チュンチュンチュン…

京太郎「…」

由暉子「すぅ…すぅ…」

京太郎「なんだこれは」

由暉子「ん…すぅ…」モゾモゾ

京太郎「…」ピラッ

由暉子 ゼンラー

京太郎「…」モドシ「なんだこれは」

京太郎「待て待て落ち着け…昨日を思い出せ…」

―――――

昨夜

由暉子「こんばんは京太郎。お酒を手に入れたので一緒に飲みましょう」一升瓶ドン

京太郎「ぇぇぇぇぇぇ」

―――――

京太郎「なんだかんだで飲まされて…そのあとが曖昧になって今に至るということか…」

京太郎「あぁ…なんで流されて飲んじゃったんだ昨日の俺…いや今はそうじゃなくて」チラッ

由暉子「うぅん…」ゴロン

京太郎「…うん、起こそう。目の毒だし…襲いそゲフン服着せないと恥ずかしいだろうし」


―――――

京太郎「なんだかんだで飲まされて…そのあとが曖昧になって今に至るということか…」

京太郎「あぁ…なんで流されて飲んじゃったんだ昨日の俺…いや今はそうじゃなくて」チラッ

由暉子「うぅん…」ゴロン

京太郎「…うん、起こそう。目の毒だし…襲いそゲフン服着せないと恥ずかしいだろうし」

―――――

由暉子「京太郎くん、おはようございます…」ポー←寝ぼけながらも着替えた

京太郎「あ、あぁ…(かわええ…じゃなくて)あのさ、昨日はさ…」

由暉子「ええ、(酒宴を)ついやってしまいましたが…(たまに規則を破るのも)案外いいものですね」ニコッ

京太郎「あ、あぁ…(キンクリは)あんまり覚えてないけどな。…そうか…(キンクリ)やっちまったのか…」ボソッ

由暉子「…やはり(酒宴は)乗り気ではなかったのですね…」

京太郎「えっ?」

由暉子「京太郎くん、(酒宴の)責任は私にあるんです。だから変に気負わないでください…乗り気ではないのに誘ってしまってすみませんでした…では」「待ってくれ」

京太郎「頼むから…もう少しだけ…」ギュッ

由暉子「…わかりました…」

京太郎「…よし、俺も覚悟は決めた!一緒に(やらかしちゃった)この責任、背負っていこう!」

由暉子「(…?)…よろしくお願いします」ペコッ

京太郎「よっし!すっきりしたら腹減った!先に飯食いに行ってるな!」スタスタ

由暉子「あ、はい…」

由暉子「…」ウーム「…あぁ、そういうことですか。成程、京太郎くんはそういう勘違いを…」

由暉子「うーん…勘違いを訂正するのは『ダルい』ですしこのままにしておきましょうか…『ダルい』ですから…」

由暉子「…ふふっ♪」クスッ

―なおこの嘘がバレるのは時間の問題ではあったがその頃には京太郎はもうユキに夢中だったのでデコピン一回で済ましたそうな…

カンッ
()内は解説です
いらんと思うが訳分からんくなるので