京「眠い…」

咲「京ちゃんどうしたの?」

京「いや昨日遅くまで起きててな…ふあぁ」

咲「どうせまたゲームでもしてたんでしょ?」

京「ああ…そんなとこかな」

咲「ダメだよ~夜更かしなんて体に悪いし」

京「………」

咲「京ちゃん?」

京「い、いやなんでもない」

咲「変なの…」

京(まさか夜中まで咲で抜いていたとは言えない…)
咲「京ちゃん聞いてる?」
京「あっ!ああ聞いてる聞いてる!」

咲「ホントに?さっきからぼーっとして大丈夫?」

京(くそっバツが悪すぎてまともに顔も見れないっ!)

咲「京ちゃん!」

京「はっ!ああ聞いてる聞いてる」

咲「もうっ」


京(あー最近のオカズといったら咲ばっかしだなぁ…一体どうしちまったんだ俺)

和「それロンです」

京「あ」

久「どうしたの須賀君ぼーっとして?」

優「どうせエッチなことでも考えてたんだじぇ」

京「なにっ!」

和「須賀君…最低です」

京「えっ!?」

まこ「まったくおんしは相変わらずだのお」

京「えええ」

咲「京ちゃん…やらしい」
京「咲まで!?」

久「まあ思春期の男子なんて頭ん中は年中ピンクだものね」

京「そんな…俺だっていつもそんなじゃあありませんよ」

久「へえいつもはね」

京「うっ…」

京「いやいや俺は今そんなこと考えてません!もっと重大なことを考えてたんです!」

久「じゃ何考えてたの?」


京「それは…その…なんていうか…こう…」

京(まずい何も思いつかない、そうだ!)

京「いやね!最近気になる子がいて!その子のことばっかし考えちゃうなーって!」

京「はっ」

久「へえ…」

まこ「ほお…」

和「…」

優「なにっ!」

咲「えええ!」

京(まずい…なんちゅうことを…)

久「その話詳しく聞きたいわねぇ」

久「一体誰が気になるのかしら?」

京「それはその…」

優「さっさと白状するんだじぇ!」

咲「うんうん!」

和(どうでもいい)

まこ(どうでもよさそうな顔しとるな…和)

京「んあーええと…」

久「もしかしてここでは言えないのかしら?」

久「それとも…その子がここに居たりして…ふふふ」
京「!?」

京(部長もしかして気づいてる!?)

久(須賀君の考えてることなんてお見通しよ…どうせ咲でしょう?)

優「一体誰なんだじぇ!?言え!京太郎!」

咲(京ちゃんの気になる子ってやっぱり…)チラ

和「…」

京「ああっと!そうだそうだ!買い出し行かなきゃ!ちょっくら行ってきますわ!」

まこ「べつに今は買い出しするもんなんてないが…」
京「いやいや何があるかわかりませんから!」

咲「行っちゃった…」

久「ふふふ」


京「あー思わず飛び出してきたけど…どうすっかな…戻ったらまたなんか言われそうだ」

京「だいたいなんで最近咲のことばっかし気になるんだ!?ちょっと前までなんとも思わなかったのに!」
京「でもなんかいいんだよな咲…こう和にはない魅力が…」

京「もしかして俺、咲のこと…」

京「いやいや!そんなあいつはただの幼馴染みだし!」

京「くそっ…なんか戻りにくいなこのままふけるか」

235 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2013/09/10(火) 07:16:41 ID:9GLScRiE
咲(京ちゃんあのまま戻って来なかったな…)

咲(京ちゃんの気になる子かぁ…やっぱり和ちゃんだよね…)

咲(はぁ)

咲(あーあやっぱりおっきい子の方がいいよね…)

咲(京ちゃん…)

咲(ああもう!)

咲(私だって私だって努力してるもん!)グス

咲(京ちゃんのこと考えてたらなんか…ちょっとだけ…んっ!)


