    京太郎「あぁ」

    久「……」

    京太郎「部長って、こういう悪巧み的な事好きそうじゃないですか?」

    久「へー、そんな風に私の事見てたんだ」

    久「じゃ、バイバーイ」

    京太郎「調子乗ってすいませんでした」

    久「よろしい」

    まこ「戻ったぞ」ガチャ

    京太郎「染谷先輩、お邪魔してます」

    まこ「京太郎か。どうした?」

    京太郎「それが…」

    …
    ……

    まこ「なるほど、それは大変な目にあったのぉ」

    京太郎「染谷先輩ー!」

    まこ「おお、よしよし」ワシワシ

    久「あれ、私の時となんか反応違わない?」

    まこ「で、話を聞いてさっきから気になっとったんじゃが」

    まこ「何故そのアメを持ってきたんじゃ?」

    久「ああ、それ私も気になってた」

    京太郎「これは証拠品ですよ!」

    京太郎「このアメをネタにあいつをゆすろうと思いまして!」

    まこ「……」

    久「ま、まぁ色々ツッコミどころはあるんだけど…」

    久「それは置いといて、具体的にどうやってゆするの?」

    京太郎「それを聞きに来たんじゃないですか!」

    久「あー……納得」

    京太郎「染谷先輩、何かありませんかね?」

    まこ「すまんが、急にパッとは思いつかんの」

    京太郎「そうですか……」

    まこ「悪いな」

    久「(ちょっと、何猫かぶってんのよ!)」

    まこ「(こういうのはお前さんの得意分野じゃろ)」

    久「(まこまでそんなこと言うの……)」

    京太郎「部長は?」

    久「んー……そうね」

    久「あ! そうだ」

    京太郎「何か思いつきましたか!」

    久「試合前に直接嫌がらせされたって運営に言えばどうかしら」

    久「そうすれば出場停止とまでは行かなくても何かしらの動きが…」



    京太郎「……」

    まこ「……」



    久「冗談だから、2人ともそんなに引かないでちょうだい……」

    まこ「いや、お前さんのことだから本気じゃと」

    京太郎「……」コク

    久「2人ともさっきから私に対して失礼すぎるわよ」

    …
    ……

    久『もう面倒見きれないから一年生だけで適当に話合ってちょうだい』

    京太郎『そんな!』

    久『どうせ、私が意見出したら白い目で見るんでしょ……』

    久『どうせ私は腹黒いわよー…』

    京太郎『じゃ、染谷先輩も失礼しました』ガチャ

    まこ『おう』

    バタン

    久『あれ、フォロー無し?』

    京太郎「と、いうわけで」

    京太郎「第一回チキチキ白糸台対策会議ー!」パチパチ

    咲「白糸台……」

    優希「急に部屋に呼び出すから何かと思えば……」

    咲「私、帰るね」

    京太郎「いや待てよ、咲」

    咲「……」スタスタ

    京太郎「ちょ」

    咲「……」ガチャ

    京太郎「ま、待って下さい! お願いします!」

    優希「(必死だじぇ…)」

    咲「じゃあ、少しだけね……」

    京太郎「おう、悪いな」

    優希「(咲ちゃん、テンション低いなー)」チラ

    優希「(まぁ、お姉さんのいる高校。しかもあまりいい思い出がなさそうだし…)」

    優希「(仕方ないのかもしれないじぇ)」

    京太郎「それじゃ、まずメンバー毎に紹介を」

    咲「……」

    優希「……」

    優希「(空気が重いじぇ)」

    京太郎「じゃ、まずは先鋒から」

    咲「(いきなり…)」

    京太郎「先鋒、宮永照」ペラ

    咲「……」ドキドキ

    京太郎「方向音痴」

    優希「え?」

    咲「……」

    咲「は?」

    京太郎「じゃあ次」

    京太郎「次鋒、弘世菫」ペラ

    京太郎「情報無し」

    咲「……」

    優希「……」

    京太郎「中堅、渋谷尭深」ペラ

    京太郎「情報無し」

    咲「……」

    優希「……」

    京太郎「副将、亦野誠子」ペラ

    京太郎「情報無し」

    咲「……」

    優希「……」

    京太郎「次」

    京太郎「大将、大星淡」

    京太郎「……」プルプル

    京太郎「こいつだ!!」ビリビリ

    優希「急に写真を破いてどうしたんだじぇ」

    京太郎「聞いてくれるか」

    咲「私、トイレ行ってくるね」

    咲「(緊張が解けて尿意が…)」スタスタ

    京太郎「待て、咲」

    京太郎「何故部屋から出て行こうとしてるんだ」

    京太郎「トイレなら俺の部屋にもあるだろ」

