京太郎「動きませんね……」

美穂子「台風ですから仕方ないですね……」

京太郎(しかし電車混んでるな…おかげでほとんど身動きできないぜ……)ギュムギュム

美穂子「なんか暑いですね…」

京太郎(だから美穂子さんと密着してるし、あと蒸し暑くてすこし赤くなった顔がなんとも……ちょっとエロい)

美穂子「はぁ…はぁ…」

京太郎(すいません…ちょっといたずらしちゃいますね)モニュ

美穂子「ひゃっ! 須賀くん!?」

京太郎「大きな声出すとばれちゃいますよ?」コソコソ…

美穂子「どっ…どうしてこんなこと……」

京太郎「なんか美穂子さんとくっついてたら我慢できなくなって……」

美穂子「そういうのは…ひうっ……お家に帰ってからっ……」ビクッ!

京太郎「大丈夫ですよ、みんなスマホに夢中で誰もこっち見てませんから、ね?」スルッ

美穂子「やんっ…スカートの中にっ…だめっ……」ビクン!

京太郎「あれ? 濡れてますよね…なんだかんだいってノリノリですか?」

美穂子「だってぇ…京太郎くんに触られたらぁ…//」

京太郎「じゃあ俺も我慢できないんで挿れますよ」ボロン

美穂子「流石にそれはっ…あっ…入ってくるぅ…//」ズプププ…



美穂子「もうっ…電車汚したらいけないからって…外なのに…なっ…中に出すなんてっ…//」

京太郎「あはは…流石にやりすぎました……」

美穂子「あの…1回じゃ満足できませんから…その……帰ったら…もっとたくさんくださいね…//」

カン!