怜「あの葉がすべて落ちたら、ウチも死ぬやね……」

京太郎「そんなこと言ったら駄目です。先輩は必ず治りますから!」

竜華「京太郎の言うとおりやで? それにな、今日は高校100年生が来てくれる!」

怜「嘘! 高校100年生が、こんなところまで来てくれるはずない!」


コンコン!


淡「やぁ、こんにちわ!」

照「……お菓子もぐもぐ」

怜「ホンマや! 高校100年生や!」

淡「いやぁ、今年は危うく1年生に戻りかけたけども、今年も高校100年生だよ」

怜「おめでとう!」

淡「うむ!」

怜「……えっと、どうやって、高校100年生になるの?」

淡「う~ん、例えば高校1年生が居るよね?」

怜「うん」


淡「しかし、そいつが高校1年生だったとしても……私は実力から言えば高校100年生なのだよ!」

淡「白糸台のスミレは私を一年生と言うけど、とんでもない! 私は高校100年生だよ」

怜「うん」

淡「テルー、私は去年何年生かな?」

照「……100年生」

淡「今年は何年生かな?」

照「……100年生」

淡「よしんば私が実は高校二年生だったとしたら?」

照「高校……100年生(キリッ」

怜「高校200年生やないの? ……高校100年さん、ウチも高校100年生になれる?」

淡「あはっはははっ」

電話<TELLL

淡「失礼! もしもし? なに、私を高校1年生の実力だと言う奴が居るって?」

淡「そいつは何高校? 清澄の咲だな。そんなに言っているのか? どんな言い方だ?」

淡「うん、わかった。すぐ、行くよ」ピッ

淡「失礼する!」

カン