    京太郎「お前、もしかして理由つけて逃げる気じゃ」

    優希「そこは察するべきだじぇ」

    優希「(音)」ボソ

    京太郎「!」

    京太郎「……」

    京太郎「や、やっぱり行っていいぞ」

    咲「聞こえてるからね……」

    京太郎「いや、でも待て」

    咲「私、早く行きたいんだけど…」

    京太郎「監視として優希もついていけ」

    優希「別にいいけどー」

    京太郎「……」

    京太郎「いや! やはりダメだ!」

    京太郎「そのまま2人で居なくなる気なんだろ!?」

    咲「それでもいいかなって気分になってきたよ……」

    …
    ……

    京太郎「……」

    優希「……」

    京太郎「……」

    優希「咲ちゃん遅いなー」

    京太郎「やめろ、こっちは考えないようにしてんだよ!」

    優希「で、結局大星淡がどうかしたのかー?」

    京太郎「ああ…」

    …
    ……

    優希「……」

    優希「それって、思いっきり私怨だじぇ」

    優希「私たちは結果的に騙された形になるじぇ」

    京太郎「……」

    優希「タコスを要求する!」

    京太郎「そういうと思って」サッ

    優希「さんきゅー☆」

    優希「そういえば、のどちゃんはなんで呼ばないんだじぇ?」

    京太郎「だって和は多分怒るだろ……」

    京太郎「遊びに来たんですか? 須賀君は。とか」

    京太郎「子どもですか、須賀君は。とか」

    京太郎「最悪、「はぁ……」とか溜め息だけつかれてそのまま話が終わってしまう可能性がある」

    優希「京太郎はのどちゃんを冷たく見過ぎだじぇ」

    京太郎「そうかな……」

    優希「……」

    優希「いや、やっぱりそれで合ってるような気もしてきたじぇ」

    京太郎「だろ」


    和「お邪魔します」ガチャ

    京太郎「和!?」

    咲「さっきそこで会ったから一緒に来たんだ」

    京太郎「(余計な事を!)」

    和「白糸台の対策会議と聞きましたが」

    優希「それウソだじぇ」

    京太郎「おい!」

    優希「京太郎が白糸台の大将に恨みがあるらしいから仕返ししたいんだってー」

    京太郎「……」

    和「……」

    京太郎「すいません……」

    和「そんなに卑屈にならなくても……」

    和「一応、話だけでも聞きましょうか」

    京太郎「き、聞いてくれるのか!?」

    和「は、はい。まぁ一応」

    和「個人的に白糸台の大将には少し、興味もありますから」

    京太郎「……」

    京太郎「俺、和のこと過小評価してた……」

    和「?」

    咲「その言葉、使い方あってるか微妙だよね……」

    …
    ……

    和「酷いですね……色々と」

    京太郎「だろ」

    咲「(京ちゃんが仕返ししようとしてることも、色々に入ってると思うよ)」

    京太郎「俺はどうすればいいと思う?」

    和「そうですね……」

    和「須賀君、ここは私たちに任せてくれませんか?」

    京太郎「つまり?」

    和「私たちが、必ず決勝で借りを返しますから」

    京太郎「和……」

    優希「(和ちゃん、話を終わらせにかかってるじぇ)」

    京太郎「いや、やっぱりダメだ!」

    京太郎「それじゃ俺の気が済まないんだよ!」

    和「……」

    和「直接的に仕返しするというのは、どうも……」

    優希「いい加減諦めたらどうだー?」

    咲「そうだよ京ちゃん、相手は女の子だよ?」

    京太郎「決勝で咲が大星を飛ばして泣かせるって約束してくれたら諦める!」

    和「子どもですか」

    京太郎「言われた!」ガーン


    京太郎「皆、ちょっと他人事すぎないか?」

    咲「そう言われても」

    優希「実際他人事だじぇ」

    京太郎「俺だって部員なんだぞ!?」

    和「本人が言うと一気に価値が下がりますね、その言葉」

    京太郎「皆経験してないからそんなことが言えるんだよ!」

    京太郎「他人が舐めたアメを直に顔面だぞ!?」

    京太郎「和もそんなことされたら嫌だろ?」

    和「確かに嫌です……」

    京太郎「仕返しを考えるだろ?」

    和「いえ」

    和「当たる前に躱します」シャキーン

    京太郎「当たった程で話してるんだけど……」

    京太郎「咲はどうだ?」

    咲「私は…」

    京太郎「嫌だろ?」

    咲「うん……」

    咲「私、泣き虫だからそんなことされたら多分泣いちゃうよ……」

