京太郎「んっ……もう朝か……」

咏「えへへー、おにいた~ん♪」スリスリ

京太郎「どうしたんですか咏さん! なんで俺の布団にいるんですか?」

咏「おにいたんといっしょにいたかったから!」

京太郎「それにおにいたんってなんです……なぜか俺のTシャツも着てるし……」

咏「だっておにいたんのふくね、おにいたんのにおいがするの」クンクン

京太郎「恥ずかしいからやめてください」

咏「だめなの……ぐすっ……」ウルウル

京太郎「うっ……」

京太郎(なんだろう……咏さんがふざけているってわかってるのにすごい罪悪感……)

咏「ごめん……なさい、わるいことしてごめんなさい……」

京太郎「いや、別に怒ってるわけじゃないですから……」

咏「ほんとに! おにいたんだいすきっ!!」ギュッ

京太郎「ほんとにどうしたんですか……」

咏「あれ? なんかおにいたんのここかたくなってるよ?」ニギニギ

京太郎「あっ……」

咏「おにいたんのおちんちん……うたしってるよ? えっちになきぶんなるとかたくなるんだよね?」

京太郎「いや、あさのせいり……」

咏「おにいたんうたによくじょーしちゃったの?」

京太郎「~~っっ!!」ドキドキ

咏「おにいたんがしたいなら……うたがんばるね……」モゾモゾ

京太郎「ちょっとまっ……あうっ!!」

咏「あはは……おにいたんのここびくびくしてるね? じゃあぺろぺろしてあげる!」チュッ

京太郎「あっ……うぅ……うわぁぁぁ!!」

~~~キンクリ~~~

咏「ふぅ……既成事実つくってやったぜ……」

京太郎「我慢できなかった……やっちまったぜ……」

咏「やることやったし責任はとってくれるよな、おにいたん♪」

カン!