京太郎「よぉし、リーチ!」

まこ「おっ、まだ京太郎だけか」

京太郎「あっ、こんちわっす染谷先輩」

まこ「おう、こんちわ。ネト麻やっとるんか?」

京太郎「みんなまだ来てませんからね。今の内に少しでも自主練しとこうかと」

まこ「すまんのう。こういうんはもう少しわしらが付きっきりで教えるべきなんじゃが……」

京太郎「いえいえ、完全に放置されてるわけじゃありませんし、それに……」

まこ「それに?」

京太郎「その、部長から聞きました。染谷先輩、俺をみんなと一緒に有望な一年だって言ってくれたって」

まこ「なっ!?ぶ、部長の奴余計な事を……」

京太郎「俺すっごく嬉しかったんです!染谷先輩がそんな風に言ってくれて……」

まこ「わ、わしは事実を言っただけじゃ。それにいくら有望でもきちんと努力せんと結局宝の持ち腐れじゃからな」

京太郎「はい!だから染谷先輩の言葉に応えられるよう、俺頑張ります!」

まこ「……ったく、純粋な眼しおってからに」


京太郎「はい?」

まこ「なんでもないわ!それよりほら、当たり牌が出とるぞ!」

京太郎「お、おぉ、本当だ!ロン!」

まこ「これで二位か……残り二局、十分一位をまくれる位置じゃな」

京太郎「よしよしよし!このまま勝負を……」

まこ「これこれ、焦るな。焦っとったら勝てるもんも勝てんぞ」

京太郎「そ、それもそうですね……」

まこ「しかたないのう……ほれ」

京太郎「のわっ!?そ、染谷先輩?」

まこ「肩肘張っとるからほぐしてやろう。だから絶対に勝利をもぎ取りんさい」モミモミ

京太郎「……」

まこ「返事は?」

京太郎「はい!」

――

京太郎「よっしゃあ!これでトップ、さらに上に行けるぜ!」

まこ「よくやったのう、京太郎。あんたもなんだかんだ言うて成長しとるんじゃな」

京太郎「ははっ、染谷先輩のマッサージのおかげかもしれませんね」

まこ「なっ……」

京太郎「本当緊張とか色々ほぐれた気がしますし。いやあ、これなら緊張した時とかいつでもお願いしたいくらいですよ」

まこ「京太郎、あんたぁ……」


京太郎「染谷先輩?」

まこ「……ア、アホな事言っとらんで卓の準備じゃ準備!そろそろみんな来る頃じゃ!」


京太郎「あっ、そうですね。それじゃあ俺は……」

まこ「京太郎!」

京太郎「なんですか?」

まこ「……」

京太郎「先輩?」

まこ「マ、マッサージ……そんなに良かったんならまた、やっちゃる」

京太郎「本当ですか!?ありがとうございます!」

まこ「じゃから、その……が、がんばるんじゃぞ!」

京太郎「わかりました!じゃあ俺飲み物補充してきますね!」スタスタ

まこ「……」

まこ「……はあ」

まこ「あんな純粋に慕われたら反応に困るのぉ……」

まこ「わしに惚れた腫れたは当分先の話じゃと思っとったんじゃがなあ……」

カン!