京太郎「膝に乗ったり、無闇にくっついたり。そういうのはもうナシにしないか」

淡「何さ突然。京太郎のくせに生意気だぞ、すりすりしてやる」

京太郎「淡」

淡「ちょっと、真剣な顔やめてよ。イジワルにしてもやり方があるでしょ」

京太郎「冗談で言ってるわけじゃないんだ。淡だってなんとなく分かってるだろ」

淡「…………」

京太郎「俺たちはもう少し距離を置いた方がいい」

淡「誰」

京太郎「え?」

淡「京太郎に余計なことを吹き込んだのは誰かって聞いてるの」

京太郎「余計なことじゃないし、誰かに吹き込まれたわけでもないよ。俺の意思だ」

淡「ふうん」

京太郎「淡が仲良くしてくれるのは俺だって嬉しいよ。でも」

淡「尭深か」

京太郎「…………」

淡「分かりやすいね、可愛いよ京太郎。少しだけ鎌をかけたつもりだったんだけど」

京太郎「別に隠すつもりはなかったよ。尭深さんと付き合ってることは」

淡「そういうことにしといてあげる。あはは」

京太郎「…………」

淡「尭深に言われたんだ? 私とベタベタするなって」

京太郎「だから、それは違う」

淡「違わないでしょ。普段尭深が私のことをどんな目で見てるか知ってる?」

京太郎「…………」

淡「本当はイヤじゃないんだもんね。私とくっつくのも、じゃれ合うのも」

京太郎「俺は」

淡「尭深に見られたくないだけ、変に誤解を生みたくないだけ。そうでしょ」


京太郎「…………」

淡「…………」

京太郎「そうだよ」

淡「素直な京太郎が好きだよ。だから私も京太郎の言うことを聞いてあげる」

京太郎「え?」

淡「尭深の前では我慢してあげるって言ってるの。それでいいよね?」

京太郎「尭深さんの前では、って」

淡「もちろん尭深が見てないところでは私の好きにさせてもらうよ」

京太郎「そんな、浮気みたいなこと」

淡「浮気? やましいことは何もないよ、私たち友だちだもん」

京太郎「友だち」

淡「そうだよ。友だちと仲良くするのは普通のことだよね」

京太郎「でも」

淡「イヤじゃないんでしょ」

京太郎「…………」

淡「アハ」

京太郎「分かったよ、好きにしてくれ」

淡「言われなくてもそうするつもり。京太郎、充電しよっか?」

京太郎「…………」

淡「ね?」

京太郎「仕方ないな、淡は」

淡「えへへ」



淡(好きにするよ。たとえどんな手を使ってもね)