京太郎「すぴー…」

ワ、コレガキョウタロウクンノ…オ、オッキイヨー ダルソウ…

京太郎(ん…?何か声が…ちょっ!?」ガバッ

塞「あ、おっはよー京太郎くん。こっちはもうすでにお目覚めみたいだけど…♪」シコシコ

豊音「ぴくぴく動いててなんだかかわいいよー…///」ウットリ


京太郎「ぐっ…ぁ…止めて下さいって…!」

シロ「ダルいけど、ここで動かれたら台無し…大人しくしてて…」ギュウ

京太郎「シロさ…!?胸が…!!」ギリギリ

塞「わぁ…またおっきく…」

京太郎「なんでこんなこと…」

シロ「んー…京が好きだからかな…」

京太郎「……へぇっ!?」

塞「シロの言うとおりだよ…私達みんな君のことが好きなの…なのに君はいつまでたっても気づかない…」

豊音「だからみんなで襲っちゃおうってことになったんだよー」

京太郎「あの…マジですか?」

シロ「じゃなきゃこんなのしないよ…ダルいし」

塞「と言うわけでぇ…いっただっきまーす…あむっ♪」

京太郎「うわっ!?」

豊音「私はちゅーしちゃうよー…はぷっ…んー♪」ジュルル

シロ「とりあえず…体の感触味あわせてあげる…んっ…♪」スリスリ

京太郎(こ、これは地獄なのか天国なのか…)

キンクリカンッ