ドラロー【ねえ、KYOたろー君、ちょっといいかな?】

KYOたろー【はい?なんですか?】

ドラロー【KYOたろー君が言ってた、ま、松見玄さんのことなんだけどさ】
    【一体その娘のどこが好きなの?おもちだったらお姉さんの方が大きいよ?】

KYOたろー【おもちだけで好きになったわけじゃありませんし、俺にとってはあれが理想です】

ドラロー【麻雀でもボコボコにされてるし】

KYOたろー【準決勝では最後に一矢報いてるじゃないですか】
     【それにトラウマになってもおかしくないのに決勝戦に出て引き離されず戦ったのは凄い立派だし尊敬します】

ドラロー【他の娘の方が可愛いくない?ほら、中堅の娘とか】

KYOたろー【そうなのかもしれませんけど、俺にとっては松見さんが一番可愛いんですよね】

ドラロー【じ、実はあの娘は凄く重いって噂だよ?】
    【解散したクラブの掃除をずっと続けてた~とか】

KYOたろー【それだけ一途ってことですねわかります】

ドラロー【実家が旅館だから色々しがらみがあるかもしれないし】

KYOたろー【婿養子どんとこいですね、親にも好きにしていいって言われてますし】

ドラロー【えっと……他には……えっと】

KYOたろー【ドラローさん、いくらドラローさんでも俺の好きな人悪く言うのはよしてください】
     【恋は盲目って言うかもしれないし良く知りもしないのに何言ってんだって言われるかもですけど】
     【本気なんです、本当にあの人が好きなんです】

ドラロー【ふあっ、ご、ごめんね?そんなつもりじゃなくって】

KYOたろー【はっ!?もしかしてドラローさんも松見さんを狙ってるんじゃ!?出身奈良って言ってましたよね!?】
     【だ、駄目ですよ!俺は譲りませんからね!もうすぐチャンスが来るし!】

ドラロー【そんなことは……ってチャンスって?】

KYOたろー【実は明日、松見さんと会えるんですよ!】
     【のど……俺の友達が旧友でして、明日会うそうなんです】
     【それで紹介してもらえるように頼み込みました】

ドラロー【えっ!?そ、そうなの!?】

KYOたろー【そうなんですよ、それでこれから準備しなきゃいけないんで今日は失礼しますね】
     【それじゃ、おやすみなさい!】

玄「あっ!って切れちゃった……」

玄「KYOたろーくん、ちょっといいなとは思ってたけどネットだから諦めてたのに、あんなに色々言われたら……」

~~~KYOたろーの褒め言葉(愛の言葉)思い出し中~~~

玄「~~~っっ///」ボンッ

玄「ううっ……今夜、寝られるかなぁ……///」

カンッ(思いついたら出会い編に続くかも)