良子「…」ズズー

ガチャッ

京太郎「あれ、戒能さん。おはようございます」

良子「おや京太郎、グッドモーニングです」

京太郎「この匂いは…あれ?ブラックじゃないんですね?」クンクン

良子「たまにはスイートなものも良いかと思いまして、カフェオレを」

京太郎「へぇぇ…じゃあ俺も習ってたまにはブラックでも飲みましょうかね」カチャッ

良子「苦いの苦手なくせに…知りませんよ?」クスクス

京太郎「う…良いじゃないですか別に…」ズズー

京太郎「…」

京太郎「>Д<」ヌォォ…

良子「ふふふ、やっぱり駄目なのではないですか」クスクス

京太郎「が、頑張って飲み干すからいいんです」カァァ

良子「…」ンー

良子「京太郎。とりかえっこしましょうか」

京太郎「え?」

良子「砂糖の量がいささか多すぎたみたいで飲みにくくて…どうです?」

京太郎「えーっと…じゃあ、お願いします…」

良子「ふふふ、サンキューです」ニコッ

京太郎「…べ、別に飲み切れましたけどね!」フイッ

良子「…」ズズー

良子(間接キス…ですか…)クスッ

京太郎「どうかしました?急に笑ったりなんて…」ズズッ

良子「いえ、ただー」



良子「このコーヒーも、なかなかスイートだと思いまして」

カンッ