    優希「あー、泣かれたら相手も辛いはずだじぇ」

    和「一番効果的かもしれませんね」

    京太郎「俺も泣けば良かったかな……」

    和「それは……」

    優希「大の男が急に泣き始めたら、ぶつけた本人も驚いて引かれるだけだと思うじぇ」

    京太郎「優希……」

    優希「私か?」

    京太郎「大乱闘になることうけあいだな」

    咲「あぁー…」

    和「確かに」

    優希「みんな失礼だじぇ」

    京太郎「あー、今思えばなんか優希に似てたかも」

    優希「おい」

    咲「この人が?」

    咲「破れてビリビリになってるけど……」

    和「あまり似ているとは思えませんね」

    京太郎「いや、外見じゃなくて」

    京太郎「知能指数が」

    優希「私をなんだと思ってるんだじぇ」


    久「まだやってたの、須賀君」ガチャ

    京太郎「部長」

    久「もう適当に控室にでも赴いて、御校の生徒の落し物ですとか言ってきたら?」

    京太郎「あっ、それいいですね」

    京太郎「その場で他の部員でも居たら俺が受けた被害をそのまま伝えられますしね」

    咲「え、そんなのでいいの?」

    優希「アッサリ決まったじぇ」

    和「(そんな完全アウェーの場所に1人で行くつもりなんでしょうか……)」

    久「どうでもいいけど、皆夜更かしは無しでね」

    京太郎「はーい」

    優希「ほーい」

    咲「はい」

    和「はい」

    …
    ……

    菫「淡」

    淡「はい……」

    菫「照」

    照「なに……」

    菫「何故自分達が正座させられているか分かるな?」

    淡「まったくもって!」

    照「なんで?」

    菫「よーし、5分追加ー」

    淡「鬼ー!」

    照「菫、酷い……」

    菫「お前が自信満々に自分の働いた悪事を自慢してきたときは流石に頭が痛くなったぞ、淡」

    淡「だ、だって……」

    菫「照、お前は親切にしてもらった方じゃないのか?」

    照「違う」

    菫「どういうことだ?」

    菫「淡の話は間違っているということか」

    淡「えぇ!?」

    照「確かに案内はしてもらった」

    照「だけど意地悪もされた」

    菫「初耳だな」チラ

    淡「うぅ」

    菫「で、どんなことをされたんだ? 答えによっては見方を変えるかもしれん」

    照「……」

    照「……」

    菫「やはり嘘か」

    照「違う、菫はいちいち早すぎ。我慢が足りない」

    淡「そーだそーだ!」

    淡「この裏切りものー!」

    菫「私はむしろお前たちの行為に裏切りを感じているんだが……」

    菫「で、結局何をされたんだ?」

    照「ぐ…」

    菫「あんな大見得切ったんだ、まさか嘘じゃないよな?」

    照「……」

    菫「……」

    照「……こ」

    菫「こ?」

    照「こ、言葉責め」

    菫「(案内する相手に言葉責め?)」

    『本当にドジで方向音痴ですね、あなたは』

    『仕方ないから僕が案内してさしあげましょう』

    菫「……」

    照「……」

    菫「ツンデレ?」

    照「?」

    菫「舐めたアメをぶつけるなんて、今時幼稚園児でも思いつかんぞ」

    淡「幼稚園児……」ガーン

    菫「第一、照は止めるべきだろ」

    照「私はちゃんとアフターケアをした」

    菫「ほう、どんな?」

    照「ティッシュで拭いてあげた」

    菫「顔に付着したアメの上にティッシュか」

    照「そう」

    菫「……」

    菫「はっはっは」

    菫「お前らは悪魔か」

    照「菫には負ける」

    菫「さっきからブレないなお前」
94 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/04(月) 21:50:42.61 ID:Jd4ppuXao
    このポンコツコンビww
95 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/04(月) 21:54:41.59 ID:L5+/m9Wbo
    ティッシュのカスが付くな
96 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/04(月) 22:15:12.36 ID:bExLrPaTo
    せめてハンカチにしろよww
97 : ◆j7coLoRPl6 [sage]:2013/03/04(月) 22:45:13.94 ID:4d2nN6c3o
    …
    ……

