まこ「この頃は随分冷えてきおったのう」

京太郎「そうですねえ」

まこ「そのせいで皆、コタツの虫になっとるし」

京太郎「気持ちよさげに寝てますねえ」

まこ「…で、京太郎よ。和のつぶれた胸は見ごたえあるか?」

京太郎「もちろんです!」

まこ「お前さんはホントぶれんのう」

京太郎「…染谷先…部長」

まこ「なんじゃ?」

京太郎「俺たちいつまで、こうして布団に包まってればいいんでしょうか?」

まこ「身体が温まるまでずっとじゃ」

京太郎「その前に、恥ずかしさで顔が赤くなりそうなんですが」

まこ「…男なら我慢せえ」

京太郎「こんなの皆に見られたら、絶対からかわれちゃいますよ」

まこ「それをさらりと受け流すのが、甲斐性のある男の振る舞いだろうに」

京太郎「そんなのあったら、多分俺はここに来てませんよ」

まこ「だろうなあ」

京太郎「…少しは手心加えて下さいよ」

まこ「嫌じゃ」

京太郎「えー…」

まこ「京太郎。お前さんはいい奴じゃが、それだけじゃ彼女なんて出来んぞ?」

まこ「それこそ、前部長のような女に弄ばれてポイされるかもしれん」

京太郎「やだなーそれ。でも、それはそれでいいような気も…」

まこ「やめい」ポカッ

京太郎「あいてっ」

まこ「やっぱりお前さんは見ていて危なっかしいわ…どうもほっとけない」

京太郎「なら…部長が俺と付き合ってくれますか?」

まこ「今のお前さんじゃダメじゃのう」

京太郎「ですよねー」

まこ「じゃが…お前さんがもう少し男を磨けば、考えてやってもいいかのう?」