衣「ときに京太郎、お前は異類婚姻譚を知っているか」

京太郎「雪女とか二口女のお話くらいなら。他は難しくて分かりません」

衣「それで良い。京太郎はお利口さんだな、衣お姉さんが撫でてやろう」

京太郎「へへ」

衣「コホン。してその異類婚姻譚だが、いくつかの約束ごとがある」

京太郎「約束ごと」

衣「なんなら慣例と言い換えてもよい。いずれにせよ覆しがたい筋書きだ」

京太郎「いよいよ見当が付きませんね。なんなんですか、それは」

衣「別れ」

京太郎「…………」

衣「古今東西、人間とそうでない者がまぐわるとロクなことが起きないのだ」

京太郎「そんなもんですかね」

衣「その者が取り決めた規則を破る、その者の正体を知る。理由は様々あるがな」

京太郎「衣さん」

衣「なんだ」

京太郎「怖いですか。異類婚姻譚」

衣「…………」

京太郎「…………」

衣「怖いよ」

京太郎「どうせ作り話ですよ。全部」

衣「それでもやっぱり怖いよ。だって衣は、京太郎と同じ人間じゃないもん」

京太郎「衣さん」

衣「人を外れることは衣の自己同一性そのものだ。今さら捨てることなどできない」

京太郎「うん」

衣「なあ、京太郎」

京太郎「…………」

衣「こんな衣でも、幸せになれるかな」

京太郎「…………」

衣「…………」

京太郎「先のことは分かりませんよ。人間だから」


衣「そうか」

京太郎「まして、人間同士でもうまくいかないカップルなんてごまんといます」

衣「うん」

京太郎「普通に幸せになるのって、実は何より大変なことだったりしますよね」

衣「…………」

京太郎「だから、幸せになるのに人間だとか魔物だとか、気にしてる余裕ありませんよ」

衣「へ?」

京太郎「だって当人同士が思い合ってたら、そんなもの関係ないでしょう」

衣「しかし、幸福な話など数えるほどしかなかったぞ。人間と同じようになんて」

京太郎「俺はとっくに分かってますよ。衣さんの正体」

衣「でも」

京太郎「何より誰より、衣さんが持ってる人間の部分を俺は知ってます」

衣「人間の部分」

京太郎「そりゃあ、衣さんは海底で和了るし、照明は割りますけどね」

衣「…………」

京太郎「全部が全部魔物なわけじゃないでしょう。魔物であって人間なんです」

衣「そう、かな」

京太郎「どっちの顔も好きですよ。恋人だもん、当然です」

衣「京太郎」

京太郎「なんちゃって、ちょっとカッコ良すぎましたかね」

衣「ばかめ」

京太郎「あはは」

衣「…………」

京太郎「…………」

衣「そうだったな。そういう京太郎だから、衣はお前を我が背としたのだ」

京太郎「衣さん」

衣「なあ、京太郎」

京太郎「はい」



衣「衣と異類婚姻譚、してみるか」