玄「京太郎君は、どうしておもちが好きになったのかな?」

京太郎「そりゃあ勿論、それが男のロマンだからですよ!」

玄「ロマン、かあ」

京太郎「届かないものに憧れるのが、男の性ですからね」

玄「そういうものなの?」

京太郎「そういうものです」

玄「じゃあ…私のおもちに対する気持ちも、ロマンって言えるのかな?」

京太郎「どうでしょうか。玄さんも中々立派なおもちをお持ちですし、俺からは何とも言えません」

玄「…そう」

京太郎「どうかしたんですか?」

玄「ううん、なんでもないの」

京太郎「いやいや…玄さんって、おもちの話をする時はいつも明るく振舞ってるじゃないですか」

玄「単にあなたが知らないだけで、私にだってたまにはこんな風になる時があるんだよ」

京太郎「そう言われちゃうと、尚更気になりますよ!」

玄「…そうかもね」

京太郎「差し支えなければ、話を聞かせて欲しいです」

玄「…いいの?」

京太郎「いいですとも!」

玄「後悔、しない?」

京太郎「俺の方から話を振ってるのに、そりゃないっすよ」

玄「これから私が言う事…信じてくれるかな?」

京太郎「おもちのロンです!」






玄「あのね…私がおもちにこだわるのは、亡くなったお母さんの面影を追い求めてるからなの」


京太郎「…えと、玄さんのお母さんが亡くなったなんて、そんな話は聞いたことが」

玄「話してないからね」

京太郎「そりゃまあ、お互いの家族について話したことなんかなかったですけど…どうして?」

玄「どうしてって、京太郎君が聞いてきたからだよ?」

京太郎「それはそうですが、こんなのどう考えても薮蛇ですよ」

玄「警告はしたよ?」

京太郎「そのですね、俺は口にしにくい下心の類だとばかり思ってましたよ」

玄「下心だって当然あるよ。けど、それだけじゃなかったってだけ」

京太郎「……」

玄「…私ね、お母さんがいなくなってからずっと言いつけを守ってたの。ドラを大事にしなさいって」

玄「でもそれでお母さんが帰ってくる訳じゃない。せいぜい、お母さんとの思い出を忘れずに済むくらい」

玄「決してお母さんのぬくもりを感じることは出来なくて…私、それが凄く悲しかったの」

京太郎「ぬくもり、ですか」

玄「うん。それから私はお母さんのぬくもりを追い求めるようになって…やがておもちに出会った」

玄「あの感触を味わえば、お母さんが生きていたあの頃に戻れるような気がしたから」

京太郎「それって、本当にロマンなんでしょうか?」

玄「ロマンだよ。大好きな人と何不自由なく過ごせる時間…私達家族にはそれが叶わなかった」

京太郎「……」

玄「ねえ、京太郎君」

京太郎「…何ですか?」

玄「あなたは、私を置いて行ったりしないよね?」

京太郎「…玄さん、俺は」

玄「私、別れたり待ってたりには慣れてるけど…それでもやっぱり辛いものは辛いから」

京太郎「……」

玄「だから…だからね…ずっと、ずっと一緒にいて欲しいなって…私は…あなたに……」

カンなのです!