怜「竜華に振られてもうたな。京太郎」

京太郎「仕方ありませんよ。それだけのことをしましたから、俺たち」

怜「そやな。うちもこれ以上竜華と友だち続けるのは無理そうや」

京太郎「大丈夫ですか。結構いいビンタ貰ってましたよね、さっき」

怜「今はもう痛ないから平気。あんときは正直泣きそうになったけどな」

京太郎「そうですか」

怜「…………」

京太郎「…………」

怜「ごめんな、京太郎」

京太郎「ほとんど同罪ですから、今さらそんなこと言われても困ります」

怜「ほんなら、京太郎からあの子を取り上げるつもりはなかった言うたら信じるか」

京太郎「信じますよ」

怜「え?」

京太郎「信じなかったら今度こそ一人きりになっちゃいますから。俺も怜さんも」

怜「…………」

京太郎「…………」

怜「ごめん、それもやっぱり嘘や。ほんまはあんたのことが欲しくて欲しくてたまらんかった」

京太郎「そうですか」

怜「なあ、京太郎」

京太郎「はい」

怜「あんたはうちのこと、どう思っとるん。好きか嫌いか答えてほしい」

京太郎「…………」

怜「京太郎」

京太郎「大嫌いですよ。怜さんのこと」

怜「…………」

京太郎「…………」

怜「そか」


京太郎「怜さんなんかいなければよかったって、ずっとそれだけ考えてます」

怜「ごめんな」

京太郎「…………」

怜「ごめん」

京太郎「いいよ、もう」

怜「…………」

京太郎「…………」

怜「京太郎」

京太郎「はい」

怜「どないしたらええんやろ、普通の恋人同士って」

京太郎「試しに手でも繋いでみますか。正直よく分かりませんけど」

怜「ん」

京太郎「やっぱり小さくて冷たいですね、怜さんの手のひら」

怜「うち、病弱やから」

京太郎「そのわりにいつも上になってる気がしますけど、どうなんでしょう」

怜「もう、そういうことは言いっこなしや。普通の恋人同士と違う」

京太郎「ごめん」

怜「ええよ」

京太郎「…………」

怜「…………」

京太郎「ねえ、怜さん」

怜「なあに」

京太郎「仮病、移してみますか」

怜「うちも同じこと考えてたわ、案外相性ええのかもな。うちら二人も」

京太郎「冗談よしてください」

怜「いけず」

京太郎「…………」

怜「…………」



怜「ちゅ」