    久「まこー、その卵焼きちょうだい」

    まこ「別に構わんが……」

    まこ「京太郎、昼も食べずに何処かへ行ってしもうたが。よかったのか?」

    久「え、そうなの?」

    咲「裸単騎がどうとか行って出て行きましたよ」

    和「大丈夫でしょうか…」

    まこ「試合に出んとはいえあまり自由にさせ過ぎるのもどうじゃろ」

    久「……」

    久「ごめん、それ多分焚きつけたの私…」

    まこ「何処へ行ったんじゃ?」

    和「多分、白糸台高校のところだと……」

    まこ「白糸台ってあの軍隊みたいなところか」

    まこ「おいおい、大丈夫なんか?」

    久「……」
98 : ◆j7coLoRPl6 [sage]:2013/03/04(月) 22:45:52.25 ID:4d2nN6c3o
    …
    ……

    京太郎『大星淡を出せー!』

    『なんだお前は!』

    『各部員、取り押さえろ!』

    京太郎『離せ! 証拠品もあるんだ!』

    【清澄高校一年生、ロリポップを持って王者白糸台に突撃。初出場のプレッシャーか】

    …
    ……

    久「想像したら凄く心配になってきたわ」

    まこ「気付くのがちょっと遅過ぎやせんか」

    久「こうしちゃ居られないわ」

    久「優希! 須賀君を止めてきて!」

    和「優希なら、タコスを買いに行っていて居ませんが」

    まこ「いや自分で行けよ」
99 : ◆j7coLoRPl6 [sage]:2013/03/04(月) 22:47:07.71 ID:4d2nN6c3o
    久「まこ、着いてきて!」

