タコスミで黒く染め上げられた中身がタコでいっぱいの失敗作。

それが京太郎の作った初めてのタコスだった。

あまりのマズさに卒倒してしまったのも今ではいい思い出だ。

良い師に巡り合えたお陰で、今では誰もが認める世界一のタコス職人だ。

最早この私でさえ太刀打ち出来ないのだから。

「しっとりしたタコスだなあ」

そんなあいつもたまにはヘマをするんだけども。

「へへ、もっと遊びに来てくれよな」

そんな調子の悪い時でも笑顔で出迎え、そして見送ってくれる。





「はむはむ…やっぱり京太郎のタコスはおいしいじょー」

「そっかそっか~そう言ってくれると嬉しいぜ」

「うむ、ほめてつかわす!」

「どうせなら、何か褒美とか貰えると嬉しいんだけど」

「何でも聞いてやるぞ?」

「…じゃあ、俺にキスしてくれよ」

「!?」

「何でも聞いてやるって言ったじゃん」

「え、ええと…私たちって、そういう間柄じゃないし」

「…そっか」





「お前には…したよ」

京太郎はポツリとそう呟いたが、私に一体どうしたのかは聞こえなかった。


それからしばらくして、私は久しぶりに京太郎の店を訪ねた。けど、

「とっても嫌な感じだなぁ」

あいつはもう以前のように笑顔で私を出迎えてはくれなかった。

どうしてそんな事を言うのかと尋ねれば、

「もうお前にはうんざりだよ…お前には愛想が尽きたんだ」

と冷たく返され、私は逃げるように店を去った。




「俺達は立ち上がるんだ」

去り際に聞いたあいつの言葉が、幾重にも重なって聞こえたのは何故なのか。

それに気付いていれば、あんな事にはならなかったのだろうか。





―――タコスアポカリプス。

京太郎の作るタコスによって引き起こされた未曾有の脅威。

さながらノアの箱舟物語のように、タコスが世界中を洗い流そうとしていた。

そして私は、カピと一緒に京太郎を止めに行った。

…私が止めなければならなかった。


京太郎「始まったな…もうすぐすべてが終わる」

優希「…京太郎」

京太郎「お前なら、止められたかもしれないねぇ」

優希「止めるさ…今からでも」

京太郎「無駄だよ…俺達は一つ、俺達は無敵!」

優希「…」

京太郎「優希、お前もこのタコスで狂っちゃおう!」

優希「嫌だじぇ!」

京太郎「なんでさ!」

優希「狂ったら、もうお前のタコスが美味しいって分からなくなるじゃないか!」

京太郎「何を今更!」

優希「こんなことはもう止めてよ!」

京太郎「…俺達は融合する。俺達は結合する。俺達は成長する」

優希「止めてったら…ねえ、京太郎?」

京太郎「這いつくばってずるずるともがき、今日俺達は立ち上がる」

優希「京太郎!」


戦いが終わり、私の前にはただ一人となった京太郎が横たわっていた。

「どうして?」

今更になって私はそう尋ねた。尋ねずにはいられなかった。

何が彼をそこまで突き動かしたのか、私は知らなければならない。

そんな気がした。

「…お前のためだよ、優希」

「え?」

「お前に美味しいタコスを作ってやりたくて…お前に、振り向いて貰いたくて」

「…そんな、そんなのって……」

涙と鼻水がとめどなく溢れてくる。

こんな姿、彼には…京太郎には絶対見せたくないのに。

「はは…お前のアピールを軽く流したくせに…なんとも…虫のいい話だよな……」

ホントだじぇ、とは言えなかった。

泣きすぎたせいで言葉がまともに出てこない。

それでも私は必死になって、愛する人の名前を呼んだ。

「…ぎょー…だろー……?」





「―――愛していると思ってたよ」





どうして、今になってそんなことを。

そう思った時にはすでに、京太郎は物言わぬ屍と化していた。


京太郎「で…何書いちゃってんの、咲?」

咲「あ、あのね、京ちゃんと優希ちゃんの仲にインスピレーションが湧いたって言うか」

京太郎「この…タコスアポカリプスってのは?」

咲「最近クッキーを焼くブラウザゲーにはまっちゃって…それで」

京太郎「それで、じゃねーだろ!」

咲「ひっ!」ビクン

京太郎「なんでヒロインが和じゃないんだ!」

咲「だ、だって食べ物キャラと言えば優希ちゃんだし」ブルブル

京太郎「そういう話はいい!タコスの代わりにエトペン作っても良かったじゃないか!」

咲「あー…確かにそれは考慮してなかったね」

京太郎「しょうがないなあ咲は…お前の執筆、俺が手伝ってやるよ」

咲「え、いいの?」パアアッ

京太郎「乗りかかった船だ…こうなりゃ最後まで付き合ってやるよ!」

咲「きょ、京ちゃん」///




自作小説の執筆…二人の共同作業は、まだ始まったばかりだ!

カンッ!