久「須賀君、ちょっといいかしら」

京太郎「はい、なんですか部長」

久「知っての通り私達清澄高校麻雀部は団体戦で優勝出来たわ」

京太郎「はい」

久「個人戦でも咲と和が優秀な成績を残してくれた」

京太郎「そうですね……咲も和もすごかったなあ」

久「……そんな私達の陰であなたは色々な雑用をしてくれたわね。ありがとう、おかげで私達は麻雀に集中する事が出来たわ」

京太郎「いえ……俺にできるのなんてそのくらいでしたから」

久「そのくらいなんて言わないで。あなたが一手に引き受けてくれた事はそんなに軽い事じゃないの、特にうちみたいな人数ギリギリのところではね」

京太郎「そんなもん、なんですかね」

久「ええ、そうよ……だけど少し後悔もあるの」

京太郎「後悔ですか?」

久「あなたに雑用をほとんど一任していたから、あなたを育てる事にほとんど時間を取れなかった。県予選だってきちんと見ていればもっと上にいけたかもしれないのに」

京太郎「そんな、俺はまだまだ初心者だったんですよ?むしろあそこで叩きのめされたおかげで天狗にならずに済んだんですし……」

京太郎(よくもまあ、県予選前は楽勝だなんて思ったよなあ……今から考えたら恥ずかしくて穴に入りたい気分だ)


久「だけど、自分が清澄に泥を塗ったなんて思いつめる事もなかったんじゃないの?」

京太郎「うっ、そりゃ午前敗退じゃなければもう少し気の持ちようがあったのかもしれませんけど」

久「でしょう?だから私は部長として責任をとりたいのよ」

京太郎「責任?」

久「……あなたのお願い、なんでもいいから一つだけ聞いてあげるわ」

京太郎「へっ?」

久「ほ、本当になんでもいいから。その、須賀君が望むなら……本当になんでも」

京太郎(お、おいおい……マジかよ。あの部長がなんでも言う事を聞いてくれる?こんな幸運な日が訪れるなんて……雑用やってたかいがあったってもんだ!)

京太郎「そ、それじゃあですね!」

久「……」フルフル

京太郎「あっ……」

京太郎(部長、震えてる……そうか、なんでもいいなんて言ってるけど部長、何を言われるかわからないから……)

久「須賀君……?」

京太郎(……震えてる女の子に変なお願いするのは、俺としてはあまり望むところじゃないなあ。だったら……)

京太郎「それじゃあお願い言いますね」

久「……!」

京太郎「俺のお願いは――」


――翌朝

咲「京ちゃんおはよー!」

京太郎「おう、おはようさん」

咲「あれ、なにかいいことでもあったの?」

京太郎「えっ、なんでだ?」

咲「なんか嬉しそうだから」

京太郎「自分じゃ気付かなかったな……おっ、部長だ」

咲「本当だ。部長ー!」

久「あら咲……あっ」

咲「おはようございます」

久「え、えぇおはよう……」

京太郎「……おはようございます部長」ニコッ

久「……お、おはよう【京太郎君】」

咲「……あれ?」

京太郎「どうした咲」

咲「今何か違和感が……」

京太郎「気のせいだろ、ほら早くしないと遅れるぜ!」タタタッ

咲「あっ、ま、待ってよ京ちゃーん!」スタスタ

久「……」

京太郎『俺の事名前で呼んでくれませんか?みんなみたいに……』

京太郎『部長から名前で呼ばれて初めて本当の仲間になった気がしますから……』

久「あんな事言われたら断れるわけないじゃない……」

久「京太郎君……ああ、もう男の子を名前で呼んだ事ないのに」

久「ドキドキ、しちゃうじゃないのよ……」

カン!