玄「由々しき事態が発生したのです京太郎くん!」

京太郎「いきなりなんなんですか」

玄「おもちマイスターとして女の子のおもちに触れたことがないとか、これは問題だよ」

京太郎「いや、だって俺がンなこといきなりやったらセクハラでえらいことになりますよ」

玄「そこで一つ提案が」

京太郎「ほう」

玄「要は許可なしでおもちを揉むから問題になるわけで」

京太郎「ほうほう」

玄「逆に言えば女の子の許可があればいいわけで」

京太郎「ほうほうほう」

玄「なら私のおもちを揉めばいいよ!」

京太郎「ほうほうほう……ほうッ!?」

玄「完璧なのです、ふふっ」

京太郎「え、何それは」

玄「嫌なの?」

京太郎「嫌じゃないです(迫真)」




玄(おもちの話はしたいけれど、京太郎くんが他の子のおもちジロジロ見てるなんて嫌だし
  京太郎くんかっこいいし、それで万が一『そんな関係』になったらもっと嫌だし仕方ないよね
  こうやっていればきっと私だけの京太郎くんでいてくれるよね……)




(一見は)明るいヤンデレ計画 カンッ