    まこ「1人で行け」

    久「え、冷たくない」

    まこ「自分の蒔いた種じゃろ…」

    久「違うのよ……いや、そうだけど……」

    久「正確には違うのよ!」

    まこ「……」

    和「部長……」

    美穂子「差し入れに来ましたー」ガチャ

    久「!」

    久「美穂子! グッドタイミング!」

    美穂子「た、竹井さん?」

    美穂子「どうされたんですか?」

    久「お願い美穂子! 力を貸して!」

    久「須賀君が暴力事件を起こしそうなの!」

    美穂子「ほ、本当ですか!? 大変!」

    まこ「(よくもまぁ……)」

    久「私1人じゃ止められないわ、お願い!」

    美穂子「で、でも…私なんかが……」

    久「大丈夫、美穂子なら出来るわ」

    久「あんなに規模の大きな風越をまとめるキャプテンですもの」

    久「お願い、力を貸して」

    美穂子「竹井さん……」

    咲「……」

    和「……」

    まこ「……」

    久「(あぁ、私の信頼がリアルタイムで崩れ落ちていく……)」

    …
    ……

    淡「菫、酷い……」スタスタ

    尭深「部長の言ってること、間違ってないと思うけど…」

    淡「先輩酷い!」

    淡「一体どっちの味方なの!?」

    尭深「今はちょっと、淡ちゃんの味方には付き辛いかな……」

    淡「うー」

    尭深「ほら、一緒に探してあげるから……がんばって探そう?」

    淡「……」

    尭深「淡ちゃん?」

    淡「私ってかわいそう……」

    尭深「(この子もブレないなー)」

    京太郎「おい、ちょっと待てそこのチビ」

    淡「誰がチビだ!」クル

    尭深「(真っ先に反応しちゃってるよ…)」

    京太郎「お前、忘れたとは言わせねえぞ」

    淡「あ!」

    尭深「(グルグルキャンディを手に持ってる……誰だろ)」

    淡「あの時の変態!」

    京太郎「大声でその俗称を呼ぶのはやめろ!」

    尭深「(いきなりビンゴですか)」

    …
    ……

    久「あれ、あそこに見えるの…」

    美穂子「す、須賀君でしょうか」

    美穂子「誰かと話してるみたいですね」

    久「あれ、白糸台の制服じゃ…」

    美穂子「そんな……た、大変です!」

    美穂子「一触即発です!?」

    久「……」

    久「(この子を連れてきたの、間違いだったかも……)」

    美穂子「止めないと!」

    久「待って、美穂子」

    久「もう少し様子を見ましょう」

    美穂子「竹井さん……」

    久「私は須賀君がそんなにすぐ暴力に訴えかける子だとは思ってないの」

    美穂子「ご、ごめんなさい 私ったら」

    久「(それに近い行動には速攻で出てるけどね)」

    …
    ……

    尭深「すいません、私たちの後輩がご迷惑をおかけしてしまった様で……」ペコ

    京太郎「い、いえいえ! そんな、顔を上げて下さい」

    淡「もう帰っていい?」

    京太郎「お前は待てよクソチビ」

    淡「さっきからなんなの! チビ、チビって!」

    淡「大体、私よりたかみーの方が身長低いんだから!」

    尭深「えっ、私?」

    京太郎「……」

    京太郎「いや、お前の方が小さい」

    淡「どこ見て言ってんの!?」

    尭深「?」

    淡「やっぱりこいつ変態だ!変態、変態!」

    京太郎「さっきから変態、変態と……」

    京太郎「だが、これを見ても同じことが言えるのか?」

    淡「そ、それは!」

    尭深「グルグルキャンディ…ですか?」

    京太郎「そうです! しかもそこのチビ、大星淡が舐めて俺にぶつけた物!」

    尭深「(何故回収してきたんでしょうか)」

    淡「そ、そんなもの見せてどうするつもりなの……」

    京太郎「これがある限り俺の優勢は揺るがん!」

    淡「ぐぬぬ……」

    尭深「……」

    尭深「あ、あの」

    京太郎「はい」

    尭深「どうして、そのアメを持っていると優勢になるんですか?」

    京太郎「えっ」

    京太郎「……」

    淡「もしかして、何も考えてなかったんじゃないのー」

    淡「ぷぷぷっ」

    尭深「(淡ちゃん、思いっきり不利そうな顔してたけどね……)」

    京太郎「さっきからお前なんなんだよ!?」

    淡「いひゃいいひゃい!ほっふぇはひっはるな!」ビヨーン

    京太郎「この!」

    淡「ひゃめろへんふぁい!」グニャグニャ

    京太郎「無駄にもちもちしやがって!」

    尭深「(気に入ったのかな……)」

    …
    ……

    美穂子「ああっ! ついに須賀君が暴力を!」ガーン

    久「じゃれあってるだけに見えるんだけど」

    久「(隣の子も全然止めてないし…)」

    美穂子「止めに行ってきます!」ダッ

    久「えっ!?」

    久「(いつもは引っ込み事案な美穂子がここぞという時に発揮する行動力が……)」

    久「(まさかこんな時に発動するなんて!)」

    久「私も止めなきゃ!(美穂子を)」

    久「……」

    久「(やっぱり、なんか面白くなりそうだからもう暫くここで様子を見ようっと)」

    美穂子「須賀君!」ダッ

    京太郎「ふ、福路さん!?」

    淡「はれ?」

    美穂子「暴力振るっちゃダメ!」

    京太郎「すいませんでした」パッ

    淡「うぅ~……」ヒリヒリ

    淡「先輩も止めてよー…」

    尭深「淡ちゃん、楽しそうだったから。つい」

    淡「全然楽しくないよ……」

    美穂子「大丈夫?」

    淡「う、うん」

