FS『…それで私、その子と一緒に県下最強の名門校へ進学しようとしたんですけど…』

狂堕狼『肝心の相手は別の高校へ行ってしまったんですね』

FS『そうなんですよ…約束してた訳じゃないですけど、同じ高校へ行くつもりだと話してたのに!』

狂堕狼『連絡とかはしてなかったんですか?』

FS『それが、中3の秋くらいからあんまり連絡が取れなくなっちゃって…』

FS『だからこそ、こうやってすれ違っちゃったのが余計に悔しいなーって思うんですよ』

狂堕狼『なるほど』

FS『そういえば、狂堕狼さんも麻雀部に入っているんですよね?』

狂堕狼『確かにそうですけど…それが何か?』

FS『こういう書き方するとアレですけど、私の高校って本当に強い人が多いんですよ』

FS『それに対して、友達が進学した学校の麻雀部は最近になって再結成されたばかり…』

FS『名の知れた打ち手が監督を務めるそうなんですけど、急ごしらえのチームじゃ勝てないに決まってます』

FS『けど私…あの子のことも応援したいって気持ちがあるんです。どうしたらいいでしょうか?』


狂堕狼『…実は俺のいる麻雀部も、急ごしらえで作られたようなもんでして』

FS『えっ?』

狂堕狼『けど全員、インハイを目指して必死に練習してます…俺だけは男子なんで蚊帳の外ですけど』

狂堕狼『ひたむきに麻雀を打つ姿を見るに、負けるだなんて少しも考えてはいないでしょう』

狂堕狼『ですからきっと、FSさんの友達も同じように頑張っているんじゃないでしょうか?』

狂堕狼『どちらを応援するかは…それこそどちらも応援すればいいと思います』

狂堕狼『勿論友達を表立って応援は出来ないでしょうが、心に思うことくらいは出来るはずです』

FS『…狂堕狼さん』

狂堕狼『?』

FS『ありがとうございます。私、なんだか吹っ切れたような気がします!』

FS『どちらも自分にとって、かけがえのないものだと思いますから…無論勝つのは先輩達でしょうけど』

FS『…後、狂堕狼さん達も頑張ってくださいね!』





初瀬(いやー…こういうややこしい話を相談できる人がいるっていいよね)

京太郎(ウチ以外にも、同じようなことをしてる麻雀部があったんだな)

初瀬(狂堕狼さんのいる麻雀部は勝てるのかな?)

京太郎(出来れば、FSさんの方に勝って欲しいなー)

初瀬(ひょっとしたら、狂堕狼さんに会えるかもしれないし)

京太郎(FSさんにも会ってみたいしな…)











なお、県大会の結果は



FS=最初の瀬の直訳から(The first shallows)