怜「なあ京くんこれどう思う?」ササッ

京太郎「なになに……ぶっ!」

竜華「ちょちょちょっと怜なにしとるん! スカートたくし上げてパンツなんて見せてっ!」

怜「かわいいくまさんぱんつやろ? 京くんこれどう思う?」

京太郎「ええかわいいですけどさすがにこどもっぽいというか……」ダラダラ…

竜華「そんな事言って鼻血でとるやん…」ハァ…

怜「うち竜華と違ってこういう子供っぽいのばっかなんよ」

京太郎「ちなみに竜華さんのはどんな?」

怜「すけすけのエロ下着ばっかやで!?」

京太郎「へーっ。最高っすね!」ダラダラ…

怜「うちも京くんのためにそういうの履きたいから…だからこれから買い物行くでー」



怜「おぉ…京くん的にこの面積少ない赤いのとかどう?」

京太郎「いや、俺までなんでついて来てるんですか!? めっちゃアウェーですよ!」

竜華「京くんこの下着は似合ってるかな…//」

京太郎「試着して見せてくれるのはいいんですけど、ほんと竜華さんが着ると下半身に悪いですね」ビンビン!

竜華「ん~似合ってるとは言ってくれないのか……もっとエッチなのが好みなの?」

怜「この黒のすけすけのなんて竜華には似合いそうやな」

竜華「あっ、たしかにええかも…京くん的にはこれ脱がせたいって思う?」

京太郎「あの…帰っていいですかね……」

竜華「だーめっ♪」

怜「京くんに下着選んでもらうまでは帰らせへんからな?」

カン!