    美穂子「須賀君、どうしてこんなことしたの?」

    美穂子「私、私……」フルフル

    京太郎「うわぁぁぁぁぁ!!」

    京太郎「ごめんなさいごめんなさい!」

    京太郎「お願いだから泣かないで下さい!」

    淡「……」

    尭深「……」

    久「(須賀君は完全にオリの体制ね)」

    まこ「何しとるんじゃ」

    久「まこ!?」

    まこ「心配して見にきてみれば……」

    久「返す言葉もないわ……」

    …
    ……

    京太郎「という訳でー」

    京太郎「第二回チキチキ白糸台対策会議~」パチパチ

    咲「わー(棒)」パチパチ

    和「……」パチパチ

    優希「……」モグモグ

    京太郎「そこ! 食べるな!」

    京太郎「2回目はマジで行く、俺は本気だ」

    優希「どうせ中途半端にヘタレて気まずくなるだけだじぇ」

    京太郎「最悪、あいつが嫌な気分になるならそれでも構わん!」

    和「執念ですね」

    咲「もうやめた方がいいと思うな…」

    咲「福路さんも悲しんでたし」

    京太郎「う!」

    和「あまり言いたくありませんでしたが…」

    京太郎「なんてな、分かってるよ」

    京太郎「お前ら、試合があるもんな」

    京太郎「迷惑かけて悪かった」

    京太郎「ま、今日くらい一年皆で集まってなんか遊ぼうぜ」

    咲「え、もういいの?」

    京太郎「おう」

    京太郎「これ以上引っ張ってもお前らに悪いし、俺も大人気なかったからな」

    和「大人になりましたね、須賀君」

    京太郎「そ、そうか?」

    咲「うん。ちょっと見直しちゃったよー」

    優希「ま、京太郎なりにはなー」

    京太郎「バカにすんな」

    京太郎「俺だってちょっとは考えてんだよ」

    咲「それじゃ、ジュースで乾杯しよっか」

    和「いいですね」

    京太郎「それじゃ、清澄の優勝を願って!」

    「「「「乾杯!」」」」






    ~大会終了後~

    菫「淡はどうした?」

    誠子「ちょっと夜風に当たってくるって言ってました」

    菫「なんだその台詞……ドラマの見過ぎじゃないのか」

    尭深「淡ちゃん、団体戦で負けた事を気にしてるんだと思います」

    菫「分かってる」

    誠子「照先輩もずっとあんな調子だし……」

    照「……」ボー

    菫「だが仕方ない事だ」

    菫「私たちはベストを尽くしたんだ」

    菫「それでも負けたんだ」

    菫「淡の負けじゃない。私たちの負けだ」

    菫「いくら言ったところで結果は覆らないさ」

    尭深「部長……」



    京太郎「折角優勝したんだからちょっとくらい奮発してやらないとな」ガサ

    京太郎「自分の小遣いが少しくらい減ったって……」

    京太郎「減ったって……」ズーン

    京太郎「……」

    京太郎「おっ?」

    淡「……」ボー

    京太郎「公園のベンチで何してんだあいつ」

    京太郎「おーい」

    京太郎「(いや、ちょっと待てよ)」

    京太郎「(よく考えたら勝った学校が負けた学校に声かけるってマズいんじゃないか?)」

    京太郎「(あいつ、かなり接ってたしな……)」

    京太郎「(しかも俺、試合にすら出てないし)」

    京太郎「うーん」ウロウロ

    淡「……」ボー

    京太郎「(このまま帰るべきか……)」

    淡「……」ボー

    京太郎「うーん」ウロウロ

    ヒュッ

    京太郎「いてっ!」コツン

    淡「周りでうろちょろすんな!」

    京太郎「だからって石ぶつけんなよ……」

    淡「何してんの」

    京太郎「いや、買い出し…」ガサ

    淡「優勝校はパーティってワケ?」

    京太郎「あー……まぁ、それは」ポリポリ

    淡「ふー」

    淡「私……出なきゃ良かったなー」

    京太郎「ん?」

    淡「去年までは優勝してたのに……」

    淡「最後の最後で、先輩達の最後の大会をダメにしちゃった……」

    京太郎「……」

    京太郎「(内容重ッ!)」

    淡「わ、私……」

    京太郎「お、おう」

    淡「……」

    淡「清澄のアホーッ!!!」

    京太郎「!?」

    淡「お前のせいだ!お前の!」

    京太郎「俺は試合に出てねぇよ!」

    淡「うるさい! アホー!」ヒュッ

    京太郎「うわっ! 砂投げんな!」

    淡「バカー!」

    京太郎「やめろっての!」

    淡「……」

    淡「お菓子寄越せ!」ガサガサ

    京太郎「おい!」

    …
    ……

    淡「ふーっ、食った食った」ゲプ

    京太郎「あぁ……奮発した高級チョコが……」

    淡「ざまぁないね!」

    京太郎「お前、絶対太るぞ」

    淡「……」

    淡「もう知るか!」

    淡「横綱になってやる!」

    京太郎「お、電話」プルル

    京太郎「あ、部長ですか…はい、すみません、すみません……すぐ帰りますんで」ペコペコ

    ガチャ

    京太郎「……」ツーツー

    淡「帰るの?」

    京太郎「あぁ、皆待ってくれてるみたいだしな」
    京太郎「お前も帰れよ、仲間が待ってんじゃねーの?」スタッ

    淡「……」

    淡「待てっ!」ピョン

    京太郎「うおっ!?」

    京太郎「いきなり乗っかんなよ!」

    淡「帰る前に送ってけ!」

    京太郎「はぁ!?」

    京太郎「……」

    京太郎「ったく、仕方ねーな」

    淡「安全運転でな!」

    京太郎「はいはい」

    京太郎「分かりましたよ、お姫様」







    カン