揺杏「須賀くん、いっしょに帰ろ」

京太郎「ええ、オッケーです。本内先輩もいっしょでいいですよね」

成香「えっと、ごめんね。揺杏ちゃん」

揺杏「いいよ、もちろん。三人で寄り道して帰ろうか」

京太郎「それじゃ、部室の鍵を職員室に戻してきますね」

成香「きょ、京太郎くん」

京太郎「はい?」

成香「ありがとう。その。何かと、いろいろ」

京太郎「後輩ですから。行ってきます」

揺杏「…………」

-----

揺杏「京太郎くん、ね」

成香「揺杏ちゃん?」

揺杏「成香、昨日なんかあった? 須賀くんと二人で帰ったよね、たしか」

成香「…………」

揺杏「あったんだ」

成香「た、大したことじゃありませんから。本当に」

揺杏「そっか」

成香「そう、です」

揺杏「…………」

成香「…………」

揺杏「須賀くんのこと、好き?」

成香「…………」

揺杏「分かった」


成香「ごめんなさい」

揺杏「なんで謝るの。悪いことじゃないでしょ、別に」

成香「だって、揺杏ちゃんは京太郎くんのことが好きで。ずっとずっと好きで」

揺杏「何、付き合ってるの? 須賀くんと」

成香「そうじゃ、ないけど」

揺杏「だったら謝るのは私の方だよ。貰っちゃうから、成香の好きな人」

成香「だ、だめ」

揺杏「私ね、須賀くんのことが本当に大好きなんだ。多分、成香が思ってるよりもずっと」

成香「…………」

揺杏「カッコイイのに三枚目っぽいところが好き。顔が好き。優しいところが好き」

成香「揺杏、ちゃん」

揺杏「触れてみたらちゃんと男の子なところが好き。ちょっとえっちなところが好き」

成香「揺杏ちゃん!」

揺杏「全部好き」

成香「…………」

揺杏「成香はどうなの。須賀くんのこと、私とのこと。どれくらい本気なの」

成香「…………」

揺杏「…………」

成香「負けない」

揺杏「…………」

成香「私、負けませんから。揺杏ちゃんにも、他の女の子にも」

揺杏「…………」

成香「…………」

揺杏「そう」


-----

京太郎「お待たせしました」

揺杏「京太郎!」

京太郎「ちょっと、岩館先輩!? 近くないですか、いろいろと」

揺杏「先輩とのスキンシップが嬉しくないのか、贅沢者め! へへ」

京太郎「う、腕を組んで歩くなんて。これじゃまるで」

揺杏「恋人同士みたい?」

京太郎「…………」

揺杏「ふふふ」

京太郎「調子狂うなあ、もう」

成香「京太郎くん」

京太郎「ああ、すいません本内先輩。帰りましょうか」

成香「ひ、左」

京太郎「え?」

成香「左腕は私がいただきますから! しししし、失礼しますね!」

京太郎「」

揺杏「へえ」

成香「ふふん」

京太郎「お、俺がいない間ドッキリの打ち合わせでもしてたんですか。先輩方は」

揺杏「あはは、それはちょっと秘密かな」

成香「秘密です!」

揺杏「…………」

成香「…………」

揺杏「ふふっ」

成香「えへへ」

京太郎「…………」




京太郎「なんか仲良いですね、二人とも」