咲「眠い…」

京「なんだ咲も寝不足か?」

咲「ふあっ!きょ京ちゃん!?」

京「なんだよ…」

咲「なっ何でもないです…」

京「ふーん」

咲(結局止まんなくなって夜中まで…恥ずかしくて京ちゃんの顔見れないよぉ…)

京「…なあ咲」

咲「なっなに?」

京「いや咲は今気になる奴とかいねーの?」

咲「へ?なんで?」

京「なんか気になった」

咲「なにそれ…んーまあいないこともないけど」

京「ホントか!?誰なんだ!?」

咲「そんなの言うわけないじゃん!」

京「だよなぁ…」

咲(気になるっていうか好きな人なんだけど…言えるわけないよぉ…)

京(まさか咲にそんな奴が…一体どんな奴なんだ…)
京(くそっなんかモヤモヤするっ!やっぱり俺は咲のこと…)

咲「ねぇ京ちゃんの気になる子って和ちゃんのこと?」

京「へっ?なんで?」

咲「ううん、言わなくてもいいよ…わかってるから…」

京「お、おい何言って」

咲「ごめん変なこと言って先行くね!」

京「おい!咲!」


久「ふふふ」

まこ「何にやけとる気色悪い」

久「だってねぇ面白いと思わない?あの二人」

まこ「あー見てて飽きないこともないが、ちとイライラするのお」

久「でしょ?さっさと告っちゃったらいいのよ両想いなのに」

ガチャ

久「あら?」

咲「…両想い?京ちゃんが?和ちゃんと?」

久「え?咲?いや和じゃなくて…」

咲「ふえ」グス

咲「うあああああああん!」

久「あらー泣いちゃった」
まこ「あらーじゃないだろ」

咲「うっううん…わかってましたけど…わかってましたけど…でも…でもぉ…うっ…」

久「あのね咲、落ち着いて聞いてね?」

咲「うあああああああん!うっ…ひっく…京ちゃぁん!」

久「あちゃーダメだこりゃ」

ガチャ

京「うぃーす」

久「あ」

京「え」


京「おい咲!どうした!?何があった!!部長にいじめられたのか!?」

久「いやいや」

咲「ひっく…違うの…京ちゃんと和ちゃんが…うっ…うあああああああん!!」
京「なんなんだよ!?」

久「いやあ…それがね」

カクカクシカジカ

京「俺と和が両想いぃ!?」

和「そんなオカルト有り得ません」

京「うおっ和!」

優「どういうことなんだじぇ!?お前のせいか!!」
京「いやいや知らない知らない!」

咲「うあああああああん!」

久「須賀君と和が両想いだって勘違いしてるのよねぇ」

京「いやいや俺が好きなのは咲ですし」

咲「え」

優「え」

和「え」

久「あら」

まこ「ほお」

京「あ、あああああああ!!しまった!つい流れで!」

咲「京ちゃん…ホント?」
京「うっ…その…」

咲「うっうあああああああん!やっぱり違うんだ!!」

久「須賀君!こういうことはしっかりはっきり言う!ついでに抱きしめなさい!」

京「はっはい!…ってえええ!」

京(ええい!どうにでもなれ!)

ガシッ

咲「ふえっ」

京「咲!俺が好きなのはな咲!お前だけだ!!」

咲「…うっ…うあああああああん!私もっ…私も京ちゃんが好きですうううう!」

久「ふーやれやれだわ」

まこ「やっとくっついたの」

和(…チッ)

優(の…のどちゃん…)

久「さてと!ちょっと私達は邪魔かしらね」

久「ほらほら皆出た出た!」

優和まこ「はーい」


咲「うっ…ひっく…京ちゃん…」

京「どうした?もう落ち着いたか?」

咲「うん…ごめんね…京ちゃんが和ちゃんと両想いだって思ったらなんだかすごい悲しくなって…」

京「相変わらず咲はドジだなぁ」

ナデナデ

咲「うう…ごめんなさい…」

京「いいよ、怒ってない…それだけ咲が俺のこと想ってくれてたんだよな」

咲「うん…京ちゃんのこと考えてると胸があっつくなってそれで…」

京「それで?」

咲「そ…その…ひ…一人で」

京「なんだよ」

咲「一人でしてました…」
京「…」

咲「きょ!京ちゃん!あのこれはなんていうか!しょうがないっていうか!」

京「咲、奇遇だな」

咲「?」

京「俺もだ」


バシーン!

京「いった!!」

咲「京ちゃんのバカ!エッチ!変態!」


久「やれやれ…先が思いやられるわ…」



カン!